Qctjm3u4bonsh7qeihdx

食事

CATEGORY | 食事

コーヒー生豆を売ってるおすすめ通販webサイト12選!【編集部厳選】

2018.02.06

自宅で焙煎コーヒーを飲みたいけれど、生豆ってどこで買うのか分かりませんよね。今回は、焙煎コーヒーに必要な生豆を購入することができるおすすめ通販webサイト12選をご紹介します。焙煎コーヒーの美味しい入れ方や飲み方も教えちゃいますよ。

  1. 焙煎コーヒーが人気!
  2. インスタントとレギュラーコーヒーとの違いは?
  3. 焙煎コーヒーのおいしい淹れ方は?
  4. 焙煎コーヒーのおいしい飲み方は?
  5. コーヒー生豆おすすめ通販サイト12選を紹介!
  6. コーヒー生豆おすすめ通販1【生豆本舗】
  7. コーヒー生豆おすすめ通販2【ワイルド珈琲】
  8. コーヒー生豆おすすめ通販3【早川コーヒー】
  9. コーヒー生豆おすすめ通販4【WORLD BEANS SHOP】
  10. コーヒー生豆おすすめ通販5【松屋珈琲】
  11. コーヒー生豆おすすめ通販6【WINWIN本舗】
  12. コーヒー生豆おすすめ通販7【珈琲市場】
  13. コーヒー生豆おすすめ通販8【コロネーション】
  14. コーヒー生豆おすすめ通販9【ヴォアラ珈琲】
  15. コーヒー生豆おすすめ通販10【珈琲 Yu-A】
  16. コーヒー生豆おすすめ通販11【まめや総本店】
  17. コーヒー生豆おすすめ通販12【生豆ダイレクト】
  18. 手軽にコーヒー豆を購入できる通販は?
  19. 手軽にコーヒー生豆が購入できる通販【Amazon】
  20. 手軽にコーヒー生豆が購入できる通販【楽天市場】
  21. こだわりの焙煎コーヒーを自宅で飲もう!
Twcakguxmpcqt5r06v9x
引用: https://images.unsplash.com/photo-1501339847302-ac426a4a7cbb?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=843991c27d422f3207d8dda937413274&auto=format&fit=crop&w=1057&q=80
首都圏を中心にカフェブームが到来しています。実際に働きたいとカフェの求人には多くの人が募集しています。また、生豆にこだわったカフェが急増したことで、自宅でも焙煎コーヒーを飲むなど豆にこだわった飲み方をする人が増えています。

コーヒーの生豆ってどこで買えるの?

引用: https://model.foto.ne.jp/free/img/images_big/m010047.jpg
コーヒーの生豆を販売しているのは、カフェやコーヒー専門店、百貨店などで販売しています。しかし販売している実店舗が少ないため、なかなか目にする機会もありません。最近では、通販サイトで販売しているため、自宅にいながら気軽に購入することができます。通販サイトの利点は、多くのコーヒー生豆を購入、比較できるので、なかなかお目にかかれない貴重なコーヒー生豆を買うことができます。
Vyb8colyenrmk7ud9bm9
引用: https://images.unsplash.com/photo-1509785307050-d4066910ec1e?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=3c043b7f518066a42a3dc0cafea56253&auto=format&fit=crop&w=1228&q=80
手軽に飲めるインスタントコーヒーと、レストランやカフェなどで多く提供しているレギュラーコーヒーの違いについてご存知ですか。なんとなく違うということは分かっていても、明確に答えることはできませんよね。簡単ではありますが、これらの違いについてご紹介します。

インスタントコーヒーとは?

インスタントコーヒーとは、焙煎したコーヒーの豆から抽出し、コーヒー液を乾燥させ粉末にしたコーヒーです。お湯を溶かすだけで手軽に飲めるインスタント食品として人気です。お湯を注ぐだけで誰でも飲めるため、焙煎などの面倒な作業をしたくない人におすすめです。しかし、焙煎コーヒーに比べて味や香りが劣るという欠点があります。

レギュラーコーヒーとは?

