Zwixla5ky3pl2pmueyc7

歌手

CATEGORY | 歌手

海外ラッパーの人気おすすめ30人!有名ラッパーの一覧はコレを見ろ

2018.03.01

最近のJ-POPでもすでに定着しているラップ音楽。日本にもZeebraやKREVAなどヒップホップ界には欠かせないラッパーも数多くいますが、やはり本場海外ラッパーをおさえずしてラップは語れません。ヒップホップをより楽しむための海外人気ラッパーの一覧をご紹介!

  1. 【海外人気ラッパー一覧①】スヌープ・ドッグ
  2. 【海外人気ラッパー一覧②】エミネム
  3. 【海外人気ラッパー一覧③】ナズ
  4. 【海外人気ラッパー一覧④】マックルモアー
  5. 【海外人気ラッパー一覧⑤】ワカ・フロッカ・フレイム
  6. 【海外人気ラッパー一覧⑥】キッド・インク
  7. 【海外人気ラッパー一覧⑦】ウィズ・カリファ
  8. 【海外人気ラッパー一覧⑧】ジェイ・Z
  9. 【海外人気ラッパー一覧⑨】カニエ・ウェスト
  10. 【海外人気ラッパー一覧⑩】ラキム
  11. 【海外人気ラッパー一覧⑪】2パック
  12. 【海外人気ラッパー一覧⑫】ノトーリアス・B.I.G.
  13. 【海外人気ラッパー一覧⑬】ドクター・ドレー
  14. 【海外人気ラッパー一覧⑭】LL・クール・J
  15. 【海外人気ラッパー一覧⑮】50セント
  16. 【海外人気ラッパー一覧⑯】フューチャー
  17. 【海外人気ラッパー一覧⑰】KRS・ワン
  18. 【海外人気ラッパー一覧⑱】リル・ウェイン
  19. 【海外人気ラッパー一覧⑲】ケンドリック・ラマー
  20. 【海外人気ラッパー一覧⑳】スリック・リック
  21. 【海外人気ラッパー一覧㉑】アイス・キューブ
  22. 【海外人気ラッパー一覧㉒】フェティ・ワップ
  23. 【海外人気ラッパー一覧㉓】ビッグ・ダディ・ケイン
  24. 【海外人気ラッパー一覧㉔】チーフ・キーフ
  25. 【海外人気ラッパー一覧㉕】カーティス・ブロウ
  26. 【海外人気ラッパー一覧㉖】テック・ナイン
  27. 【海外人気ラッパー一覧㉗】Run-D.M.C.
  28. 【海外人気ラッパー一覧㉘】ロジック
  29. 【海外人気ラッパー一覧㉙】マシン・ガン・ケリー
  30. 【海外人気ラッパー一覧㉚】スノー・ザ・プロダクト
  31. 海外の有名ラッパー まとめ
Snoop Doggはアメリカ合衆国カリフォルニア州出身のヒップホップMC。アメリカヒップホップ界のレジェンドと言われ、尊敬するラッパーとして名前が挙げられることも少なくありません。
最近では日本のクリエイティブユニットPKCZとコラボをすることになりファンの間で話題になりました。
世界規模の有名さを誇るヒップホップモンスターエミネム。おすすめの洋楽一覧を作ったとしてもほぼ間違いなく入ってくるほどの存在です。音楽もファッションも言動も生き方も、すべてが人の先を行く唯一無二のアーティストです。
アメリカのヒップホップMC。アルバム「ILLMATIC」が特に有名で、「ヒップホップの入門盤」とも言われるほどです。ゲットー出身の刺さるようなリリックも人気のひとつ。
マックルモアーは音楽プロデューサーのライアンルイスと組みMacklemore & Ryan Lewisとしてグラミー賞を受賞するなどの実力派ラッパーです。日本でも来日公演のチケットが入手困難になるほどの人気。
アメリカ合衆国ニューヨーク州クイーンズ出身の若手ラッパー。「フレイム」の名のごとく烈火のようなラップが特徴。特徴的なドレッドヘアーなど、髪型やファッションもオシャレなラッパーです。
タトゥーやファッション、髪型などビジュアル面でも人気の高いイケメンラッパーであるキッド・インク。日本でも人気で2016年にはジャパンツアーも行いました。
男気あふれる言動が人気のアメリカ人ラッパーです。奥さんはモデルのアンバー・ローズで、プライベートを隠さず堂々と外出する様子がたびたび見られます。シングル「Black and Yellow」は全米シングルチャートで1位を獲得!
Jay-Zはアメリカ合衆国出身のラッパーで、作詞作曲やプロデュースもこなします。確立されたスタイルは年齢を重ねても人気を集め、ファッションブランドの立ち上げや実業家としても有名。しかも、奥さんは日本でも超有名な洋楽界の歌姫ビヨンセなんです!
カニエ・ウェストはアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ出身のヒップホップMCで、活動は広く音楽からファッションデザイナーまでこなします。グラミー賞に57もノミネートされ、そのうち21回も受賞を果たしているほどの圧倒的な存在。
ニューヨーク州ワイアンダンチ出身のラッパー。ヒップホップの歴史上で最も影響力のあったラッパーの一人と言われるほど、ヒップホップの歴史を語る上で無くてはならないほど有名な存在です。語りかけるようなクールなリリックのセンスは抜群で、彼に憧れてラップをはじめたアーティストは数え切れません。
2パックはアメリカニューヨーク州出身のヒップホップMCで「トゥパック・アマル」は古代インカ語で「輝ける龍」という意味。1996年に銃撃され25歳の若さで亡くなってしまい、当時のアメリカ東西海岸ヒップホップ抗争の犠牲者と言われています。
