K1gerc1w93m7xttdu8pu

ヘルスケア

CATEGORY | ヘルスケア

体質改善は食事次第!体臭に悩むあなたは〇〇を食べれば一気に解決?

2018.05.08

体質改善をしたいけどなかなか出来ない、そう思っていませんか?体質改善は食事でできるのをご存知ですか?今回は体質改善ができる食事についてご紹介していきます。体臭に効果のある食事についてお届けします!ぜひ参考にしてくださいね。

  1. 体質改善はなぜできない?
  2. 【体質改善は食事次第!】体質改善に必要な栄養とは?
  3. 【体質改善は食事次第!】体質改善に必要のない食事は?
  4. 【体質改善は食事次第!】体質改善に必要な期間は?
  5. 【体質改善は食事次第!】ダイエットにもなる体質改善メニューとは?
  6. 【体質改善は食事次第!】免疫力を高める食事は?
  7. 【体質改善は食事次第!】花粉症も軽減できる?
  8. 【体質改善は食事次第!】アレルギーを抑える食事は?
  9. 【体質改善は食事次第!】体臭を引き起こす食べ物とは?
  10. 【体質改善は食事次第!】体臭を抑える食べ物とは?
  11. 【体質改善は食事次第!】まとめ
現代人は大気汚染や水質汚染などから日常生活の中で体内に毒素を取り入れてしまっています。必要以上の食事や毒素をため込んだ体は、体調不良を起こしてしまいがちです。体調不良は上辺だけを処置しても効果はなかなか現れません。体質改善は実は細胞を元気にすることが大切です。細胞を作るのに必要なたんぱく質や脂質をうまく取り入れることで体質改善に大きく役立ってくれます。
体質改善をするためには体内から根本的にアプリーチする必要があります。そのため食事を整えることで体質改善に大きく繋がります。どのような栄養を食事で摂り入れればいいのでしょうか?

お肉や魚、卵・大豆などに含まれるたんぱく質

たんぱく質は細胞を作る原料になってくれます。そのため体質改善のためには必要な栄養素となります。1日3回の食事でしっかり摂取する必要があります。朝は大豆食品で積極的に摂取し、またお昼ご飯や夕ご飯ではお肉や魚料理でたんぱく質を摂るようにしましょう。

オリーブオイルやアマニオイル、えごま油などに含まれる良質な脂質

脂質はたんぱく質と同じように細胞を作る原料です。脂質はたんぱく質にも含まれているのでたんぱく質が含まれる食事を摂れば良質な脂質を確保することができます。サラダなどを食べる時にオリーブオイルやアマニオイルをかけていただくと簡単に良質な脂質を摂取することができますよ。

野菜に含まれるビタミンやミネラル、酵素などの栄養素

野菜には細胞の機能を高めてくれる栄養素がたっぷり含まれているため、体質改善中の食事に取り入れるといいでしょう。
体質改善に余計なものは控える必要があります。細胞にダメージを与えてしまうような食事はどんなものがあるのでしょうか?体質改善中に必要のない食事についてご紹介します。

悪い脂質や添加物が含まれるジャンクフード

ジャンクフードは悪い脂質や添加物がたっぷり含まれています。また、細胞を活性化してくれる有効な栄養素を含まないため、体質改善中の食事から減らしていくことが必要です。コンビニやファーストフードの回数を極力減らすようにしましょう。

お菓子やアイス、アルコールなどの栄養素があまり期待できない食品

お菓子やアイス、アルコールなどは栄養素をあまり含まない食品です。栄養素を含まないものは栄養を含まない食品と言えます。低カロリー、低糖質の食品は栄養素があまり含まれない可能性があるので、意識しておきましょう。
体質改善は、どうせなら1日や2日といった短期間で変わってくれると嬉しいですよね?しかし体質改善は体内の細胞が生まれ変わるため、短期間で生まれ変わることはできません。体質改善に必要な期間は約3ヶ月ほどの期間が必要と言われています。肌や髪は1ヶ月という期間が必要なため、細胞の3ヶ月という期間は納得のいく期間と言っていいかもしれませんね。
体質改善すると自然とダイエットに効果を発揮してくれます。また、体質改善ダイエットは痩せやすく太りにくい体質になることができるので、ダイエットしたい女性におすすめです。ダイエット効果のある体質改善の食事メニューについてご紹介します。