レギュラーコーヒーとは、焙煎した豆からコーヒー液を抽出する飲み方です。インスタントコーヒーと区別するために生まれた和製英語であり、焙煎コーヒーのことを指します。芳醇な香りやコーヒー独自の味を楽しむことができます。しかし、焙煎の手間やある程度の知識がないと美味しいコーヒーを淹れることができないため、理想のコーヒーを作るのに時間がかかる欠点があります。
Ceerz2exvasv4hdm7bpr
引用: https://images.unsplash.com/photo-1501473847452-ff688ffe7103?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=8e931d8850a5cd24fb675f160a34d4cf&auto=format&fit=crop&w=1050&q=80
おいしい焙煎コーヒーの飲み方をご紹介します。せっかく焙煎したコーヒー豆であっても、ここで正しい淹れ方をしないと、美味しいコーヒーを飲むことはできません。参考にして飲んでみましょう。

焙煎コーヒーのおすすめの淹れ方①【水】

まずは新鮮な水を用意します。水道水でもかまいませんが、こだわる人はウォーターサーバーなどを使っています。美味しいコーヒーを飲むには、水にもこだわる必要があります。

焙煎コーヒーのおすすめの淹れ方②【温度】

コーヒー抽出に適したお湯の温度は約95度です。お湯が沸騰したら火を止め、お湯表面が静まったら適温になった合図です。

焙煎コーヒーのおすすめの淹れ方③【蒸らす】

焙煎したコーヒー全体にいき渡るように、中心かららせん状にお湯をそっと注ぎます。その後、コーヒーのおいしい成分を抽出しやすくするため、約30秒ほど蒸らします。

焙煎コーヒーのおすすめの淹れ方④【抽出】

今度は円を描くようにお湯を一気に注ぎます。焙煎したコーヒーが小さな山のようにふくらんできたら、中心にお湯を足しましょう。これで、美味しい焙煎コーヒーの完成です。
Svqycbxapnflwlbjkrfn
引用: https://images.unsplash.com/photo-1500056465874-8cceb7570f0d?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=8b5e3ccdbcb3b8bcb741a2b7e952ae57&auto=format&fit=crop&w=1225&q=80
焙煎した直後のコーヒー豆は、内部に二酸化炭素を中心とした気体の成分(通称:ガス)がたくさん詰まっている状態です。焙煎間もないコーヒー豆を使ってコーヒーを淹れると、ガスがお湯を注いだ瞬間に大きく膨らみます。これは、新鮮な証拠なのですが、同時にガスが放出されるためあまり良い状態とはいえません。

焙煎2~3日後がおいしい飲み方のポイント

焙煎してから2~3日置くことで、豆内部に溜まったガスが抜けていき、良い状態で抽出することができます。こだわった焙煎豆を使用するカフェの中には、2~3日焙煎した豆を寝かす方法を取り入れている店もあります。飲み方にこだわれば、カフェで飲むような美味しい焙煎コーヒーを飲むことができます。ぜひ、これらの飲み方を参考にしてください。
Yuxfrjp42j4e2ba0ntkd
引用: https://images.unsplash.com/photo-1459755486867-b55449bb39ff?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=a8783669407d5e482c4d41adbb3f5fbd&auto=format&fit=crop&w=1049&q=80
ここからは、コーヒー生前を購入できるおすすめ通販webサイト12コをご紹介します。スタンダートな生豆を販売しているサイトから、こだわった選りすぐりの生豆を販売しているサイトなど、初心者から上級者まで利用することができるサイトばかりです。
生豆から焙煎豆まで軽量販売している「生豆本舗」は、100グラムから購入することができます。なんといっても値段の安さが「生豆本舗」をおすすめしたい理由です。それぞれの豆の特徴を画像で紹介しているため分かりやすいのも特徴です。

