N172rqqxxqw9oun2qtqf

ライフスタイル

CATEGORY | ライフスタイル

話題のスポット20選!東京・神奈川(関東)や東海・関西など多数紹介!

2018.04.08

東京・神奈川(関東)や東海・関西の話題のスポットはどこがあるのかわかりますか?新しい施設や話題のスポットが次々にできています。あなたの知らないうちに、自宅の近くに話題のスポットができているかもしれません。今回は、そんな話題のスポットを20選紹介していきます。

  1. 【話題のスポット】2018年最新・今年できたばかりの話題のスポット(関東地方)
  2. 【話題のスポット】2018年関東地方①:東京ミッドタウン日比谷
  3. 【話題のスポット】2018年関東地方②:変なホテル東京銀座
  4. 【話題のスポット】2018年関東地方③:オトメイトビル
  5. 【話題のスポット】関東(東京・神奈川近郊)の話題のスポット
  6. 【話題のスポット】関東地方・千葉県①:濃溝の滝・亀岩の洞窟
  7. 【話題のスポット】関東地方・神奈川県②:ガラスの森美術館
  8. 【話題のスポット】関東地方・神奈川県③:コスモワールド
  9. 【話題のスポット】関東地方・東京都④:日原鍾乳洞
  10. 【話題のスポット】関東地方・東京都⑤:アクアパーク品川
  11. 【話題のスポット】関東地方・神奈川県⑥:八景島シーパラダイス
  12. 【話題のスポット】2018年最新・今年できたばかりの話題のスポット(関西地方)
  13. 【話題のスポット】2018年関西地方①:海遊館「海月銀河」
  14. 【話題のスポット2018年】関西地方②:あべのハルカス
  15. 【話題のスポット】関西地方の話題のスポット
  16. 【話題のスポット】関西地方・京都①: 嵐山 竹林の小道
  17. 【話題のスポット】関西地方・大阪②:梅田スカイビル
  18. 【話題のスポット】関西地方・大阪③:咲くやこの花館
  19. 【話題のスポット】関西地方・大阪④:箕面滝
  20. 【話題のスポット】関西地方⑤:大阪ダックツアー
  21. 【話題のスポット】関西地方・大阪⑥: 星のブランコ
  22. 【話題のスポット】東海地方の話題のスポット
  23. 【話題のスポット】東海地方・静岡県①:柿田川湧水群
  24. 【話題のスポット】東海地方・静岡県②:ヒリゾ浜
  25. 【話題のスポット】東海地方・静岡県③:夢の吊橋
  26. 【話題のスポット】話題のスポット、一度はいってみましょう
まず最初に、関東地方(東京・神奈川県近郊)の2018年にできたばかりの新スポットから見ていきましょう。
2018年3月29日にオープンしたばかりの東京ミッドタウン日比谷は、目の前日比谷公園がひろがります。歩いて10分程のところには桜田門があります。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DZaqaAkVoAAecuR.jpg
「Hibiya Festival」は、ステージ鑑賞を身近に体験してもらうことを目的にしています。「Hibiya Festival」が行われるゴールデンウィーク期間中は、東京ミッドタウン日比谷でも演劇やダンスなど、個性豊かなステージが見られます。
日比谷ステップ広場では、「Hibiya Festival」期間中に、「ブラックラベル 12年」をハイボール提供するカフェが登場します。「ブラックラベル 12年」は、世界的なスコッチウイスキーのブランド「ジョニーウォーカー」の代表作です。東京ミッドタウン日比谷 6F「BASE Q」では、ゴールデンウィーク期間中、有料ステージが開催されます。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DW4gbXsVMAA6UEP.jpg
2018年2月1日にオープンしたのは、東京では2つ目のホテルの「変なホテル東京 銀座」です。東京メトロ有楽町線「新富町」駅から徒歩2分という近さです。全客室に、自動クリーニング機・無料貸し出しの携帯端末が導入されています。1階では、約300種類のお酒が楽しめるスタンディングバーも併設されています。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DZrbSVqVwAAelPq.jpg
2018年2月9日にオープンした「オトメイトビル」は、女性向けゲームブランド「オトメイト」のキャラクターや世界観が体験出来る複合商業ビルです。場所は、池袋にあります。「オトメイト」のコラボメニューやキャラクターグッズが揃うショップやカフェ・多目的イベントスペースなどがあります。ビル内を見て回るだけでも楽しい全ての乙女ゲームユーザーのためのコンセプトビルです。
引用: https://pbs.twimg.com/card_img/979750868546355200/qFd4INl7?format=jpg&name=600x314
