サ活Journey
記事のサムネイル

Categoryライフスタイル

【手相】頭脳線ってどこ?見方を紹介!長い・短いどっちがいいの?無い人は?

手相における頭脳線ってどこ?という方に見方や意味をご紹介します!長い頭脳線・短い頭脳線どちらがいいのか、無い人はどんな意味があるのか、枝分かれや島、フィッシュの意味や見方とは?頭脳線はどこにあるのか、手相の意味や見方を理解し自分の頭能を知りましょう。

【手相・頭脳線はどこ?見方を解説】手相における頭脳線とは何を意味するの?

手相の中でも思考を司ると言われる頭脳線。その頭脳線の意味や見方をご紹介します。線の長い・短いでも意味が変わる頭脳線。枝分かれしていたり島やフィッシュがあったり、頭脳線が無い!?と思われる手相があったりと頭脳線の現れ方は千差万別。その人がどんな思考をし、判断するのか。思考力を司る重要な頭脳線について、長い・短い・枝分かれ・島・フィッシュそして線が無い人まで、それぞれの意味と見方を詳しくご紹介します。

【手相・頭脳線はどこ?見方を解説】頭脳線の見方とは?どう見るの?

まずは頭脳線がどこにあるか知りましょう。画像を見るとわかるように、頭脳線は親指と人差し指の間から手のひらに流れる一本の線です。 頭脳線の下は生命線、上は感情線になります。 頭脳線が長いか短いかの判断基準は、線がどの指まで伸びているかで判断します。 ・指から手首までまっすぐに縦軸を落とした時、頭脳線の長さが薬指まで届いている人は標準の長さです。 線が小指まで届いている人は長い頭脳線です。 線が中指の縦軸まで伸びている人は短い頭脳線と言えます。 頭脳線は長短で意味が変わるので、この基準で頭脳線の長い短いを判断してください。 また、手相にはまれに島やフィッシュと呼ばれる珍しい相が出たり、線が枝分かれしていたり、線が無いように見える手相の人もいます。島やフィッシュの見方や意味、枝分かれや線が無い手相の意味も後述で詳しくご紹介します。

【手相・頭脳線はどこ?見方を解説】頭脳線が長い人

まずは頭脳線が長いとどんな意味があるのかを解説します。頭脳線は思考力を司る線です。つまり頭脳線が長いほど思考する力が強いことを意味しています。 思慮深く、物事をよく考えることができる長い頭脳線を持つ人は、思考力が強いからこそ注意すべき点があります。思考力が強いということは、その反面考え込んだり悩んだりと思考に囚われやすい面があるということです。 長い頭脳線を持つ人は悩みやすいので判断力が鈍ることもありますが、線がまっすぐ出ていれば考え抜く力も強いため最後には答えを出せる人でもあります。線が長い人は思考の波に囚われないように意識し、判断力をつけることが人生を上手く生きる秘訣です。

【手相・頭脳線はどこ?見方を解説】頭脳線が短い人

頭脳線が短い人。よく勘違いされているのは頭脳線が短い人は馬鹿だと言われることです。これは大きな間違いで、頭脳線が短い人は直感力が強く直感で行動できたり、ひらめき力が高い傾向にあります。 職人気質の人に短い頭脳線を持っている人が多く、頭脳線が長い人のように頭で考えた言葉で何かを伝えることが苦手な分、うまく言葉にはできなくても表現や直感で伝えることが得意です。

【手相・頭脳線はどこ?見方を解説】頭脳線が枝分かれしてる人

頭脳線の先や途中で線が枝分かれしている人。枝分かれしている人は思考に関する能力が二つあると言えます。 頭脳線は思考を司る線ですが、もう一つ、その人が持つ能力を表す線でもあります。頭脳線が枝分かれしているということは、その人が持つ能力が二つあることを示しているのです。 枝分かれした線がどの方向に伸びているかで能力が判断できます。 枝分かれした頭脳線が下に下がっている人は空想的でクリエイティブな能力があり、線が上に上がっている人は現実的でビジネス的な能力があります。枝分かれした線が上下どちらにも伸びている人はどちらの能力も持っていることになります。 頭脳線が枝分かれしている人は多才な傾向にあり、多様性があるので器用貧乏に陥ることも。 自分の能力が活かせる仕事を選ぶことが大切です。

