Gkjgvalv3odnlxscrpov

食事

CATEGORY | 食事

コーヒーが胃に悪いは嘘?本当?なぜ利尿作用があるかも徹底検証!

2018.02.20

コーヒーを飲むと胃を刺激したり、利尿作用があるためトイレが近くなると感じるかたが多くいます。仕事中にコーヒーを飲みすぎるとトイレが近くなるので仕事の邪魔になる人もいるでしょう。なぜコーヒーには胃を刺激する作用や利尿作用があるのかをここで徹底検証していきます。

  1. コーヒーは胃にいい?利尿作用がある?
  2. コーヒーに含まれるカフェインの胃を刺激するメカニズム
  3. コーヒーは適量を守ることが胃に優しい
  4. カフェインの取り過ぎは胃を刺激するため注意
  5. カフェインを摂りすぎることで生じる様々な副作用
  6. カフェインの適正な量
  7. 利尿作用があるコーヒーは水分補給には不適切
  8. コーヒーの飲みすぎは注意が必要
  9. この記事を見た人は以下もチェックしています
コーヒーを飲むとトイレが近くなるため、コーヒーに利尿作用があると考えている方も多いでしょう。腹痛ではないですが、なぜ頻繁にトイレに行きたくなるのかと思います。これは、コーヒー自体に利尿作用があるのではなく、コーヒーに含まれるカフェインに利尿作用があるのです。
コーヒーに含まれるカフェインには胃を刺激する作用や利尿作用があります。コーヒーを飲むと余計な水分が排出されやすくなるので、むくみ解消にも効果的です。カフェインの利尿作用のメカニズムについて説明します。カフェインは交感神経を刺激する作用があります。交感神経が優位になると腎臓の血管が拡張します。そして、腎臓の血管が広がって血流が増えることによって、腎臓でのろ過が促進されるので尿の量が増えます。これがカフェインの利尿作用の仕組みです。
体にひどいむくみがあると、利尿作用があるコーヒーを飲めば、早急にむくみを取り除けると思うでしょう。しかし、むくみをとりたいからと言って一日に何杯も飲むと利尿作用が最大限発揮されることはありません。利尿作用があるからといって、むやみやたらにコーヒーや紅茶を飲んでも良くないのです。利尿作用どころか、逆にコーヒーを飲みすぎてひどい腹痛になってしまうかもしれません。利尿作用を感じたいのであれば、適量を守ることが必要です。
コーヒーを必要以上に飲みすぎるとカフェインを大量に摂取することになってしまいます。ひどい腹痛もでてしまいますし、カフェインを摂りすぎてしまうと、体に耐性ができるようになるので、利尿作用をなかなか感じなくなってしまいます。さらに、カフェインには眠気を覚ます働きもあります。睡眠の時間になってもカフェインを摂りすぎると眠気を感じないようにしてしまうため、寝る時間が過ぎてもなかなか寝付くことができなくなってしまいます。必要上に摂取することは止めましょう。
コーヒーの飲みすぎは健康に悪いと言われます。それはなぜなのでしょうか。コーヒーに服慣れているカフェインの取り過ぎが原因です。カフェインは交感神経を優位に働かせる効果がありますが、カフェインを摂りすぎてあまりに交感神経が強くなりすぎると、副作用が現れるリスクが高くなります。ひどい腹痛、頭痛、睡眠障害、疲労感、胃腸障害などの副作用が現れます。くれぐれも取り過ぎないように注意しましょう。
コーヒーは飲みすぎないように気を付けましょう。1日に3回程度であれば飲み過ぎではありません。また3回を短時間のうちに飲んでもあまりよくありません。6時間以上間隔を空けることが望ましいです。短時間のうちにコーヒーを立て続けにのむことはなぜ悪いのでしょうか?それは、カフェインが毛筒の中に高い濃度になってしまい、ひどい副作用を併発しやすくなるからです。カフェインの血中濃度を常に一定値以下にしておくことで耐性をうませないのです。
コーヒーやお茶には利尿作用があるため、水分補給のための飲み物としては適しません。飲むほどにトイレに行きたくなるので水分を日給するどころか輩出してしまいます。水分補給が目的でコーヒーを飲みたいのであれば、ノンカフェインのものにするとよいでしょう。
カフェインは適度に摂取することは、利尿作用を感じることができるので体のむくみをとることができます。しかし、カフェインには常習性もあると言われているため、あまりコーヒーを頻繁に飲むことはおすすめできません。意識して取り過ぎないようにしましょう。