Fiqnbexuq4g6bzj3kosc

食事

CATEGORY | 食事

ウォーキングは食後・食前で効果が違う!?効果的な運動まとめ!

2018.03.11

ウォーキングは食前と食後それぞれで期待できる効果や気をつけたいポイントがあります。ウォーキングの効率を最大限に生かすために重要なポイントや、食前と食後で効果的なウォーキング方法をご紹介します。簡単に始められるウォーキングで楽しくエクササイズを始めましょう!

  1. ウォーキングは食前と食後どちらが効果的?
  2. 食前と食後のウォーキングの効果的な方法
  3. 効果的な食前ウォーキングで気をつけたいポイント1
  4. 効果的な食前ウォーキングで気をつけたいポイント2
  5. 効果的な食前ウォーキングで気をつけたいポイント3
  6. 効果的な食前ウォーキングで気をつけたいポイント4
  7. 効果的な食前ウォーキングで気をつけたいポイント5
  8. 効果的な食後ウォーキングで気をつけたいポイント1
  9. 効果的な食後ウォーキングで気をつけたいポイント2
  10. 効果的な食後ウォーキングで気をつけたいポイント3
  11. 効果的な食後ウォーキングで気をつけたいポイント4
  12. 効果的な食後ウォーキングで気をつけたいポイント5
  13. ウォーキングの前後でストレッチを取り入れると効果的
  14. 食前と食後のウォーキングは適度な時間配分が大切
無理なく始められて体だけでなく、心身共にリフレッシュ効果が期待できるウォーキングですが、生活リズムの中でどの時間に行うと一番効果が期待できるのか気になります。ウォーキングを行う時、食前と食後で気をつけておきたいポイントが異なります。
ウォーキングの効果を最大限に発揮するには、食前と食後のウォーキング時に気をつけておきたいポイントをしっかりと理解する事が大切です。ウォーキングで痩せたい時の効果的なウォーキングの時間の長さや、ウォーキングで消化を促進したい時などで運動する時間の長さが変わってきます。
食前にウォーキングをする時と食後にウォーキングをする時、ウォーキングをするタイミングや食事で注意しておきたいポイントがあります。痩せたい、ダイエット効果を期待したいと思えば思うほど、長く運動をしたほうが効果的と思われがちですが、ウォーキングを効率良く生活に取り入れるためには、長時間ウォーキングをするのではなく、効果的な時間や効果的な方法を知る事が大切です。
食前と食後でそれぞれ運動のタイミングや注意したいポイントは異なりますが、ストレッチなど、食前と食後の両方でウォーキングにプラスして取り入れたい運動やポイントがあります。ウォーキングで痩せたい時に効果的なウォーキングのポイントをご紹介します。

食べ過ぎないように注意する

食前にウォーキングをする場合、ウォーキングをした後に食べ過ぎないように注意が必要です。食事の前に運動をする事で、体は空腹状態を意識します。空腹状態になっている時、人間の体は摂取したカロリーを蓄えようと働きます。
食前にウォーキングをした時は、ウォーキングが終わってから30分は体をリラックスさせて休めるようにしましょう。30分休む事で体が一旦リラックスする事ができます。食前にウォーキングした時は、おにぎりやフルーツ、サラダ、スープなどさっぱりと済ませる事ができる食事に切り替える事でダイエット効果が期待できます。

体を動かすことが少ない人ほどダイエット効果がある

食前ウォーキングは仕事や学校で体を動かす機会が少ない人ほど、効果が期待できます。長時間のデスクワークや、同じ姿勢で長時間仕事をする場合、日頃の生活習慣で体が鈍ってしまいます。食前に適度にウォーキングで体を動かす時間を作る事で、体が程よく空腹状態になります。
デスクワークなどでカチコチに硬くなった筋肉をほぐす効果も期待できるので、ウォーキングで痩せたい人だけでなく、長時間同じ姿勢でいる事で、体が硬くなってしまう人にも食前ウォーキングはおすすめです。ウォーキングした後の30分は時間を開けて、ストレッチなどで体をほぐしてあげましょう。

