Klrtmyjo2krxoowwmdqh

ボディケア

CATEGORY | ボディケア

ビタミンのサプリの効果やおすすめは?肌荒れやニキビに効果あり?

2018.10.01

ビタミンのサプリの効果やおすすめのビタミンサプリにはどのようなものがあるのでしょうか。肌荒れやニキビに効果のあるおすすめのビタミンサプリはなにがあるのでしょうか。飲むタイミングや尿の変化・過剰摂取についても比較してみてみましょう。

  1. 【ビタミンのサプリの効果や比較!おすすめは?】ビタミンとは?
  2. 【ビタミンのサプリの効果や比較!おすすめは?】摂取方法
  3. 【ビタミンのサプリの効果や比較!おすすめは?】マルチビタミン
  4. 【ビタミンのサプリの効果や比較!おすすめは?】比較
  5. 【ビタミンのサプリの効果や比較!おすすめは?】過剰摂取
  6. 【ビタミンのサプリの効果や比較!おすすめは?】尿の変化
  7. 【ビタミンのサプリの効果や比較!おすすめは?】ニキビ肌
  8. 【ビタミンのサプリの効果や比較!おすすめは?】毛穴レス
  9. 【ビタミンのサプリの効果や比較!おすすめは?】疲労回復
  10. 【ビタミンのサプリの効果や比較!おすすめは?】タイミング
  11. 【ビタミンのサプリの効果や比較!おすすめは?】まとめ
引用: https://www.instagram.com/p/BdCLkMtlAI2/?tagged=dhc%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3
栄養素は、蛋白質、脂肪、炭水化物の三大栄養素の他に、無機質、ビタミンなどがあります。ビタミンは体にとって、とても大切な働きをしています。
ビタミンには、アルファベットの名前(A、B、C、D、E、Kなど)が付けられています。ビタミンB群は、数字を付けて種類を区別したりしています。
体の中のビタミンが不足すると、あちこちに障害が起こってきます。 ビタミンCがないとコラーゲンを作れずに、皮膚のハリがなくなったり、歯が抜けたりします。
ビタミンは、体の中で作ることができない微量栄養素なので、体の外から取り入れます。通常は、食事からビタミンを摂取しますが、摂取できない場合にはサプリで補うことができます。
食品にはたくさんのビタミンも含まれています。レバ−には、ビタミンA・B2・B12が含まれ、魚類にはビタミンB6・B12・D、ブロッコリ−にはビタミンC・K、豚肉にはビタミンB1などが含まれています。
「マルチビタミン」というのは、ビタミン全般とミネラルがバランスよく含まれているサプリのことです。
普段からビタミンを多く含む野菜や果物などをたくさん食べれてないという人にとっては、便利なサプリメントです。
「マルチビタミン」のメリットは、推奨される摂取量よりも少ない量のビタミンを補うことができます。
「マルチビタミン」のデメリットは、過剰摂取のリスクが高くなる可能性があることです。
ビタミンには水溶性(水に溶けるもの)と脂溶性(油に溶けるもの)の2種類があります。
水溶性のビタミンと脂溶性ビタミンを比較してみましょう。
水溶性のビタミンは、ビタミンB1・B2・B6・ニコチン酸・パントテン酸・ビタミンB12・ビタミンCがあります。脂溶性ビタミンには、ビタミンA・D・E・Kがあります。
水溶性ビタミンを過剰摂取したときと脂溶性ビタミンを過剰摂取したときを比較してみましょう。
水溶性ビタミンは、過剰摂取しても尿中へ排泄されるために副作用はありません。
しかし、脂溶性ビタミンは、吸収されやすく尿中へ排泄されないので過剰摂取により過剰症をおこす可能性があります。
「マルチビタミン」は、水溶性ビタミンは適正量まで補うことができますが、脂溶性ビタミンは危険ラインの過剰摂取量になってしまいます。

