Sycgsbqfa5pifjd6ztey

芸能人

CATEGORY | 芸能人

カフェイン中毒疑惑がある芸能人・有名人20選【2019年最新版】

2019.03.18

コーヒー・紅茶・緑茶・栄養ドリンクなど、多くの人が身近に感じている飲み物の多くに含まれているカフェイン。そんなカフェインも取りすぎると中毒になってしまうんです。今回はカフェイン中毒症状や、カフェイン中毒の疑いのある芸能人・有名人についてまとめました。

目次

  1. カフェイン中毒
  2. カフェイン中毒疑惑の芸能人・有名人20選
  3. カフェイン中毒の芸能人
  4. まとめ

カフェインといえば、コーヒーや紅茶や緑茶など、日ごろから親しみの深い飲み物に含まれているイメージですよね。眠気を覚ましてくれたり、活力がわいてくる効果もあり、重宝している人も多いと思います。

そんなカフェインでも、摂取しすぎると、カフェイン依存・カフェイン中毒になる恐れがあるのです。

死亡に至ることは少ないと言いますが、症状がひどくなると、緊張感や不安を感じたり、胃痛や嘔吐に悩まされることもあります。

カフェインの含まれている身近な飲み物といえば、コーヒーですよね。コーヒーは何十年も昔から国内海外問わずあらゆる人に人気の飲み物です。なのでコーヒーの摂取量が多い人はたくさんいます。

そんなコーヒー好きも含め、もしかしたらカフェイン中毒なのかもしれないとうわさが上がっているひとや、本人が予測している人20人をまとめてみました。

1人目:玉木宏(たまきひろし)

玉木宏さんは、1980年生まれの俳優です。映画「ただ、君を愛してる」やテレビドラマ「こころ」「のだめカンタービレ」「あさが来た」などに出演しており、女性を中心に多くの人気を集めています。

玉木宏さんはテレビに出演した際に、世界で一番好きなものはコーヒーであり、カフェイン中毒であると発言していました。カフェオレも好きでよく飲むみたいです。

本人の口から「カフェイン中毒」という言葉が出ていますが、コーヒー好きを強く表すための言葉とも考えられるので、事実かどうかは不明です。

2人目:明石家さんま(あかしやさんま)

明石家さんまさんは1955年生まれのお笑い芸人で、司会者としても活躍しています。「踊るさんま御殿」や「ホンマでっか!TV」など多くの人気冠番組をもっており、お笑い怪獣とも呼ばれています。

明石家さんまさんは、高校生の時からアイスコーヒーにはまり、現在も毎日自分で挽いてコーヒーをいれているそうです。収録時にもコーヒーは欠かせません。

3人目:高倉健(たかくらけん)

高倉健さんは、1931年生まれの俳優です。「南極物語」や「四十七人の刺客」など有名作品に数多く出演しており、1998年には紫綬褒章、2013年委は文化勲章を受章するほどの人物です。

高倉健さんは大のコーヒー好きとして知られており、多い時には一日に50杯以上コーヒーを飲んでいました。カフェイン中毒が心配されていた一方で、カフェインは健康にいいという論述もあることから、高倉健さんの元気の秘訣はコーヒーにあったのではないかとも言われています。

1 / 5