Zr6m1r5ksxorjrcvpo1a

美容法

CATEGORY | 美容法

ホワイトニングは自宅でセルフが安い!市販のおすすめや口コミは?

2018.09.29

ホワイトニングは自宅でセルフが安い!市販(ジェル・ペン)のおすすめや口コミは?デメリットも?今回は自宅で出来るホワイトニングを紹介します。紹介内容は「セルフのやり方!安い!」「メリット・デメリット」「市販の商品!口コミも!」などです。

  1. 【ホワイトニングは自宅でセルフが安い!市販(ジェル・ペン)のおすすめや口コミは?デメリットも?】ホワイトニングって?
  2. 【ホワイトニングは自宅でセルフが安い!市販(ジェル・ペン)のおすすめや口コミは?デメリットも?】白くなる理由!
  3. 【ホワイトニングは自宅でセルフが安い!市販(ジェル・ペン)のおすすめや口コミは?デメリットも?】長く白い歯へ
  4. 【ホワイトニングは自宅でセルフが安い!市販(ジェル・ペン)のおすすめや口コミは?デメリットも?】セルフのやり方!
  5. 【ホワイトニングは自宅でセルフが安い!市販(ジェル・ペン)のおすすめや口コミは?デメリットも?】メリット・デメリット
  6. 【ホワイトニングは自宅でセルフが安い!市販(ジェル・ペン)のおすすめや口コミは?デメリットも?】痛みの原因は?
  7. 【ホワイトニングは自宅でセルフが安い!市販(ジェル・ペン)のおすすめや口コミは?デメリットも?】ロキソニンで痛み解決!
  8. 【ホワイトニングは自宅でセルフが安い!市販(ジェル・ペン)のおすすめや口コミは?デメリットも?】出来ない人もいる!
  9. 【ホワイトニングは自宅でセルフが安い!市販(ジェル・ペン)のおすすめや口コミは?デメリットも?】市販の商品!口コミも!
  10. 【ホワイトニングは自宅でセルフが安い!市販(ジェル・ペン)のおすすめや口コミは?デメリットも?】まとめ
ホワイトニングとは白くすることが意味で、審美歯科の分野では歯を白くすることに用いられる用語です。最近では多くの芸能人がホワイトニングして、歯を真っ白にしてテレビに登場してきます。そんなホワイトニングをしてみたいと考えている方にホワイトニングの事前知識や自宅で出来るホワイトニングについて紹介致します。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoJXDWhU4AEglUx.jpg
紹介内容は「白くなる理由」「長く白い歯へ」「セルフのやり方!」「メリット・デメリット」「痛みの原因は?」「ロキソニンで痛み解決!」「出来ない人もいる!」「市販の商品!口コミも!」などです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoJQ13_VsAA0KZd.jpg
まずなぜ、ホワイトニングをすることで歯が白くなるのか簡単にご紹介致します。ホワイトニングに使われ薬の成分は過酸化尿素と過酸化水素が含まれています。これは着色を無職に分解するという効果があります。また、この成分は歯本来の色も白くする効果があります。それを「ブリーチング効果」と言います。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoJJnoUV4AAeuZj.jpg
また、歯の変色によって「マスキング効果」で歯を白く見せます。マスキング効果とは過酸化水素がエナメル質の表の層を変色させ、光の反射により曇りガラスのように白く見せるという効果です。簡単にいうと「歯を白くする」というよりは「歯を白く見せている」が正しい表現になります。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoJHXfwUwAADVo_.jpg
ホワイトニングの効果について紹介しました。より長く白い歯をキープしたい方も非常に多いと思いますので、長く白い歯をできるだけ保つ方法を少し紹介致します。

飲食後の対応

着色の強い成分が含まれている飲み物や食べ物を摂取することで歯は着色しやすくなってしまいます。なので、飲食後には定期的に水で口をゆすぐようにしましょう。飲食後の直後にゆすぐことで汚れが定着せずにすぐ落とし、着色を防ぐことが出来ます。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoJOSCIV4AAKeig.jpg

歯の検診

歯の検診を受けることで日常生活で着色してしまった成分を歯科医院で除去してくれます。健康的な白いはをキープしたいという方は定期的に歯の健診をするようにしてください。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoJOf06U8AA-6In.jpg
それでは早速自宅で出来るホワイトニングのやり方をご紹介致します。今回紹介するのはジェルホワイトニングです。非常に簡単なやり方などでぜひ、挑戦してみてください!
ホームホワイトニングで欠かせないのがジェルで出来るホワイトニング方法です。しかし、ホームホワイトニングするには自分専用のマウスピースを作る必要があります。専用のマウスピースは歯科医院で作ってもらえるのでまず、専用のマウスピースを作りましょう。専用のマウスピースをはめて薬剤でセルフホワイトニングが出来ます。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoLpHxiVsAEROin.jpg
まずはしっかり歯磨きをします。汚れが付着した状態でセルフホワイトニングをしてしまうとムラの原因になりますので、歯磨きはしっかり行いましょう!
次にホワイトニング薬剤をマウスピースの内側部分に入れます。歯に満遍なく行きわたるように薬剤を入れていかなければなりません。最近ではホワイトニング薬剤が注射器のようになっていますので簡単に薬剤を入れることが出来ます。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoLpTz-UwAAGcRu.jpg
そしてマウスピースを装着します。この時のポイントは歯茎にホワイトニング剤が付かないようにすることです。もし付いてしまったらティッシュで拭き取りましょう。
約2時間ほど置いたらマウスピースを外して口をゆすぎます。最後にブラッシングをしてセルフホワイトニングは完了です。

