Vjovcykpzxzffhj9dvvq

美容法

CATEGORY | 美容法

豆乳の飲み方おすすめまとめ!ダイエット・胸のバストアップ効果も?

2018.03.22

豆乳のおすすめな飲み方をまとめてみました!豆乳にはどんな効果があるのでしょうか?豆乳に期待できる効果や、豆乳のおすすめなホットやアイスの飲み方、意外な組み合わせをご紹介します。豆乳の様々なおすすめな飲み方で、イソフラボンを効率良く摂取していきましょう!

  1. 【豆乳のおすすめな飲み方】豆乳の効果とは?
  2. 【豆乳のおすすめな飲み方】豆乳の1日の摂取量
  3. 【豆乳のおすすめな飲み方】美容効果二倍の豆乳甘酒
  4. 【豆乳のおすすめな飲み方】ホットでおいしいハニー豆乳
  5. 【豆乳のおすすめな飲み方】青汁と豆乳でスムージー
  6. 【豆乳のおすすめな飲み方】体がポカポカになる生姜豆乳
  7. 【豆乳のおすすめな飲み方】ホットで温まるココア豆乳
  8. 【豆乳のおすすめな飲み方】お家で簡単ホット豆乳ラテ
  9. 【豆乳のおすすめな飲み方】お茶のコクが味わえる麦茶豆乳
  10. 【豆乳のおすすめな飲み方】ポタージュ豆乳でとろとろスープ
  11. 【豆乳のおすすめな飲み方】豆乳はおいしく効果的に飲もう!
健康ドリンクとして定番の豆乳ですが、実際にどんな効果があるのでしょうか?豆乳にはイソフラボンが含まれています。イソフラボンには美容に嬉しい効果がいくつかあります。多くの女性の悩みであるダイエットや胸にも効果があります。
イソフラボンには脂肪燃焼効果があるのでダイエット効果が期待出来ます。ダイエット意外にもイソフラボンには乳腺を発達させるエストロゲンを増やす効果があるので、胸の発達を促す効果も期待出来ます。イソフラボンはダイエットや胸のバストアップだけでなく、更年期障害やPMS、肌のハリツヤにも効果があります。
ダイエットや胸のバストアップ、美容や健康にも効果のある豆乳ですが、1日の摂取量がコップ2~3配分を目安に飲むのがベストです。どんなに健康的な食品も大量摂取してしまっては体に悪影響なので摂取量をしっかりと守って飲むようにしましょう。
豆乳の1日の摂取量を守りながら、飽きないようにおいしい飲み方を知っておくと毎日継続して豆乳を飲むことができます。豆乳のホットやアイスでおいしい飲み方や、豆乳の意外な飲み方など、豆乳のおいしい飲み方をご紹介します!
豆乳に甘酒をプラスするとっても手軽で簡単な飲み方です。豆乳甘酒はホットでもアイスでもおいしい飲み方なので、どちらでも試すことが出来ます。豆乳にはイソフラボンの効果があるので、ダイエットや胸のバストアップに効果がありますが、甘酒も美容や健康に良い飲み物とされています。
甘酒は発酵食品なので、納豆やキムチと同じように体に良い効果があります。甘酒には酒粕甘酒と米麹甘酒がありますが、美容やダイエットに良いのが米麹甘酒です。甘酒を選ぶ場合は砂糖などの甘味料が一切入っていない米麹甘酒を選びましょう。豆乳と甘酒の割合は豆乳1カップに対して甘酒大さじ2杯分が適量ですが、お好みで変えてもおいしい飲み方です。
はちみつを豆乳に混ぜたシンプルな飲み方です。ホットでもアイスでもおいしい飲み方ですが、ホット豆乳にはちみつを加えたほうがはちみつが溶けやすくなります。豆乳1カップにはちみつを大さじ2杯分加えて出来上がりです。お好みではちみつの量を調整してもおいしい飲み方です。
はちみつは白砂糖や人口甘味料に比べて、とても健康的な甘味です。はちみつには美容や殺菌効果もあります。はちみつの種類によって効果は変わってきますが、豆乳はちみつを作る場合は不純物の入ってない純粋なはちみつを使うようにしましょう。
豆乳と青汁で簡単にスムージーを作ることが出来ます。豆乳にはダイエットや胸のバストアップ、美容効果がありますが、青汁は食物繊維が豊富なので、豆乳と一緒に摂取することでダイエット効果がさらにアップします。豆乳と青汁のスムージーを作る場合は一緒にバナナを入れて甘さを出しましょう。
