Svyxduwzlajtq31gleo0

俳優

CATEGORY | 俳優

窪塚洋介の現在総まとめ!のんと離婚してPINKYと再婚?子供の情報は?

2018.02.20

人気俳優の窪塚洋介さん。現在ではレゲエ歌手やカメラマンとしての活動も行っています。そんな窪塚洋介さんはダンサーPINKYさんと再婚するという大きなイベントを迎えました。そこで、過去の結婚まで含めた現在までの窪塚洋介さんの状況をまとめてみました。

  1. 窪塚洋介
  2. 窪塚洋介の歴史
  3. 俳優、窪塚洋介
  4. 窪塚洋介の現在の愛
  5. 過去の結婚
  6. のんちゃんとの結婚生活
  7. 現在の結婚
  8. pinkyとの現在
  9. 現在の状況は?
  10. 目に映る景色は
  11. この記事を見た人は以下もチェックしています
画像をみて頂ければわかるとは思いますが、窪塚洋介さんといえばカッコイイが二言目に入るほどのイケメンです。俳優としては男も惚れさせるほどの名演技を披露してくれます。当然ながら女性からの人気も高く、彼女や結婚相手の候補は沢山いたと思われます。その中で元嫁のんちゃんと呼ばれる一般女性と、現在の嫁のダンサーのPINKYさんが選ばれることとなりました。この二人の女性との生活はいかなるものであったでしょうか?まずは窪塚洋介さんの経歴からご紹介していきます。
窪塚洋介さんは神奈川県横須賀市出身で神奈川県立横須賀高等学校を卒業されています。お父さんは自然を愛し、つり好きな人のようです。両親は非常に仲が良く、窪塚洋介さんに「無償の愛」を提供してくれたようです。反面、家族愛が強く、他人に対しては薄味であったようで子供のころの窪塚洋介さんが疑問に思うほどだったようです。1995年の高校生のときから「ヨースケ」名義で活動。ドラマ「金田一少年の事件簿」で俳優デビューを果たされました。
引用: https://i.ytimg.com/vi/PiYAeoxw-Mc/hqdefault.jpg
デビュー後は精力的に活動しドラマ「GTO」にて注目を集めることになりました。そして上記画像のドラマ「池袋ウエストゲートパーク」などの窪塚洋介さんの代名詞といえるほどの作品が誕生していきました。そして、2001年には下記画像の初主演の映画「GO」が公開され窪塚洋介さんならではの独特な俳優像作り上げられました。同年の「もう一度キス」でテレビドラマ初主演も果たし、順風満帆な活躍を行っていましたが、2004年にマンションの9階から転落してしまいました。
引用: https://www.cinra.net/uploads/img/news/2017/20170510-kubozukakudo04.jpg
奇跡的に一命を取り留めた窪塚洋介さんはドラマ出演を行わなくなり、俳優としては映画出演のみとなりました。しかし、2006年にはレゲエ歌手、2009年にはカメラマンとしての活動を開始し、それまでの活動よりも多面的なアクションをみせるようになりました。現在では俳優のみならない活躍で人気を獲得し、人々に笑顔を提供してくださっています。
引用: https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/originals/7d/f3/56/7df35657b698166fdca7eb1de84028e1.jpg
窪塚洋介さんはマンションからの転落事件の前後であらゆる面での気持ちの変化があったようです。それまでは、着実に俳優、恋愛などの人生を積み重ねてきたというような気持ちであったようです。しかし、転落するという体験を味わって、それまで積み重ねていたことが全てなくなってしまったそうです。窪塚洋介さん自身の心もリセットされたような感覚を得て、音楽への道も志すようになりました。そして、愛の形も平板なものではなくなり、嫁や子供たちに、今を惜しむように「愛している」という言葉を口に出して告げているようです。
窪塚洋介さんは2003年に一般人女性でダンサーでもあった徳子さんと結婚しました。愛称でのんちゃんと呼ばれるこの女性とは窪塚洋介さんがよく通っていたクラブで知り合ったようです。出来ちゃった結婚ではありましたが、窪塚洋介さんとのんちゃんは本当に愛し合っての結婚でした。のんちゃんとの子供である愛流(あいる)君は、その愛を一身に受けていたようです。2004年のマンションからの転落事件のときも、そばに居てくれたのんちゃんは窪塚洋介さんの中でもかなり大きな存在であったことでしょう。
引用: https://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/s640x640/sh0.08/e35/15803262_595795477276177_8915347608134746112_n.jpg
