miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Category俳優

安井邦彦には裏名がある?ナレーター・声優・歌で活躍?作品は?

人気ゲーム「KOF」シリーズの八神庵役で知られる声優の安井邦彦さん。安井邦彦さんさんについて検索すると歌、作品、ブログ、ツイッター、学歴、現在についてよく調べられていました。今回は歌、作品、ブログ、ツイッター、学歴、現在を中心に安井邦彦さんついて紹介します。

【裏名?ナレーター・声優・歌で活躍?SNSは?安井邦彦まとめ】基本情報

今回紹介する安井邦彦(やすい くにひこ)さんは声優、舞台俳優、ナレーターとして活動しています。生年月日は12月12日で、出身地は愛知県です。血液型はA型です。趣味は写真撮影、オートバイ、音楽鑑賞、ウォーキング。特技は剣道、ギターです。
好きな食べ物は、寿司や、刺身などの生もの、クレソンやパセリなどの香草類とのこと。「携帯電話は持たない」「身体に良い物を食べる」といったポリシーを持っています。所属事務所ですが、以前は「81プロデュース」に所属していました。

【裏名?ナレーター・声優・歌で活躍?SNSは?安井邦彦まとめ】学歴は?

引用:https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/nichinanIMGL9531_TP_V.jpg
気になる学歴ですが、どうなのでしょうか。学歴について調べてみましたが、学歴は公開されていませんでした。学歴は公開されていませんが、特技は剣道ということで、学生時代に剣道部だったのではないでしょうか。剣道部で、良い声をしているということで、モテモテだったに違いありません!

【裏名?ナレーター・声優・歌で活躍?SNSは?安井邦彦まとめ】「グラップラー刃牙」に出演

アニメの声優を務めていて、デビュー作「ガジェット警部」をはじめ「頭文字D」(弘道)「グラップラー刃牙」(烈海王)「NARUTO -ナルト- 疾風伝」などの話題作に出演しています。中でも特に評判なのが、「グラップラー刃牙」の(烈海王)です。
「グラップラー刃牙」は、週刊少年チャンピオンで連載されていた、板垣恵介さんの同名作品をアニメ化した作品です。ストーリーは地下闘技場の最年少王者である範馬刃牙と、その父親で“地上最強“と賞される範馬勇次郎を中心とし、男たちの戦いを描いています。
安井邦彦さんが演じた、烈海王は、香港出身で、中国拳法の達人である中国人キャラです。Twitterで演技を調べてみると、紹介しているツイートをはじめ、高く評価する声が多く挙がっていました。好演を見せ、好意的な反応が多いということで、アニメの代表作と言えます。

【裏名?ナレーター・声優・歌で活躍?SNSは?安井邦彦まとめ】「機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-」に出演

OVAアニメではこれまでに「劇場アニメマクロスプラス MOVIE EDITION」「機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-」(草壁春樹)「The AURORA 海のオーロラ」(原田マサト)に出演しています。
その中で代表作と言えるのが、1998年8月8日に公開された映画「機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-」です。この作品はコックから機動兵器エステバリスのパイロットになって敵対する木星人と戦うことになった、主人公・テンカワ・アキトの活躍を描いたアニメ「機動戦艦ナデシコ」の映画版です。
映画ではアニメのラストから3年後の世界で巻き起こる事件を描きます。この作品で安井邦彦さんは、木連の突撃宇宙軍優人部隊隊長・草壁春樹を演じています。ネットの反応を見ると草壁春樹役を安井邦彦さんの代表作という人が多いので、この役も代表作と言えそうです。

【裏名?ナレーター・声優・歌で活躍?SNSは?安井邦彦まとめ】八神庵が代表作

ゲームの声優も数多く務めていて、これまでに「スーパーロボット大戦IMPACT」(草壁春樹)「第2次スーパーロボット大戦α」(連邦軍艦長)「タツノコ VS. CAPCOM CROSS GENERATION OF HEROES」(ポリマー)などに参加しています。
担当してきた作品の中で、代表作は「ザ・キング・オブ・ファイターズ」(KOF)シリーズの八神庵です。「ザ・キング・オブ・ファイターズ」(KOF)シリーズは、1994年にゲーム会社「SNK」が、ゲーム機「ネオジオ」で発売した対戦型格闘ゲームシリーズです。
八神庵は、主人公・草薙京のライバルで、準主人公に当たります。草薙京とは対照的に、紫色の炎を操る技が特徴です。人気が高いキャラで、初登場となる「KOF'95」以降のほとんどのシリーズに登場しています。人気キャラということで、ファンからも大好評です。
このゲームは海外でも人気が高く、これまでに演じてきたどの役よりも知名度が高いということで、安井邦彦さんの代表作と言えます。

