Ozzwakqiylkpxdfpujem

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

化粧水をつけないと肌の調子が良くなる?効果はあるのか大検証

2018.02.19

スキンケアの基本とも言える化粧水。その化粧水をつけない美容法が噂になっているのはご存知でしたか?化粧水をつけないと乾燥で肌荒れしそうなイメージがありますが、肌がきれいになったとの声もあります。化粧水をつけない美容法やその効果を今回はご紹介致します!

  1. 化粧水をつけない美容法はいいの?
  2. 化粧水がもたらす肌への影響
  3. 化粧水をつけないスキンケア
  4. 肌断食で美肌力が上がる?
  5. 実際の肌断食実践者の声!
  6. 化粧水をつけないオイルケア
  7. 化粧水をつけないスキンケア経過中には副作用も
  8. 化粧水をつけないスキンケアの結果
  9. 化粧水をつけないスキンケアに向かない人
  10. 化粧水をつけないスキンケアのデメリット・注意点
  11. 化粧水をつけない美容法は効果あり!化粧水も勿論大事!
  12. この記事を見た人は以下もチェックしています

化粧水はスキンケアの基本中の基本!

化粧水はスキンケアの基本で女性であればほとんどの女性が使っている化粧品のはずです。クレンジングやエアコン、紫外線など乾燥ダメージを受けている肌に足りない水分を補うことは必要なスキンケアでもあります。

化粧水をつけない美容法がTVで取り上げられた?

しかし、NHKの「ためしてガッテン」の番組で、化粧水は絶対必要という固定概念をひっくり返すような美容法が放送されました。洗顔後化粧水をつけずに保湿クリームだけを塗るという美容法ですが、こうしたことからも化粧水をつけない美容法がいいのではないかと少しずつ女性の間で浸透しつつあります。

本来は肌に必要な潤いを与えてくれる

化粧水なしの美容法が良いといっても、化粧水そのものが悪いわけではありませんし、化粧水は肌に必要な潤いを補ってくれるものです。化粧水が悪いものだから化粧水をつけない美容法が正解というわけではありません。

化粧水のつけすぎで肌が本来持つ潤い力が低下

化粧水をたっぷりつけるのが良いという思い込みの結果、保湿し過ぎのために肌が本来持っている自分で潤う力が低下している人が増えているそうです。赤ちゃんの肌が何もつけなくてもすべすべのきれいな肌なのは、この本来肌をきれいに保つ力のおかげだと言えます。化粧水のつけすぎで本来の肌の力が損なわれてしまっているのです。

化粧水後の間違ったケアでインナードライ肌に

また、化粧水ばかりを重視して乳液やクリームといった油分で蓋をしない人もいます。水分がたっぷり入った肌も、表面が濡れたままでは蒸発するときに却って肌内部の水分が奪われ乾燥してしまいます。化粧水後のケアを怠ってしまうと、肌が乾燥する原因になるのです。

肌断食

肌断食とは、化粧水やクリームといったスキンケア、そして化粧を全て数日間ストップする方法です。肌に与えているものを全てストップすることで、肌ストレスを解消し肌を休ませることで本来持つ保湿力を取り戻す目的があります。

化粧水なしのオイル・クリームケア

ためしてガッテンでも取り上げられた方法で、一部ではガッテン法とも言われているようです。洗顔後に化粧水ではなくクリームやオイルを塗る方法です。過度の水分の与えすぎといった肌ストレスをなくし最低限の油分だけを与えることで、肌の調子を取り戻す美容法です。

肌が本来持つ力が蘇る

普段外から与えられていた保湿がなくなることで肌は自分で潤いを保とうとします。すっぴんの肌で過ごすことで、リセットされ肌が本来持つ力が復活することで肌の調子が上がったように実感することができます。

肌ストレスゼロの赤ちゃん肌に

肌断食はメイクをしない期間をつくることでもあります。ファンデーションで肌を蓋することは、少なからず肌に負担を与えるものです。肌断食の期間を作ることで、肌ストレスがなくなり赤ちゃんのような肌に若返ることが期待できます。

Twitterの声

Twitterで肌断食を検索してみるとさまざまな声を確認することができました!その一部をご紹介致します。

化粧水スルーでオイルをオン

洗顔後化粧水はつけずにオイルで油分だけを補うスキンケア方法は、ガッテン法とも言われTVで取り上げられ話題になりました。全く何もしない肌断食よりも最低限の保湿はするのでトライしやすいというメリットもあります。

人気のオイル

使用するオイルは、馬油やスクワランオイル、ワセリンなどが人気です。ただ、ワセリンはべたつきやすいので量には気を付けましょう。

ニベアでもいいの?