おすすめポイントは少量から生豆・焙煎豆が買える

値段も手ごろで少量から購入することができるため、コーヒー生豆・焙煎初心者におすすめしたいサイトです。また、種類が豊富なので上級者にも利用されているサイトです。しかし、100グラム単位の販売のみなので、一度に大量購入したいと考えると割高になる可能性もあります。
世界20カ国50種類以上ののコーヒー生豆・焙煎豆を販売している「ワイルド珈琲」は、1,000円以下で購入できる生豆・焙煎豆を取り扱っています。オリジナルの焙煎機も発売しているので、本格的に焙煎コーヒーを作りたいという人にもおすすめです。また、「ワイルド珈琲」のSNSアカウントを登録しておけば、入荷情報も手に入れることができるので、最新情報をいつでも確認することができます。

おすすめポイントは初心者向けのサイト

種類豊富で手ごろな価格がうりの「ワイルド珈琲」ですが、スタンダードな生豆や焙煎前が多いサイトです。そのため、何を飲んだら良いかわからない初心者や知識を広げたい人にはおすすめです。一方でこだわりの生豆や厳選された焙煎豆を求める人には、物足りなさを感じるでしょう。
世界27カ国200種類以上のコーヒー生豆・焙煎豆を販売している「早川コーヒー」は、とにかく安いのがうりのサイトです。取り扱っているコーヒー豆を国一覧表で見ることができるため、ほしい豆がすぐに見つかるのがおすすめな点です。また、売れているコーヒー生豆・焙煎豆をランキング形式で紹介しているので、人気商品がひと目で分かります。

プロも御用達なのがおすすめポイント

プロも御用達の「早川コーヒー」は値段が手ごろなのが嬉しいのですが、1キログラムからの販売なのでいろいろ試したい人にはおすすめできません。すでにお気に入りの生豆・焙煎豆があり、たくさん購入したい人にはおすすめしたいサイトです。
輸入豆を含んだコーヒー生豆・焙煎豆を販売している「WORLD BEANS SHOP(ワールドビーンズショップ)」は、1キログラム1,000円前後で購入できるサイトです。自宅で焙煎する人からプロまで御用達のサイトで、3,240円以上購入すれば送料無料なのもおすすめしたい点です。

おすすめポイントは種類が豊富

「WORLD BEANS SHOP(ワールドビーンズショップ)」は毎月お買い得セールを実施しているため、普段より安く買える場合もあります。また、スタンダードからプレミアムな豆も販売しており、こだわりたい人に人気です。さらに、カフェインレスコーヒーも販売しているため、カフェインを控えたい人にもおすすめのラインナップです。
「松屋珈琲」は、コーヒー豆を販売する通販専門店です。1キログラムからの販売ですが、手ごろな値段で買えるのがおすすめしたい点です。また、スタンダードな豆からプレミアムな豆まで幅広い豆を取り扱っているため、他にはない生豆・焙煎豆を探している人におすすめです。

ちょっと変わった豆があるのがおすすめポイント

「松屋珈琲」は、他のサイトでは販売していないちょっと変わった生豆・焙煎豆を販売しています。そのため、新しい豆を試してみたい人におすすめです。群馬県高崎市には、実店舗があり試飲も楽しめます。駐車場完備なので、実際に飲んで確かめたい人はお店に急ぎましょう。
ちょっとレトロなサイトの「WINWIN本舗」は、種類が豊富なことで有名なサイトです。1キログラム2,000円前後で販売しており、リピーターが多いコーヒー生豆・焙煎豆専門店です。人気の生豆・焙煎豆は完売になることも多いため、欲しい商品は早めに購入しましょう。

おすすめポイントは豆紹介が細かい

引用: https://food.foto.ne.jp/free/img/images_big/dri0005-001.jpg
「WINWIN本舗」は各豆の味やどこがおすすめなのかを事細かく紹介しているので、どんな豆なのか想像でき、またおすすめの飲み方も紹介してくれます。また、原産国の情報も見ることができるので旅行に行った気分にさせてくれる素敵なサイトです。
ブラジル原産のコーヒー生豆を中心に世界各国の豆を販売している「珈琲市場」は、生豆専門店です。100グラムから購入することができ、さらに200円から販売しているため幅広い生豆を試したい人におすすめです。また、コーヒーの歴史から産地マップ、飲み方などの豆知識情報も豊富なので初心者からもっと学びたい人におすすめのコラムです。

