Mavfn4hwbavtnmkyrkfc

ボディケア

CATEGORY | ボディケア

夜にコーヒーのメリットは?ダイエットに効果あり?睡眠に影響はある?

2018.08.17

夜のコーヒーはダイエットにメリット効果があるという話と、反対に睡眠に悪影響で逆効果になるという話があります。真相はどうなのでしょうか。コーヒーダイエットは、夜のコーヒーでもできるのでしょうか。今回は、夜コーヒーのメリット・睡眠への影響について調べてみました。

  1. 【夜にコーヒーのメリットは?ダイエットに効果あり?睡眠に影響はある?】コーヒーの効果
  2. 【夜にコーヒーのメリットは?ダイエットに効果あり?睡眠に影響はある?】ダイエット効果?
  3. 【夜にコーヒーのメリットは?ダイエットに効果あり?睡眠に影響はある?】飲みすぎると太る・下痢の原因に?
  4. 【夜にコーヒーのメリットは?ダイエットに効果あり?睡眠に影響はある?】便秘解消効果には朝コーヒー?下痢になる?
  5. 【夜にコーヒーのメリットは?ダイエットに効果あり?睡眠に影響はある?】リラックス効果?
  6. 【夜にコーヒーのメリットは?ダイエットに効果あり?睡眠に影響はある?】集中力が強まり勉強に効果的
  7. 【夜にコーヒーのメリットは?ダイエットに効果あり?睡眠に影響はある?】コーヒーは、勉強開始のどのくらい前に飲む?
  8. 【夜にコーヒーのメリットは?ダイエットに効果あり?睡眠に影響はある?】カフェインが強いと寝られない
  9. 【夜にコーヒーのメリットは?ダイエットに効果あり?睡眠に影響はある?】二日酔い予防
  10. 【夜にコーヒーのメリットは?ダイエットに効果あり?睡眠に影響はある?】ダイエットに効果的な飲み方はブラック
  11. 【夜にコーヒーのメリットは?ダイエットに効果あり?睡眠に影響はある?】コーヒーの理想的な飲み方
  12. 【夜にコーヒーのメリットは?ダイエットに効果あり?睡眠に影響はある?】夜コーヒーは寝れない?
  13. 【夜にコーヒーのメリットは?ダイエットに効果あり?睡眠に影響はある?】夜コーヒーのおすすめカフェインレスコーヒー
  14. 【夜にコーヒーのメリットは?ダイエットに効果あり?睡眠に影響はある?】夜コーヒーはダイエットに効果あり?
Lo0qtm6fzv4turplwe8d
引用: https://www.instagram.com/p/BiEJdeRFCpZ/?tagged=%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC
コーヒーの効果にはいろいろなものがあります。中でもコーヒーには、ダイエット効果があると言われています。
N4gqbbztxe89pchwfhlg
引用: https://www.instagram.com/p/BiEI1E_Hhy0/?tagged=%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC
コーヒーには、カフェインとクロロゲン酸という脂肪を分解する成分が含まれいます。カフェインとクロロゲン酸の相乗効果は、ダイエット効果があります。それにより、コーヒーを飲むことで、脂肪の燃焼効率を上げる効果が期待でき、ダイエットに効果があると言われています。
運動前に、コーヒーを飲むことで、脂肪をより燃焼しやすくできます。コーヒースタンドを併設したジムや、ボディビルダーがトレーニング前にコーヒーを飲んだりすることもあるほどです。
コーヒーは、脂肪の吸収を抑えるというよりは、脂肪の燃焼を助ける働きがあります。なので、運動前に飲むのが良いと言われています。コーヒーは、ダイエット効果が高い飲み物といえるでしょう。
ただ、カフェインには脂肪燃焼を促進させる働きがありますが、過剰に摂取してしまうと逆に脂肪が燃えなくなってしまいます。過剰摂取には注意が必要です。
カフェインを摂取すると、ストレスホルモンと言われている「コルチゾール」が増えてしまいます。コルチゾールがたくさん増えすぎると、脂肪燃焼を促す成長ホルモンが減少してしまいます。過剰に摂取すると反対に太る原因になってしまいます。
コーヒーをたくさん飲むと、むくみの原因となるナトリウムが増え、鉄分の吸収を妨げてしまうので、むくんでしまい、太る原因になってしまいます。また下痢の原因にもなってしまいます。
成長ホルモンは夜寝ているときに作られます。寝られないと成長ホルモンができにくくなります。成長ホルモンは脂肪燃焼をする働きがあるので、夜コーヒーを寝られないということになり、結果的に太ってしまうということになります。
コーヒーには便秘を解消する効果があるので、ダイエットの効果にもつながります。コーヒーに含まれるカフェインには、腸の働きを活発化させる作用があります。便秘解消には、夜のコーヒーではなく朝食と一緒に、朝1杯の温かいコーヒーを飲むことで、便秘の改善ができていきます。
しかし、飲み過ぎてしまうとお腹がゆるくなり下痢になってしまいますので注意が必要です。また下痢にならない自分の適量を知っておくというのも下痢にならないようにするための対策の一つでしょう。
コーヒーの香りには、リラックス効果があり、仕事中の息抜きにコーヒーを入れて飲むことで、仕事の効率があがったりします。
コーヒーの中にあるカフェインの成分が集中力を高めることができます。仕事や勉強に集中したいときに、事前にコーヒーを飲む人が多くいます。スポーツ選手の中にも、試合やトレーニングの2時間ほど前に、熱いコーヒーを飲む選手は多く存在しています。
深夜の勉強・仕事にはコーヒーが最適です。カフェインの効果だけを考えると、緑茶や紅茶にもカフェインが入っています。深夜の勉強・仕事にはコーヒーが最適と言われるのは、ほかの緑茶や紅茶にはない、コーヒーの苦みが特徴になっています。
Ctzsxw0ik5axqrx1hqn2
引用: https://www.instagram.com/p/BiDoB36Dv3c/?tagged=%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%89
コーヒー1杯分程度で、カフェインは約30~40分程で効果が出始め、効果のピークが3時間後あたり、完全に効果がなくなるのには5~6時間必要という説があります。勉強に集中したい1時間程前にコーヒーを飲み、しっかり勉強すれば、3~5時間後に効果が薄れ、睡眠をとりやすくなるという説もあります。
勉強後には効果が切れてぐっすり眠れるように飲むタイミングを考えてから飲むようにしましょう。
コーヒーに含まれるカフェインの作用により、覚醒作用が発揮され、目を覚まさせることができます。 このカフェインの効果が強すぎると、寝られないということになってしまいます。
コーヒーの飲み過ぎは、寝られないという不眠の原因になるので、夜にコーヒーを飲むのは控えたほうがいいでしょう。
お酒を飲み過ぎて、二日酔いになると、ひどい頭痛に悩まされる人がいます。この頭痛回復にも、コーヒーが役立ちます。コーヒーの中にあるカフェインは、二日酔いの原因になるアセトアルデヒドという成分を体外に排出し、脳の血液の循環をよくします。
コーヒーの中にあるカフェインには、血管を収縮させる作用があるので、血管が拡張して発生する頭痛に対して、効果を発揮します。
ダイエットに効果的な飲み方はブラックだと言われています。せっかくダイエットするのに、砂糖やミルクを入れたら、ダイエットが台無しになってしまいます。飲み方はブラックがいいでしょう。
痩せるためにコーヒーを飲む場合 ブラックで飲むのが、1番効果的というデータがありました。 とある実験では、3倍のコーヒーを飲んだあとで自転車に乗った結果 同じ量の水を飲んだ場合と比較して、2倍もの脂肪を燃焼しました。 もちろん、飲むコーヒーの量やその時の体調で結果は変わるでしょうが 少なくとも、ダイエットについてポジティブな影響が有ることは確かです。 ダイエットのためにジョギングやウォーキングをするのであれば 走りに行く前に、1杯以上のコーヒーを飲むと痩せやすくなるでしょう。