ビタミンAの過剰摂取

ビタミンAを過剰摂取すると、食欲不振や悪心、嘔吐、脱毛、発疹などがおこる可能性があると言われています。

ビタミンDの過剰摂取

ビタミンDを過剰摂取すると、食欲不振や頭痛、口渇、血液中のカルシウム濃度が高くなり腎臓や血管などにカルシウムが沈着する可能性があると言われています。

ビタミンKの過剰摂取

ビタミンKを過剰摂取すると、下痢や悪心、嘔吐などがおこる可能性があると言われています。
ビタミンを摂取することで、尿の色が変化することがあります。ビタミンB2を強化した栄養ドリンクや栄養補助食品をとった後に、尿が濃い黄色になることがあります。
ニキビ肌や肌荒れには、ビタミンCやビタミンB2を摂取するのがおすすめです。
ニキビ肌は、バリア機能が低下して炎症を起こしている状態です。ビタミンCには、鎮静成分である抗炎症・抗酸化作用があります。
ニキビ肌に適したサプリメントを選ぶときには、脂質の代謝に関わるビタミンB群や、抗酸化効果のあるビタミンCが入ったものを選ぶのがおすすめです。

ニキビにおすすめ【第3類医薬品】ビタサプリB26L 300錠

「ビタサプリB26L」は、皮膚や粘膜の代謝に欠かせないビタミンB2・B6やビタミンCなどの成分が8種類入っています。ビタミンB2は持続型のB2を使用しているので、1日1回でスキンケアが出来ます。夜に1日1回飲むことをおすすめしているサプリメントです。
フィルムコーティング錠で、ビタミン独特の味や香りを感じにくいサプリです。
毛穴レスな肌をキープするには、ハリのある肌に必要なビタミンA・ビタミンB群、ビタミンDを摂取するのがおすすめです。

毛穴レスにおすすめDHCビタミンBミックス

「DHCビタミンBミックス」は、ビタミンB群全8種類を配合しています。肌のコンディションを整えて、肌にハリとみずみずしさをもたらしてくれます。ダイエットにも効果的で、糖質・脂質・タンパク質をエネルギーに変える働きがあります。
ビタミンB群は、疲労回復の効果や、皮膚を健康に保つのにおすすめのビタミンです。

疲労回復におすすめ[医薬品] アリナミンA 40日分

「アリナミンA」は、ビタミンB1が配合され、炭水化物などの糖をエネルギーに変えてくれます。
ビタミンB1をさらに効きやすい「ビタミンB1誘導体」の形で配合していて、疲れを今すぐになんとかしたいという時には、おすすめの医薬品です。
運動をした時や、甘いものをたくさん食べた時、炭水化物をたくさん取った時には、体内のビタミンB1を使います。ビタミンB1を使い切ってしまうと、疲れが出ます。そのために、サプリで補うと疲労回復の効果があります。
ウイルスや風邪予防に効果的なのはビタミンCです。ビタミンCにはウイルスへの抵抗力を高める働きがあります。ビタミンCを摂るタイミングはいつが効果的なのでしょうか。
ビタミンCを摂るタイミングは寝る前が効果的です。睡眠中は腎臓の血流が低下するのでビタミンCが体内に留まっている時間が長くなるので、ビタミンCを飲むタイミングは、就寝前がおすすめです。
サプリを飲む量は1日の摂取目安量を守ってを飲むようにします。飲むタイミングは、基本は1日の摂取目安量を守って1日2~3回に分けて食後にとる方法がおすすめです。1日1回しかとらない時に飲むタイミングは、メインとなる食事の後に飲むのがおすすめです。
脂溶性ビタミン(ビタミンA・Eなど)は油に溶けやすいために、食事の後のタイミングでとるようにします。
体の中のビタミンが不足すると、あちこちに障害が起こってきます。ビタミンは、体の中で作ることができないので、体の外から取り入れます。マルチビタミンは、ビタミン全般とミネラルがバランスよく含まれているサプリのことです。
ビタミンには水溶性(水に溶けるもの)と脂溶性(油に溶けるもの)の2種類があります。水溶性のビタミンと脂溶性ビタミンを比較すると、水溶性ビタミンは、過剰摂取しても尿中へ排泄されるために副作用はなく、脂溶性ビタミンは、吸収されやすく尿中へ排泄されないので過剰摂取により過剰症をおこす可能性があります。
ニキビ肌や肌荒れには、ビタミンCやビタミンB2、ハリのある肌にはビタミンA・ビタミンB群、ビタミンD、疲労回復にはビタミンB群を摂取するのがおすすめです。ニキビに効果があるビタミンB2を飲むと尿が濃い黄色になることがあります。
ビタミンCを飲むタイミングは、就寝前がおすすめです。サプリは、1日の摂取目安量を2~3回に分けて食後にとる方法がおすすめで、1日1回しかとらない時には、メインとなる食事の後に飲むようにします。脂溶性ビタミン(ビタミンA・Eなど)は油に溶けやすいために、食事の後のタイミングで飲みます。