Vvtcfe6rs52bj0ese6dl

美容法

CATEGORY | 美容法

豆乳が話題?メリットまとめ!美肌やダイエット効果も!【女性必見】

2018.08.24

女性の味方「豆乳」が話題。豆乳には女性特有のダイエットや体の悩みを解決してくれる、嬉しい効果があります。ここでは話題の豆乳のメリット・メリットもしっかり解説、飲むと一番効果が現れやすい時間帯やダイエット・美肌にいいレシピも合わせて紹介していきます♪

  1. 【豆乳が話題?美肌やダイエット効果のメリット!】豆乳って本当にからだに良いの!?
  2. 【豆乳が話題?美肌やダイエット効果のメリット!】豆乳の栄養素
  3. 【豆乳が話題?美肌やダイエット効果のメリット!】効果
  4. 【豆乳が話題?美肌やダイエット効果のメリット!】メリット
  5. 【豆乳が話題?美肌やダイエット効果のメリット!】デメリット
  6. 【豆乳が話題?美肌やダイエット効果のメリット!】豆乳美肌のメリット効果
  7. 【豆乳が話題?美肌やダイエット効果のメリット!】豆乳美肌レシピ
  8. 【豆乳が話題?美肌やダイエット効果のメリット!】豆乳ダイエットレシピ
  9. 【豆乳が話題?美肌やダイエット効果のメリット!】豆乳を飲むメリットな時間
  10. 【豆乳が話題?美肌やダイエット効果のメリット!】まとめ
豆乳といえば「体に良い飲み物」として老若男女問わず支持されている飲料の一つです。豆乳は女性特有の症状などにも改善効果が出たという声も多く、女性の味方として近年大注目されています。
しかも健康面だけでなく、美容にも良い成分がたくさん含まれており、美肌効果にも期待が高まっています。 ただし、健康にいいからといって過剰摂取しては危険です!豆乳を摂取する際のメリット・デメリット、そして美肌・ダイエットの効能レシピをたくさんご紹介していきます。
豆乳の栄養素には、「大豆タンパク質」「イソフラボン」「サポニン」「レシチン」「オリゴ糖」「フィチン酸」「ビタミンB群」「ビタミンE」「カリウム」「マグネシウム」「不飽和脂肪酸」があります。この栄養素がどのように私たちの体に効果・効能を示してくれるのかをご紹介します。
豆乳には、タンパク質、ビタミン、レシチン、サポニンが含まれており、紫外線や乾燥など様々なダメージからお肌を守り、シミやそばかすなどの予防する効能があります。オリゴ糖は肌荒れの原因ともなる便秘解消効果が期待されています。また、小腸で吸収されず大腸まで届くので、腸内にいる善玉菌が活躍してくれます。イソフラボンも女性特有の悩みを緩和してくれる働きがあり、女性は更年期を迎えると卵巣機能が低下し女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少し、コレステロールや中性脂肪が増加したり、不眠、イライラ、うつなどの様々な体調の変化が起こります。
イソフラボンは更年期で減少してしまう女性ホルモンのエストロゲンに類似しており、弱いながらも女性ホルモンに似た働きをすることから、症状の緩和が期待され、更年期が気になる女性には欠かせない成分といわれています。様々な効能・効果がある豆乳、取り入れかたも合わせて紹介していきます。
豆乳には女性がキレイで健康的な生活をサポートする成分が多く含まれています。
また、女性だけでなく、豆乳に含まれる植物性タンパク質は発育に大きな効果をもたらす「リジン」を多く含み、子どもの成長を助けてくれます。また、大豆成分にはコレステロール調整作用があるため、血液中のコレステロール値を下げて正常に保ち、血液の老化を防ぎ、高血圧や動脈硬化を予防すると高コレステロールの人が多い中高年にその効能が期待されています。
特に豆乳に含まれるタンパク質はとても重要です。タンパク質は筋肉をつけるために必要です。タンパク質摂取しましょう!
豆乳は、一度に沢山摂りすぎると悪影響が出ると言われています。豆乳に含まれている大豆イソフラボンは大量に摂取すると女性ホルモンのバランスが悪くなり、月経の周期が乱れる可能性が指摘されています。また、タンパク質分解酵素の働きを阻害する栄養素も含まれているので、1日の摂取量は必ず守って飲むことが必要です。
大豆イソフラボンの1日の適量摂取量は1日約70mgで、その摂取量を守っていれば女性ホルモンの分泌量を適切に調整してくる働きがあります。

過剰摂取からホルモンバランスが崩れる!?

乳に含まれている大豆イソフラボンは大量に摂取すると女性ホルモンのバランスが悪くなり、女性の月経の周期が乱れる可能性が指摘されています。

過剰摂取で太る!?