メリット

費用が掛からないというのが一番のメリットです。また、通う手間もないので継続する事が出来ます。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoLqgw4UcAAhQbg.jpg
そして、痛みが出にくいのもセルフホワイトニングのメリットです。セルフホワイトニングに配合されている成分が刺激を与えずらいものになっています。

デメリット

漂白効果がないので表面上の汚れしか落とすことが出来ないというのがデメリットです。本来の歯が黄ばんでしまっている方は白くするのは非常に難しいです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoLqgw6VsAAmX18.jpg
また、セルフで行うのでムラが出来やすいです。不器用な方は避けた方が良いかもしれませんね。
ホワイトニングをすると歯の痛みやしみたりなどの症状が起こったりすることがあります。その原因はホワイトニングに使用する薬にあります。ホワイトニング剤には高い濃度の過酸化水素が含まれています。これが原因で歯の細かなひびな浸透して神経に強い痛みを与えてしまいます。過酸化水素の濃度は施術してもらう場所によって異なり、高濃度になればなるほど歯が痛くなってしまいます。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoJd02KVAAAxzbT.jpg
また、歯が痛くなる人の特徴もあります。その特徴は「歯ぎしりをする人」「虫歯の治療後」などです。どちらも歯の細かなひびが原因でそこから薬剤が浸透して痛みを発症してしまいます。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoJQ13hV4AAl4TP.jpg
そんな痛みを和らげてくれるのがロキソニンです。ロキソニンは鎮痛剤で痛みを抑えてくれます。また炎症などを抑える効果もありますのでおすすめの薬です。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoJSHNNU8AAePtS.jpg
先ほども紹介したようにホワイトニングの痛みの原因は知覚過敏によるものです。そんな痛みを抑えるためにホワイトニングをした方はロキソニンを用意するようにしましょう!
正しい服用をすることで痛みをしっかり抑えてくれます。市販でも取り扱っていますので、ホワイトニングをして歯の痛みに悩んでいる方はお近くのドラッグストアに訪ねてみてください。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoJSUX1VAAALdoC.jpg
ここまでホワイトニングに事を紹介してきましたが、ホワイトニングをそもそも出来ないという方もおります。もし該当している方がいましたらホワイトニングは避けた方が良いのでしっかり目を通してください。

妊娠、授乳中の女性

妊娠、授乳中の女性はホワイトニングを避けるようにしましょう。妊婦の場合は胎児へ与える影響がないという研究が行われていないため安全が保障されていません。授乳中の方も同様です。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoJUoP9U8AIq1xa.jpg

無カタラーゼ症

無カタラーゼ症の方はホワイトニングをする事が出来ません。カタラーゼには過酸化水素を分解する働きがあります。つまりカタラーゼがないという事は過酸化水素を分解できずに体内に残ってしまいます。これにより組織破壊にもつながる恐れがありますので、避けるようにしてください。

歯の神経が死んでいる。詰め物をしている

これに該当する方もホワイトニングを避けた方がよろしいです。歯の神経が死んでいるかは歯科医院で相談し歯科医に判断してもらってください。詰め物をしている方は詰め物自体にホワイトニングの効果がありませんので、歯の色がまばらになってしまいます。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoJeHfbUYAA7x-e.jpg
最後に市販の商品をご紹介致します。今回は特に評価の高かったホワイトニング剤をご紹介致します。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoLr-3XU4AEhF4H.jpg
歯の色が気になったのでネットで検索していたら口コミもよく手頃なものを見つけたので購入しました。手軽に使えて少しづつ色が改善されている気がします。

表面の汚れを落とすという点が素人のホームホワイトニングとしては安心です。コスパ的にも持続可能で効果も期待以上で満足しています。

引用: https://pbs.twimg.com/media/DoLr-5nV4AAKYma.jpg
マウスピース矯正しているので購入しました。2・3回目ぐらいでもう効果を感じています!

歯科医院で買っていたものと同じものが安く購入できて嬉しいです。説明書には2時間となってますが、寝る前にマウスピースはめて朝外してます。1週間程で見違えるくらい綺麗になります。刺激も少なく、特に不調もありませんが念のため歯磨きにはシュミテクトを使ってます。なくなったらまた購入したいと思います!

一本で二週間分、二週間かけて徐々に白くなっていくのが分かります。周りからも白くなってるーと言われます!次回も購入決定です。

引用: https://pbs.twimg.com/media/DoLsKRbU0AAbUJE.jpg
今回はホワイトニングの知識やセルフホワイトニングのやり方などをご紹介致しました。セルフホワイトニングでも簡単に出来ますので、これを機会にぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか!
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoLsKR9UUAEPEcd.jpg