Mekzhlf3fjiihnyan7ik

芸能人

CATEGORY | 芸能人

伊藤圭の今現在!カメラマン?クラリネット奏者?情熱大陸に出演してた?

2018.12.12

伊藤圭さんの現在は、カメラマン?cdを出してるクラリネット奏者?情熱大陸に出演していた?!結婚して山で子供さんと暮らしている?事故にあった?などいろいろ噂もありますがどうなのでしょう。伊藤圭さんは、現在は、カメラマンなのかクラリネット奏者なのかも調べてみます。

  1. 【伊藤圭の現在!カメラマン?クラリネット奏者?】プロフィール
  2. 【伊藤圭の現在!カメラマン?クラリネット奏者?】父
  3. 【伊藤圭の現在!カメラマン?クラリネット奏者?】情熱大陸
  4. 【伊藤圭の現在!カメラマン?クラリネット奏者?】山小屋
  5. 【伊藤圭の現在!カメラマン?クラリネット奏者?】結婚
  6. 【伊藤圭の現在!カメラマン?クラリネット奏者?】子供
  7. 【伊藤圭の現在!カメラマン?クラリネット奏者?】カメラマン
  8. 【伊藤圭の現在!カメラマン?クラリネット奏者?】事故
  9. 【伊藤圭の現在!カメラマン?クラリネット奏者?】cd
  10. 【伊藤圭の現在!カメラマン?クラリネット奏者?】まとめ
引用: https://pbs.twimg.com/card_img/1070939849555828736/AccahNVH?format=jpg&name=600x314
伊藤圭(いとう けい)さんは、1977年生まれの東京新宿区出身です。 伊藤圭さんは、北アルプス(飛騨山脈)黒部源流の最奥地で、三俣山荘と水晶小屋の2つの山小屋を経営しています。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DmAfMToV4AEyOnv.jpg
伊藤圭さんの父は、山岳文学ファンの間で有名な『黒部の山賊』の著者・伊藤正一さんです。
戦後に、父・伊藤正一さんが私財を投じて登山口から山小屋までを繋ぐルートを切り拓きました。 1962年に三俣山荘が完成しました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DX-PwmZVMAAoFZ9.jpg
伊藤圭さんは、父・伊藤正一さんに連れられて、子供の頃、自分が1歳の頃から毎年山へ入るようになります。 東京都内の高校を卒業した後は、バンド活動などに夢中になって、山から遠ざかった時期もありました。しかし、2002年に結婚してからは、山小屋一本で働き始めたということです。
引用: https://www.instagram.com/p/Bl0hYpfAmU7/
引用: https://pbs.twimg.com/media/Do5qYUrUcAA_1gj.jpg
2018年8月5日放送の『情熱大陸』に伊藤圭さんが出演しました。 『情熱大陸』の中で、大自然の中で子供たちと一緒に暮らす姿や、山荘からの自然の景色などが紹介されました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dn6C6T1U8AAwlTo.jpg
『情熱大陸』を視聴した人たちからは、「子供たちもしっかり仕事してて、助け合わないと生きていけない。うらやましい」という意見や「むやみにごみを捨てたり登山道荒しはできない。」という意見がツィッター上に寄せられました。 伊藤圭さんが出演した『情熱大陸』の再放送を望む声もあがりました。
「情熱大陸」は、様々な分野で活躍する人たちを密着取材して紹介していくドキュメンタリー番組です。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dms7n0xVAAAK9Bt.jpg
伊藤圭さんの経営する三俣山荘と水晶小屋の2つの山小屋を紹介します。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dj4O5JSUYAEuno5.jpg
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dj4PFtZUUAAEfFx.jpg
三俣山荘は、鷲羽岳と三俣蓮華岳の鞍部に位置し、展望食堂から北には黒部源頭の山並み、南には穂高連峰を一望できます。ただ、登山口から三俣山荘までは片道丸二日かかるので、登山初心者には厳しい道のりかもしれません。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dj4PKfKV4AAeC1r.jpg
