miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Categoryプレゼント

【花言葉】「永遠の愛」を表すのは紫の花!清らかさを大切な人に伝えよう!

「永遠の愛」という花言葉を持っている花は、紫の花だって知ってましたか。「永遠の愛」という花言葉を持つ花は、清らかさを感じることがで、一緒にいたい人、恋人、感謝の気持ちを伝えたいなど花束に気持ちを込めて贈れます。冬でも買える紫の花を花言葉とともにご紹介します。

花言葉「永遠の愛」を表すのは紫の花!【キキョウ(桔梗)】

キキョウ(桔梗)は古くから日本で親しまれてきた花のひとつです。原産は中国、東シベリアで、秋の七草のひとつとして知られており、開花時期は6月から9月です。濃い青紫色が美しい花です。
引用:https://www.instagram.com/p/Bq0C6EjA3zK/
キキョウ(桔梗)の花言葉は「永遠の愛」以外に「深い愛」「気品」があります。白いキキョウ(桔梗)には「清楚」という意味もあるため、清らかさや上品な人への贈り物として良いでしょう。キキョウ(桔梗)を贈る場合、花束で贈ることが多いでしょうが、花束のメインとして作れば、気持ちがより伝わるでしょう。
引用:https://www.instagram.com/p/Bp2lpdMFsAr/

花言葉「永遠の愛」を表すのは紫の花!【スターチス】

スターチスはドライフラワーにしても色があせないため人気です。原産はヨーロッパで開花時期は5月から6月ですが、切り花として季節問わず買い求めることができます。
引用:https://www.instagram.com/p/BrEy8c7leno/
スターチスの花言葉は「永遠の愛」以外にも「変わらぬ恋」「永遠に変わらない」という意味があります。紫以外の花言葉は、ピンクなら「永久不変」、淡い紫なら「上品」、青紫なら「知識」です。 一緒にいたいと思う人や恋人に感謝の気持ちを込めて贈ると良いでしょう。花束の添え花としてスターチスを贈ると喜ばれるでしょう。
引用:https://www.instagram.com/p/BrDSCwcH8Hm/

花言葉「永遠の愛」を表すのは紫の花!【アイリス】

アヤメ科の花であるアイリスは、アメリカ原産の花です。4月から6月に咲き、種類は世界で200種を超えます。紫以外にも青や黄色、オレンジ、白、ピンクなど色が様々あるのも特徴です。アイリスという名前は、虹を渡って神々の世界と地上を行き来するギリシア神話の女神イリスから由来しています。
引用:https://www.instagram.com/p/BrAAWOJnEdv/
アイリスの花言葉は「永遠の愛」以外にも「恋のメッセージ」という意味が込められています。紫以外の花言葉は「信じる心」「希望」「吉報」などがあり、一緒にいたいと思う人、恋人になれたらと思う人に贈るのに最適な花です。また、感謝の気持ちを伝える花としても喜ばれます。
引用:https://www.instagram.com/p/BrDxTj2Dtw3/

花言葉「永遠の愛」を表すのは紫の花!【スミレ】

魅力的な名前を持つスミレは、日本や中国、朝鮮半島を原産地としています。3月から5月に開花します。
引用:https://www.instagram.com/p/BrETPuGl0RM/
スミレの花言葉は「永遠の愛」以外に「真実の愛」という意味があります。また白のスミレは「無邪気な恋」、ピンクのスミレは「愛」を意味します。 プロポーズや恋人との記念日に贈るなら紫やピンク、まだ若い恋人ならば白など色によって違う意味を込めることができます。また、一緒にいたいと思う人に贈る花束としてもスミレは良いでしょう。
引用:https://www.instagram.com/p/BrFC_X6FGC7/

花言葉「永遠の愛」を表すのは紫の花!【紫のチューリップ】

春を代表する花として有名なチューリップはトルコ原産です。主に3月から5月に開花します。最近は花束にも選ばれており、チューリップの花の色によって花言葉の意味が少しずつ変わるので、色別で気持ちを伝えることができます。
引用:https://www.instagram.com/p/BrFLamKF382/
紫のチューリップの花言葉は「永遠の愛」「不滅の愛」です。恋人や一緒にいたい人へ気持ちを伝えたい時にチューリップは良い花でしょう。最近では冬でもチューリップを買い求めることができるので季節問わず販売しています。 紫のチューリップ以外の花言葉は、赤は「愛の告白」「真実の愛」、ピンクは「愛の芽生え」「誠実な愛」、黄色は「望みのない恋」「名声」、白は「失われた愛」です。
引用:https://www.instagram.com/p/BrFg-xrH9ST/

