miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Category声優

三ツ矢雄二が結婚?代表作のキャラは?ポプテピピックが話題沸騰!

注目アニメ“ポプテピピック”に出演し話題になった三ツ矢雄二さん。声優として幅広く活躍する三ツ矢雄二さんの代表作やキャラクターが気になりますよね。また結婚などはしているのでしょうか。今回は、三ツ矢雄二さんの結婚や代表作、キャラクターなどをご紹介したいと思います。

【三ツ矢雄二は結婚してる?代表作やキャラは?】三ツ矢雄二のプロフィール

声優として幅広く活躍中の三ツ矢雄二さん。生年月日は、1954年10月18日。愛知県豊橋市出身です。身長は158cmとかなり小柄なようですね。同じく声優として活躍する日髙のり子さんと共に設立したコンビネーションという事務所に所属しています。

【三ツ矢雄二は結婚してる?代表作やキャラは?】三ツ矢雄二の経歴とは?

三ツ矢雄二さんが芸能界デビューしたのは、1967年にNHKで放送された「名探偵カッチン」のエキストラ役でした。10歳の時に出場したちびっ子のど自慢番組「どんぐり音楽会」で優勝したことをきっかけに芸能界に興味を持つようになったそうです。その後、事務所に所属し、子役として活躍していました。
主演や全国区のテレビ番組に出演するなど、順調に子役としての道を歩んでいた三ツ矢雄二さん。しかし、高校卒業後に上京して専門学校に通う頃になると、身長がハンデとなりオーディションになかなか受からなくなってしまったようです。
そんな時、NHKの人形劇「プルルくん」に出演した三ツ矢雄二さん。放送終了後、声優の永井一郎さんに声優のオーディションを受けるように進められたそうです。
そのオーディションというのが、アニメ「超電磁ロボ コン・バトラーV」。この作品で見事主役を勝ち取った三ツ矢雄二さん。その後、声優としてのキャリアを築いていきます。

【三ツ矢雄二は結婚してる?代表作やキャラは?】三ツ矢雄二の代表作その1・トンガリ役

三ツ矢雄二さんの代表作といえば、1988年から1996年まで放送された「キテレツ大百科」のトンガリ役。独特の喋り方と高めの声が印象的ですよね。これは、三ツ矢雄二さん本人が“トンガリは脇役だけどインパクトのある役にすることで出番を増やしてもらおう”という考えがあったとテレビ番組でも発言しています。
その結果、トンガリはサブキャラにもかかわらず、「キテレツ大百科」のほとんどのエピソードに出演する人気キャラとなりました。
トンガリの声はその後、人気アニメ「ワンピース」のピーカ役でも生かされています。原作「ワンピース」のなかでも声が高く、人が聞くと思わず吹き出してしまう…というキャラクター設定であるピーカ役。アニメ「ワンピース」では一体だれが、どんな声で喋るのか…?と注目されていましたが、実際にトンガリ系の声で三ツ矢雄二さんが演じると面白すぎる!と、ワンピースファンの間でも話題になりました。
ワンピースの動画を見ると分かりますが、確かにトンガリ風ですね。このゴツい見た目とのギャップたっぷり。キャラクターも多く、長く放送を続けるワンピースですが、三ツ矢雄二さんにとっては、このピーカ役が初のワンピース出演となったようです。

【三ツ矢雄二は結婚してる?代表作やキャラは?】三ツ矢雄二の代表作その2・上杉達也

そしてもうひとつ、三ツ矢雄二さんの代表作と言えばあだち充さん原作の「タッチ」。
この作品で双子の兄で、主人公の上杉達也を演じ一躍有名に。双子の弟である上杉和也の方が先に死んでしまう、という噂を聞いた三ツ矢雄二さんは、長く出演できる兄役の上杉達也役のオーディションを受け見事合格。「タッチ」は最高視聴率31.9%を記録するなど大ヒットアニメとなりました。
ヒロイン役の浅倉南を演じた日髙のり子さんとは、その後も一緒にテレビやイベントに出演するなど、ゴールデンコンビに。現在では日髙のり子さんと一緒に設立した事務所に所属するなど、家族のような付き合いだそうです。

『タッチ』で主人公の上杉達也、幼なじみのヒロイン・浅倉南の声優を務めた2人。この日は、久々の再会となり「久しぶり」とあいさつを交わすと、三ツ矢は「前は“セット販売”が多かったですけど、最近は“別売り”だから」と苦笑。それでも2人は「家族付き合い」(三ツ矢)、「親戚みたいな感じ」(日高)と仲睦まじく顔を見合わせた。

https://www.oricon.co.jp/news/2070990/full/
何年経っても、三ツ矢雄二さんと日髙のり子さんの並びを見るとやっぱり「タッチ」を思い出しますよね。

【三ツ矢雄二は結婚してる?代表作やキャラは?】三ツ矢雄二のアニメ声優以外の活動

洋画の吹き替えやナレーション

三ツ矢雄二さんの活躍はアニメの声優だけにとどまりません。映画の吹き替えやCM、テレビのナレーションなど様々。映画の吹き替えでは「バックトゥザフューチャー」のマーティ・マクフライ役が有名ですよね。

