R1t5qxzdgp7911lp0pqc

ライフスタイル

CATEGORY | ライフスタイル

元キャバ嬢が解説!キャバクラ初心者さんのためのシステム講座♡

2020.04.09

キャバクラに行ってみたいけど、システムがよく分からなくてなかなか足を踏み出せない…。そんなあなたのために元キャバ嬢がキャバクラのシステムについて分かりやすく解説します!料金から指名、同伴までキャバクラの疑問を徹底解説!

この記事に登場する専門家

Kitimzeemeziboulyvb4

夜のおねえさん

おとなのおねえさん

色々と波乱万丈な人生を歩んでます。

  1. キャバクラって?
  2. キャバクラのシステム①料金はどのくらい?
  3. キャバクラのシステム②指名にも違いがある?!
  4. キャバクラのシステム③同伴するにはどうする?
  5. キャバクラのシステムを元キャバ嬢が解説!これってどうなの? よくある質問集!
  6. キャバクラは指名してからが楽しい♡!
Quzc94znktbufvyuktkh
引用: a7f71cf1acb5cd2ecc17c90158f1d321_s.jpg

キャバクラとはキャバレークラブの略称で、「若い女の子と一緒にお酒を飲むところ」です。

お客さまの層としては20代の若いサラリーマンから定年を過ぎた60代まで幅広い方がいらっしゃいます。

もちろん人気のキャバ嬢と話したい女性のお客さまも来店されます。



キャバクラで働いている女の子(キャバ嬢)は18歳〜20代なかばの子が多く、一般的にキャバ嬢はギャルっぽいイメージがありますがおしとやかで静かなキャバ嬢やフェミニンなキャバ嬢もいます!

Koukxtj8oo4th6lzcylb
引用: bitcoinIMGL0807_TP_V4.jpg

キャバクラでお酒を飲むにあたって誰もが1番気になるのが「料金」!

分かりやすくひとつひとつ解説していきます。


①セット料金

Kif6redql2fazo16y97u
引用: woman-3075704_1920.jpg

セット料金とは、時間単位で発生する座席料のようなもの。

(よく「1時間 〇〇〇〇円」と書かれています!)

50分または60分のキャバクラがほとんど。

この座席料にはハウスボトルと呼ばれる飲み放題のお酒の料金も含まれています。

ハウスボトルとは着いた座席のテーブルに既に置いてあるお酒のことで、だいたいのハウスボトルはウイスキーや焼酎が多いです。



セット料金の平均は都内で5000〜7000円ですが高級キャバクラとなると1時間15000円のところもあります。



私がキャバ嬢をしていた時、女の子の指名をせず軽くお話しをしながらお酒を飲む楽しみ方をするお客さまがいました。

その方は結婚されていてお小遣いの中でどうにかこうにかキャバクラで遊んでいるんだとか…。最低料金で飲みたい方はセット料金だけの会計でokです!

②指名料

Dxcpvqg9ysvcc7cclp6o
引用: ganen1247_TP_V.jpg

キャバクラで座席につくと、キャバ嬢が隣に座ってくれて20分ほど一緒にお酒を飲んだり、お酒を作ってくれたりします。その20分が過ぎるとまた違うキャバ嬢が来てくれます。

「このキャバ嬢と一緒に飲みたい!」「もっとこのキャバ嬢としゃべりたい!」と思ったらそのキャバ嬢を「指名」しましょう。


指名には「本指名」と「場内指名」があるのですが、詳しくは後ほど…!



ここで私のキャバ嬢時代のお話しを…。

たまたまふら〜と私のいるキャバクラに入ってきたお客さま。

「初めまして〜!」と言いながら声をかけたらまさかの昔の知り合い!!

お互いにびっくりして話に花が咲き、そのまま指名してもらいました!笑

③同伴

Eeyo1dyqzubkncjuqok7
引用: 94d33a7662fa186f7afe6acabe490af5_s.jpg

キャバクラの醍醐味「同伴」!

キャバ嬢と店外デートしてそのまま一緒にキャバクラへ同伴出勤することを言います。

同伴の時間はだいたい2時間とされている店が多いですが、同伴の内容とキャバ嬢によります。一緒に食事をする場合が多いです。

その他には映画に行ったり、ゲームセンターに行ったり、買い物をしたりと様々です。

同伴料金の平均は3000〜5000円。


私も同伴はおいしいと有名なお寿司屋さんに連れて行ってもらったり、お客さまの知り合いが経営している飲食店に行ったりしました。

その時の代金はお客さまが払ってくれました。

キャバクラについてからも延長やシャンパンを入れてくれたりと、だんだん酔って普段よりお金を使ってしまったらしく……。

いつもニコニコ現金払いだったお客様がクレジットカードを出していました。



同伴するとなると女の子の飲食代もかかるので予算を組んでおくと安心です!

④その他の飲食代

キャバクラではセット料金だけで済ませられることもできますが、その他にも料金がかかることもあります。

具体的にはシャンパンなどのボトル代やキャバ嬢が飲むドリンク代、サービス料やTAXなどがあります。

ボトル代はだいたい安くても2万円〜数百万までピンキリ!

ドリンク代はグラスでだいたい1000〜3000円ほど。

サービス料とはボーイさんがお酒をはこんでくれたりすることなどへのサービス料金で、セット料金の約10%がほとんどです。


手持ちのお金が足りなかったのか、キャバクラ街ではコンビニで黒服さんが付き添いのもとでお客様がATMでお金を下ろしている姿を頻繁に見かけます……。


なので、セット料金だけでなく少し余裕をもってお財布の準備をしておくと安心です♡


④現金よりクレジットだと会計が高い?!

Ppf5iviq158xjkutn71y
引用: https://www.pakutaso.com/201706461741-23.html

キャッシュレス化が浸透してきて、便利なクレジットカード。

手持ちの現金がなくても会計が済ませられるのですが、キャバクラではメリットばかりとはならないので要注意!

なぜなら……総額が高くなってしまうのです!!


本来であれば合計金額と税金だけで済むのですが、水商売や風俗店では暗黙の了解でカード手数料として10%かかる仕組みになっています!


ボーイさんは会計時に説明しないので、明細をみてびっくりする方も……!

少しでも金額を抑えてキャバクラで飲みたい方は現金の方がお得です!

1 / 4
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: fb163f65df00865b7f35592700958474_s.jpg