Ojrjp4n3leluivghfdfi

美容法

CATEGORY | 美容法

コーヒーと便秘の関係を総まとめ!下痢になるのか硬くなるのかを徹底検証!

2018.02.07

つらい便秘を解消してくれる方法があれば、すぐにでも試してみたいですよね。実はコーヒーには便秘解消に役立つ成分がたくさん含まれています。しかし、同時に便秘に繋がる原因も持ち合わせていることも分かりました。コーヒーと便秘の関係性についてご紹介します。

  1. 便秘になるメカニズム
  2. これって本当?コーヒーにまつわるウワサ
  3. コーヒーで便秘になるって本当?
  4. コーヒーが便秘解消に良い理由
  5. コーヒーが原因で便秘になる理由
  6. 便秘解消に効果的なコーヒーの飲み方5選
  7. 便秘解消に効くコーヒーの飲み方①
  8. 便秘解消に効くコーヒーの飲み方②
  9. 便秘解消に効くコーヒーの飲み方③
  10. 便秘解消に効くコーヒーの飲み方④
  11. 便秘解消に効くコーヒーの飲み方⑤
  12. コーヒーの適量を飲むことが便秘解消の秘訣
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK85_lalaonakaitaidesu20140321_TP_V.jpg
私たちが食べた物は、小腸で栄養素が消化吸収され、そして大腸で消化されなかった食物から水分を吸収、便が作られます。便秘とは3日以上排便がない、もしくは1週間の排便回数が2回以下の状態を指します。まずはどうして便秘になるのか、そのメカニズムから見ていきましょう。

便秘の原因①【直腸に便がたまる】

便が直腸に達しても脳から排便する指示が出ないまま、直腸に便がとどまってしまうことです。長くとどまると硬くなる恐れがあり、便秘の原因になってしまいます。

便秘の原因②【大腸の機能低下】

腸管が適度に緊張しているおかげで、便が硬くなる前に排便ができています。しかし、この腸管の緊張がゆるみ大腸内に便が長くとどまってしまうことがあります。水分が過剰に吸収され、便が硬くなる原因になります。

便秘の原因③【過度な大腸の緊張】

自律神経の過度な興奮によって腸管が緊張しすぎてしまい、便がうまく運ばれない状態になることがあります。こうなると便は小さなコロコロとした状態で排便されます。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/CK0I9A9198_TP_V.jpg
仕事や勉強の前に飲むコーヒーは、体を目覚めさせる力になると言われています。一方でコーヒーを飲み過ぎると悪影響をもたらしたり、妊婦の身体によくないなどの情報が流れています。コーヒーの普及や正しい知識を提供している「一般社団法人全日本コーヒー協会」などの調査を元に、コーヒーにまつわるウワサを調査してみました。

コーヒーにまつわるウワサ①【がんになる】

引用: http://sozaing.com/wp-content/uploads/pills-540x347.jpg
「国立研究開発法人国立がん研究センター」がコーヒー摂取と肝がんの発生率の関係について調査しています。研究結果によると、コーヒーをよく飲んでいる人で肝がんの発生率が低いという結果が出ています。しかし、さらに飲み続けると発生率は低下していくかは、まだまだ研究段階のため断定はできませんが、コーヒーとガンに関わるウワサは本当とは言えません。

コーヒーにまつわるウワサ②【妊婦は飲んではいけない】

コーヒーに含まれるカフェインが、胎児に悪影響を及ぼすことは事実です。しかし、全く飲んではいけないというのも事実です。妊婦は1日1杯を限度に飲めば、胎児への影響は少ないと言われています。また、最近ではノンカフェインコーヒーも販売しているため、コーヒー好きの妊婦さんは成分にこだわったコーヒーを飲みましょう。

コーヒーにまつわるウワサ③【胃に悪い】

コーヒーに含まれているカフェインは、胃酸を分泌させる働きがあります。そのため食後に飲むと胃の消化力を高めてくれ、腸内で便が硬くなる原因を防いでくれます。しかし、空腹時にコーヒーを飲むと、腸内に何もない状態でも胃酸が分泌されてしまい、胃の内部を攻撃してしまいます。これにより下痢などの原因に繋がります。
これが、胃に悪いというウワサの原因です。コーヒーを飲むタイミングを変えるだけで、胃を悪くする心配はありません。空腹時のコーヒー摂取は控えましょう。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1512151004335-d5b6c2ff7e12?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=0586bd3c820b0c53f417fbce0758673d&auto=format&fit=crop&w=1349&q=80
便が硬くなるなどの便秘の原因や、コーヒーにまつわるウワサをご紹介してきました。ここからは、コーヒーで本当に便秘になるのか検証してみますが、実は便秘になるかは人それぞれということも見えてきました。

