K9yldddkrmg98hoeduzq

アスリート

CATEGORY | アスリート

ダイナマイト・キッドの死因は?死去・死亡日時や様子は?

2019.03.18

ダイナマイト・キッドの死因は?死去・死亡日時や様子は?今回はそんなダイナマイト・キッドさんについて紹介致します。紹介内容はプロフィール、死因や現役時代の活躍、結婚や離婚情報、タイガーマスクとの激闘、ステロイドが死因の原因?などです。

  1. ダイナマイト・キッドのプロフィール
  2. 【ダイナマイト・キッドの死因は?死去・死亡日時?結婚は?】プロレスブームの先駆者!
  3. 【ダイナマイト・キッドの死因は?死去・死亡日時?結婚は?】ライバルの佐山聡とは
  4. 【ダイナマイト・キッドの死因は?死去・死亡日時?結婚は?】体はボロボロに
  5. 【ダイナマイト・キッドの死因は?死去・死亡日時?結婚は?】結婚は?
  6. 【ダイナマイト・キッドの死因は?死去・死亡日時?結婚は?】死因は?
  7. 【ダイナマイト・キッドの死因は?死去・死亡日時?結婚は?】プロレス界の反応は?
  8. 【ダイナマイト・キッドの死因は?死去・死亡日時?結婚は?】対戦動画!
  9. 【ダイナマイト・キッドの死因は?死去・死亡日時?結婚は?】死亡の原因はステロイド?
  10. ダイナマイト・キッドの死因は?死去・死亡日時?結婚は? まとめ
ダイナマイト・キッドさんは1985年12月5日に生まれ2018年12月5日に60歳で亡くなった元プロレスラーです、身長は173センチで現役時代の体重は103キロ、出身はイギリスです。本名は「トーマス・ビリントン」です。
引用: https://www.instagram.com/p/BvGhz9GgmvM/
今回はそんなダイナマイト・キッドさんについて紹介致します。紹介内容は死因や現役時代の活躍、タイガーマスクとの激闘、ステロイドが死因の原因?などです。
引用: https://www.instagram.com/p/BvGh3BNgj7B/
ダイナマイト・キッドさんは12歳の頃にランカシャーレスリングのトレーニングをスタートしています。ダイナマイト・キッドさんが修行していたのは劇画「タイガーマスク」に登場してくる虎の穴のモデルのビリー・ライレーさんのジムで修行をしていました。そして、16歳でデビューします。
引用: https://www.instagram.com/p/BvGh9Ubgl2Z/
19歳の頃にカナダのハートー家にスカウトされてトップレスラーとして活躍するようになりました。1979年7月の国際プロレスで初めて日本に来日し、1980年からは新日本プロレスに参戦しました。そして、未だ語り継がれている1981年4月23日に行われたタイガーマスクのデビュー戦にダイナマイト・キッドさんが抜擢され名勝負を繰り広げました。その後タイガーマスクは大ブレイクし、ダイナマイト・キッドさんもプロレスブームの中心メンバーとして活躍しました。
引用: https://www.instagram.com/p/BubOIIJldZI/
佐山聡(さやまさとる)さんは1957年11月27日生まれの61歳で、山口県出身のプロレスラー、総合格闘家です。身長は173センチで、現役時代の体重は90キロでした。初代タイガーマスクとしてプロレス黄金時代を支えた人物でもあります。佐山聡さんは総合格闘技の元祖とも言われている修斗の創設者として現代でも語り継がれる格闘家です。
引用: https://www.instagram.com/p/BvGsRZUA7y4/
そんな佐山聡さんはタイガーマスクとして活躍していました。その活躍となるきっかけとなったのがデビュー戦のダイナマイト・キッド戦です。この試合で一躍注目され人気レスラーとなりました。
引用: https://www.instagram.com/p/BvGsSwAgkoR/
怪我のリスクを恐れないスタイルで観客を魅了したダイナマイト・キッドさんは危険な技を多く危険なレスラーでした。また、リングの外でも危険だったダイナマイト・キッドさんはファンの前では絶対に笑顔を見せることはなく、サイン色紙を破り捨てたりとファンの間でも危険人物というイメージを与えました。
引用: https://www.instagram.com/p/BvGi0EXgzzz/
激しすぎる戦い方の上、ダイナマイト・キッドさんは筋肉増強剤といった楽物を乱用していました。その結果体はボロボロで試合中のアクシデントで第4第5椎間板断裂の重傷を負いました。その結果引退勧告も受けていました。
引用: https://www.instagram.com/p/BtWGPSGnBQm/
ダイナマイトキッドさんは1982年にミッチェル・ビリントンさんと結婚しましたが、子供を授かり家庭内暴力が原因で1991年に離婚しています。ダイナマイトキッドさんは元妻にショットガンを突き付けたこともあったそうです。その後1997年にドット・ビリントンさんと結婚しお子さんも授かりました。結婚生活の様子など調べてみましたが、不明でした。
引用: https://www.instagram.com/p/BvGmu0KAvwX/
ダイナマイトキッドさんは2018年12月5日に60歳で亡くなりました。この日はダイナマイトキッドさんの誕生日でした。ダイナマイトキッドさんは2013年に脳卒中で倒れたことがあります。その後も心臓の病を多く患っていたそうで、全盛期のダイナマイトキッドさんの体重の約半分まで体重が落ちてしまいました。また、脳卒中の影響で体を動かすことも困難だったそうで、車椅子生活だったそうです。
引用: https://www.instagram.com/p/BvGnrUWgihs/
そんなダイナマイトキッドさんの死因ですが、死因は明かされていませんでした。しかし、多くの心臓病を抱えていたことから心臓に関する病気で亡くなったのではないかと言われています。
引用: https://www.instagram.com/p/BtDLwohlduN/
危険なプロレスで多くの観客を沸かせ「爆弾小僧」の異名で人気を博したダイナマイトキッドさんの死はプロレス界に多くの影響をもたらしました。
引用: https://www.instagram.com/p/BvGoeAmg1Eu/
60歳の誕生日に惜しくも亡くなれたダイナマイトキッドさんの訃報を受けた初代タイガーマスクの佐山聡さんはダイナマイトキッドさんが亡くなった翌日の12月6日に佐山聡さん主催の「リアルジャパンプロレス」の後楽園ホール大会で追悼の10カウントセレモニーを行いました。
引用: https://www.instagram.com/p/BvGoiawgAf7/
ライバルだった佐山聡さんはダイナマイトキッドさんの訃報を受けて「偉大なライバルだったトミーが亡くなり、悲しみに暮れています」とコメントを残しました。
ダイナマイトキッドさんはこれまで多くの観客を魅了してきました。そんなダイナマイトキッドさんの全盛期の試合動画がありましたのでご紹介致します。