劇団を主宰

1984年に声優仲間を集めてミュージカル劇団を設立した三ツ矢雄二さん。しかし上手くいかず劇団は解散…。しかし舞台への意欲が強かったのか、1997年から再び自身の劇団を主催することに。劇団名は“アルターエゴ”。劇団の舞台の出演はもちろん、作・演出を手掛けるなど、積極的に活動しています。定期的に劇団の研究生も募集しているようですね。

音響監督としても活躍

三ツ矢雄二さんは裏方として音響監督としても活躍しています。初めて音響監督を担当したのはアニメ「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」でした。主演の緋村剣心役は声優初挑戦の元宝塚・涼風真世さんが演じたため、舞台と声優の両方を知っている三ツ矢雄二さんが抜擢されたようです。

【三ツ矢雄二は結婚してる?代表作やキャラは?】ポプテピピックに出演し話題に

三ツ矢雄二さんは日髙のり子さんと共に、2018年「ポプテピピック」に出演し話題になりました。アニメ「ポプテピピック」は、30分の枠の中で前半・後半で同じ内容を違う声優で放送する、というかなり斬新な内容。ストーリーもシュールで“カオスすぎる…”とアニメファンの間で注目されました。
三ツ矢雄二さんが「ポプテピピック」に出演したのは、1話の後半Bパート。ポプ子役に三ツ矢雄二さん、ピピ美役に日髙のり子さんという「タッチ」コンビ!
当初発表されていた声優と違うキャスティングに、視聴者はびっくり!“よく三ツ矢雄二と日髙のり子コンビが出演してくれたよね!”や“タッチを思い出して笑いが止まらない…”など、放送時はネット上もポプテピピックの話題で盛り上がりました。
この「ポプテピピック」に出演したことで、日髙のり子さんのTwitterのフォロワー数がかなり増えたとか…(笑)

【三ツ矢雄二は結婚してる?代表作やキャラは?】三ツ矢雄二のグレーゾーンとは

大御所声優として、バラエティー番組にも多数出演してきた三ツ矢雄二さん。そのオネエっぽい喋り方から、ゲイなの?と疑われていましたが、そのたびに答えたのが“グレーゾーン”という言葉。以前まではセクシャリティを明確にしていませんでした。

【三ツ矢雄二は結婚してる?代表作やキャラは?】三ツ矢雄二がカミングアウト!

今まで“グレーゾーン”と言っていた三ツ矢雄二さんですが、2017年に出演したテレビ番組で、ついにゲイであることをカミングアウトしたのです。

これまで自身のセクシャリティーについて聞かれるたびに「グレーゾーン」と言葉を濁してきた三ツ矢だが、同番組では「周りの人は僕が普段からこうだから全員知っているんですよ。でも公には別に言ったことはないんです。ゲイかストレートかって言われればゲイ」とカミングアウトした。

https://www.cinematoday.jp/news/N0088938
三ツ矢雄二さんが今までカミングアウトしなかったのには理由があるそうです。その理由はお兄さんの存在。三ツ矢雄二さんには会社員のお兄さんがいます。もし、自分がゲイであることをテレビで公表するとお兄さんに迷惑がかかってしまう…ということを心配し、なかなか言えなかったそう。しかし、お兄さんも定年退職して、「もう言ってもいいかな」と思いカミングアウトした…とのこと。
“ゲイだろうなとは思っていたけどお兄さんのためにカミングアウトしなかったのは知らなかった”や“三ツ矢雄二さんはお兄さん思い”など話題になりました。

【三ツ矢雄二は結婚してる?代表作やキャラは?】三ツ矢雄二と岸尾だいすけの怪しい噂

三ツ矢雄二と検索すると一緒に出てくるのが“岸尾だいすけ”というワード。これには一体どんな意味がるのでしょうか?
岸尾だいすけさんは、現在、青二プロダクションに所属する声優さんです。実は岸尾だいすけさんは、デビュー前、三ツ矢雄二さんが講師を務める代々木アニメーション学院に通い、卒業後は三ツ矢雄二さんの付き人をしていたようです。その後は幅広く活躍し、現在は声優としての地位を確立している岸尾だいすけさん。
それだけなら良いのですが、当時から三ツ矢雄二さんはゲイ…と業界内では有名だったそうです。そのため、岸尾だいすけさん以外にも、当時、三ツ矢雄二さんの推薦でデビューした男性声優たちは三ツ矢さんとの怪しい関わりがあったのではないか…と噂されています。実際のところは岸尾だいすけさんと三ツ矢雄二さんにしか分かりませんが、気になるところですよね。

【三ツ矢雄二は結婚してる?代表作やキャラは?】まとめ

今回は、三ツ矢雄二さんのプロフィールや経歴、代表作、セクシャリティや岸尾だいすけさんとの噂をご紹介しました。最近でもワンピースやポプテピピックなど人気アニメに出演したり、バラエティー番組や自身の劇団など、幅広く活躍する三ツ矢雄二さん。今後の活躍も注目です。