生豆にこだわりたい人にはおすすめのサイト

生豆専門店はほとんどないため、焙煎豆でなく生豆にこだわりたい人におすすめのサイトです。生豆の取り扱いは、焙煎豆よりもコーヒーの知識が必要なため初めて購入する人は注意が必要です。
引用: https://food.foto.ne.jp/free/img/images_big/fd401356.jpg
「コロネーション」は無農薬栽培にこだわった生豆を販売しているサイトです。栽培方法からこだわりたい人におススメです。また、自宅での焙煎方法や飲み方も紹介しているので、初めて購入する人でも気兼ねせずに買うことができます。

オーガニック商品が多いのがおすすめポイント

「コロネーション」は、有機栽培(JAS認定)されたオーガニック生豆を販売しています。価格は少し高めですが、他ではなかなか購入することができいないため、豆ににこだわる飲み方をする人はおさえておきたいサイトのひとつです。
「ヴォアラ珈琲」は、鹿児島市を中心に4店舗運営しているコーヒー店のオンラインショップです。焙煎豆にこだわりを持つオーナー井ノ上達也さん監修の元、厳選された豆を販売しています。種類は少ないですが、とてもおいしいとコーヒーマニアの間では知る人ぞ知る通販サイトです。さらに実店舗ではコーヒー教室を実施しており、コーヒーの淹れ方や飲み方などを分かりやすく教えてくれます。

おすすめポイントはこだわった焙煎豆

焙煎豆を中心としたラインナップを展開している「ヴォアラ珈琲」は、生豆の取り扱いが少ないサイトです。しかし、こだわり抜いた焙煎豆のみを販売しているため、豆にこだわりたい人におすすめです。生豆にこだわりたい人は、次にご紹介するサイトを利用しましょう。
「珈琲Yu-A(ゆーあ)」は、岐阜県内で運営しているコーヒー店のオンラインショップです。200グラムから購入することができ、また手ごろな値段で販売しています。コーヒー豆の種類は少ないですが、無料でラッピングをしてくれるサービスもあるので、贈り物にも最適です。

おすすめポイントはこだわった生豆

先ほどご紹介した「ヴォアラ珈琲」は焙煎豆にこだわっていましたが、こちらの「珈琲Yu-A(ゆーあ)」は生豆にこだわっています。また、岐阜県の実店舗は飲食店口コミサイト「食べログ」でも高評価なカフェで、わざわざ飲みに行く人も多い店舗です。行く前にまずは通販サイトで生豆を購入して、味わってみるのも良いかもしれません。
「まめや総本店」は、兵庫県神戸市を中心に4店舗運営するコーヒー店のオンラインサイトです。実店舗では生豆を200グラムから購入することもでき、淹れ立てのコーヒーを飲むこともできます。お店で販売している商品をオンラインでも購入することができるため、遠方からの注文も多いサイトです。さらに、コーヒーの淹れ方や飲み方、また焙煎テクニックを教えてくれる「マメヤ大学」などを運営しており、コーヒーに携わる人たちの育成にもひと役買っています。

本当に美味しい生豆を求める人におすすめ

「まめや総本店」は、生豆にこだわったサイトです。そのため200グラム1,000円前後と割高ですが、味は他の生豆と比べられないくらい美味しいと好評です。本当に美味しい生豆を求めている人におすすめのサイトです。
引用: https://food.foto.ne.jp/free/img/images_big/dst0002-001.jpg
良質のコーヒー生豆を販売している「生豆ダイレクト」は、今回ご紹介したサイトの中でも群を抜いて安さがうりのサイトです。商品によっては500グラム370円から購入することができます。

おすすめポイントはとにかく安い!

