Wmcgbhgsiecb3fimdrlr

ニュース

CATEGORY | ニュース

アメフト悪質タックル・日大 91 番(宮川泰介)の現在は?監督との関係も

2019.08.04

日大91番のアメフト悪質タックル事件は、色々な批判がされたこともあり、記憶に残っている人も多いでしょう。気になるのは、最終的には被害者ともなった日大91番宮川選手の現在ではないでしょうか?引退を表明していましたが、その後どうなったのか監督との関係にも迫ります。

  1. 日大91番アメフト宮川泰介は結局どうなった?
  2. 日大91番宮川泰介はどんな人物?
  3. 日大91番による関学大への悪質タックル事件とは
  4. 日大91番はなぜ危険を冒して事件を起こしたのか
  5. 日大91番による記者会見で監督との関係も明らかに
  6. 日大91番に対して怪我をした相手の親御さんも擁護
  7. 日大91番は現在どうしている?
  8. 日大91番の後を受け監督とコーチが会見
  9. 日大91番に悪質タックルを指示した監督の現在は
  10. まとめ:日大91番は練習に復帰していた!

日大91番の宮川泰介選手による、アメフトの悪質タックル事件が話題になりましたね。報道では、関学大の選手に怪我を負わせたとして、日大91番の宮川泰介選手がひどく責められることになりました。

でもその後、悪質タックル事件には裏があることが発覚し、日大91番を擁護する声が高まりました。世間のさらしものになり、退部にまで追い込まれた日大91番は、現在どうなっているのでしょうか。今回は、日大91番のその後と現在に迫っていきます。

引用: https://pbs.twimg.com/card_img/1155046597601841153/3rPSxcmQ?format=jpg&name=small

アメフトで悪質タックル事件を起こした日大91番宮川泰介選手は、いったいどんな人物なのでしょうか。そのような大それた事件を起こすような、きつい性格の持ち主だったのか、まずは日大91番について、見てみましょう。

日大91番の宮川泰介選手は、1998年2月20日生まれで、事件当時は20歳でした。日本大学豊山高等学校出身ということなので、中高一貫のため、中学のころから日本大学を目指していたのがわかります。

U-19の日本代表に選ばれたことも

日大91番の宮川泰介選手は、アメフトの実力も確かだったようで、U-19の日本代表メンバーに選出されたこともあります。それほどの実力があるなら、なおさら世間を騒がせるような、悪質タックル事件を起こすのが不思議ですね。

性格はまじめとの噂

気になるのは、日大91番の宮川泰介選手がどんな性格のかということですね。同じ日大の学生によると、日大91番宮川泰介選手は非常にまじめな性格だそうです。

常に礼儀正しく、クラスメイトにも頼りにされる存在だったようです。周りからの評価も高く、真面目に練習にも取り組んでいたと考えられる日大91番宮川泰介選手に、いったい何が起こって事件を起こしてしまったのでしょうか。彼の性格から考えても、納得ができませんね。

引用: https://pbs.twimg.com/media/D5uV-DMU8AAzDMN?format=jpg&name=small

日大91番の宮川泰介選手による悪質タックル事件が起こったのは、2018年5月6日のことでした。日大と関学大との定期戦が行われていたとき、何度も販促行為を行い怪我をさせました。日大91番がどのような行為で関学大の選手に怪我を負わせたのか、その経緯について詳しく説明します。

日大91番の宮川泰介選手は、合計で3回の反則を行いました。1回目は、無防備な状態の関学QBの選手を後ろからタックルしました。アメフトのルール上、パスを投げたQBにタックルをすることは禁じられています。

つまり、明らかにルール上反則だとわかっているにもかかわらず、日大91番の宮川泰介選手はタックルを行ったことになります。この時点では、審判はまだ警告を発していません。

2回目は、ボールを持っていないQBに向かって日大91番がタックルをしていきます。これは、もうすでにルール上反則というよりも、喧嘩をしかけているとしか思えないような感じです。それでも退場処分は受けず、コーチと審判が話した程度で終わっています。

3回目は、何度も相手のOLを押し、挙句の果てに口論になっています。動画では、日大91番が相手のヘルメットを殴っているのも見受けられるため、ここでようやく退場処分となっています。

動画では見られませんが、退場処分となった日大91番をコーチが頭をポンと叩き、「よくやった」と言わんばかりの動作で日大91番を迎え入れています。普通の指導者なら、このような退場処分を受けた選手を叱るはずなので、このことでも炎上しました。

日大91番の宮川泰介選手は、日本代表にも選ばれたことのある選手です。にもかかわらず、あれほどの反則を1度の試合に3回も行うのは、明らかに異常です。なぜ問題になることが想定できる中で、悪質タックル事件を起こしたのでしょうか。

