miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Categoryヘルスケア

ローズヒップティーの効能まとめ!飲みすぎには注意が必要?

ローズヒップティーには、女性に嬉しいさまざまな効能があるって知っていましたか。ただし、ローズヒップティーは、飲みすぎる事で副作用が起きるおそれもあります。そこで今回は、ローズヒップティーの効能と、飲みすぎによってどのような副作用が起きるのかをご説明します。

ローズヒップティーとは?

ローズヒップとは、バラ科の植物がつける赤い実のことです。
そんなローズヒップを乾燥させたローズヒップティーは、かわいいピンク色をしています。
また、ローズヒップティーは、中国伝統医学において漢方薬の1つとして利用されています。金桜子(きんおうし)という名称で、腎臓など泌尿器系のトラブル改善などに効果があるとされているのです。
そんなローズヒップティーは、スーパーなどで手軽に購入することができます。それではいよいよ、ローズヒップティーの嬉しい効能についてご紹介していきましょう。

ローズヒップティーの嬉しい効能その1:美肌効果

ビタミンが豊富に含まれているローズヒップティーには、美肌効果が期待できます。
まずは、最も豊富に含まれているビタミンCです。ビタミンCは、メラニンの生成を抑制して、シミをできにくくするほか、毛穴をひきしめる効果など美肌には欠かせない役割を担っています。また、コラーゲン生成を促す効果があるので、シワやたるみの改善も期待できますよ。
さらに、ビタミンCには抗炎症作用や皮脂抑制作用があるのでニキビや吹き出物にお悩みの方にもおすすめです。
そして、ローズヒップティーには、ビタミンAやビタミンEも含まれています。ビタミンAはターンオーバーを促進し、しみなどをできにくくしてくれる働きがあります。また、ビタミンEには、シワやシミなどお肌の老化の原因となる活性酸素を取り除いてくれる抗酸化作用があります。

ローズヒップティーの嬉しい効能その2:ダイエット効果

ローズヒップティーにはティリロサイドというポリフェノールの一種が含まれています。このティリロサイドには脂肪の燃焼を促進してくれる効果があります。
落ちにくい中性脂肪にも効果が期待できますよ。また、後ほど紹介しますが、ローズヒップティーには便秘解消効果もあるので、ダブルでダイエット効果が期待できます。

ローズヒップティーの嬉しい効能その3:便秘解消効果

ローズヒップには、食物繊維が豊富に含まれています。7食物繊維は、便を柔らかくして排泄しやすくしたり、下痢を固めたりする役割を担っています。また、腸内の善玉菌のえさとなることで、善玉菌を活性させるといった整腸作用が期待できます。
また、食物繊維はビタミンCと一緒に摂取することで、便秘解消への効果が高まるといわれています。ビタミンCも、腸内の善玉菌のえさとなってくれます。食物繊維との相乗効果で便秘を解消してくれるのです。

ローズヒップティーの嬉しい効能その4:免疫力アップ

ローズヒップティーに豊富に含まれているビタミンCには、免疫力を高めてくれる効果もあります。細菌やウイルスなどへの抵抗力を高めてくれるので、風邪やインフルエンザが流行る冬場にはローズヒップティーを飲むことをおすすめします。

ローズヒップティーの嬉しい効能その5:貧血予防効果

ローズヒップティーにはなんと、ホウレンソウの2倍もの鉄分が含まれています。
また、ローズヒップティーに豊富に含まれているビタミンCは、鉄分の体内吸収もサポートしてくれるので、高い貧血予防効果が期待できますよ。

ローズヒップティーの嬉しい効能その6:骨粗鬆症予防効果

ローズヒップティーには、カルシウムも含まれています。その量はなんと牛乳の9倍もの量です。
手軽にカルシウムを摂取することができるので、女性に多い骨粗鬆症を予防してくれる効果も期待できますよ。

ローズヒップティーの嬉しい効能その7:ストレス耐性を高める

ストレスを感じると、人は対抗するためにホルモンを分泌しますが、そのホルモンのもとになっているのが、ローズヒップティーに豊富に含まれているビタミンCです。
また、ローズヒップティーの香りにはリラックス作用もあるので、ダブルでストレスに負けない体づくりをサポートしてくれます。

ローズヒップティーは妊娠中に飲んでも大丈夫?

