miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Category食事

カフェインのとりすぎってどれくらい?目安摂取量や副作用についてまとめました

カフェインを含んだ飲み物をよく飲むという人は多いですよね。そんなカフェインですが、とりすぎるとどうなるのでしょうか?とりすぎとなる目安摂取量や副作用についてまとめてみました。カフェインを好む人はぜひ参考にしてみてください。

カフェインのとりすぎってどれくらい?目安摂取量や副作用についてまとめました

カフェインは好きな人は多いですよね。 コーヒーや紅茶、ダークチョコレートにも含まれています。
知らない間にカフェインをとりすぎてしまっている場合がありますが、ほとんどの方はとりすぎてしまっていると気づきません。 コーヒーを飲んだ後に気持ち悪いと感じたりしたら注意しましょう。
ではいったい、どれくらいのカフェインの摂取量が目安になるのでしょうか。 一緒にみていきましょう。

カフェインのとりすぎとなるその量は?

カフェインのとりすぎとなる量はどれくらいなのでしょうか。 カフェインは、一日の推奨摂取量は400㎎とされていて、これは大体コーヒー4杯分となります。
コーヒーが含んでいる100mlあたりのカフェイン量は、ドリップコーヒーで90㎎、インスタントコーヒーで40㎎くらいだと一般的には言われています。
1日に摂取できるカフェインの量には個人差がありますが、400㎎以上は摂取しない方がいいと言われています。
コーヒーの飲む量は1日4杯までとよく言われてますが、先ほどの目安からドリップコーヒー4杯飲むことで360㎎になってしまう計算にあり、それ以上に接種をしてしまうと1日のカフェイン摂取量をゆうに超えてしまうのです。
カフェインをとりすぎると、動悸や頭痛、気持ち悪いと感じたりする症状が発生する可能性があるので、コーヒーの飲み過ぎには注意をした方が良いです。
他の飲み物の100mlあたりのカフェインの量はいくらぐらいなのでしょうか?
コチラも一般的な目安になりますが、紅茶と緑茶が20㎎、コーラが12㎎となっています。このように比較をしてみても、コーヒーの方がカフェインの量が多いことがわかりますね。

カフェインをとりすぎるとどうなるの?

カフェインをとりすぎてしまうと、気持ち悪いなと感じたり、心拍数の増加や不安になったりします。 コーヒーをのんで気持ち悪いとなったりしたことはあるでしょうか。 もしそのようなことがあったら、カフェインのとりすぎということになります。 紅茶やダークチョコレートにもカフェインが含まれていますので、組合せ次第で知らずにカフェインを多くとりすぎてしまっていることになりますので気をつけたいですね。

カフェインをとりすぎた時の副作用

カフェインによる副作用としては、動悸、めまい、息切れ、頭痛、肌荒れ、胃痛などといった身体的な症状のほかにも、焦燥感、不安感、緊張感といったような精神的な症状があります。
特に仕事や勉強などで疲れて体力がない時には、カフェインの身体への影響がより大きくなります。
疲れていても頑張ることが求められている状況で、ついついコーヒーに頼って元気をもたいたくなるとは思いますが、身体に与える負担も同時に大きくなえることを覚えておきましょう。

カフェインをとりすぎたときの対処法

ではここで、カフェインをとりすぎてしまった場合の対処法をお伝えします。

水分をとる

水を飲むことで改善されます。 カフェインの摂り過ぎによる症状は、水分をしっかり摂ることで和らげることができるものもあります。 そして、水分は身体から効率的にカフェインを排出する助けもしてくれるので、気持ち悪くなったりしたら、まずは水を飲んでみましょう。

カリウムやマグネシウムをとることも効果的

カフェインは、カリウムやマグネシウムといったものを減らしてしまいます。 バナナや緑黄色野菜などでカリウムやマグネシウムをとることもおすすめです。

カフェインを上手にとっていこう!

対処法を知っているだけで、知らない間にカフェインをとりすぎてしまったとしてもすぐに改善できます。
また、どうしてもコーヒーが飲みたくなった時にはカフェインをとりすぎないようにノンカフェインコーヒーを選んだりすることも対処法となりますので、上手にカフェインと付き合っていきましょう。