空腹がピークの時は避ける

食前ウォーキングの効果が出るのは、適度な空腹感がある時です。痩せたいと強く感じている時、無理なカロリー制限をしてしまった状態で食前ウォーキングをすると、貧血や脱水症状になる恐れがあります。お腹がペコペコな時は食前ウォーキングは避けましょう。

水分補給を忘れずにする

どんな運動をする時にも欠かせないのが水分補給です。痩せたい時はこまめに水分補給をして、完全な空腹状態にならないように注意しましょう。ウォーキング中にボトルを持ち歩くのが大変な場合は、ウォーキングの前と後にかならず水分摂取する時間を確保するのが大切です。
水分補給はウォーキングの前後だけでなく、毎日飲む事で血行促進の効果があります。起床して30分以内にもコップ一杯の水分を摂取するだけで、すっきりと目覚める事ができます。水分補給する場合、一気飲みではなく少量をちょくちょく飲む事ように心がけましょう。

無理せず適度なペースを保つ

食前のウォーキングは10分~30分間続けるのが効果的ですが、無理せず自分のペースで始めるのが大切です。運動は一回で長くやるよりも、短い時間でも長く続ける事が大切です。昨日は30分やったけど、今日は10分でいいやという感じで気楽に長く継続するようにする事で、楽しくウォーキングを継続する事ができます。

食事直後は避ける

ウォーキングを食後にする場合、食事が終わってすぐにウォーキングをするのは避けましょう。食事を消化し始めた時に汗をかく運動やウォーキングをすると体が驚いてしまいます。食後30分くらいはリラックスして、ウォーキングをする準備をするのがベストです。
食後の30分はウォーキング前に体をほぐす感覚でストレッチをしたり、テレビを見てリラックスするなど体を一旦休めてあげましょう。また、ウォーキングで痩せたい時は食事は腹八分目まででストップしてお腹や体に余裕を持たせる事が大切です。

満腹時はゆっくりペースでウォーキング

痩せたい時でも付き合いや、何かのイベントでお腹いっぱいになるまで食べ過ぎてしまう事があります。食べ過ぎてしまったと感じる時は、食後30分間リラックスした後ゆっくりしたペースでウォーキングしましょう。その分次の日は摂取カロリーを抑えるなど、食事を調整する事も大切です。

ウォーキングは10分間が効果的

食後のウォーキングは10分間続けるのが効果的です。10分だけと聞くと短いイメージがありますが、お腹が満腹な場合は除き、お腹が良い感じに満たされた時は10分間しっかりとペースを守ってウォーキングする事が大切です。ウォーキングの速度だけでなく、歩幅にも注意して歩くようにしましょう。
ウォーキングをする時は、しっかりと歩幅を確保して歩く事で効果的な運動になります。10分間続ける時は、タイマーを使って歩く事で時間管理をしながらウォーキングをする事ができます。また、音楽を聞きながらウォーキングする事で、この音楽を何回繰り返せば10分になるなど時間配分を音楽でカウントするのもおすすめです。

足だけでなく腕の振りも意識する

ウォーキングと聞くと足の歩幅や速さにばかり気をとられる事がありますが、ウォーキングの効果を最大限に発揮するために重要になるのが腕の振り具合です。腕をしっかりと振る事を意識しながらウォーキングを続ける事で、下半身だけでなく体全体の脂肪燃焼効果が期待できます。

歩くだけだと気を緩めない

食後はお腹が満たされて、やる気がでない場合やペースダウンしてしまう事があります。歩くだけだと思って気を抜いた散歩感覚ではなく、時間を意識してしっかりとウォーキングをしているのだという事も忘れずに意識して取り組みましょう。
食前と食後にかかわらずウォーキングの前後で軽くストレッチをするとウォーキングの効果がアップします。ストレッチは運動について何も知らない赤ちゃんさえ伸びをするほど、体が自然に求める運動です。何よりウォーキングの前後でストレッチを入れる事で筋肉痛や怪我の予防にもなるので意識してストレッチを取り入れるようにしましょう。
ウォーキングは体を適度に動かすのに適した運動です。食前にウォーキングを取り入れる場合も食後にウォーキングを取り入れる場合も大切なのが時間配分です。食べた直後や運動した直後はリラックスする事を忘れずに、ウォーキングを日々の運動として取り入れていきましょう!
▽継続が大切です!▽