Pxb4pxzoncmi2jqielqn

ニュース

CATEGORY | ニュース

寺内樺風の現在!埼玉少女誘拐監禁事件の判決は?性的関係はあったのか?

2019.05.22

埼玉少女誘拐事件の犯人・寺内樺風。判決は9年間の懲役で、現在は服役中です。この事件の被害者の詳細や概要、犯行に至った経緯や現在の状態などについてまとめてみました。寺内樺風と被害者少女との間に性的関係はあったのでしょうか?

  1. 【埼玉少女誘拐・寺内樺風の現在】事件の概要
  2. 【埼玉少女誘拐・寺内樺風の現在】犯人は寺内樺風
  3. 【埼玉少女誘拐・寺内樺風の現在】犯行に至った経緯
  4. 【埼玉少女誘拐・寺内樺風の現在】生い立ちは?
  5. 【埼玉少女誘拐・寺内樺風の現在】大学生活は?
  6. 【埼玉少女誘拐・寺内樺風の現在】裁判は・判決は?
  7. 【埼玉少女誘拐・寺内樺風の現在】性的関係はあったのか?
  8. 【埼玉少女誘拐・寺内樺風の現在】被害者の現在
  9. 【埼玉少女誘拐・寺内樺風の現在】まとめ
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/N112_miagerumidori_TP_V.jpg
2016年に起こった『埼玉少女誘拐事件』
この事件は当時大きな話題となりましたので、記憶に残っている人も多いことでしょう。
まずはこの事件の概要をおさらいしていきましょう。
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1129434026383593472

被害者は15歳の少女

被害を受けたのは、埼玉県朝霞市に住む当時15歳の少女です。
少女は、13歳だった2014年3月。通っていた中学校からの下校時に行方不明となります。母親が17時頃に帰宅したものの、少女の姿がなく、その後母親の通報により、事件が発覚します。
自宅のポストには「家も学校もちょっと休みたい。しばらく友達の家です。探さないで下さい」という手紙が投函されていたようです。
機動隊も含めて大掛かりな捜索が行われていましたが、手掛かりは全くつかめず。2104年3月19日には、自宅に「元気に過ごしている。迷惑をかけてごめんなさい。しばらくは帰りません」という手紙が届いています。失踪から5日目の出来事でした。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/RED19428A006_TP_V.jpg

2年後に少女を保護

そんな行方不明になっていた少女は、その後2年間全く足取りがつかめませんでした。
2016年3月27日、少女の母親は突然の電話を受け取ります。
少女の自宅にかかってきた電話の主は、少女本人。そして、母親は警察に連絡をするように少女に伝え、少女は警察に連絡をします。これにより、少女を2年ぶりに無事に保護。
そして、警察は2016年3月28日に、少女誘拐事件の犯人として寺内樺風を逮捕しています。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/maeda3gou1929002_TP_V.jpg
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1129434366935851008
この埼玉少女誘拐事件の犯人として逮捕されたのは、寺内樺風(てらうち かぶ)でした。
少女は東中野駅で保護をされ、その後寺内樺風は全国に指名手配をされました。
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1129433924147351552
3月28日未明、静岡県伊東市にて寺内樺風は身柄を拘束されます。近所の人から、「血まみれの男が歩いている」と通報を受けてその人物を確認したところ、指名手配であった寺内樺風と一致。血まみれだった原因は、寺内樺風が自殺を図ろうとしていたからだと言われています。
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1129434292336046080
中学校1年生だった少女が下校時に忽然と姿を消してしまったこの事件。
2年間もの間、この少女はどこで何をしていたのでしょうか?
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1129434237260591105

犯人の入念な計画

この事件を起こした寺内樺風は、以前から少女を誘拐して監禁してみたいという思いがあったようです。
そして、少女を誘拐するために選んだのが埼玉県朝霞市。理由は、都会すぎず、田舎過ぎなかっため。車を運転し、誘拐場所を入念に確認したそうです。そして、被害者である少女のことも何度も観察をしており、1人で下校をする隙を狙っていました。
少女が1人で下校時、「両親が離婚した。弁護士から話がある」と声をかけ、車で連れ去ります。もちろん、この両親の離婚は嘘です。車内ではアイマスクをし、場所がわからないようにしたようです。
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1129434160097968128