ビギー・スモールズやビギー、ビッグなどのニックネームで親しまれるニューヨーク州出身のラッパー。ユーモアや伝える力は多くのラッパーにとって特別な存在でしたが、かれも東西のヒップホップ抗争に巻き込まれて命を落としたとされています。
レーベルの設立やヘッドホン制作など、ヒップホッププロデューサーとして有名なドクター・ドレーですが、ラッパーとしても超一流で彼の歴史がそのままヒップホップの歴史と言われるほどの存在。エミネムや50セントを発掘したものドクター・ドレーこの人なんです。
LL・クール・Jの名前の由来は「Ladies Love Cool James」の頭文字をとったもので、「女性たちに愛されるクールなジェイムス」という意味。名前の通り女性たちから大人気で髪型やファッションの評判も良く、逆に男性からは嫌われることが多く、ラッパーの「ディスられ」の的となったそうです。しかしあのエミネムには「好きなラッパー」として名前が挙げられるほど。女性人気だけでなく実力も嫉妬の対象だったのかもしれません。
ラッパーだけでなく俳優やプロデューサーとしても活躍する50セント。銃で9発撃たれても生きていたという伝説も有名で、その事件のためアメリカでの音楽活動が一時できなくなるほどでした。
Future海外アーティストとも積極的にコラボし、ヒット曲を生み出す実力派です。髪型やファッションセンスも抜群で、古いアイテムすらストリートキッズが欲しがる旬のモノに変えてしまうほど。
アメリカ合衆国ニューヨーク生まれのラップMC。「知識がほぼ全ての人間を完全に支配する」という意味を持つ名前は全米でも社会派として有名です。
アメリカ合衆国ルイジアナ州出身のラッパーで、11歳にしてレコード会社と契約するなど脅威の才能を持つリル・ウェイン。「生きている中で最高のラッパー」と自称し、音楽だけでなく髪型やファッションも注目される存在です。
アメリカ合衆国カリフォルニア州コンプトン出身のヒップホップラッパー。コンプトンと言えば、ギャング抗争も日常茶飯事の犯罪多発地域で、そういった出身のためか弱者の立場から放たれるラップが多くの人の心に届くと言われています。グラミー賞も多数受賞し、世間の評価が特に高いラッパーの一人。
イギリスのロンドンに生まれニューヨークで育ったヒップホップミュージシャン。物語を作り上げてラップとする「ストーリーテリング」というスタイルの先駆者で、「La-Di-Da-Di」という今日はあの坂本九の「上を向いて歩こう」をモチーフにしているなど日本でも有名な存在です。
アイス・キューブはロサンゼルス出身のラッパーで、個性派俳優としても有名。かつては伝説的ヒップホップグループN.W.A.にも所属し、社会問題などメッセージ性の強い音楽は洋楽を語る上ではなくてはならない存在です。
フェティ・ワップは1991年生まれの若手ヒップホップアーティストですが、洋楽シーンに現れてからは怒涛の勢いでトップアーティストまで登りつめました。左目が先天性緑内障により失明しており本人はコンプレックスに感じているようですが、ファンからはそんな左目もセクシーだと評判なんだそうです。
アメリカ合衆国ニューヨークブルックリン地区出身のラッパー。髪型やファッションなどルックス面も人気が高く、多くのラッパーたちへ影響を与えていると言われています。洋楽会では伝説的な存在と言われるほどの大御所ラッパーです。
アメリカ合衆国イリノイ州出身のラッパーで、過激な発言などトラブルメイカーとしても有名です。しかし「ずっと悪ガキでい続けて欲しい」と言うファンも多く、髪型など独特のファッションややんちゃさも魅力のひとつのようです。
カーティス・ブロウはアメリカ合衆国ニューヨーク州出身のラップアーティスト。ヒップホップの発展を支えた、洋楽を歴史を語る上ではなくてはならない存在です。
アメリカ合衆国ミズーリ州カンザスシティ出身のラッパー。現在は自身でレーベルを持ちますが、かつてはインディラッパーとして音楽だけでのし上がってきた実力者です。
アメリカ合衆国ニューヨーク州出身のヒップホップグループで、残念ながら2002年で活動休止となってしまいます。あのエアロスミスなど洋楽スターとのコラボも果たしているほどのグループですが、メンバーのダリル・マクダニエルズは再結成は「絶対にない」と発言しているようです。
1990年アメリカ合衆国メリーランド州生まれの若手ラッパー。アメリカの自殺予防ライフラインの電話番号がタイトルとなったシングル「1-800-273-8255」は全米チャート5位にランクインするなどの大ヒットを記録しています。
アメリカ合衆国オハイオ州出身のラッパーで通称はMGK。髪型やファッションなどもオシャレと人気で、イケメンラッパーとしても注目されています。俳優やモデルとしても抜群のパフォーマンスを披露しています。
「白雪姫」が名前の由来となるアメリカ合衆国カリフォルニア州出身の女性ラッパー。見た目の印象をはるかに超えた実力を持つ若手ラッパーです。洋楽界では徐々に注目を浴びつつありますが、日本での知名度はまだ低いのが残念です。
いかがでしたでしょうか。本家のアメリカラッパーにも注目すると、日本のラッパーのルーツにも触れることができます。また、毎年素晴らしい若手ラッパーも生まれ続けているので、ぜひそちらにも注目してみてください!