便秘になるとか人それぞれ

コーヒーと便秘の関係性を調査してみると、コーヒーを飲むと便秘に良いという意見や、反対に便が硬くなるなどの便秘の原因になるという意見が二分されることが見えてきます。つまり、コーヒーを飲んで便秘になるかどうかは人によって違うということです。では、どうして両極の意見があるのか、コーヒーが便秘解消に良い理由と便秘になる原因両方を考えてみましょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ookawa1223IMGL1790_TP_V.jpg
まずは、コーヒーが便秘解消に良い理由を探ってみましょう。腸内で便が硬くなると便秘になると言われていますが、コーヒーはそれを解消してくれるのでしょうか。便秘解消の理由として3つの要因が考えられます。ひとつずつご紹介します。

便秘解消の理由①【カフェイン】

コーヒーの主成分はカフェインです。コーヒーにまつわるウワサでも触れましたが、カフェインは胃の働きを活発にさせ、大腸の収縮を助ける効果があります。つまり、腸内で便が硬くなる原因をカフェインが防いでくれています。

便秘解消の理由②【乳製品】

大手コーヒーショップ「スターバックス」のうりは、ラテ系のコーヒーです。このカフェラテやカプチーノなどには乳製品が含まれています。乳製品には、カフェインと同様の腸内の動きを活発にしてくれる作用があります。コーヒーに加えた乳製品が、結果的に腸内の働きを助け、便が硬くなる原因を抑えてくれています。

便秘解消の理由③【オリゴ糖】

オリゴ糖は腸内環境を整える役割があることは、広く知られています。実はコーヒーにもこのオリゴ糖が含まれています。オリゴ糖は、腸内に生息する善玉菌を食べてくれ便が硬くなる原因を防いでくれています。妊婦にもオリゴ糖は良いと言われているため、コーヒー以外でオリゴ糖を摂取する妊婦も少なくありません。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/OZP85_yabeeonakaitai_TP_V.jpg
ここからは、コーヒーが原因で便秘になる理由を見てみましょう。先ほどまでは、コーヒーの良い部分をご紹介しましたが、同じく悪い部分もあります。便が硬くなるなどの便秘の原因3つをご紹介します。

コーヒーで便秘になる理由①【水分不足】

コーヒーを飲むとトイレが近くなるという話を聞いたことはありませんか。実は、コーヒーにはトイレに行く頻度を高める利尿作用を促す成分が含まれています。この利尿作用により何度もトイレに行くことで腸内の水分不足が起こり、結果的に便が硬くなるなどの便秘の原因となっています。

コーヒーで便秘になる理由②【クロロゲン酸】

コーヒーには、クロロゲン酸という成分が含まれています。クロロゲン酸はポリフェノールの一種で体に良い成分である一方、腸の働きを抑えてしまうことが分かっています。これにより、腸の働きが抑えられ便秘に繋がっていると考えられています。さらに、クロロゲン酸は胃痛を起こし下痢の原因にもなります。

コーヒーで便秘になる理由③【カフェイン】

コーヒーで便秘になる原因のひとつに水分不足であることをご紹介しましたが、その利尿作用を引き起こしている原因が、コーヒーの主成分であるカフェインだったのです。腸の働きを活発にしてくれるので、良い点もありますが同時に活発化させ過ぎて、便が硬くなるなどの便秘や下痢の原因をも引き起こしています。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1442512595331-e89e73853f31?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=bf1a1f5dc811c25c3fde15099a940ffe&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
ここからは、便秘解消に効果的なコーヒーの飲み方を5コご紹介します。便が硬くなるなどの便秘や下痢にお困りの人は参考にしてください。なお、これを試して便秘・下痢解消に必ず繋がるとは言えません。あくまで効果が高かった事例をご紹介するので、体調不良や妊婦など人によっては効かない可能性もあることもご了承ください。

コーヒーを朝飲む

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/C789_kyuusokucyunosarari-man_TP_V.jpg
コーヒーに含まれる成分が、腸内の働きを活発にしてくれることは既にご紹介しました。どのタイミングでコーヒーを飲むかは人それぞれですが、腸が最も活発に働くは午前中だという研究結果が、アメリカの研究機関によって分かっています。
つまり朝コーヒーを飲めば、腸内環境を整えてくれる作用が活発になり、便が硬くなることもありません。また、カフェインは目覚めの効果もあるため、コーヒーを飲めば腸内と体調を良くするので、一石二鳥の飲み物です。しかし、胃が弱い人は下痢の要因にも繋がるため注意が必要です。

