J7qgvbo5fu4a3bcqc4b3

テレビ

CATEGORY | テレビ

佐伯俊の漫画作品まとめ!年齢は何歳?作画が上手いと話題!

2018.06.01

週刊少年ジャンプの大人気作品「食戟のソーマ」の作者・漫画家の佐伯俊氏。 作画が非常に上手いと話題となっています。また、佐伯先生の年齢も気になりますよね!そんな佐伯俊先生の気になる年齢、そして漫画作品についてまとめてみましたのでご紹介します!

  1. 【佐伯俊の年齢と漫画作品まとめ!】プロフィール
  2. 【佐伯俊の年齢と漫画作品まとめ!】代表作は「食戟のソーマ」
  3. 【佐伯俊の年齢と漫画作品まとめ!】「食戟のソーマ」のあらすじは?
  4. 【佐伯俊の年齢と漫画作品まとめ!】「食戟のソーマ」の主な登場人物
  5. 【佐伯俊の年齢と漫画作品まとめ!】作画が上手いと評判!
  6. 【佐伯俊の年齢と漫画作品まとめ!】「食戟のソーマ」はアニメ化されてる??
  7. 【佐伯俊の年齢と漫画作品まとめ!】他の漫画作品はあるの?
  8. 【佐伯俊の年齢と漫画作品まとめ!】佐伯俊の年齢は?
  9. 【佐伯俊の年齢と漫画作品まとめ!】佐伯俊のツイッターはあるの?
  10. 【佐伯俊の年齢と漫画作品まとめ!】まとめ
佐伯俊さんは、2011年にデビューをした日本の漫画家です。
【名前】   佐伯 俊(さえき しゅん)
【職業】   漫画家
【ジャンル】 少年漫画
【デビュー年】 2011年
【代表作】  食戟のソーマ
【学歴】  大阪芸術大学
引用: https://www.amazon.co.jp/食戟のソーマ-1-ジャンプコミックス-附田-祐斗/dp/4088707214
大阪芸術大学出身。大学時代の後輩である、漫画家・附田祐斗氏がジャンプ十二傑新人漫画賞にて、十二傑賞を受賞したことがキッカケとなり、その悔しさから「少年ジャンプNEXT」にてデビュー。デビュー作は、読み切り作品「キミと私の恋愛相談」
附田祐斗氏の机の上にあった佐伯俊氏の単行本を見た担当者が、その上手い作画に惹かれ、附田氏を通して連絡を取り合うようになります。そして、翌年の2012年、「週刊少年ジャンプ」にて「食戟のソーマ」で連載デビュー!
「食戟のソーマ」は、原作が附田祐斗氏、そして作画担当が佐伯俊氏という、大学の先輩&後輩コンビで作り出す料理バトル漫画。2012年52号より連載を開始し、コミックは既刊で29巻を刊行中。
ここで、「食戟のソーマ」の簡単なあらすじを紹介!
下町の定食屋の息子・幸平創真(ゆきひら そうま)は家業を手伝いながら、父である幸平城一郎を超えるべく、料理修行を積んでいました。中学卒業後は、家業を継ごうとしていた創真でしたが、突然、父の城一郎が店を閉めると言い出し、海外に渡ってしまいます。
父・城一郎の命令で、超名門料理学校「遠月茶寮料理學園」の高等部に入学をした創真。天性の料理のノウハウと才能で、立派な料理人になるべく、成長をしていきます。
料理の超名門校で、天才的な料理のセンスを持つライバルとの熱い”学園グルメバトル”が面白い同作品。 作中に登場する数々の料理は、料理研究家として活躍中の森崎友紀さんが監修されているようです!どの料理もとても美味しそうで、それだけでも見ごたえがあります!
【幸平 創真(ゆきひら そうま)】
本作品の主人公。遠月茶寮學園高等部1年生。実家の定食屋「ゆきひら」を継ぐために料理修行を行ってきたが、突然の父の閉店により、料理の超名門校である遠月学園に入学することに。3歳の頃から修行をしてきた料理の腕前と、持ち前の明るく前向きな性格で、学園の天才ライバルたちとのバトルを繰り広げる。
【薙切 えりな】(なきり えりな)
遠月茶寮學園高等部1年生で、学園総帥の孫娘。本作のメインヒロイン。長い金髪ヘアに豊満なプロポーションを持つ美しい少女。”神の舌”(ゴッドタン)と呼ばれる、類いまれな優れた味覚の持ち主。非常にプライドが高く、エリート意識を持っている。
【田所 恵】(たどころ めぐみ)
遠月茶寮學園高等部1年生。三つ編みのおさげが特徴的な女の子。あがり症に悩む気弱な性格であり、それが原因で本来の力が発揮できない。東北出身で、郷土料理や野菜の扱いが得意。