次に、関東地方(東京・神奈川近郊)の話題のスポット、都心から行ける東京・神奈川・千葉などのスポットを順に見ていきましょう。
国内からも海外からも注目を集めているのが、「濃溝の滝・亀岩の洞窟」です。「濃溝の滝・亀岩の洞窟」って一体どんな洞窟なんでしょうか。滝の周りの洞窟は、人工的に掘られたものということです。「濃溝の滝・亀岩の洞窟」は、清水渓流広場に懸かる洞窟で、迂回していた川を洞窟の中を通すことようにしたものです。
「濃溝の滝・亀岩の洞窟」は千葉県にあります。東京都心から1時間程度で行くことができます。この「濃溝の滝・亀岩の洞窟」の特徴は、時期や時間によって光の差し込み方が変わるのが特徴です。虹色に輝く「濃溝の滝・亀岩の洞窟」、初夏には蛍、秋には紅葉も楽しむことができます。
滝に向かうまでの遊歩道も自然を満喫できます。知る人ぞ知る秘境といえるでしょう。「濃溝の滝・亀岩の洞窟」に行った人は、「関東にこんなに素敵な場所があるなんて」と感動の声をあげています。
「箱根ガラスの森美術館」は、緑豊かな神奈川県箱根仙石原にある、日本初のヴェネチアン・グラス専門の美術館です。「箱根ガラスの森美術館」は、美術館だけでなく、庭園も館内に負けずとても美しく、工夫が凝らされた展示法で、訪れる人を魅了します。
神奈川県・横浜市にある「コスモワールド」は、時計機能付き大観覧車「コスモクロック21」がシンボルマークの遊園地です。
引用: https://www.instagram.com/p/BhBqZY7ASsz/?tagged=%E6%97%A5%E5%8E%9F%E9%8D%BE%E4%B9%B3%E6%B4%9E
東京都・西多摩郡にある「日原鍾乳洞」は、総延長1270m、高低差134mと関東最大級の規模を誇る、東京都の天然記念物に指定されています。夏はひんやりと涼しくて、冬は暖かい鍾乳洞のなかには、整備の行き届いた通路があります。約40分ほどで日原鍾乳洞のなかをめぐることができます。
引用: https://pbs.twimg.com/media/C3k50O0UcAEy_4f.jpg
日原鍾乳洞の中には、「縁結び観音」と呼ばれる観音様が鎮座しています。「日原鍾乳洞」は、パワースポットでもあります。一度、訪れてみてはいかがでしょうか。
引用: https://www.instagram.com/p/BhBDrmQAzfT/?tagged=%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF%E5%93%81%E5%B7%9D
引用: https://www.instagram.com/p/BhGsJbqlINv/?tagged=%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF%E5%93%81%E5%B7%9D
「アクアパーク品川」では、最新技術を駆使した光と音の展示をしています。それは、まるで海の中の楽園にいるような印象を与えます。光と映像の中で行われるイルカのパフォーマンスもとても幻想的です。カップルでも、家族でも楽しめるスポットです。
神奈川県・横浜にある「八景島シーパラダイス」は、水族館と遊園地が一緒になっています。両方楽しめるので、一日遊んでも時間が足りなるほどの魅力的なスポットです。「八景島シーパラダイス」では、毎年夏と冬には花火が打ち上がります。開催日や開催期間も長いので、夜までいて花火大会を楽しむのもありかもしれません。
次に、2018年にできた関西地方の新スポットをみてみましょう。既存の施設に新設した場所ばかりですが、一度は体験してみる価値のあるところばかりです。
引用: https://www.instagram.com/p/BhKsTqsFnbN/?tagged=%E6%B5%B7%E6%9C%88%E9%8A%80%E6%B2%B3
海遊館に、2018年3月17日からクラゲのエリアを「海月銀河」として新しくエリアをオープンします。新しくできる「海月銀河」は、壁・床などを漆黒として、水槽や解説表示などの照明の明るさを最小限に抑えることで、クラゲの魅力を最大限に引き出した空間づくりを目的にしたエリアになっています。
クラゲの模様や、リボンのような口腕や触手、透明な体などの、クラゲがもつ美しさがより際立つ展示となっているようです。テレビドラマで「海月姫」が放送されるなど、クラゲは人気なので、新エリアを開くというのも納得ができます。
海遊館は、「海月銀河」では、美しいクラゲの透明感、浮遊感、命の拍動、包容感、静謐感を感じていただきたいと考えました。一歩踏み入ると、クラゲと水槽が浮かび上がる漆黒の空間、まるで宇宙の銀河のような世界が広がります。ご期待くださいとコメントしています。
「エッジ・ザ・ハルカス」は、2018年3月7日に、日本一高いビル「あべのハルカス」の展望台「ハルカス300」にオープンしました。「エッジ・ザ・ハルカス」は、地上300mの断崖絶壁スリル体験アトラクションです。
