miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Categoryアスリート

千代の富士貢の死因は?最強伝説?性格は?嫁や子供がいる?部屋は?

千代の富士貢は最強で伝説の力士です。とても有名な力士で最強と言われて亡くなった今も伝説は語り継がれています。千代の富士貢の死因は何なのかという死因についてや家族や子供性格などについて幅広くまとめました。しっかりまとめましたので伝説力士の思い出に浸ってください。

【千代の富士貢の死因は?最強伝説も!】プロフィール

名前:千代の富士 貢(本名:秋元 貢)
愛称:ウルフ、小さな大横綱
生年月日:1955年6月1日
子供のころから家業の漁業手伝っていたため、足腰が強く、運動神経も抜群だったといいます。体も丈夫だったのですが、子供のころに盲腸炎にかかり手術をします。その手術が長いびいて麻酔が切れてしまってもなお、痛みに絶え続ける千代の富士貢少年を見て、病院長が相撲の道へ進ませたのです。
そこから、千代の富士貢の伝説が始まります。

【千代の富士貢の死因は?最強伝説も!】性格は物怖じしない!

東京に来たいがために、飛行機に乗りたかったがために入門したという豪快な性格で、先輩力士に俺のこと知ってる?と聞かれると「知らない!」と言ってしまうほど、天真爛漫だったといいます。性格がかなり豪快で物怖じしない性格だったため、先輩力士も言葉を失ったといいます。
先輩力士も言葉を失うほどの性格だったのですが、稽古部屋に入ると史上初の5文字四股名になるなど、かなりすごい実力をめきめきと付けていきました。性格はかなり豪快で物怖じせずがっつりとした性格だったようですが、性格に見合った実力を兼ね備えていたのがこの千代の富士貢だったのです。性格が開けっぴろげだけれど、負けず嫌いな性格だったのでしょう。

【千代の富士貢の死因は?最強伝説も!】嫁はどんな人?

進藤久美子というお嫁さんと結婚したのが1982年のころです。とても美人なお嫁さんのため、話題となりました。遠藤久美子というお嫁さんとの間には、3人の子供が生まれています。お嫁さんに似て美人な秋元梢という名前のファッションモデルとして活躍している女性や、こちらもお嫁さんに似て美形な秋元剛という息子さん、さらにはもう1人美形のお嫁さんに似た秋元優という名前の長女もいるそうです。
お嫁さんに似て、3人そろってルックスが良いのでそれを生かす仕事をしてお金を稼いでいるようです。お嫁さんに似て、3人そろってとてもきれいな芸能人のような子供がいるのです。

【千代の富士貢の死因は?最強伝説も!】実は4人子供がいた

先述した3人美形の子供以外に、4女となる子供が存在したそうです。しかし、乳児期に死んでしまって、千代の富士はとても悲しんでいたといいます。千代の富士はすごく悲しみ、立ち直るのにかなり苦労したのだそうですが、千代の富士は立ち直るのを奥さんが支えて頑張っていたといいます。なんとか立ち直り、4女となる子供のことは心の奥にしまい込むことができたようです。
子供が大好きな千代の富士のエピソードが、この4女の存在からよく分かります。アスリートに子供がいると、その子供が支えとなってより強く戦うことができるでしょう。子供がたくさんいても、しっかり育てあげていて、父親としてもアスリートとしても子供の親としても頑張っていた千代の富士でした。

【千代の富士貢の死因は?最強伝説も!】部屋はどこ?

千代の富士貢は九重部屋に入門を決めて、普通に部屋に入ってきたといいます。体育会系の場合、とても上下関係が厳しいと思われますが、九重部屋に普通に入ってきて物怖じしなかったといいます。
九重部屋で活躍し、ウルフの相性で親しまれるようになったのも、物怖じせず九重部屋に入ってきたところから始まった伝説なのです。九重部屋では自信が崩れかかったこともあったそうですが、姉に励まされ力士をずっと部屋にいながら続けることができたそうです。

【千代の富士貢の死因は?最強伝説も!】筋肉がすごい!

