Qu8rv04svimxstdumkar

ヘルスケア

CATEGORY | ヘルスケア

コーヒーを飲む効果は?痩せる?コーヒーダイエットの噂を徹底検証!

2018.02.20

コーヒーを飲み過ぎたら太るという噂がありますが、コーヒーでダイエットの効果があるという噂もあります。コーヒーを飲んでも太ることなく痩せる効果を実感できた人もいるようです。ここでは、コーヒーダイエットに関する噂を徹底検証していきます。

  1. コーヒーの効果や効能について
  2. 脂肪燃焼促進で太ることはない
  3. 生活習慣病の予防
  4. アンチエイジング効果
  5. リラックス効果
  6. コレステロール値を下げる
  7. コーヒーのダイエット効果を高める飲み方で太ることはない
  8. 運動の20〜30分前に飲む
  9. コーヒーを飲む時の注意
  10. 寝る前には飲まない
  11. カフェインの摂り過ぎに注意
  12. 砂糖やクリームを入れ過ぎないと太ることはない
  13. コーヒーは正しい飲み方でダイエット効果アップ!太る心配なし!
毎日コーヒーを飲んでいる方も多いでしょう。コーヒーはし好品のために普段から口にしている方も多くいます。このコーヒーを飲むことで痩せることができるという噂があります。実はダイエットにはもちろんのこと美容にも効果があるのです。ただし、コーヒーの飲み方次第では、糖質を多く摂取してしまいます。ブラックならいいですが、クリームや砂糖を多く入れると糖質の取り過ぎになるため、注意が必要です。
コーヒーのカフェインには脂肪燃焼を促進する効果があるため、コーヒーを飲むことによってダイエットに役立ちます。コーヒーを正しく飲めば脂肪を効率よく燃焼できるようになり、痩せることができます。
コーヒーは生活習慣の予防にも役立ちます。コーヒーに含まれるクロロゲン酸が血糖値を下げる効果が期待できるため、食事と一緒にコーヒーを摂ることで、食後の血糖値の上昇を抑えることができます。
活性酸素は身体を外敵から守るために必要ですが、増えすぎると老化の原因になり、シミやシワ、たるみなど現れてきます。しかし、コーヒーを飲めば、コーヒーに含まれるポリフェノールが活性酸素を抑えてくれるため、アンチエイジング効果が期待できます。
コーヒーの香りを嗅ぐと癒されるという方も多いでしょう。このコーヒーの香りには脳にα波を出す効果があります。そのため、コーヒーの香りを嗅ぐと気持ちをリラックスさせることが出来るのです。コーヒーの香りをいくら界でも体に悪いことはありませんし、胸焼けを起こすこともありません。イライラが高まっているときには、コーヒーの香りを嗅ぐと良いでしょう。
コーヒーに含まれるニコチン酸にはコレステロール値を下げる働きがあります。食後すぐにコーヒーを飲むと、体に悪いなどと思っている方もいますが、かえって健康に良いのです。コーヒーを飲むことで体を悪くするどころか、心筋梗塞などを防ぐことが期待できます。
コーヒーはただ飲めばダイエット効果や美容・健康効果を感じられるわけではありません。ポイントはミルクや砂糖を入れずにブラックで飲むことです。ブラックなら0kcalのため、太ることはありません。また、アイスよりはホットがオススメです。ホットの方が脂肪酸の吸収が良くなるためダイエット効果を強く感じられます。ただし、胃が弱いかたはブラックで飲むと胸焼けを起こす場合があります。胸焼けを起こす恐れがある場合には、少しのミルクを入れて飲むと飲みやすいですし、体に悪いこともありません。
運動をする20~30分前にコーヒーを飲むことがおすすめです。運動前に飲むことによってダイエット効果が高まります。運動をする少し前に飲むことによって、運動中にカフェインの効果を最大にすることができるからです。運動をする真似委水分をとるとむくみが出てしまうと感じるかたもいますが、コーヒーを飲むと利尿作用がありますからむくみを解消することができます。
ダイエット効果があるコーヒーですが、飲み方を間違えるとデメリットを強く感じてしまいます。胸焼けを感じたり、むくみを感じることもあります。飲み方を間違えないように注意すれば体に悪いことはありません。正しい飲み方を把握しておきましょう。
カフェインには覚醒作用があります。寝る前に飲むと目がさえてしまって眠れなくなる可能性があるので、寝る前にコーヒーは飲まないようにしましょう。カフェインの効果は持続性が長いため、カフェインの覚醒作用が効きやすい人は、夕方以降は飲まない方がいいです。また、コーヒーを飲むと利作用を感じます。むくみ知らずになる為望ましいと思うかもしれませんが、寝る前にに飲むと夜中にトイレに起きることになり、睡眠の妨げにもあなりますから注意が必要です。
カフェインには耐性があるので、コーヒーの飲みすぎは良くありません。カフェインの効果が効きずらくなってしまいます。飲めば飲むほど効果が高まるものではないため、1日2~3杯までにしておいた方がいいです。
コーヒーに砂糖やクリームを入れすぎるとカロリーや糖質の摂り過ぎになるため、コーヒーを飲むことによってダイエット効果を感じることができず、太ってしまいます。少しくらいのクリームなら糖質の量を気にすることはないですが、入れすぎは禁物です。
コーヒーは適量を適したタイミングで飲めば、ダイエット、美容、健康にとても役立つ飲み物です。ただし間違った飲み方をすると太ってしまいますし、寝付けなくなることもあります。コーヒーはお見すぎると体に悪いという噂もありますが、正しい飲み方で適量飲めばダイエットにも健康にも役立ちます。毎日でも飲みたい優れた飲み物です。