【手相・頭脳線はどこ?見方を解説】頭脳線に島・目形がある人

手相にはまれに「島紋」「アイランド」と呼ばれる線が出ます。島紋とは線の間が広がって空洞のようになっていたり、線の途中に目があるように見える線のことを言います。 頭脳線にこの島紋が現れている人は、思考が乱れている状態にあると言えます。 頭脳線に島があり思考が乱れている人は、悩みすぎてしまったり、考え込んでしまうことが多くなる傾向にあります。思考力が乱れて悩み事や考え事に囚われてしまった場合は、友人や家族など相談できる相手に話したり、思考せずに済む単純作業や趣味などに没頭できる環境に身を置くことが大切です。

【手相・頭脳線はどこ?見方を解説】頭脳線が無い人

まれに「頭脳線が無い!」と言う人がいますが、病気や事故に遭った以外で頭脳線が無い人はいません。頭脳線が無いように見えるだけで、実は頭脳線と感情線が合体している「マスカケ線」と呼ばれる珍しい手相であることが多いです。頭脳線が無いように見えて感情線と一体化してるこのマスカケ線は「大成功の手相」や「天下取りの相」と言われており、人の上に立ってリーダーシップを発揮したり、強運な成功者になる人が多い傾向にあります。 マスカケ線は思考を司る頭脳線と感情を司る感情線が一つになり手のひらをまっすぐ横切っている線で、強運に恵まれ、掴んだ運は絶対に放さず、集中力が抜群で天才的なアイデアを生み出し、コミュニケーション能力も高く人を惹きつける魅力も持っているという、天下取りの相と言われるのも納得の縁起の良い線なのです。 人や環境や運に恵まれ成功が約束された線なので、能力が発揮できる環境に身を置いて効果を最大限に発揮することが大切です。

【手相・頭脳線はどこ?見方を解説】頭脳線が二重にある人

頭脳線が二本ある人は、100%の思考力や能力が二つ、つまり2倍あります。線が枝分かれしてる人は能力が分散されますが、線が二重にある人は100%の能力が二つあり2倍の頭脳を持っているため、非常に思考力が高く頭も良い人であることを示します。 頭が良く能力が非常に高いため、思考力や判断力を必要とする仕事では絶大なパフォーマンス力を発揮して活躍することができます。しかし、高い能力に裏打ちされたプライドの高さが玉に瑕になることもあります。相手とよくコミュニケーションを取ることが仕事をスムーズに進め、人間関係を良好に保つことに繋がります。

【手相・頭脳線はどこ?見方を解説】頭脳線がフィッシュ型の人

手相にはまれに「フィッシュ」と呼ばれる相が出ます。フィッシュとは魚のように見える線のことで、尾びれのある魚の形をしています。フィッシュは幸運の印と言われる吉相で、突然出現することもあるので注意深くチェックしてください。 頭脳線にフィッシュが現れた場合、運気が良い状態であること、頭脳明晰な状態であることを意味します。 思考力・決断力・判断力に優れており仕事でもプライベートでも良い結果が残せる相なので、フィッシュが現れたタイミングで大事な決断を下すと成功を収めることができるでしょう。

まとめ

思考を司る頭脳線の意味や見方をご紹介しました。考える力や判断力を表す頭脳線ですが、持って生まれた相に甘えて自分はこうだからと胡座をかいていては、人生を成功させることはできません。持って生まれた相の効果を最大限に引き出し、能力を発揮させることができるのは、あなたの生き方・環境次第です。人生を成功させ素敵な日々を送るためにも、自分の思考のパターンを理解し、自分に合った職業や人との付き合い方を選ぶことが大切です。