ジョギングをして筋肉を付けていたそうです。ジョギングしていれば、筋肉がたくさん付きそうです。晩年は筋肉が減って体脂肪が多かったですが、それでも筋肉がかなりたくさんあってすごいと思います。筋肉がないと、骨を支えられないですし、アスリートとして、筋肉はとても大切なものがあるのでしょう。
現役時代は言うまでもなく筋肉がたくさん付いていて、筋肉をたくさん付けていたため、かなり強い力士として名を馳せることができたのでしょう。ウルフの名前に恥じないとても立派な筋肉で、筋肉だけでもかなり強そうに見えます。

【千代の富士貢の死因は?最強伝説も!】名言も多い!

千代の富士貢は、たくさんの名言を残しています。どの名言も闘志に満ちあふれたもので、千代の富士貢の人間性を感じさせるものばかりです。名言をたくさん残していて、とてもすごい力士であるということがうかがえます。ここでは、3つの名言をご紹介します。

横綱の名を汚さないよう、一生懸命頑張ります

http://motiv.top/word/chiyonofuji/

名言中の名言です。覚悟を感じさせる名言となっています。

流した汗はウソをつかない

http://motiv.top/word/chiyonofuji/

アスリートらしい素晴らしい名言です!

プロはいかなる時でも、言い訳をしない

http://motiv.top/word/chiyonofuji/

覚悟を感じさせるすごい名言です。プロは意識が違います。

【千代の富士貢の死因は?最強伝説も!】死因は何?

たくさんの名言とそれに恥じぬ実績を残した千代の富士貢は、膵がんで亡くなりました。千代の富士貢は、膵がんで亡くってしまったのです。膵がんといえば、スティーブジョブズや任天堂社長の岩田聡も膵がんで亡くなりました。膵がんは見つかったときには手遅れな場合も多く、死ぬ前は激痩せしてしまうというがんです。
膵がんの手術を受けて治療を頑張っていたようですが、61歳でなくなることとなってしまいました。引退してしばらくしてからのできごとなので、多くの人が驚いたことでしょう。体重は125キロもあったのですが、これは相撲界では小さ目の人に入ります。しかし、膵がんにはかなわなかったようで、61歳でなくなってしまいました。予防が重要ですが、予防しようにも検査費用が高額なので、なかなか予防に結び付かない人が多いのが現状だといいます。

【千代の富士貢の死因は?最強伝説も!】葬儀もたくさんの人が来ている

葬儀のあとのお別れ会も催されたようです。大きな土俵の回りにいろいろな力士や親族の面々が献花をしました。葬儀のあとに催されたこのお別れ会ですが、たくさんの人たちが来ているのを見ると、生前、千代の富士貢はとても慕われていたのだということが分かります。千代の富士貢は、生前、ファンも多い力士だったのでたくさんの人たちが最後のお別れに来たのでしょう。
息子が喪服姿で父への思いを話していましたが、あまりにも突然すぎて、悲しいという趣旨の話で父親の千代の富士貢を送っていました。父親が死んでしまっても、家族で力を合わせて生きていくと父親に誓っていて、とても悲しいけれど前向きなお別れ会となっていました。生前よりいろいろな人から慕われていたので、たくさんの人た押し寄せていて、親族もたくさん参列したお別れ会でした。

【千代の富士貢の死因は?最強伝説も!】今は亡き伝説だった!

千代の富士貢はとても強い力士でさまざまな名言や逸話を残した力士でした。子供のころから物怖じしない性格で、とても強い力士として活躍していたといいます。子供のころからの物怖じしない負けず嫌いのポジティブな性格で61歳までの人生を全うしました。61歳までの人生を全うして、そして惜しまれながらこの世を去りました。
家族ともとても仲が良いようで、膵がんでこの世を去るときも家族に看取られての最後になったといいます。いろいろな名言とともに相撲界をけん引してきた千代の富士貢ですが、今後も伝説となって相撲界に語り次がれることでしょう。