オイルの代わりにニベアクリームで油分を補うという方法もあります。ニベアは、グリセリンやホホバ油、ワセリンやスクワランなど保湿成分たっぷりの優秀なクリームとしても人気です。オイルに抵抗がある人はニベアで代用することもできます。
化粧水をつけないをつけない美容法は1日で効果を感じる人は少ないです。途中経過の中では、肌トラブルを感じた人も多くいます。

経過①乾燥が悪化

普段化粧水で水分を補っている肌は、当然水分を求めています。肌断食してすぐは、乾燥が悪化する可能性も高いです。

経過②ニキビが増える

水分量が減った肌は、潤いを与えようと皮脂分泌を盛んにします。その結果、肌断食の途中経過の中でニキビができやすい人もいます。

経過③毛穴が目立つ

乾燥から毛穴が目立つように感じたり、角栓が気になるなど肌の調子が悪くなっているように感じる人もいます。
途中経過の中で肌トラブルを感じた人も、続けることで肌の調子が良くなったという声がたくさんあります。化粧水をつけない美容法の効果や結果はどうなのでしょうか?

結果①肌のつっぱり感がなくなった

洗顔後つっぱり感を感じていた肌が、化粧水をやめてからつっぱり感を感じなくなったという効果が得られました。肌が本来持つ保湿力が戻り、化粧水が不要になったからと言えるでしょう。

結果②肌ざわりが良くなった

肌断食や化粧水をやめることで、過剰な保湿で起きていたダメージやメイクでの肌ストレスがなくなり、やわらかく肌ざわりが良くなったという効果もあります。ターンオーバーが正常に戻ることで、不要な角質がなくなり赤ちゃん肌のように感じられたと言えます。

結果③ニキビができにくくなった

肌が本来持つ保湿力が取り戻され、過剰な皮脂分泌が改善されたことでニキビができにくくなった、ニキビがきれいに治ったという効果もありました。

ひどい乾燥肌の人

乾燥の改善が期待できる化粧水なしのスキンケアですが、慢性的な乾燥で悩む方は化粧水なしのスキンケアは要注意です。更に水分力が低下し肌荒れやニキビがひどくなる可能性があります。適量の保湿、水分と油分のバランスの取れたスキンケアで保湿した方が良いでしょう。

アトピー性皮膚炎の人

アトピーの方はもともと肌が弱く敏感肌の傾向があります。過剰なスキンケアが肌を刺激することもありますが、保湿しないことでかゆみや赤みがひどくなる可能性も高いです。お医者さんと相談しながら、肌に合うスキンケアをしましょう。

生理中・生理前の人

普段肌トラブルがない人も、生理中や生理前はホルモンバランスの変化からニキビができたり肌の調子が悪くなってしまう人も多いです。肌断食をまずは始めてみたいという人は、生理中や生理前は避け肌の調子が良い時に始めることをおすすめします。

途中経過で肌の調子が悪く感じるリスクも!

化粧水をつけない美容法は肌の調子が改善する効果が期待できますが、始めてすぐは、好転反応でニキビが増えたり乾燥がひどく感じる場合もあります。肌の調子を取り戻すだけでなく、一時的なトラブルがあることも理解しておきましょう。

自分に合っていないと思ったらすぐにやめる潔さを!

肌断食やガッテン法で肌が見違えるほどきれいになった人はたくさんいます。しかし、個人差がありますから、100人に効果があったとしても、自分だけ合わないという場合も稀にあります。経過を根気よく見ていくことも大事ですが、あまりにも肌が荒れた、いつものスキンケアの方が合っていたという場合は、頑固にならずに潔く中止してください。
「化粧水をつけないと肌の調子はよくなるのか」。これはイエスと言えるでしょう。何もつけない自然体の肌に戻すことは、肌の美しさを高める秘訣とも言えます。しかし、化粧水が不必要なものとは言えません。化粧水で美肌をキープしている人がいるのも事実です。自分にぴったりのスキンケア方法を見つけることが大事ですよ。いつものスキンケアで肌の改善が見られない人は、一度肌断食やガッテン法を試してみてもいいかもしれませんね!