2018年05月03日 UPDATE

豆乳が胸のサイズアップに効能あり?胸が張って痛くなったらどうする?

豆乳には胸が大きくなる効果・効能があるって本当?豆乳には胸が大きくなるだけじゃなく様々な美容効果・ダイエット効果があるんです!今回は豆乳の効果・効能と一日の目安量、飲むタイミング、胸が張って痛いときの対処法をご紹介します。

目次

  1. 【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】豆乳の成分
  2. 【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】美容効果
  3. 【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】ダイエット効果
  4. 【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】バストアップ
  5. 【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】飲むタイミング①
  6. 【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】飲むタイミング②
  7. 【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】飲むタイミング③
  8. 【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】おすすめしないタイミング
  9. 【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】1日に飲む目安量
  10. 【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】痛いときの対処法①
  11. 【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】痛いときの対処法②
  12. 【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】痛いときの対処法③
  13. 【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】痛いときの対処法④

【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】豆乳の成分

Soymilk
引用: http://inedia.jp/img/soymilk.jpg

豆乳には様々な成分が含まれています。

イソフラボン

女性ホルモンに似た成分で、不足しがちな女性ホルモンの働きをサポートします。

サポニン

脂質の代謝をサポートし、コレステロール値を下げる働きがあります。老化の原因・酸化を防ぐ抗酸化作用を持つ。

タンパク質

筋肉や血液、肌や髪、爪などを作るのに欠かせない栄養素。生活する上でのエネルギーの元にもなっています。

マグネシウム

健康的な骨や歯を作るのに欠かせない成分。マグネシウムが不足すると骨粗しょう症など病気になることも。

カリウム

血圧の異常を防ぎ、脳卒中などのリスクを軽減させる効果があります。

ビタミンB群

健康な皮膚や粘膜を保つ栄養素。不足するとニキビなどの肌トラブルを引き起こす原因に。

ビタミンE

シミやシワ、たるみをはじめとした体内のあらゆる老化現象の原因・酸化を防ぐ。

オリゴ糖

オリゴ糖は腸内の善玉菌のえさとなり、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。

【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】美容効果

豆乳に含まれているビタミンB群やサポニンは代謝を活性化させる効果があります。これにより、肌にハリや潤い、弾力が出るだけでなく、シミやシワ、ニキビなどの肌トラブルを防いでくれます。

Kvx48vfjfdm3su4lnxds

また、サポニンとビタミンEは抗酸化作用を持っているため、シミやシワ、たるみなどの肌の老化、動脈硬化などの体の老化を防ぐ効果もあります。さらに、ビタミンEは血行促進効果があります。血流がスムーズになると、体内に老廃物が溜まりにくくなり美肌になるほか、代謝がアップして太りにくく痩せやすい体質になります。そのほかにも、血流が促進することで冷え性や肩こり、便秘などを改善する効果も期待できます。

【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】ダイエット効果

豆乳にはタンパク質やペプチドという成分が含まれています。これらの成分は体脂肪を燃焼し、体内に蓄積するのを防ぐ効果があります。その他にも、食欲を抑制したり、脂肪や糖が体内に吸収されるのを遅らせる効果もあります。

Jdnbm8naydkuhuhscghr

また、豆乳に含まれるオリゴ糖は善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。これにより便秘が解消され、より痩せやすくなります。

【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】バストアップ

Fotolia 84557471 subscription monthly m
引用: http://belta-cafe.jp/wp-content/uploads/2015/09/Fotolia_84557471_Subscription_Monthly_M.jpg

バストアップには女性ホルモンの1種であるエストロゲンが欠かせません。エストロゲンが分泌されることで乳腺が発達、脂肪が増えてバストアップします。豆乳に含まれるイソフラボンは、このエストロゲンと同じような働きをしてくれます。イソフラボンの効果で女性ホルモンの分泌が盛んになり、バストアップ効果が期待できます。

