miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Category美容法

お風呂の入り方総まとめ!健康と美容への近道!【要保存】

お風呂の入り方によって効果が異なってくるのをご存知ですか?お風呂は1日の疲れをとってくれるだけでもなく、健康や美容に効果があるんです。今回はそんなお風呂の入り方によってご紹介します!お風呂の入り方を知ってきれいになりませんか?

お風呂に入ることでの健康効果とは?

体を温めることで疲れがとれる

お風呂に入ると体が温まります。体が温まると、血流も良くなり体内の老廃物や疲労を取り除いてくれます。関節の緊張が和らいでくれるので肩こりや腰痛また、筋肉痛にも効果があります。

水圧によって血行がよくなる

お風呂に入ると実は体に水圧がかかります。その水圧によって足に溜まった血液が心臓へと押し流し、心臓の働きは活発になります。血液の循環も促進しむくみ改善にもつながります。
引用:http://gahag.net/img/201604/04s/gahag-0072592460-1.jpg

体が浮くことで気分がリラックスできる

お風呂に入ると体重が軽くなり、体の負荷が軽減されます。足腰への負担も軽減され、筋肉や関節への緊張がほぐされ最高にリラックスした状態になります。
引用:http://gahag.net/img/201605/01s/gahag-0081751563-1.jpg

お風呂に入ることでの美容効果とは?

血行がよくなり冷え性が改善される

多くの女性は冷え性に悩まされています。冷え性は、血行が悪いのが原因とも呼ばれています。お風呂に入ることにより血行が良くなり、冷え性も改善されます。

肌を温めることでキメ細かい美肌になる

肌は保湿することが一番大切です。お風呂に入ることで肌が潤い肌がキメ細かくなります。また、温められることで毛穴が開き余分な皮脂や汚れも浮き上がってくるので美肌へと導かれます。
引用:http://01.gatag.net/img/201507/13l/gatag-00010550.jpg

基礎体温が上がることでダイエットになる

お風呂に入ると基礎体温が上がります。基礎体温が上がると基礎代謝も上がり、痩せやすい体質に変わっていきます。また、血行が良くなることで老廃物を流してくれるので体のむくみも改善されます。
引用:http://gahag.net/img/201511/05s/gahag-0022153007-1.jpg

お風呂に入る前にすべきことは?

水分補給はしっかり!

お風呂に入ると気づかないうちに汗をかいていて体内の水分が足りなくなります。お風呂に入る前は水分補給するようにしましょう!

メイク落としはお風呂に入る前がいい!

メイク落としをお風呂の入る前にすることで、毛穴に詰まった皮脂や汚れがお風呂の蒸気によって浮き上がってきます。そのため、メイク落としはお風呂に入る前がおすすめです。
引用:http://01.gatag.net/img/201507/30l/gatag-00012644.jpg

リラックスしたい方向けのお風呂の正しい入り方

リラックスしたい方は半身浴の入り方がおすすめ

リラックスしたいなら半身浴がおすすめです。半身良浴は体への負担が少ないのでゆっくりした気分になれます。また、芯から温まることができるので体中の緊張がほぐれリラックスできます。

リラックスしたい方におおすすめな風呂の温度と入浴時間は?

リラックスするにはぬるめと感じるくらいの温度がいいでしょう。38~40度くらいの温度がおすすめです。半身浴なので、全身浴より少し長めがおすすめです。ご自分の体調に合わせて負担のかからない入浴時間にしましょう。
引用:https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_1203-1499.jpg

健康が目的の方向けのお風呂の正しい入り方

健康が目的の方はかけ湯→半身浴→全身浴の入り方がおすすめ

健康が目的の方はまずはかけ湯からがおすすめです。急激な温度の変化は体に負担をかけてしまうので、徐々にお湯に体を慣らしていくことがベストです。
引用:https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_1398-669.jpg

健康が目的の方におおすすめな風呂の温度と入浴時間は?

お風呂の温度を高くすると体に負担をかけてしまいます。健康が目的の方には40度程度のぬるま湯がおすすめです。ぬるま湯のお風呂に入ると副交感神経が刺激されるのでリラックスした状態になります。入浴時間は10分程度が健康目的方向けです。
引用:https://image.freepik.com/free-photo/no-translate-detected_1203-3948.jpg

美容が目的の方向けのお風呂の正しい入り方

美容が目的の方は半身浴の入り方がおすすめ

美容が目的の方には心臓への負担があまりかからない半身浴がおすすめです。半身浴だと体が温まらないような気分がしますが、下半身を温めることで血液循環が活発になるため上半身も温かくなります。

美容が目的の方におおすすめな風呂の温度と入浴時間は?