被害者は軟禁状態

被害者である少女は、千葉県千葉市稲毛区にある千葉大学の真横のアパートに監禁されていました。
この場所に監禁されたのは、寺内樺風が千葉大学工学部情報画像学科の学生だったからです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ELFAkareruajisai_TP_V.jpg
当初は、ドアの外側からカギがかけられて部屋から出ることができなかった被害者の少女。しかし、監禁状態が始まったばかりの頃は寺内樺風に監視をされていたようですが、その後は少女を残して出かけることも多かったようです。
少女は、閲覧制限のないパソコンを使う機会もあったようで、監禁状態というよりは軟禁状態に近かった様子。寺内樺風に頼まれてひとりで買い物に出かけることもあったようです。逃げようと思えば逃げられたかもしれない状態ながらも、少女は2年間逃げることがありませんでした。
いわゆる「ストックホルム症候群」だったのか、それとも二人の間には愛情が芽生えていたのか、少女が逃げなかった真相はわかっていません。しかし、少女はある日パソコンで両親が自分を必死に探していることを知り、逃げる決意に至ります。
2016年2月には、東中野に引っ越しをしています。引っ越し後の3月、寺内樺風が外出をした際にいつもはカギをかけていたのに、この日はカギをせずに出かけてしまいました。そして、少女は部屋から逃げ出し、公衆電話から母親に電話をして助けを求め、事件が終盤を迎えます。
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1129433964806934528
中学生の少女を2年間も監禁していた寺内樺風。
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1129433883953360897
彼は、大阪府出身。父親は池田市内にて防犯グッズの販売会社を経営していました。中学校高校は、大阪教育大学附属池田中学校・高校です。関西でも有数の名門校であるため、この頃から寺内樺風の成績はかなり良かったことがわかります。
高校時代の寺内樺風は、あまり目立たない生徒でした。特に素行が悪かったこともありませんし、おかしな言動もなかったようですので至って普通の高校生だったようです。しかし、興味のあることには没頭するタイプだったと言われています。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK86_thesyachiku20140407074103_TP_V.jpg
寺内樺風は、高校卒業後は千葉大学に現役合格。大学進学にあたり、実家を出て千葉大学の近くで1人暮らしをはじめました。
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1129433753778974726
大学でも特に目立った生徒ではなかったという寺内樺風。友人は少なめで、あまり社交的ではなかったようです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PPO_keioudaigakusyoumen_TP_V.jpg

千葉大学在学中はパイロットを目指して留学

寺内樺風は、大学2年生の時にアメリカに留学をしています。
将来はパイロットになりたかった寺内樺風は、カリフォルニアのパイロット養成学校に入学。4ヶ月間の在籍だけで、自家用機の操縦資格を取得しているのですから、成績も実力もたいしたものです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/NIS19311036_TP_V.jpg
寺内樺風は、この事件での監禁容疑を否認しています。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KAZ19514002_TP_V.jpg
誘拐をして連れ出したのは事実で、当初は監視をしてましたが次第に監視もせずに軟禁状態にしていました。寺内樺風にも少女を監禁をしていたという感覚がなかったのでしょう。
裁判では、寺内樺風は「懲役9年」の判決を受けています。求刑は15年だったのですが、少女への身体的暴行などが見られず、判決では減刑となります。
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1129434098051604480
少女の貴重な2年間を奪ったにもかかわらず、たったの9年間の懲役で済むとは軽い判決とも思えますよね。この判決には納得されていない方も多いでしょう。しかし、少女をほぼ軟禁状態にして自由にさせていたことがこの判決に至った点だと言われています。
現在は服役中の寺内樺風ですが、2025年には出所予定です。2度と同じ過ちを起こさないことを祈るのみです。
この事件は、2年間の監禁であったため、少女と寺内樺風との性的関係があったのかどうかが話題となりました。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/DSCF8731-Edit_TP_V.jpg
しかしながら、お二人の間に性的関係があったかどうかは報じられていません。
実際は、性的関係がなかった可能性もあります。しかし、成人をしていた寺内樺風は少女たちを物色をして好みの少女を誘拐したのですから、性的関係があってもおかしくないかもしれません。
しかし、少女はまだ未成年。寺内との性的関係が報じられてしまうと、受けるストレスは計り知れないものです。そのことからも、少女への配慮があって性的関係に関する内容が報じられていないだけかもしれません。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/TSURU170321-100mm-037_TP_V.jpg
被害者である少女は、この事件によって重度のストレス障害を受けています。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK86_komorebitohizashi_TP_V.jpg
監禁中になぜ逃げなかったのか?という疑問は残りますが、少なくとも「逃げたかった」という気持ちは常にあったようです。しかし、寺内樺風は洗脳を施すために、アサガオのタネを使って洗脳作用のある成分を生成して少女に飲ませていたそうです。効用ははっきりとわかりませんが、何かしらの洗脳によって逃げることができなかったのかもしれません。
少女が保護されてからは、失った2年間分の勉強も頑張っていたようです。事件から数年経った現在ですが、少女の詳細などはわかっていません。しかし、2年間にも渡る監禁をされていたのですから、そのストレスをいまだに持ちながら生活をしているのではないでしょうか?
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/KM19322A028_TP_V.jpg
埼玉少女誘拐事件の犯人・寺内樺風は、9年間の懲役判決が下り、現在服役中です。
引用: https://twitter.com/KK08469771/status/1129433794870513664
少女を誘拐して監禁していたことは許されない行為です。しかし、なぜ少女が軟禁状態にも関わらず逃げなかったのかは、現在も真相はわかっていません。
被害者である少女が自由で平穏に生活ができ、幸せな人生を送れるよう願っています。