乳製品の棚に並んでいる豆乳はほぼ調製豆乳です。調製豆乳とは塩分や糖分を添加して飲みやすく調整した飲み物です。
ノンコレステロールですと言ってもノンカロリーではありません。豆乳100mlとオレンジジュース100mのカロリーを比較すると、豆乳の方がわずかに低いというぐらいの差しかないのです。牛乳よりはローカロリーですが、水のように飲んでいては結局糖質の取り過ぎで体重増加につながってしまいます。

食べ過ぎると毒!?

食べ過ぎ飲み過ぎは毒、とはお腹を壊すからというだけではありません。同じ食物だけをひたすら食べ続けていると、ある時蓄積されたアレルゲンがあふれだしてアレルギー反応を起こすことがあります。豆乳の原料は大豆です。大豆といえば健康食材の代表選手の納豆、日本人の食卓に欠かせない発酵食品は醤油も味噌も大豆製品です。豆乳は大豆を発酵させずに作ります。未発酵の大豆はさすがに消化が良いとは言い切れません。そのため、過剰に摂取してしまうと、腸内ガスがたまってしまって下痢の予感でトイレに駆け込んでしまうこともあります。
豆乳の美肌効果にはビタミンB群、ビタミンEが含まれているからだといわれています。ビタミンB群は、ホルモンバランスの乱れによる吹き出物や肌荒れを防ぎ健康な肌を作ります。ビタミンEは「若返りのビタミン」と言われており、特に美容に良いとされるビタミンです。脂肪の過酸化を防ぎ、ホルモンの分泌を活発にしてくれる働きと血行促進し新陳代謝を良くする作用もあります。
また、大豆に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンである「エストロゲン」と似た働きをし、皮膚のハリやツヤを保ったり、生理前の不安定なホルモンバランスを整えてくれる働きがあります。さらに、豆乳はコレステロールがゼロで、毎日コップ1杯程度を飲むだけでも十分に必要量を補えます。豆乳を飲むことで身体の中からケアができ、体内環境を整えられ美肌になれる効能を兼ねそなえています。
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/4802129/280/8ffea935fd65e8fbcfc90e34ab12057d.jpg?u=3180511&p=1510480682
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20090303/08/tarragon/a7/0f/j/o0550036710147667449.jpg?caw=800
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/4874932/280/c445f6870ad4d1e66a8a2a280c32ee39.jpg?u=14833209&p=1515320173
引用: https://img.cpcdn.com/videos/3870/320x180c/4e8361dbfa7872b721693e2f87a29fa6.jpg?1516176233
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/4751514/280/2cafdb4b0cfff9e74dceeb3f9f6122d5.jpg?u=9056879&p=1507980426
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/3713643/280/478b2f4ca6c6761fdc3ed1b5124c9a5b.jpg?u=3247634&p=1456452776
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/4808955/280/defb289eba92b17fd2816e1f5c26de96.jpg?u=17600570&p=1510853066
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/4646125/280/ac77a2b1651e981d811a8cbee182bc0b.jpg?u=344853&p=1501468306
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/1100645/280/061f2e2e8879373feecab50313641c79.jpg?u=2082958&p=1271377970
引用: https://img.cpcdn.com/recipes/4884274/280/2be0adc6c69cd74acc42690e72a83f22.jpg?u=17698555&p=1516683371
どれもダイエットレシピとは思えないほどおいしそうなものばかりですね。豆乳の美肌・ダイエットレシピはここにはのせきれないくらいの種類がたくさんありました。タンパク質と食物繊維豊富なので、自分に一番合う飲み方、使い方で上手に取り込んでみてください♪
豆乳は朝に飲むことをおすすめします。
豆乳は朝起きた時に飲むことで、効能が高まると言われています。豆乳には食物繊維もたくさんふくまれていますので、便秘解消効果もあり、朝から化粧ののりがよかったりとすっきりした気持ちで1日過ごすことができます。
また豆乳に含まれるソイプロテインは吸収するまでに時間がかかるために腹持ちがよくなり、ダイエットにも効果的と言われています。そして、温めて飲むことをおすすめしています。胃に優しく、より栄養素を吸収することができます。体を温めて代謝をよくし、血液の流れをよくするためにも豆乳は温かくして飲み、出来るだけ毎日摂取できるよう心がけると、なお効果が現れやすいでしょう。
豆乳には女性に嬉しい効果・効能がたくさんありましたね。何でもそうですが、いいからといって大量に摂取するとかえって悪影響を及ぼしてしまいます。容量を守りながら、豆乳を摂取できると、あなたのなりたい体と美肌を手に入れられるるかもしれないですね。