花言葉「永遠の愛」を表す紫以外の花【ピンクのコチョウラン(胡蝶蘭)】

ここからは、紫の花以外で「永遠の愛」を意味する花言葉を持つ花をご紹介します。
引用:https://www.instagram.com/p/BrC87POj_Oc/
まずは、冬の花の代表格ともいえるコチョウラン(胡蝶蘭)は、12月に最盛期を迎えます。コチョウラン(胡蝶蘭)は優雅で清らかな花とされ、お祝い事や感謝の気持ちを込めて贈られることが多い花です。 ピンクのコチョウラン(胡蝶蘭)の花言葉は「永遠の愛」「あなたを愛しています」です。とてもストレートな花言葉ですが、かえって難しい言葉を使うより気持ちが伝わるのではないでしょうか。
コチョウラン(胡蝶蘭)にはこれ以外にも「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」などの意味もあるため、恋人や一緒にいたい人以外にも送ることができます。清らかさを持つコチョウラン(胡蝶蘭)は、感謝の気持ちを込めて贈るにはうってつけの花と言えるでしょう。
引用:https://www.instagram.com/p/BrClseJFCae/

花言葉「永遠の愛」を表すのは紫の花!【ハナミズキ】

北アメリカを原産とするハナミズキは、4月から5月に開花、アメリカではハナミズキが咲くと春の訪れを感じることができる花として知られています。可愛らしい花弁は清らかさも兼ね備えており、花束として贈るのにも最適です。最近では冬でも買うことができるので、季節問わず贈ることができます。
引用:https://www.instagram.com/p/Bq4RLjSlJti/
ハナミズキの花言葉は「私の想いを受けてください」です。これは一緒にいたい人や恋人などへの贈り物以外にも、感謝の気持ちを込めて贈ることもできます。 1912年、当時の東京市長が日米友好のためにソメイヨシノ約3,000本を寄贈、そのお返しとしてアメリかからハナミズキが送られました。ハナミズキは愛を伝えるだけでなく、感謝の気持ちを伝えたい時にもオススメです。
引用:https://www.instagram.com/p/Bq4RLjSlJti/

花言葉「永遠の愛」を表すのは紫の花!【バラ】

見た目もキレイで上品、清らかさを感じるバラは、贈り物の花束に最も選ばれる花でしょう。4月から11月に開花しますが、冬でも買い求めることができるので、季節問わず選ばれています。
引用:https://www.instagram.com/p/BrEQvzRFsfN/
バラの花の花言葉は「愛」「美」があり、色によっても微妙に異なります。 赤いバラは「情熱」「あなたを愛します」、ピンクのバラは「感謝」「幸福」、黄色のバラは「友情」「平和」、青いバラは「奇跡」「神の祝福」、そして白いバラは「尊敬」「純潔」です。色によっても違った意味を込められるので、清らかさを象徴する相手や一緒にいたいと思う人、恋人、感謝を伝えたい相手など、バラはさまざまなシーンで利用することができます。
引用:https://www.instagram.com/p/BrCmEwXB2oN/

バラの本数によって意味が違う!

バラと言えば「100本の花束」」ですが、実は本数によってバラは花言葉が変わります。例えば100本だと「100%の愛」になりますが、99本だと「永遠の愛、ずっと好きだった」となります。また、1本だと「一目ぼれ」、3本だと「愛しています」などと意味が異なるため、花言葉をしっかり知った上でバラを買い求めましょう。
引用:https://images.unsplash.com/photo-1513094116080-a9255c930d1a?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80

花言葉「永遠の愛」を表すのは紫の花!【ひまわり】

太陽に向かって真っすぐ咲くひまわりは、元気の象徴と言えるでしょう。ヒマワリは7月から8月に開花、原産地は北アメリカです。最近では冬でも買うことができますが、冬のヒマワリはかなり割高なため、あまりオススメできません。やはり、ヒマワリは冬ではなく夏に贈り物として選びましょう。
引用:https://www.instagram.com/p/BrFcRYjnZZ9/
ヒマワリの花言葉は「憧れ」「あなただけを見つめる」です。まさしくヒマワリらしい花言葉ですね。 ヒマワリにもさまざまな色があり、花言葉も異なります。白いヒマワリは「程よき恋愛」、紫は「悲哀」、また大輪のヒマワリは「偽りの愛」「にせ金持ち」、そして小輪のヒマワリは「高貴」「愛慕」です。ヒマワリは花の色、大きさによって全く異なる意味になってしまうので注意して購入しましょう。
引用:https://www.instagram.com/p/BrFCF9Ch16H/

まとめ:花言葉「永遠の愛」を表す紫の花&それ以外の花

紫の花の多くが「永遠の愛」という花言葉を持っていることがわかりましたね。恋人や一緒にいたいと思っている人に紫の花がおすすめです。冬でも春や夏の花を買い求めることができるため、清らかさを感じる紫の花は、季節を気にせず相手に思いを伝えることができるでしょう。 しかし、ヒマワリのように紫は「悲哀」などの意味を持っている紫の花があります。購入する前に花言葉を調べてから買うことをオススメします。花束を贈ってあなたの気持ちを伝えてみませんか。
引用:https://images.unsplash.com/photo-1459259191495-52eccde892c7?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80