引用: https://model.foto.ne.jp/free/img/images_big/m020478.jpg
「生豆ダイレクト」は、500グラムから5キログラムまで4種類の量を選ぶことができます。また返品も受け付けているため、間違って買ってしまった時なども慌てる心配はありません。しかし商品説明が一切ないため、いちいち検索して調べるか、ある程度豆の知識が必要です。コーヒー生豆初心者には不向きなサイトですが、自分の好きな生豆が分かっている人にはおすすめのサイトです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/Photoelly037_TP_V.jpg
こだわりのコーヒー生豆・焙煎豆を販売している通販webサイト12コをご紹介しましたが、ここからはもっと手軽にコーヒー生豆・焙煎豆を購入できる通販webサイトをご紹介します。
まずはお馴染みの大手通販サイト「Amazon」です。コーヒー生豆から焙煎豆まで幅広い商品を取り揃えています。もちろん、焙煎に必要な周辺商品も販売しているため、同時購入にも便利な通販サイトです。

おすすめポイントはすぐに届く

「Amazon」のおすすめポイントは、コーヒー豆が切れてしまった時にすぐに届けてくれる配達サービスです。よほどの人気商品ではない限り在庫切れもなく、また毎日配達してくれるため、いざという時に便利な通販サイトです。しかし、価格は他の通販サイトよりも割高なことが多く、豆にこだわりたい人でも緊急時以外はほとんど利用していません。
こちらもご存知の大手通販サイト「楽天市場」です。「楽天市場」では焙煎豆を多く取り扱っています。こちらも「Amazon」同様、配達サービスが優れているため欲しい時にすぐに届く点がおすすめです。

おすすめポイントは自煎り豆がある

「楽天市場」も割高なデメリットがありますが、こちらでは焙煎の初期段階の処理が済んだ、手網焙煎できる半焙煎煎済の豆「自煎り豆」を購入することができます。インスタントは嫌だけど、焙煎するのも手間がかかるといった人におすすめの商品です。
Rviobwjasx9smljshzt9
引用: https://images.unsplash.com/photo-1469957761306-556935073eba?ixlib=rb-0.3.5&s=4aba394aee819967a580292ab04b6f37&auto=format&fit=crop&w=1315&q=80
こだわった焙煎コーヒーを出すカフェが多くなったことがきっかけで、自分で生豆を買い、焙煎する人が増えていることが分かりました。コーヒーの淹れ方や飲み方にもこだわれば、自宅で簡単にカフェと同じコーヒーを飲めるとなれば、コーヒー好きにはたまりません。
U3fupu2fqohfrrapdqpe
引用: https://images.unsplash.com/photo-1447753072467-2f56032d1d48?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=cf3594e2810444abcf8f05655f0ef216&auto=format&fit=crop&w=1267&q=80
実店舗ではなかなか購入することができない生豆・焙煎豆ですが、通販webサイトの普及にともない、自宅にいながらこだわりの生豆・焙煎豆を買うことができます。さらに、コーヒー豆を販売している通販webサイトが12コ以上あると知れば、買わない理由が見つかりません。
Bhnvdudukbcycebib3og
引用: https://images.unsplash.com/photo-1508160371440-9220afde27ca?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=46f7296f4fda9eb15580f64adf750c06&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
大手通販サイト「Amazon」や「楽天市場」でも購入することはできますが、割高だったり自分に合ったコーヒー生豆・焙煎豆が見つからないことが多いため、緊急時はこれらの大手通販サイトを利用、それ以外はコーヒー豆専門サイトで購入するのをおすすめします。
Vcibstbadesqxoj47tn5
引用: https://images.unsplash.com/photo-1501346220112-1dbcb625301c?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=2a352b52d35765b586a49dc55590b803&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
家でのリラックスタイムに、こだわりの焙煎コーヒーを飲んでみてはいかがでしょう。コーヒー豆や飲み方を少し工夫するだけで、いつもの休日が変わるかもしれませよ。