ダイエットを目的にコーヒーを飲む時には、ホットで飲む方が効果的です。冷たいコーヒーは内蔵を冷やしてしまいます。温かいコーヒーを摂取すると、コーヒーの中に入っているカフェインの働きで、血流が活発になり、体温を高めて、脂肪が燃焼しやすい状況になるという効果があります。
いろいろ調べてみましたが、コーヒーは、1日3杯位を食後に飲むようにしたら、効果的にダイエットができます。1日6杯以上飲むと、反対に太ってしまうし下痢になりやすくなるので、注意しましょう。夜寝られないということにならないように、寝る6時間以上前にコーヒーを飲むようにしましょう。
コーヒーの素晴らしさはわかりました。飲むとダイエット効果などにも効果的で、問題はないようです。問題は、夜飲んだ時に寝られないということにならないのかということです。
夜コーヒーは、飲み方を工夫することで、寝られないということなく楽しむことができます。牛乳たっぷりのコーヒーを飲むことにより、カフェインの覚醒作用が、牛乳の持つ安眠効果に打ち消されますので、寝られないということにならずにコーヒーを楽しむことができます。また牛乳が胃の粘膜の保護機能を担うので下痢になりにくくなります。
カフェオレでも眠れなくなりそうな人は、タンポポコーヒーなどのコーヒーを飲むようにしましょう。 タンポポコーヒーは、本来のコーヒーと非常に味や風味が近いので違和感なく飲むことができます。ノンカフェインなので寝られないということにならずに、夜コーヒーを楽しむことができます。
最近では、カフェインレスコーヒーも販売されています。夜コーヒーを楽しみたい方は、カフェインレスコーヒーを飲むということも考えてみると良いかもしれません。
京都にある老舗コーヒー専門店である小川珈琲では有機栽培のカフェインレスコーヒーを販売しています。「有機JASマーク」の表示が認められているほどのコーヒーです。
夜コーヒーは、カフェインレスのものを楽しむようにしましょう。カフェンレスは、ダイエット効果はありませんが、ダイエットをするなら昼、カフェインが入っているものを3杯以内で飲むようにしましょう。
▽こちらもどうぞ▽
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BWhliBdg8AT/?tagged=%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%82%B9%E7%8F%88%E7%90%B2