豆乳1カップにバナナ一本、青汁を大さじ1杯分入れてミキサーで混ぜれば完成です。バナナはエネルギー補給に効果的な食べ物なので、朝食に青汁豆乳スムージーを食べることで、1日のエネルギーを持続することが出来ます。爽やかでおいしい豆乳の飲み方です。
ホットで飲むのがおすすめの生姜豆乳は寒い時期の体を持続的に温めてくれます。作り方はシンプルで豆乳に刻み生姜を入れるだけです。生姜の塊が入っていると飲みづらい場合はチューブの生姜を使いましょう。生姜は豆乳1カップに対して小さじ1杯分を目安に入れましょう。
豆乳に生姜を入れた後はよくかき混ぜて、レンジで温めて出来上がりです。生姜には体温を温めてくれる効果だけでなく、体の暖かさを持続させる効果があります。寒い日の朝や、体が冷えた夜に飲むことで、豆乳と生姜が体をポカポカにしてくれるおいしい飲み方です。
ホットドリンクの定番であるココアと豆乳も相性抜群の組み合わせです。作り方もシンプルで、牛乳の変わりに豆乳を使うだけです。アイスでもおいしい飲み方ですが、ホット豆乳ココアにすることで、リラックス効果も期待できます。
ダイエットのために豆乳を摂取する場合は、ココアはなるべくノンシュガータイプを使いましょう。ノンシュガーのココアと豆乳だけでは飲みづらい場合ははちみつを使うことでヘルシーなホットココアになります。ダイエット効果と胸のバストアップ効果が期待できるおいしい豆乳の飲み方です。
コーヒーブレイクに豆乳を使ってラテを作る飲み方もおすすめです。インスタントコーヒーを豆乳で溶かすだけのとてもシンプルで簡単な飲み方ですが、コーヒーがまろやかになり、牛乳で飲むときよりも豆の本来の味が楽しめます。
豆乳ラテはホットでもアイスでもおいしい飲み方です。家で豆乳ラテを飲むときには、なかなかカフェのようなミルクの泡立ちを楽しむことは出来ませんが、手軽にソイラテを楽しむことができるおすすめな豆乳の飲み方です。トッピングでシナモンやココアパウダーをプラスすることで、味に深みが増します。
意外な組み合わせに感じるのが、お茶と豆乳のミックスです。麦茶を豆乳で割る飲み方が好き嫌いが分かれますが、麦茶の風味を感じながら、豆乳のなめらかな口当たりを堪能することが出来ます。麦茶と豆乳を割ってホットドリンクを作る場合は、ティーバッグの麦茶がおすすめです。
カップに豆乳を注ぎ、その中に麦茶のティーバッグを入れて、レンジで温めましょう。ホットではなくアイスで飲む場合は、すでに水分となっている麦茶を使うことがおすすめです。カップに豆乳八割に対して麦茶を二割入れて、氷で冷やして飲むと、暑い日でも飲みやすくなります。
ポタージュと豆乳を合わせた飲み方は朝食にぴったりです。粉末のコーンポタージュやスープの元を豆乳で溶かし温めるだけの簡単レシピですが、コーンポタージュだけでなく、様々な粉末スープで試すことが出来ます。粉末のスープの元は味がしっかりとしているので、豆乳と合わせることで味に深みが増します。
粉末タイプのコーンポタージュを豆乳で温めるとしっとりとした味が堪能出来ます。ポタージュ豆乳にパンを染み込ませて食べると贅沢気分を味わえます。コーンポタージュ意外にもトマトやほうれん草の粉末スープと豆乳をミックスするだけで、豆乳のおいしい飲み方のレパートリーを増やすことが出来ます。
豆乳は朝と夜に飲むことでイソフラボンを効果的に摂取することが出来ます。豆乳に含まれるイソフラボンにはダイエット効果や胸のバストアップ効果、美容や女性特有の体の不調への効果など、嬉しい効果がたくさんあります。今では豆乳にも様々ば種類があるので、パックの豆乳だけでもいろんな味を楽しむことが出来ます。
パックの豆乳でもいろんな味を堪能出来ますが、豆乳の効果を期待するためには毎日適量を摂取する必要があります。シンプルな味の豆乳のおいしいホットやアイスの飲み方で、誰でも簡単に豆乳を飲み続けることが出来ます。豆乳のおいしい飲み方でイソフラボンを効果的に摂取していきましょう!
▽こちらもどうぞ▽