お風呂の温度は40度以下がおすすめです。40度以下の温度は副交感神経を刺激してくれるのでリラックスした状態になることができます。美容にいい入浴時間は、5分入浴→休憩→8分入浴→休憩→3分入浴と分割して入浴するのが体の負担をおさえる入り方です。このお風呂の入り方は深部体温を1℃上昇させてくれるので免疫力も上がりやすくなります。

ダイエットが目的の方向けのお風呂の正しい入り方

ダイエットが目的の方は全身浴の入り方がおすすめ

ダイエット目的の方には体に負荷がかかる全身浴がおすすめです。全身浴をすると全身に水圧がかかるので疲れを感じてしまう方もいらっしゃいますが、深部が温まるので基礎代謝を上げることができるます。基礎代謝が上がると脂肪を燃焼しやすい体になりますのでダイエットの方にうってつけです。

ダイエットが目的の方におおすすめな風呂の温度と入浴時間は?

ダイエットが目的の方には少し熱めの41~42度の温度がおすすめです。時間は10分くらい浸かるようにしましょう。体中の余分な水分や老廃物が排出されるので体がすっきりします。また、お風呂でできる簡単なエクササイズやストレッチをすることで脂肪を燃焼しやすい体にしてくれるのでダイエット目的の方におすすめです。

おすすめな入浴剤<目的別>

リラックスしたい方向けのおすすめな入浴剤

リラックスしたい方にはAYURAのメディテーションバスαがおすすめです。2層のグラデーションが保湿効果とエモリエント効果を同時に満たしてくれます。水性の保湿成分が配合されていて肌に潤いをあたえてくれます。瞑想効果のあるアロマティックハーブの香りがストレスを緩和してくれるので、最高にリラックスした状態へ導いてくれます。お風呂に浸かって瞑想すると、より一層リラックスできるのでおすすめです。

健康が目的な方向けのおすすめな入浴剤

健康が目的の方には炭酸ガス系入浴剤がおすすめです。炭酸ガス系入浴剤は、血液量を増加させ血行促進に効果を発揮してくれます。全身の新陳代謝が促進されるので疲れや痛みを緩和させてくれます。この重炭酸湯は、お湯の中に重炭酸イオンを発生させます。この重炭酸イオンは血管に吸収されやすく毛細血管までしっかりと広げてくれる働きがあります。そのため血流が促進され肩こりや腰痛、神経痛でお悩みの方にぴったりの入浴剤です。

美容が目的な方向けのおすすめな入浴剤

美容におすすめな入浴剤は、エプソムソルトという硫酸塩とマグネシウムの化合物で海水に含まれるミネラル成分ですが、塩分を含んでいません。発汗作用もあるので体の中から毒素を排出してくれます。また優れた温浴効果により湯冷めもしにくいので寝つきが良くなり上質な睡眠も期待できる優れた入浴剤です。

ダイエットが目的な方向けのおすすめな入浴剤

ダイエットが目的の方は、やはり発汗作用に重点をおきますよね?美汗SPAは、発汗を促す成分がたっぷり配合されており、発汗することで体の毒素などの不要なものを外に出してくれます。毒素を排出すると脂肪を溜めにくい体に導いてくれるのでおすすめです。

お風呂から出たらすべきこと!

水分補給は欠かせずに!

お風呂に入ると知らない間に汗をかき、体の水分が減ってしまいます。脱水症状を起こさないよう入浴後の水分補給もしっかり行いましょう。

全身保湿ケアで潤いのある肌に!

お風呂からあがると肌の水分が蒸発し、乾燥しやすくなります。お風呂から上がるとすぐに化粧水や保湿クリームなどでお肌に保湿してあげましょう。体にはボディクリームなどのアイテムで保湿してあげましょう。

目的に合ったお風呂の入り方をしましょう!

お風呂の入り方についてご紹介しましたがいかがでしたか?健康のため、美容のためと目的によってお風呂の入り方は異なります。正しい入り方を知って、効率的に自分の理想へと近づけていきましょう。