Crcw51to2bvvf6odtsvy

美容法

CATEGORY | 美容法

カフェインアレルギーの症状って?摂取量から中毒かチェック!副作用は?

2018.08.28

カフェインを摂取していると、頭痛がしたり気分が悪くなったりする人はカフェインアレルギーや中毒かもしれません。今回はコーヒーなどの摂取量からカフェインアレルギーや中毒かチェックをしていきたいと思います。適度な摂取量や気になる副作用も紹介します。

  1. 【カフェインアレルギーの症状って?摂取量から中毒かチェック!副作用は?】カフェイン中毒かどうかのチェック項目は?
  2. 【カフェインアレルギーの症状って?摂取量から中毒かチェック!副作用は?】カフェインアレルギーとは
  3. 【カフェインアレルギーの症状って?摂取量から中毒かチェック!副作用は?】カフェインアレルギーの症状
  4. 【カフェインアレルギーの症状って?摂取量から中毒かチェック!副作用は?】カフェインアレルギーかチェックしてみよう!
  5. 【カフェインアレルギーの症状って?摂取量から中毒かチェック!副作用は?】アレルギーではなく中毒の可能性も!?
  6. 【カフェインアレルギーの症状って?摂取量から中毒かチェック!副作用は?】コーヒー以外にもカフェインを多く含んでいるもの
  7. 【カフェインアレルギーの症状って?摂取量から中毒かチェック!副作用は?】カフェインアレルギーの対処法とは
  8. 【カフェインアレルギーの症状って?摂取量から中毒かチェック!副作用は?】カフェインアレルギーの検査方法
  9. 【カフェインアレルギーの症状って?摂取量から中毒かチェック!副作用は?】カフェインアレルギーを防ぐために
コーヒーを飲んでしばらくして頭痛をしたり、なんとなく体がだるいなーとかんじたあなたはもしかしたらカフェインアレルギーを持っているかもしれません。
では、カフェインアレルギーはどのくらの摂取量で中毒になってしまうのか一緒にチェックしていきましょう。
カフェインはよく、眠気覚ましの効果のためにに夜遅い時間に飲んだり勤務時間中に集中力アップの効果のために飲みますね。
でも、そもそもカフェインアレルギーとはなんでしょうか。
カフェインを含むコーヒーなどを飲むことでアレルギー症状を起こしてしまうことを言います。
その多くは中毒症状を引き起こし、カフェインの摂取量が多いと身体的なものだけでなく、精神的にも症状が現れます。
では、具体的にカフェインアレルギーの症状を見ていきましょう。

身体的症状

身体的症状では、コーヒーなどを飲んだ後に腹痛や吐き気を伴う症状がみられる消化器官への影響があり、また動悸がしたり、呼吸が速くなるといった症状がみられる呼吸器官への影響も考えられます。
また、貧血やじんましんといった症状が現れる場合もあります。
コーヒーの中にもカフェインは含まれていますが、そのコーヒーにはタンニンという物質が含まれてあります。
そのタンニンは鉄分の吸収を妨げる働きをするため、貧血になる傾向があります。
コーヒーを飲むたびに貧血を起こす人は、アレルギーを疑った方がいいでしょう。

精神的症状

精神的症状では、落ち着きはなくなったり眠れなくなったりという症状が主に見られますが、重症な場合は一時的な錯乱を起こしたりしますので十分に注意が必要です。
カフェインを摂取した後に、以下の症状が出たら、カフェインアレルギーの可能性があります。
チェックしてみましょう!
□胃痛を感じる
□吐き気がある
□不安や落ち着かない感じが出る
□ドキドキすることがある
カフェイン中毒は、カフェインなしではいられないといった症状です。
カフェイン中毒になってしまうと、カフェインを取らないでいると体調が悪くなり、吐き気、頭痛、眠気などの症状が出てきます。
コーヒー以外にもカフェインを含んだものはあります。
紅茶や緑茶といったものだけでなく、高カカオチョコレートや眠気覚ましなどに用いられるカフェインサプリメントなども含まれており、摂取量の過剰摂取しないように十分に気を付けましょう。
カフェインを無意識のうちに過剰摂取しないためにも、コーヒーを飲む人はノンカフェインコーヒーを飲むように心掛けたり、紅茶や緑茶が好きな人は、カフェインが入っていない麦茶やルイボスティーを飲むように変えていくと、カフェインの過剰摂取を控えることができます。
カフェインアレルギーの疑いがある場合は、病院で検査を受けることができます。
その場合には、アレルギー科や皮膚科を受診するとよいでしょう。
または、検査キッドがありますので、それを用いて自宅で検査をすることができます。
検査キッドはだいたい2万円前後しますが、自分がどんなアレルギーがあるのかを調べることができますので、気になる方は一度検査をしてみることをお勧めします。
カフェインアレルギーは知らずに起こってしまうもので、コーヒー好きの人は特に注意が必要です。 コーヒーも飲む時間を考えカフェインは効果的に摂取しましょう。長い時間飲み続けていると効果も徐々に薄れてしまうかもしれません。
あまりにもコーヒーを飲みすぎるとなかなかやめられなくなってしまい、具合が悪くなってしまいます。
ひどい場合、カフェイン中毒にまでなってしまうと飲まずにはいられなくなってしまいますので、摂取量を守ってきちんと向き合っていきましょう。