L18vgwk42oizwfaecqsk

俳優

CATEGORY | 俳優

新克利の今現在!結婚した妻は誰?八甲田山?印玄?舞台?長谷川明男?

2018.11.20

新克利さんの今現在が気になります!かつては八甲田山や印玄役、そして多くの舞台でも人気を博しました。結婚した妻は誰なのでしょうか?また、長谷川明男さんとの関係はどういったものでしょうか?ここでは新克利さんの今現在や結婚などについて画像と共に迫っていきます。

  1. 【新克利の今現在!結婚した妻は誰?八甲田山・印玄・舞台・長谷川明男との関係・画像まとめ】プロフィール
  2. 【新克利の今現在!結婚した妻は誰?八甲田山・印玄・舞台・長谷川明男との関係・画像まとめ】経歴
  3. 【新克利の今現在!結婚した妻は誰?八甲田山・印玄・舞台・長谷川明男との関係・画像まとめ】主な出演作①
  4. 【新克利の今現在!結婚した妻は誰?八甲田山・印玄・舞台・長谷川明男との関係・画像まとめ】主な出演作②
  5. 【新克利の今現在!結婚した妻は誰?八甲田山・印玄・舞台・長谷川明男との関係・画像まとめ】声優としても活躍
  6. 【新克利の今現在!結婚した妻は誰?八甲田山・印玄・舞台・長谷川明男との関係・画像まとめ】舞台も数多く出演
  7. 【新克利の今現在!結婚した妻は誰?八甲田山・印玄・舞台・長谷川明男との関係・画像まとめ】結婚した妻は誰?
  8. 【新克利の今現在!結婚した妻は誰?八甲田山・印玄・舞台・長谷川明男との関係・画像まとめ】長谷川明男との関係は?
  9. 【新克利の今現在!結婚した妻は誰?八甲田山・印玄・舞台・長谷川明男との関係・画像まとめ】現在は?
  10. 【新克利の今現在!結婚した妻は誰?八甲田山・印玄・舞台・長谷川明男との関係・画像まとめ】まとめ
Vro0het9rkfhhs5673fi
引用: https://www.instagram.com/p/0-F5XJJR0v/
【名前】         新 克利(あたらし かつとし)
【職業】         俳優・声優
【生年月日】       1940年12月4日
【出身】          東京都
【活動期間】       1964年~
【最終学歴】       法政大学法学部中退
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KUMA1892046_TP_V.jpg
新克利(あたらしかつとし)さんは、東京都出身の俳優。声優としても知られています。
Wlkxbpdjpedorcrsd5qi
引用: https://www.instagram.com/p/58djTyFKRa/
1940年、東京市(現・東京都)にて、鳶職の息子として生まれます。
都立三田高校卒業後は、法政大学法学部に進学。
しかし、2年で中退をし、俳優座養成所に入ります。そして、1964年3月に養成所卒業と共に、俳優座の団員となります。
1968年、ドラマ『肝っ玉かあさん』に医師役で初のテレビドラマレギュラー出演をし、人気を博します。
以降は、石井ふく子プロデュースの作品には数多く出演。誠実なイメージのある役を熱演しました。
Ggdymc4uctonw7hnue60
引用: https://www.instagram.com/p/BUfoXA3FT4u/
ドラマ『必殺仕置屋稼業』で演じた印玄役は、新さんの当たり役となり、大ヒットを飛ばします。
以降も、非常に多くの時代劇ドラマから現代ドラマなどに出演。1960年代前半から現在まで、作品になくてはならない名バイプレーヤーとして、幅広い作品で活躍をされました。
Unnbrnsu3on6ttizjdo4
引用: https://www.instagram.com/p/BVSjxaVBPBu/

肝っ玉かあさん

Gf20fgihwilyl5gexwan
引用: https://www.instagram.com/p/BMQ_SJHAEAa/
1968年から放送をされたテレビドラマ。京塚昌子さんの主演で大ヒットを飛ばしました。
新さんは、同作品は初の連続テレビドラマのレギュラー出演。医師役を演じ、人気を博しました。
大正五三子(京塚昌子)は、女手一つで原宿で蕎麦屋「大正庵」を切り盛りしている。長男・一(山口崇)は清田綾(長山藍子)と結婚し、長女・三三子(沢田雅美)は看護学校に通っている。清田家や大正庵の従業員たちも巻き込み、様々な騒動が起きるが、明るく前向きに解決していく姿を描いた。

必殺仕置屋稼業

新克利さんの代表作品とも言える時代劇ドラマ『必殺仕置屋形稼業』
Qgusdg7azfdbvs75t81f
引用: https://www.instagram.com/p/Blg-U--nAdx/
藤田まことさん演じる、中村主水と共に『仕置き人』として活動をする印玄役で出演。
この印玄役は新さんの当たり役となり、印玄が悪人を屋根から突き飛ばす時に悪人が発する「止めて!助けて!」という言葉は、当時流行語となります。
裏稼業から離れていた、中村主水は北町奉行所から南町奉行所へ転属する。形式上は栄転であり、目明しの亀吉も付いたが、規律に厳しい南町奉行所では袖の下もままならず、離れの新築もあり、中村家は困窮を極める。 そんな中、髪結いのおこう(中村玉緒)が主水に接触する。おこうは主水がかつて裏の仕事をしていたことを知っており、自分が受けた依頼を行うように主水に頼むが、断固として断る。そのために頼み人は悲惨な死を迎えることとなり、おこうに裏の仕事に復帰することを約束する。 主水は裏稼業を再開するために、自分を慕う銭湯の釜番の捨三と、捨三の紹介を受けた破戒僧の印玄を仲間とする。そして、殺しの現場を見られたため主水の命を狙う殺し屋の市松(沖雅也)に声を掛け、逆に裏の稼業へと誘う。 彼らとおこうを含めた「仕置屋」は時に反目しながら、行き所の無い弱者の晴らせぬ恨みを晴らしていく。

八甲田山

Hlcbi4flcbateooabctz
引用: https://www.instagram.com/p/BouphtUAogX/
高倉健さん、北大路欣也さん、加山雄三さん、三國連太郎さんという超豪華キャストで話題となった映画「八甲田山」は1977年に公開された映画作品。
この作品では、新さんも出演し、青森歩兵第五連隊の1人である江藤伍長役で出演。
同作品は、1902年に青森の連隊が雪中行軍の演習中に遭難し、210名中199名が死亡した事件に創作を加えた形で映画化されました。1977年の日本映画最大のヒット作となり、北大路さんの台詞である「天は我々を見放した」は、この当時の流行語となりました。
新克利さんは、俳優以外にも声優として活躍をしているんです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KUMA1892042_TP_V.jpg
声優としては、主に外国映画の吹き替え役で出演。
「刑事コロンボ 闘牛士の栄光」でのサンチェス警部役(演:ペドロ・アルメンダリス・Jr)や、夜の大捜査線のヴァージル役(演:シドニーポワチエ)などの吹き替えを担当。
Ihvb5cv2tckytmgqtgnv
引用: https://www.instagram.com/p/BifCo4tHBaA/
主に1960年代の映画にて声優として活動を行っていたようです。
新さんは、その他にも数多くの舞台へ出演をしています。
『愛の眼鏡は色ガラス』の首つり男や、森進一さんとの共演をした『坊ちゃん』などに出演をしています。
H4zkm4d6s1t5rdehvbcu
引用: https://www.instagram.com/p/Bo_IZ3chTRf/
ドラマや映画、そして声優としての活動の他、舞台出演もこなすなんてマルチな才能に恵まれた方ですね!
1 / 2
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/0-F5XJJR0v/