miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Categoryスキンケア

ほうれい線は20代から予防を!ほうれい線の原因と対策ケア方法まとめ!

老けて見えてしまう「ほうれい線」。20代で悩んでいる人が急増中のほうれい線について、習慣による原因から今すぐできる対策まで、ほうれい線に悩む20代女性必見の情報を集めました。これで老け顔と別れを告げ、美しいハリのある肌をゲットしましょう!

ほうれい線に悩む20代が急増中!

20代でもほうれい線に悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。口の横にくっきりと刻まれたほうれい線の溝は、実年齢よりも遥かに老けて見える原因となっています。
まだ20代なのに何故こんなにほうれい線が深いのだろう。ほうれい線を消すケアはどうすればいいのだろう。と悩んでいる20代女性のために、ほうれい線ができる原因と対策をまとめました!
原因を知って適切な対策をすることで、悩みのタネであるほうれい線を消すことができますよ。

20代のほうれい線は【乾燥】が原因

ほうれい線ができる主な原因として、皮膚のたるみが挙げられます。皮膚のたるみはどうして引き起こるのか、それは乾燥が原因です。
乾燥することによって肌の水分量が少なくなると、肌はハリと弾力を失います。ハリと弾力を失った肌は、重力に負けて垂れ下がってきます。 垂れ下がった皮膚が頬の境界線に深い溝を作り、老けて見えるほうれい線ができてしまうのです。
また乾燥によって肌のキメが粗くなり毛穴が目立ったりと、乾燥は女性の肌にとって大敵。 ハリと弾力を失った乾燥肌をうるおい効果のある基礎化粧品でケアすることで、乾燥肌から脱却しハリと弾力を取り戻しましょう。ほうれい線を消すために、イキイキとした肌を維持することが大切です。

20代のほうれい線は【紫外線】が原因

紫外線を浴びると、肌のコラーゲンやエラスチンが破壊され減少します。コラーゲンやエラスチンは肌の弾力を構成する成分で、これらの成分が破壊されることで皮膚がたるみ、ほうれい線が濃く刻まれてしまうのです。
ほうれい線を作る原因である紫外線はA波というもので、肌の深層まで到達し細胞を破壊します。若い頃に紫外線を浴び続け、長年に渡り蓄積されたダメージが20代30代になって表面に出てきます。年齢を重ねるたびに皮膚のたるみが酷くなっていくのです。
一度たるんだ皮膚は元に戻すのに時間がかかりますが、これ以上皮膚のたるみを悪化させないためにも紫外線ケアは徹底すべきです。 紫外線は1年中降り注いでいます。夏以外の季節も紫外線は肌にダメージを与えているのです。ほうれい線を消すために、紫外線ケアは年間通して毎日行なうことが重要です。

20代のほうれい線は【食生活】が原因

食生活の偏りやダイエットによって、体に必要な栄養が不足すると肌が荒れる原因になります。栄養不足による肌荒れとはほうれい線の大敵である乾燥が挙げられます。
食生活の乱れによって肌が荒れ、乾燥肌やたるみの原因になります。とくに20代の若い女性はダイエットなどで必要な栄養素が摂れずに、皮膚のたるみ・ほうれい線ができてしまうケースが多いです。
栄養バランスの良い食事をとることはもちろんですが、栄養素を取り込むためには腸内環境を整えることが肝心です。腸内環境を整えるためには、食物繊維と発酵食品を摂取しましょう。肌荒れにはビタミンです。ほうれい線を消すためには、栄養バランスを考えてメニューを選んでくださいね。

20代のほうれい線は【喫煙】が原因

煙草にはニコチンという成分が含まれています。ニコチンの影響で血管が収縮し、肌に酸素が行き渡らなくなります。酸素が不足した肌はくすみ・たるみの原因になり、新陳代謝も悪くなります。
新陳代謝が悪くなると新しいキレイな肌に生まれ変わるスピードが遅くなり、肌がゴワゴワとし、黒ずんだりくすんだり、ハリと弾力のない残念な肌になってしまうのです。
さらに煙草の成分は肌のビタミン・コラーゲンを減らす原因に。煙草を吸うことでビタミンCが大量に消費されてしまい、コラーゲンの生成も間に合わなくなります。 喫煙はほうれい線の溝が深くなると言っても過言ではありません。20代でほうれい線に悩んでいる喫煙者は、煙草を吸うたびにほうれい線が深く刻まれていく…と考えた方がいいでしょう。