ハーブティーのなかには、妊娠中に飲んでも大丈夫なものと、妊娠中は飲むことを避けた方がよいものがあるので、注意が必要です。
ローズヒップティーは、ノンカフェインで、妊娠中に飲んでも大丈夫なハーブティーなのでご安心ください。妊娠中にローズヒップティーを飲むことで、次のようなメリットがあります。

妊娠中に増える肌トラブルを改善してくれる

妊娠中は、女性ホルモンの分泌が抑えられることから、乾燥肌になったり、シミが出来やすくなるなど、さまざまな肌トラブルが起こります。
そのような肌トラブルにも、ローズヒップティーの豊富なビタミンによる美肌効果が期待できます。

妊娠中の免疫力も高めてくれる

妊娠中は、風邪やインフルエンザにかかってしまっても、薬の服用ができません。だからこそ、体調管理には十分に注意をしなければならないのです。
体調管理に注意が必要な妊娠中だからこそ、ローズヒップティーを飲んで免疫力を高めることをおすすめします。

妊娠中の便秘も解消してくれる!

妊娠中は、子宮によって腸が圧迫され、活動が制限されてしまうことで、便秘がちになってしまう恐れがあります。
そんな妊娠中には、便秘解消効果も期待できるローズヒップティーを飲むことをおすすめします。

ローズヒップティーの飲み過ぎによる副作用

ローズヒップティーには、さまざまな嬉しい効能があることをご紹介しましたが、飲み過ぎると副作用が起こる可能性もあるので、注意が必要です。
ローズヒップティーには、ビタミンCが豊富に含まれているので、飲み過ぎることで、ビタミンCの過剰摂取による副作用である「下痢」が引き起こされる可能性があります。便秘解消効果が期待できる食物繊維も含まれているので、合わせて下痢には注意が必要です。
ローズヒップティーは嬉しい効能もたくさんあるのですが、飲み過ぎには注意が必要です。一日の摂取量はティーカップ3杯程度にとどめておくことをおすすめします。

飲み過ぎに注意!おすすめローズヒップティーその1:日東紅茶 アロマハウス ビューティローズヒップ

スーパーなどでも陳列されている日東紅茶のローズヒップティーです。ティーバッグになっているので、簡単に淹れることができますよ。
日東紅茶のローズヒップティーは、バラの実とハイビスカスをブレンドした鮮やかな色合いのハーブティーになっています。
密閉個包装なので、飲む瞬間まで香りと鮮度が保たれています。

飲み過ぎに注意!おすすめローズヒップティーその2:nichie 農薬不使用 野生 ローズヒップティー ファインカット

nichie 農薬不使用 野生 ローズヒップティー ファインカット 500g 5ccスプーン付 UBの画像

nichie 農薬不使用 野生 ローズヒップティー ファインカット 500g 5ccスプーン付 UB

価格:¥ 1,328

Amazonで商品をチェック
農薬不使用の「野生」のローズヒップを使用した、ローズヒップティーです。
農薬は使用していないものの、安心のために残留農薬検査も実施されています。材料にこだわった安心、安全なローズヒップティーです。たっぷり入ってお手頃な価格なのもうれしいですね。

嬉しい効能たくさんのローズヒップティー!でも飲み過ぎには気をつけて!

ローズヒップティーには、今回ご紹介したような嬉しい効能がたくさんあります。美容や健康に嬉しい効果が期待できるローズヒップティーですが、飲めば飲むほど効果が得られるというわけではありません。
飲み過ぎには注意して、一日の摂取量はティーカップ2、3杯程度にとどめておくようにしてください。
ノンカフェインで妊娠中にも安心して飲めるローズヒップティーを、リラックスしながら、健康や美容の維持に役立ててくださいね。