【タクミ・アルディーニ】
遠月茶寮學園高等部1年生。イタリアからの留学生であり、中等部2年の頃から編入している。日本人の父とイタリア人の母を持つ、金髪の美少年。双子の弟・イサミと共に、実家イタリアの大衆食堂を手伝っている。
食戟のソーマの作画を担当している佐伯俊氏。その作画は非常に美しく、上手いと大きな評判を呼んでいます。
佐伯先生の作画は、一目見ても息を飲むような美しさが特徴的です。少年漫画とは思えない綺麗な作画に、多くの人々が魅了されているようです。なかなかこれほどまで上手い漫画家さんはいません!
漫画家と言えば、昔ながらのペンと紙で漫画を描くスタイルをイメージしがちですが、最近ではデジタルで漫画を描く漫画家さんも増えています。特に、佐伯先生はこのデジタル作画の名手であり、卓越した技術で美麗な絵を描くことができるんです!
佐伯先生が作画を描いいている動画です!本当に上手いですね!
食戟のソーマは、2015年4月よりアニメ化が開始しています!
第1期は、2015年4月より開始し、2018年春には第3期後半が放映開始。1期から2期は、MBSほか、アニメイズム枠、アニマックスで放送。そして、3期からは、TOKYO MX、MBS、アニマックス他、放送枠が拡大して絶賛放映中です!
佐伯俊先生は、「食戟のソーマ」の作者として知られていますが、他の漫画作品はあるのでしょうか?
調べてみたところ、2011年にデビュー作である「キミと私の恋愛相談」という作品を執筆されていますが、こちらは「ジャンプNext」での読み切り作品であり、単行本にはなっていないようです。
インターネットの噂によると、以前は別名義で漫画家活動をされていたようです。ですが、公式には公開されておりませんので、あくまでも噂レベルのお話のようです。
現在の佐伯俊名義での作品は、デビュー作である「キミと私の恋愛相談」と「食戟のソーマ」のみ。他には、アニメ「アクティヴレイド -機動強襲室第八係-」のキャラクター原案にも関わっている模様です。
佐伯俊さんの年齢は、残念ながら公開されていません。 漫画家さんは、生年月日や年齢を非公開にされることも多いので、佐伯先生も年齢は公開しない主義のようです。
連載中のジャンプ誌では、頬にほくろのある中年男性の自画像を公開していることからも、年齢は中年に差し掛かる世代ではないでしょうか?「食戟のソーマ」の原作者である、附田祐斗先生は、1986年生まれ。佐伯先生は、大阪芸術大学出身で、附田先生は同じ大学の後輩ということですので、最低でも1986年以前の生まれであることがわかります。
1986年生まれの附田先生が大学時代の後輩ということは、同時期に大学に在学されていた可能性が高いので、1982年~1985年生まれではないかと推測できます。つまり、2018年現在の年齢は、33歳~36歳前後といったところでしょうか?ただし、あくまでも推測ですので、真相はわかりません。
佐伯俊さんは、公式にツイッターをされているようです。2013年2月から開始しているようで、現在のツイート数は100を超えています。
ツイート自体は頻繁にされていないようですが、時折このように思いつきでイラストを描いて公開されています。作品以外のイラストや小ネタなども見られるチャンスですので、気になる方はぜひチェックしてみてください!
「食戟のソーマ」の作者である、佐伯俊さんの年齢や漫画作品についてご紹介しました。
佐伯先生のデジタルを駆使して描く作画は、神業と言えるほどの技術であり、非常に上手いことがわかりましたね!
佐伯俊名義の主な作品は、「食戟のソーマ」のみですが、同作品は週刊少年ジャンプの人気作品であり、アニメ化もされて絶賛放映中です。その人気は高まる一方で、今ではゲームなどの他メディアでも多数展開しているようです。また、海外人気も高く、SNSやYou tubeを見ていても、海外からの評判の高さも伺えます。
そんな佐伯俊先生のこれからのさらなる活躍を、大きく期待しましょう!
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.amazon.co.jp/食戟のソーマ-29-ジャンプコミックス-佐伯-俊/dp/4088813618