運動前にコーヒーを飲む

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAKU6329_TP_V.jpg
運動をすると腸の働きが活発になると言われています。この作用をさらに活性化させるためには、運動前にコーヒーを飲むことです。
ボクサーなどのプロのアスリートは、運動前にコーヒーを摂取して減量をはかっている人もいます。また、コーヒーに含まれるカフェインは、血流を良くするため有酸素運動に適しています。ジョギング前に軽く1杯飲んだり、通勤・通学前に飲んで駅まで歩くといった軽い運動の前に飲んでも効果はあります。

オリゴ糖をいれてコーヒーを飲む

引用: https://images.unsplash.com/photo-1460043838908-93987e531945?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=a724b5738dc7ff0fe136252d9b85b164&auto=format&fit=crop&w=1355&q=80
コーヒーに含まれるオリゴ糖が作用して、便秘解消に役立っていることをご紹介しました。この作用を高めるために、砂糖の代わりにオリゴ糖をいれてみてはいかがでしょうか。オリゴ糖をいれることで、コーヒーが甘くなるので甘党の人や妊婦におすすめです。
オリーブオイルには、オレイン酸という成分がはいっており、腸内に溜まった老廃物の排泄を促してくれます。すでに便が硬くなるなどの便秘で悩んでいる人にはおすすめです。

コーヒーはアイスよりホットを飲む

引用: https://images.unsplash.com/photo-1451271772015-90ecf3644e36?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=1f643deaa016742cd735f08e475d5af5&auto=format&fit=crop&w=1354&q=80
暑い夏などは特に冷たいものが飲みたくなりますよね。アイスコーヒーなど冷たい状態で飲むと、のどの渇きを癒してくれたり、いつもより大量に飲んでしまう恐れがあります。そのため、自然と飲む量が増えることで利尿作用が働き便が硬くなる原因を作ってしまいます。少し熱めのコーヒーを飲むように心がければ、飲む量も減り便秘解消に繋がるでしょう。

1日3杯を限度に飲む

引用: https://images.unsplash.com/photo-1488667499475-42a530fab02b?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=528b5ec5b7f515dfd0140ead01f01a20&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
1日にコーヒー3杯以上飲むと、腸内の働きが活発になり便が硬くなる原因を作ってしまいます。また、コーヒーに含まれるカフェイン摂取量も増えてしまうため、体にも危険です。コーヒーを飲む量を1日2~3杯に抑えれば、便秘や下痢解消に繋がるでしょう。妊婦さんはコーヒーにまつわるウワサでもご紹介しましたが、1杯を限度にしましょう。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1491819700466-25a35ac8071d?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=292b8e19ad68257b0f0065ebf21003d9&auto=format&fit=crop&w=1236&q=80
便秘になるメカニズムは、腸内に便が硬くなるなどの原因が引き起こしていることが分かりました。コーヒーにまつわるウワサはさまざまありますが、成分にこだわったコーヒーを飲めば、妊婦なども安心して飲むことができます。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1492158244976-29b84ba93025?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=7a3c363911e0f724249dda7d634365f1&auto=format&fit=crop&w=1267&q=80
コーヒーが便秘解消に良い理由は、コーヒーに含まれるカフェインやオリゴ糖、ミルクなどの乳製品が腸内の働きを活発化させることで、便が硬くなる原因を防いでくれていました。これらの成分は、飲み過ぎると便秘や下痢の原因にも繋がるため、適量を飲むことが大切です。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1504457315922-966b2a1e65e7?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=6d5eae333bd19fdbec365f0693192707&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
コーヒーを飲むタイミングや、腸内の働きを活性化させるものをコーヒーに混ぜることで便秘解消に繋がります。オリゴ糖やオリーブオイルは、妊婦にも良いため妊娠中でも便秘解消の手助けになるでしょう。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1504066116688-57c2efd91274?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=c7fcf8d754c11a0d3a907ba0dbef76ce&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
飲む量や飲み方によって、便秘解消にもその逆効果を生むコーヒーですが、上手に付き合えば私たちの体や精力的に活動する手助けをしてくれます。便秘や下痢になるかならないかは、あなた次第だということを忘れないでおきましょう。