そこには、大変な事実が隠されていたのです。日大91番は、監督に指示されてタックルを行っていたのです。その事実は、周囲の関係者からも確認が取れていて、「監督の指示だった」と答える人は数多くいるようです。

悪質タックル事件を起こした日大91番に対して、世間が批判する中、当該者である宮川泰介選手自身が会見を行いました。2018年5月22日のことなので、事件から約2週間後ということになります。

悪質タックルを行った経緯に関しては、やる気が足りないとの理由で練習から外されていたこと、コーチから「相手のクオーターバックを1プレー目で潰せ」という指示を受けていたことを明かしました。

どうしても試合に出たかった宮川泰介選手は、試合の前日に自ら監督に「クォーターバックを潰しにいくんで、僕を使ってください」と伝えたそうです。監督からは「やらなきゃ意味がない」と言われ、精神的にも追い詰められた状態で、あの試合に臨んでいたことがわかります。

また、会見では宮川泰介選手は当時世界選手権の選抜メンバーに選ばれていたにもかかわらず、監督から辞退するように言われていたことも明かしました。日大91番に対して、監督がいかに圧力を加えていたかが見てとれ、実名と顔を世間にさらしてまで会見に臨んだ日大91番宮川泰介選手の覚悟が見られました。

日大91番から悪質タックルを受け、関学大の奥野選手は怪我をしました。選手生命を絶たれかねない怪我を負わされたのですから、当然ながら、怪我を負わされた家族側は、被害届を提出しました。

引用: https://pbs.twimg.com/media/DysoG3BV4AUpL5E?format=jpg&name=360x360

でも、奥野選手の父親である奥野康俊氏は、同じ子供を持つ父親として、日大91番安川泰介選手の会見を受け、彼の気持ちも理解できたのです。被害届を提出しながらも、日大91番に対しては寛大な処分を求める嘆願書を集め始めました。子供が怪我を負わされた状態で、その相手に対して擁護するのは、なかなかできることではないでしょう。

引用: https://pbs.twimg.com/card_img/1154764179892506625/rNICV4sV?format=jpg&name=small

日大91番宮川泰介選手は、悪徳タックル事件を起こした事実があるとは言え、被害者でもありました。現在はどうなっているのか、気になる人も多いことでしょう。会見では退部の意向を伝えていた日大91番宮川泰介選手ですが、周りからは彼の復帰を望む声が多く見られました。

引用: https://pbs.twimg.com/media/DoqIkIHV4AAwjHY?format=jpg&name=small

宮川泰介選手は退部後、謹慎期間を経て、現在は日大アメフト部に復帰を果たしています。あれだけ世間のさらしものになったものの、彼の独断ではないとわかったもらえたため、現在無事アメフトに復帰できています。

日大91番が会見した後、それを受ける形で日大の監督内田氏とコーチの井上氏が会見を行いました。二人は関学大の相手選手と家族に謝罪をしたものの、日大91番宮川泰介選手へのタックル指示は最後まで否定し続けたのです。

井上氏も「潰してこい」と言ったことは認めましたが、それは「思い切りタックルをしてこい」という意味だったと説明しました。最初から最後まで、事実をうやむやにしたまま会見は終わることになります。

引用: https://pbs.twimg.com/card_img/1154527484802564096/9uSjWvTl?format=jpg&name=small

悪質タックル事件に関して、内田監督もコーチの井上氏も会見で関与を否定しましたが、世間の目は冷たく批判が殺到しました。日大91番は選手に復帰することができましたが、この二人は現在どうなっているのでしょうか。

内田監督の現在

当初関与を否定していたものの、後に責任は自分にあると内田監督は辞任に至ります。また、関東学生アメリカンフットボール協会からも除名処分を受けています。また、内田氏は日大の常務理事も兼任していましたが、こちらでも問題が発覚し、現在は懲戒免職となっています。

井上奨コーチの現在

引用: https://pbs.twimg.com/card_img/1154010926368153600/uVFPyOwx?format=jpg&name=small

日大アメフト部のコーチだった井上氏も、内田監督と同じ日に除名処分となり、現在はコーチを辞めています。実家のケーキ屋さんが撤退したという噂もあり、タックル事件がいかに重かったのか、結果的には自分の家族をも追い詰める状況になっているようです。

悪質タックル事件の日大91番の現在について、紹介しました。現在は、日大の練習に復帰しているようで、新しい監督のもとでアメフトを続けているようです。大問題となってしまいましたが、最終的に悪者が排除され、日大のアメフト部も新しい形に生まれ変わることができたということですね。