「エッジ・ザ・ハルカス」は、地上300mのビルに新設した、幅約60cm、長さ20mのデッキの上を、命綱を装着して歩き、スリルを味わうアトラクションです。超高層ビルの上から真下をのぞくことができる、ギリギリの場所に立ち、さえぎるものが何もない状態で、360度の絶景と街並みを体感できます。
「エッジ・ザ・ハルカス」は、体験時間は約7分、記念写真付きで料金は1000円です。
続いて、地方の話題のスポットをみてみましょう。
京都・嵐山にある竹林の小道は、まっすぐに伸びた竹林が、天龍寺北側から大河内山荘付近までの約100mにわたって続く散歩道です。ドラマやCMにも使われ、国内・海外からも多くの観光客が訪れます。ひんやりと涼しく、清涼感のある竹林の小道をゆっくりと歩くだけで、歩き疲れた体と心を癒してくれるスポットです。
「梅田スカイビル」は、凱旋門のような巨大な建造物があります。大阪のランドマークと言われてます。独特の造形と、高さ173mの「空中庭園」が有名です。屋外にも出られる「空中庭園」からの眺めが最高と、国内外から人気です。
2棟のビルのあいだにある「空中庭園」は、空中エスカレーターであがります。地上40階には、「空中庭園大明神」があります。「空中庭園大明神」を祀る社は、恋愛成就にご利益があるといわれています。
スカイ・ウォークを夜に訪れたら、夜景と一緒に足元にも注目してみましょう。暗くなると「スカイ・ウォーク」の床に埋め込まれた石が自然に光り始めます。控えめでほのかな光が、とても幻想的な世界です。
「咲くやこの花館」は、日本最大級の温室で、約2600種類の植物を見ることが出来ます。日本では、なかなか見ることの出来ない熱帯地方の植物も見られ、カメラを持った愛好家の人も数多く訪れます。食虫植物展など、時々展覧会も開かれています。
「箕面滝」は、日本の滝百選にも選ばれた、年間200万人の観光客が訪れる紅葉の名所です。滝を身近に見ることが出来るので、マイナスイオンたっぷりな話題のスポットです。日頃の疲れを忘れて、自然に触れたいという人にはおすすめです。名物は、紅葉の天ぷらです。
引用: https://www.instagram.com/p/BhDUrLpAXHI/?tagged=%E5%A4%A7%E9%98%AA%E3%83%80%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC
大阪ダックツアーは、水陸両用のバスで大阪の観光名所を周るツアーです。
引用: https://www.instagram.com/p/Bg9704gHB9I/?tagged=%E6%98%9F%E3%81%AE%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B3
「星のブランコ」は、日本でもトップクラスを誇る全長280mで高さ50mの巨大な吊り橋です。渓谷を繋ぐ様子が「天の川」にかかる吊り橋のようだということで「星のブランコ」と名付けられました。しかし、そんなロマンチックさを忘れられるほどスリル満点のスポットです。
最後に、東海地方にある話題のスポットを見ていきましょう。
東海地方の静岡県にある柿田川湧水群は、1日100数万トンにもなります。湧き水は、富士山に降った雨や雪が、三島溶岩流の中を流れてたものです。ミネラルや炭酸ガス、酸素も含まれる優秀な飲料水です。柿田川は、国が指定する天然記念物で、日本名水百選でもあります。公園内の展望台からは、湧水口も見渡せ、ゆっくり散策することができます。
東海地方・静岡県にある「ヒリゾ浜」は、地形が織りなす芸術的なとても美しい浜です。ヒリゾ浜は、南伊豆・石廊崎の先にあり「伊豆の最後の秘境」とも呼ばれています。透明度は抜群で、シュノーケリングにおすすめの場所です。ヒリゾ浜に行くには、中木から渡し船を使っていきます。ここ数年とても人気がでてきていて、夏季には入場制限をされる場合もあるので、確認してからのお出かけをお勧めします。
引用: https://www.instagram.com/p/BfYQl54gJ62/?tagged=%E5%A4%A2%E3%81%AE%E3%81%A4%E3%82%8A%E6%A9%8B
東海地方・静岡県にある「夢の吊橋」は、恋のお祈りをすると夢が叶うといわれています。長さ90m、高さ8mのこの橋は、女性が、夢の吊橋の真ん中で、恋のお祈りをすると願いが叶うといわれています。美しい湖面と四季折々の山々の姿、紅葉の季節はすばらしいものがあります。
関東地方・関西地方・東海地方にある話題のスポットをまとめてみました。東海地方は掲載していませんが、関東地方と関西地方にできた2018年の新しいスポットも掲載しました。自然のスポットや恋愛のパワースポットも紹介していますので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BfU0CRsB7tj/?tagged=%E5%A4%A2%E3%81%AE%E3%81%A4%E3%82%8A%E6%A9%8B