Cjghwojfop1wrvlywa5r

グルメ

CATEGORY | カテゴリー

グレープシード オイル!おすすめの料理や使い方は?美容に良い?危険なの?

2018.09.16

グレープシードオイルを使用したおすすめの料理や使い方はどういったものがあるのでしょうか。グレープシードオイルは美容にも良いということですが、危険とも言われています。本当はどうなのでしょうか。おすすめの料理や使い方を中心に調べてみました。

目次

  1. 【グレープシードオイル!おすすめの料理や使い方は?】グレープシードオイルとは?
  2. 【グレープシードオイル!おすすめの料理や使い方は?】特徴
  3. 【グレープシードオイル!おすすめの料理や使い方は?】オメガ6が危険
  4. 【グレープシードオイル!おすすめの料理や使い方は?】効果は?
  5. 【グレープシードオイル!おすすめの料理や使い方は?】おすすめ料理
  6. 【グレープシードオイル!おすすめの料理や使い方は?】美容
  7. 【グレープシードオイル!おすすめの料理や使い方は?】使い方
  8. 【グレープシードオイル!おすすめの料理や使い方は?】酸化する?
  9. 【グレープシードオイル!おすすめの料理や使い方は?】注意点
  10. 【グレープシードオイル!おすすめの料理や使い方は?】まとめ

グレープシードオイルは、ブドウの種子(シード)から採取したオイルです。ブドウからワインを製造する過程で大量に捨てられてしまうブドウの種子を利用して作られるオイルです。

使用感はサラサラしていてベトつきが少ないために、初心者にも使いやすいオイルです。

グレープシードオイルは香りがほとんどありません。ブドウの種から作られているので、値段も安く買いやすいオイルです。一般的にオイルはコレステロールが高いですが、グレープシードオイルはコレステロールが0というのも特徴です。

グレープシードオイルは、ぶどう由来の抗酸化成分がたくさん含まれていて熱に強いので、加熱料理などの料理に使うこともできます。グレープシードオイルは、さらっとしているために肌に伸びやすいのでそのまま塗っても良いオイルです。

グレープシードオイルは、口当たりがさらっとしていて無色透明で、食べるのも塗るのもOKな万能なオイルです。

グレープシードオイルが、危険なオイルと言われています。それは、オメガ6脂肪酸(リノール酸)という脂肪酸が多く含まれているためです。

オメガ6脂肪酸(リノール酸)は、グレープシードオイルを構成する脂肪酸のおよそ70%をにあたります。オメガ6脂肪酸(リノール酸)を過剰に摂りすぎることで、花粉症やアトピーなどを引き起こしたり、がんを誘発する危険があるのです。

しかし、オメガ6脂肪酸(リノール酸)は、グレープシードオイルにだけ含まれているのではありません。私たちが日常口にしている食事の中にもオメガ6脂肪酸(リノール酸)があふれています。

オメガ6脂肪酸(リノール酸)を含む食べ物(加工食品や外食)ばかりを食べている食生活が危険なのです。

グレープシードオイルは、適量であればとても良い効果が期待できるオイルです。グレープシードオイルは、正しく使用すれば決して危険なオイルではありません。

グレープシードオイルの効果はどのようなものがあるのでしょうか。

料理としての効果

グレープシードオイルは、料理に使用することによって体の中から若返らせることができます。オリーブオイルのように揚げ物や炒め物などに使用したり、ドロドロとしていないために、食感を気にしせずそのまま飲んだり、サラダにかけて使用することができます。

1 / 4