【裏名?ナレーター・声優・歌で活躍?SNSは?安井邦彦まとめ】ナレーターとしても活躍

安井邦彦さんは、アニメ、ゲームだけでなく、ナレーターとしても活躍しています。ナレーターとしての主な仕事は、「筑紫哲也 News23」「ヒストリーチャンネル ヨーロッパ古城散歩」「ドキュメント72時間 日韓72時間 くらべちゃいましたSP」などです。
現在のナレーターとしての仕事は「人体―神秘への挑戦―」で、音声ガイドの解説ナレーターを務めています。この安井邦彦さんのナレーターに対して感想を調べてみるとやはり好意的な反応が多く、好評でした。安井邦彦さんのナレーターとしての活動にも注目です!

【裏名?ナレーター・声優・歌で活躍?SNSは?安井邦彦まとめ】歌も歌っている?

最近の声優は、歌を歌っている声優が多いですが、安井邦彦さんは歌を歌っているのでしょうか。調べてみましたが、歌は歌っていないようです。
歌はないですが、ドラマCDは「八神庵 オリジナルドラマ 夕日と月~プロローグ~」「八雲立つ」「レジェンド・オブ・クリスタニア」などに参加しています。良い声なので歌が上手そうです。今後機会があったら歌を披露してほしいです。

【裏名?ナレーター・声優・歌で活躍?SNSは?安井邦彦まとめ】裏名は?

安井邦彦さんについて検索すると「裏名」と出てきます。裏名とは、BLCDで使われる別名義のこと。BLCDはボーイズラブのドラマCDで、内容が過激です。過激な内容で、真面目な役をやってもそのイメージに引っ張られることがあるので、裏名を使っているようです。
引用:https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ELL86_sakisoroucyurip20140409_TP_V.jpg
安井邦彦さんはこれまでに「神様はイジワルじゃない」(館野涼)「恋しくて」(波多野武志)「龍は微睡む」(マクシミリアン)などに出演しています。そして裏名ですが、見つかりませんでした。もしかしたら芸名でやっているのかも知れません。裏名を使わず芸名でやっているとしたら堂々として素晴らしいです。

【裏名?ナレーター・声優・歌で活躍?SNSは?安井邦彦まとめ】現在の活動は?

現在の活動ですが、2018年にアニメ「Fate/EXTRA Last Encore」に出演しています。
この作品は、作家・奈須きのこがゲームの「Fate/EXTRA」を元に、どんな願いでも叶える力を持った霊子コンピュータ「ムーンセル・オートマトン」内に作られた霊子虚構世界「SE.RA.PH」を舞台に"聖杯"をかけた戦いを描いています。
この作品で、安井邦彦さんは、バーサーカー/李書文役を演じています。ネットを調べると演技に対して好意的な反応が見られました。中国の武術家ですが、「グラップラー刃牙」でも中国人の役を演じているので、中国と縁があるのかも知れないです。
ぜひ「Fate/EXTRA Last Encore」を見て、現在の安井邦彦さんの演技を堪能してください!

【裏名?ナレーター・声優・歌で活躍?SNSは?安井邦彦まとめ】ブログ・ツイッターは?

引用:https://www.pakutaso.com/20180859220post-17060.html
最近の声優は露出が多く、ブログや、ツイッターをやっている人が多いですが、安井邦彦さんはブログや、ツイッターをやっているのでしょうか。調べてみると、安井邦彦さんはブログや、ツイッターをやっていないようです。
引用:https://www.pakutaso.com/20160842243it-6.html
安井邦彦さんは顔写真も少なく、あまり表に出たいタイプではないのかも知れません。顔を出してアイドルとして活動する声優も素晴らしいですが、顔を出すとその人のイメージが強くなってしまい、役の邪魔をしてしまうところがあると思います。
引用:https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/N784_sakuratodensya_TP_V.jpg
なので、安井邦彦さんのような顔を出さず、役のイメージを最優先するのは声優としてかっこいいです。しかしそうとは言ってもどんな人なのか気になるので、ブログや、ツイッターをぜひやってほしいですね。今後のブログや、ツイッターの開設に期待です!

【裏名?ナレーター・声優・歌で活躍?SNSは?安井邦彦まとめ】まとめ

引用:https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/kum07012012_TP_V.jpg
安井邦彦さんさんについて検索すると歌、作品、ブログ、ツイッター、学歴、現在について紹介して来ましたがいかがでしたでしょうか。現在もアニメの声優にナレーターに大活躍中のようです。今後の更なる活躍に期待しましょう!