ダイエットに効果のある食事メニュー①朝食メニュー

朝食は体温を上昇させる食事メニューがダイエットに効果的です。体温が上昇するとエネルギーの消費量が増加しダイエットにつながります。スムージーや青汁など野菜がしっかり摂れるメニューがおすすめです。冬は温かい野菜スープを取り入れたメニューにするといいですよ。

ダイエットに効果のある食事メニュー②昼食メニュー

昼食はお腹が減っていないと無理して食べる必要はありませんが、食べる量が少なかった場合、間食の増加につながったり夕食のドカ食いになる危険性があります。昼食メニューはご飯をメインとし野菜がたくさん摂れるような定食系がおすすめです。

ダイエットに効果のある食事メニュー③夕食メニュー

夕食はカロリーも量もなるべく抑えた食事にするとダイエットにつながります。ご飯と野菜が中心のメニューにするといいですね。味噌汁などの汁物と合わせることをおすすめします。ご飯を抜いてしまうとおかずを食べ過ぎてしまいバランスの悪い食事になる可能性もあるので注意しましょう。
免疫力を高めるためには腸内環境を整えておく必要があります。そのため腸内の善玉菌を増やすためヨーグルトやキムチなどの発酵食品がおすすめです。また便通をよくするためには善玉菌のエサになる食物繊維の摂取が必要です。水溶性の食物繊維と不溶性の食物繊維をバランスよく取り入れて便通を良くしましょう。また免疫力を高めるためにはたんぱく質とビタミンなどの栄養素が必要です。免疫力を高めるためにレバーやうなぎ、サンマがおすすめです。また免疫力を高めるには免疫細胞を活性化させるといいので緑黄色野菜やきのこ、ネギや海藻類を積極的に摂ることで免疫力アップにつながります。
花粉症を軽減させるためには花粉症に負けない体を作る必要があります。花粉症に負けない体にするためには、免疫細胞を活性化させ免疫力をアップさせることが大切です。免疫機能を活性化させ免疫力をアップさせる効果が期待できるのは青魚です。青魚にはEPAやDHAといった脂肪酸が含まれており、この脂肪酸はアレルギー症状を抑えてくれる働きがあります。また、花粉症予防や症状の緩和には腸内環境を整えておく必要があるため、乳製品や発酵食品を食事に取り込むことで便秘解消に効果を発揮してくれるのでおすすめです。
アレルギーは食事で抑えることができます。アレルギーに良くないと言われているのが偏った食事です。またお菓子を食べているとどうしても栄養が偏ってしまうためアレルギーの方はお菓子を極力食べないようにすると良いでしょう。アレルギーの方には和食が効果的です。和食は健康的なので毎日食べるようにするとアレルギーの改善が期待できます。和食は栄養バランスも整っているので、アレルギーを改善したいと思われている方におすすめです。
体臭は汗が原因のように思われがちですが、汗ではなく皮膚にいる雑菌が体臭という不快な臭いを生成してしまっています。汗腺の「アポクリン腺」から分泌されるたんぱく質や脂質を少なくすれば体臭を防ぐことができます。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/kusaiyoIMGL7716_TP_V.jpg

体臭を引き起こす食べ物①肉類

体温が上がると汗がかきやすくなります。汗に含まれるたんぱく質や脂質を皮膚常在菌が分解することで体臭を引き起こしてしまいます。

体臭を引き起こす食べ物②にんにく

にんにくに含まれるアリシンという物質は体内に取り込まれ胃で消化されます。それが血液中に取り込まれ皮膚から排出されることで体臭の原因となってしまいます。

体臭を引き起こす食べ物③動物性脂肪

チーズや牛乳などの動物性脂肪に含まれるたんぱく質が大腸で腐敗し、臭い成分を作り出してしまいます。腸内の悪玉菌などによって分解されアンモニアが作り出されることで体臭の原因となってしまいます。

体臭を抑える食べ物①抗酸化食品

たんぱく質や脂質の酸化を抑制するには、ビタミンCやビタミンE、βカロテン、カテキン、ポリフェノールが効果的です。緑黄色野菜や緑茶などを積極的に摂るといいですよ。

体臭を抑える食べ物②アルカリ食品

体内の乳酸などの産生を抑えるにはお酢や梅干し、海藻類などがおすすめです。疲労回復にも効果が期待できますよ。
食事次第で体質改善ができるということをご紹介しましたが、いかがでしたか?体質改善することでさまざまな効果が期待できます。ダイエットやアレルギー体質の方、または体臭でお悩みの方はぜひ体質改善に取り組んでみてくださいね。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/CRI_IMG_6011_TP_V.jpg
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK72_kawamurasalon15220239_TP_V.jpg