20代のほうれい線を対策しよう

原因がわかったところで、次は対策について知っていきましょう。20代の女性はまだまだ肌も若く代謝も良いため、日々のケアの積み重ねによってほうれい線を目立たなくさせることができるのです。 毎日のルーティーンとして取り入れるべきケアから、とりあえず今だけでも隠したい!といった緊急時のメイク方法まで、ほうれい線の対策についてまとめました。

20代のほうれい線対策【エクササイズ】

顔のマッサージでほうれい線を消す方法は一般に広く知られていますが、実は顔のマッサージはやり過ぎると余計に皮膚が伸び、ほうれい線がくっきりと深くなってしまう危険があります。 ほうれい線を消すためには体の中からマッサージ!ということで、顔の筋肉を鍛えるエクササイズをご紹介します

超簡単!ほうれい線を消すエクササイズ

①頬を思いきりへこませて、口をすぼめます。その状態で10秒キープ! ②次は反対に頬を思いきり膨らませます。頬を意識してこれでもかと膨らませてください。この状態で10秒キープ!
このエクササイズを3回で1セット、気付いた時にいつでも行なってください。仕事中や家事の最中でもやれる簡単なエクササイズです。

20代のほうれい線対策【スキンケア】

ほうれい線を消すために一番重要とも言えるのがスキンケアです。ほうれい線にとって一番の原因になる肌の乾燥を防ぎ、ハリと弾力を与えてくれる基礎化粧品を使用することで、20代から30代、40代になってもほうれい線に悩むことのない美しい肌が手に入ります。
肌にうるおいを与えるためには保湿成分のあるセラミド・ヒアルロン酸が配合された化粧品を選びましょう。ハリと弾力を与えるための成分はコラーゲン・エラスチンです。 ほうれい線ができる場所は顔の中でも乾燥しやすい場所です。スキンケアの際はコットンパック・フェイスマスク・入念なクリームの塗りこみなどで、しっかりと保湿ケアをすることが大切です。

20代のほうれい線対策【メイクで消す】

エクササイズやスキンケアでほうれい線を予防する方法は、長い目で見れば効果があります。しかし特別なデートや予定などで、今すぐこのほうれい線をどうにかしたい!と思う時がありますよね。 そんな緊急時にはメイクでほうれい線を消す方法を試しましょう。実はメイク方法を変えるだけで、簡単にほうれい線を隠すことができるのです。
まずはファンデーションをしっかり肌に密着させるために、スキンケアで保湿を徹底しましょう。ファンデーションが浮いてしまうとほうれい線にファンデーションが溜まりやすくなり、溝がくっきり浮かび上がってしまいます。 ほうれい線を消すメイクは「ツヤ肌」がポイントです。ツヤで光を反射させることで、ほうれい線の影を目立たなくさせることができます。 ツヤ肌になれるタイプのリキッドファンデを薄めに塗ります。メイクがよれてほうれい線が目立ってしまわないよう、薄く塗るのが大切です。
さらにファンデーションの上から明るめのリキッドコンシーラーを重ねます。ほうれい線に2〜3箇所コンシーラーを置き、指でぽんぽんと馴染ませます。明るめのコンシーラーで光を反射させるのが目的です。 ほうれい線を消すメイクはツヤと明るさがポイントです。このメイク方法を一度試してみてくださいね。

まとめ

20代女性が悩むほうれい線の原因と対策についてまとめました。ほうれい線を消すためには日々の生活・毎日のケアが重要です。すぐに効果が出るわけではありませんが、毎日のケアは必ず未来の美肌に繋がります。美しい肌を手に入れるために、しっかり対策していきましょう!