のんちゃんはダンサーだったこともあり、窪塚洋介さんとテレビ出演もされています。なので、世間も認める仲の良い夫婦だったことは間違いないないようです。しかし、東日本大震災により、避難のために別居生活を送るようになりました。そこで、離婚という話がでてきたようです。お互いの人生のための選択であったようで、のんちゃんとの子供である、愛流君のためでもあったようです。愛だけでは割り切れない問題のために、2012年には約9年におよぶ、のんちゃんとの結婚生活を終えることを発表されました。
引用: https://scontent.cdninstagram.com/t51.2885-15/s640x640/sh0.08/e35/15875798_1140382032747739_1765227340998115328_n.jpg
窪塚洋介さんは離婚報告の際に紙の上での離婚といっています。そのとおりで、のんちゃんとの親交もちゃんとあり、金銭面での補助も行っているようです。つまり、のんちゃんへの愛は今も尽きてはいないのです。おそらくは、お互いの心を支える余裕が、離れたことによってなくなったということなのでしょう。現在は、大きくなったのんちゃんとの息子である愛流君との画像のようなツーショットを公開するなど、窪塚洋介さんの昔から変わらない家族愛をファンにも示しているようです。
引用: http://wonderbridge.net/wp-content/uploads/2017/03/Kubozuka1.png
のんちゃんとは距離が離れてしまったために、新たな支えを必要とされていた窪塚洋介さん。その心を満たす彼女が現れました。その彼女が上記画像のレゲエダンサーであるpinkyさんです。画像のように美人でスタイル抜群の彼女にはいろいろな噂が囁かれました。
引用: https://instagram.com/p/BUUBl-lAzqK/media/?size=l
ネット上では元嫁のんちゃんとの結婚生活から、すぐにpinkyさんとの彼女彼氏としての交際が伝えられたために、離婚は不倫が原因だったと騒がれました。その他、元嫁のんちゃんとの離婚届けを提出した日に、彼女であるpinkyさんのツイッターで「彼にしかできない唯一の私への贈り物が一番に嬉しい」などの書き込みが噂に尾ひれをつけました。画像のような見かけですし、そういった噂をされやすいようですが、画像のような雰囲気とは違い古風な女性だといわれています。
彼女についての噂の殆どが事実ではないでしょう。不倫だというならば、窪塚洋介さんと元嫁のんちゃんとpinkyさんの3人が一緒に旅行に行くようなことはないはずです。それどころか、現在までの窪塚洋介さんの恋愛において、亀裂の生じた関係はないようです。窪塚洋介さんと彼女のpinkyさんは不倫といわれることに関しては、あまり気になさっていないようです。現実が幸せであれば問題ないのでしょうね。そういった気持ちのまま、順調に交際が進み、2015年にはライブ会場にての公開プロポーズが行われました。レゲエを愛する二人だからこそのオープンスタイルですね。
一騒動はあったものの、非常に愛し合っての結婚となりました。2017年にお嫁さんとなったpinkyさんとの間に画像のような女児の赤ちゃんを授かったようです。名前の漢字は非公開ではありますが「あまと」というお名前だそうです。愛流君に続き、新たな娘が誕生したことは窪塚洋介さんにとっての大きな喜びとなったようです。
画像の赤ちゃんに加え、窪塚洋介さんの全てを愛するpinkyさんとの生活はとても良好で、元嫁のんちゃんと愛流君もよく自宅にいらっしゃるようです。なんとういうか、とてもうらやましい関係でありますね。俳優としても、とても個性的な窪塚洋介さんは、プライベートにおいても個性的で、独特の「家族」という形を持たれているようです。
二人の愛する人と二人の愛する子供がいる窪塚洋介さんは、仕事にも熱心に取り組んでおられます。といっても、昔のようにドラマ、映画のみに重点をおいた活動ではないので、目に見えるほどの活躍はありません。俳優としての活躍をみたいのなら、1年に数本製作される映画をみるとよいでしょう。しかし、今の窪塚洋介さんをもっとも輝かせているのは、レゲエアーティスト卍LINEとしての活躍であります。アルバム「真説 〜卍忍法帖〜 福流縁」なども公開していますので、窪塚洋介さんの今の声を聞いてみてはいかがでしょうか。
両親の無償の愛に包まれて誕生した窪塚洋介さんは「家族愛」をとても大切にされているようです。愛情もまっすぐで一途なので、爛れた人間関係になることがありません。それどころか、マンションから落ちるという体験によって、愛の炎はとても大きなものとなったようです。それに応えることができるpinkyさんが現れた今、窪塚洋介さんの目に映る景色は愛する人たちであふれているのでしょうね。