【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】飲むタイミング①

L3h6itqfovkgtvgqvc7l

豆乳を飲むおすすめのタイミング①は起床時です。

朝起きてすぐの何も食べていない状態は、栄養の吸収率が高まっています。起床してすぐに豆乳を飲むことで、豆乳に含まれる栄養をより効果的に吸収することができます。

【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】飲むタイミング②

Auvftsc8tphpydutpack

豆乳を飲むおすすめのタイミング②は食前です。食事の30分ほど前に豆乳を飲むことで食べすぎを防ぐことが出来ます。豆乳に含まれるサポニンには満腹中枢を刺激して少量でも満足感が得られやすくなるほか、脂肪を燃焼する効果も期待できます。また、食前に豆乳を飲むことで必要以上に食べすぎてしまうのを防げるのでおすすめです。

【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】飲むタイミング③

Brugrqqbjceplibhouhp

3つ目のおすすめのタイミングは間食時です。豆乳はカロリーも低く腹持ちも良いため、おやつ代わりにぴったり!豆乳に含まれるタンパク質は脂質の吸収を抑制する働きもあり、ダイエット時の間食にもおすすめです。

【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】おすすめしないタイミング

Jctl6bnjgxl6vcaa8jh7

基本的にいつ飲んでも良い豆乳ですが、おすすめしないタイミングがあります。それは夜寝る前です。夜寝る前に豆乳を飲むと胃への負担となる場合があります。また、就寝中はカロリーが消費されないので、飲みすぎは肥満の原因になります。夜豆乳お飲む場合は就寝の一時間前までにしましょう。

【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】1日に飲む目安量

Hlskan1drjcqkewdwirm

バストアップをはじめ様々な効果のある豆乳ですが、飲みすぎには注意が必要です。豆乳の1日の目安量は200mlといわれています。豆乳以外に豆腐や納豆などの大豆製品を摂取する場合は、100mlほどでも十分だそうです。

豆乳に含まれるイソフラボンは摂取量に制限があります。女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンを摂りすぎると女性ホルモンのバランスが乱れ、乳がんや子宮がん、子宮内膜症などのリスクが高まる可能性があります。一日の適量を守り、過剰摂取にはくれぐれも注意しましょう。

また、生理中は女性ホルモンのエストロゲンの分泌が活発になります。ホルモンバランスを乱さないためにも、生理中は豆乳の摂取を控えましょう。

【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】痛いときの対処法①

Mc2yrou8vve1uvx27lcx

胸が張って痛いときの対処法①は「胸をマッサージする」です。胸が痛い、胸が張りは血流が滞って起こる場合があります。胸を優しくマッサージすることで、血流がスムーズになり痛みや張りが緩和されるでしょう。

痛い&張りを緩和するマッサージ法

1.乳房を手で包み込み、右回りにゆっくり回す。

2.左側にもゆっくり回す。

3.手のひらでやさしく胸の上部を揉み解す。

ゴリゴリとしている部分を無理に揉み解そうとすると痛みが出ることがあります。力を入れずにやさしくマッサージしてみてください。また、入浴中に行うことでより血流がスムーズになるのでおすすめです。

【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】痛いときの対処法②

Xksexk6vqm0sp9aw0fkr

胸が張って痛いときはブラジャーなどの下着の締め付けをなくしてみてください。下着だけでなく服も同じで、体のラインにフィットするものは避けましょう。胸が張って痛いときはノンワイヤーのブラジャーや大きめの下着をつけましょう。カップ付きのキャミソールなど締め付けがほとんどない下着もおすすめです。

【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】痛いときの対処法③

Fduvcfwqiomacesh4kan

胸の張って痛いときの対処法③は「適度な運動」です。運動をすることで血行が良くなると胸の張りと痛みが緩和されます。運動と言っても激しいものではなく、ウォーキングやストレッチなどで十分です。また、普段から階段を使用したり、車ではなく歩いたりすることも効果的です。

【豆乳の効果・効能!胸が大きくなる?痛くて張るときの対処法】痛いときの対処法④

Okmjziu274s1bs0mclbv

胸が張って痛いときの対処法④は「姿勢を正す」です。普段猫背になっていたり、長時間のデスクワークで同じ姿勢を長く続けると、血流が悪くなり胸の張りや痛みを引き起こす原因になります。パソコンなどのデスクワーク中は1時間に1回体を動かしましょう。また、デスクワークだけではなくスマホをしているとき、首が下に向いて前かがみになっていませんか?このような姿勢は血行が悪くなり、首の凝りの原因にもなります。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://inedia.jp/img/soymilk.jpg