初代タイガーマスクvsダイナマイト・キッド

ダイナマイト・キッドVSブラックタイガー

引退試合

ダイナマイトキッドさんは現役時代にステロイドを大量に摂取していました。この過去の大量摂取が原因で早死にしてしまったのではないかと言われています。
引用: https://www.instagram.com/p/BvGrGTlAUHc/
ステロイドとは、副腎(両方の腎臓の上端にあります)から作られる副腎皮質ホルモンの1つです。 ステロイドホルモンを薬として使用すると、体の中の炎症を抑えたり、体の免疫力を抑制したりする作用があり、さまざまな疾患の治療に使われています。 副作用も多いため、注意が必要な薬です。

ステロイドを使った直後はお酒は飲んではいけないのですが、ダイナマイトキッドさんはステロイドを打った直後にお酒を大量に飲んでいたそうです。このことはプロレスラーのタイガー戸口さんが語っています。ダイナマイトキッドさんと初めて会った時タイガー戸口さんは100%ステロイドをやっていると感じたそうです。
引用: https://www.instagram.com/p/BvGrLP8gvgs/
確かにダイナマイトキッドさんの全盛期の時の体つきは異常でした。また、当時はニューヨークで活躍していたプロレスラーの間でステロイドは流行っており、プロレス団体ぐるみで使用の許可をしていたといいます。
タイガー戸口さん自身をステロイドをやっていた時期があるようで使用時は髪がはげたり、現在も心臓の大きい「心肥大」を患っていると語っています。また、性格にも影響するようで、気性が荒くなるそうです。ダイナマイトキッドさんは普段は気さくでナイスガイな印象だったそうですが、ステロイドを使用し酒を飲むと突然つかみかかったりと気性が荒くなるそうです。
引用: https://www.instagram.com/p/BvGrSbJAhjz/
その時ダイナマイトキッドさんのカバンにはステロイド以外にも多くの筋肉増強剤があったとも語っています。ステロイドを大量に服用していたということですので、身体の影響は凄まじかったと思われます。実際に60歳という若さでこの世を去っているのでステロイドが原因であることは間違いないようですね。
引用: https://www.instagram.com/p/BvGrWUUAl4V/
今回はプロレスラーのダイナマイトキッドさんについて紹介しました。死因については公表されていませんでしたが、脳卒中や心臓病を患っていたそうです。過去のステロイドの大量摂取は少なからず死因に影響していると考えられます。プロレス黄金時代を支えたレスラーとして日本プロレス界に多く貢献をしたダイナマイト・キッドさんの試合もぜひ、ご覧になってみてください!
引用: https://www.instagram.com/p/BvGsq6ug070/