miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Categoryニュース

【調査】gacktが売ったランボルギーニは今どこにあるのか?徹底検証!

ランボルギーニ好きで知られるgacktさん。しかしその思い入れのある愛車がなんと中古車として販売されていたのです!なぜ、gacktさんは愛車を手放してしまったのか!またその愛車はどこへいったのか!ランボルギーニのその後を検証しました

gactkとはどんなひとなのか

gactkさんは、ソロアーティストであり、音楽関係の仕事をメインに行なっています。ライブはもちろん作詞作曲も手がけていますね。ライブのチケットはファンクラブに入っていてもとれないほどの大人気だそうですよ。
俳優として活躍しており、数多くのテレビドラマはもちろん舞台にも出演しています。写真集も発売していますね。
個人事務所も経営しており、幅広い活動をおこなっていますね。現在は投資のプロジェクトにも加わっているようです。

gacktが購入したランボルギーニってどんな車?

gacktさんが乗っていた愛車は「ランボルギーニ」「アヴェンタドール」「アニヴァルサリオ」という車で、ランボルギーニが創業50周年を記念して作ったものです。世界でもわずか100台しかない、限定生産として、販売されたそうですよ。
その中でも、日本での販売台数はたったの3台。gacktさんは手に入れられなかったそうですが、なんと海外まで行って直接買い付けたそうです。なので日本にある正規輸入は4台。 かなりこの車を手に入れたかったのでしょうね。
こちらがそのランボルギーニ、かっこいいですね。 記念でつくられた限定モデルですから、値段もかなりするのではないでしょうか。

ランボルギーニっていくらするの?

そんなランボルギーニの特別モデル。値段はなんと、5598万円です。 しかしここからgacktさんは自分好みのオプションをつけたようですよ。しかも2年半かけて完成したとのことで、オプション代も含めれば値段は1億円相当だそうです。 ここにもgacktさんの車へのこだわりが強く見られますね。
細かいところまでこだわっていますね。これを見ると2年半かかったのも納得ですよね。

そのランボルギーニが売られていた!?

なんと海外まで買いに行き、かなりの時間と金額をかけて自分の納得の行くオプションの付いたその車が中古車販売のサイトで売られていたというのです。
これだけこだわりのオプションがついた車ですから、偽物がでるということはまずないでしょう。
gacktさん本人が中古車販売に出したのは本当のようですね。
車の行方はもちろん、車を手放した理由も気になります。

gacktがランボルギーニを手放したのはお金に困ったから?

引用:http://www.pakutaso.com/
それほどまでにこだわりを持っていた愛車をなぜ手放してしまったのでしょうか? 一部では、お金に困っていたから売ったのではないかとの噂も出てきています。 それが本当だとすれば、売れればかなりの値段になるでしょうから、お金の足しとしては充分でしょうね。
gacktさんといえばお金持ちの印象があるのですが、愛車をお金の足しにするほど年収は少ないのでしょうか。
引用:http://www.pakutaso.com/

gacktの年収は?

お金に困っていたという噂があるgacktさん。年収はかなりあるように見えるのですが、はたして本当のところはどうなのでしょう。噂どおり、お金に困って愛車を販売したのでしょうか。
gacktさんは音楽業・俳優業の収入はもちろんのこと、ファンクラブ関係のグッズ収益もありますよね。 幅広い活動はお金がなければ出来ませんし、その収益はかなりのものになっていると思われます。
海外でもかなり活動をしていますね
某格付け番組ではもはや別格の扱いをうけるほど、ものの善し悪しを見分けることに長けている人物。これは普段から良いものを口にし、目にしているのでしょう。 年収が低ければそんな生活はありえませんから、年収はかなりあるのでしょうね。

gacktがお金に困っているというのは嘘!

愛車を販売したこととは別に、実名を明かし、仮想通貨のプロジェクトに参加していたことから、年収が少なくお金に困っているのではと疑惑を持たれたgacktさん。
本人がtwitterの公式アカウントではっきりと、お金に困ったことはないと明言していました。
一時期はきつかったという言葉がさらに取り繕っていない信憑性を感じさせます。 お金が困っているというのは嘘で、さらに事業家として手を広げているならむしろ年収は増えているのでは?
テレビ番組の密着取材で自宅を公開していたgacktさん。レコーディングスタジオにもなっているその家には豪華な家具はもちろんのことなんとエレベーターまで!誰がお金の心配を噂したのでしょう。
これでお金に困っていると噂が流れば、もやは気になるのは車の行方ではなくお金持ちの行方ですね。 愛車ランボルギーニを手放した理由について、ますます謎が深まりますね。

愛車を手放した理由が判明!

ランボルギーニを手放した理由は、gacktさんがブロマガにて触れていました。そのブロマガの一部がブログに載っていました。それによると・・・

ボクの愛車、 ランボルギーニのアベンタも 車としての性能は世界一だ。 だが、 この車は残念なことに東京に全く合っていない。 この一流の車に東京が追いついていない・・・。 そう言っても過言では無い。 止める場所もなければ入れない場所も多い。 これ程の国が、 バレーパーキングすら持ってないホテルが殆どで、 呆れて言葉が出ない。 サービス国家だった日本の進化は、 一体何処で止まってしまったのか?

https://ameblo.jp/gackt/entry-12144855592.html

GACKTオフィシャルブログ GACKT.com より転載

ランボルギーニに対する評価、想いはかなり強いものの、東京で乗るのには無理があったようですね。
引用:http://www.pakutaso.com/
確かに、道路も駐車場も狭い所が多い日本では大きな外車に乗るのは難しいでうよね。 駐車スペースが無いせいで、立ち寄る場所を制限されるというのは苦しいでしょう。
引用:http://www.pakutaso.com/
年収のせいでもなければ、充分満喫して手放したわけでもなさそうで、日本の車社会のあり方に対する悲痛な想いが伝わってきますね。

gacktの愛車の行方は!?

そんな、日本で乗るのは難しいと言われたランボルギーニの行方はどうなったのでしょう。 販売されていた買い手はついてのでしょうか、もとの値段が値段ですから中古とはいえ高値がつきそうですよね。 gacktさんが乗っていたことでもしかしたらさらにいい値段になったかもしれません 買う人はあらわれたのでしょうか?
そんな愛車の行方がわかりました!
引用:http://www.pakutaso.com/
福岡で目撃情報が相次いたそうです。販売されていた段階から行方を気にする声が多かったことと、この見た目でかなり目立つことから行方はすぐに明らかになった様子です。
筑豊ナンバーのプレートが付いていたことから福岡県の筑豊地方にあることがわかりました。
あまりにもオプションが凝っていることと、なによりランボルギーニですから、販売時同様行方がわかったと言う声にも偽物は出ません。偽物を疑う声もありませんね。

gacktの愛車はいくらで売れたのか

福岡で車を見つけたという人が、購入された値段についても触れていました
値段はなんと8000万円。 直接聞いた話ではないようですが、かなり近いところからの情報のようです。 もとの値段やオプションの値段を考えても、自然な価格ではないでしょうか。 有力な情報とみて間違いないでしょう。

まとめ

現在ランボルギーニは8000万円で買い取った福岡県筑豊の人の手にあるようです。 gacktさんがこだわったオプションもそのままに乗っているみたいですね。
ちなみに、東京に合わないという理由から愛車を手放したgacktさん。今度は東京でも乗りやすい車を購入したようです。次の愛車はジャガー、もちろんオプションにもこだわったようです。