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dj14QdSUcAA_Vqm.jpg
蓄えられた地下水で、あたりのハイマツ帯は、いつも潤っているということです。 三俣山荘では、お水は無料で頂けるということですが、お湯やお茶は有料になるそうです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DpeDgLuV4AAQt0e.jpg
引用: https://pbs.twimg.com/media/DpFTqdHUUAAF0Q2.jpg
展望食堂から見える景色が素晴らしく、北には黒部源頭の山並み、南には、槍・穂高連峰の絶景を一望できます。 画像は、三俣山荘のジビエシチューです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dj14SE9UcAI5ekY.jpg
水晶小屋は、北アルプスのほぼ中央に位置しています。 標高が高いために、360度見渡せば、多くの山々をみることが出来ます。 2007年に新しく建てられた小さい水晶小屋は、登山者を雨風から守っています。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dj14NEqVsAI-E0L.jpg
伊藤圭さんは、2002年(25歳の時)に、3歳年下の敦子さんと結婚しました。 結婚した敦子さんは、伊藤さんの山小屋で働いていて、2人は仲良くなり結婚しました。 結婚するまでは、音楽活動などもしていた伊藤圭さんですが、結婚してからは、山小屋の仕事1本に落ち着きました。 結婚を機に、父・伊藤正一さんから水晶小屋と三俣山荘の管理を任されるようになったということです。
現在、伊藤圭さんは、奥さんの敦子さんと2人の子供さんと山小屋で暮らしています。 子供さんの名前は、「こうやくん」と「かやちゃん」です。
子供さんは、標高2550mの山小屋の天空の庭を竹馬で駆けまわって遊びます。 普通は、子供たちが大好きな携帯ゲームもここでは電波が通じないので遊ぶことはできません。 その方が、子供たちは、自然の中で、健康的に育つことができそうです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dkj8dd9UYAApEUP.jpg
伊藤圭さんは、カメラマンとしても活躍しています。 18歳の頃に初めてカメラを購入したということで、父・伊藤正一さんからモノクロフィルムの現像や焼き付けの手ほどきを受けていたということです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DkZYkGtXcAE7Igz.jpg
山小屋の管理人を始めてからは、山に住んでいる人にしか取れない写真などを撮影していて、2010年には、第3回田淵行男賞写真作品公募で「岳人賞」を受賞しています。 2013年には、「私と水晶岳とその光」という写真展を田淵行男記念館で開催しました。
田淵行男(たぶちゆきお)さんは、1905年6月4日生まれで、1989年5月30日に亡くなった山岳写真家です。 北アルプスをこよなく愛し、現在は、長野県に記念館が存在します。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dn561EpUwAAUoWF.jpg
父・伊藤正一さんは、1947年に三俣山荘、水晶小屋を2万円で買い取りました。その後、雲ノ平山荘、湯俣小屋の4ヶ所を経営するようになりました。  水晶小屋を除いた、3つの山小屋は過去に改装されて快適でしたが、水晶小屋だけは山岳の立地条件の悪さから、改装されていませんでした。 伊藤圭さんと妻・敦子さんは、2007年の6月から水晶小屋を新築する申請を出しました。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dn5_GZrUcAIvPb1.jpg
事故は、2007年4月9日、水晶小屋の建設の打ち合わせから帰るヘリが墜落するという事故でした。 墜落事故にあったのは、乗務員と乗客あわせて10人でした。事故は、機長を含めた2人が死亡する事故で、残る8人は重軽傷を負いました。 事故で、伊藤圭さんは鎖骨骨折の重体で、妻・敦子さん顔面に傷を負いました。 事故から3ヵ月後、伊藤圭さん夫婦は、執念で水晶小屋の新築に着手しました。
長野県の建設請負業者が決まると、関係者による現地の下見が行われることになった。4月9日ときまった。長野県大町市のヘリポートから伊藤圭さん夫婦、建設関係者たちが水晶岳の建築現場まで飛んだ。  現地の水晶小屋まえに着くと、伊藤さんや建設関係者は積雪のうえで、工事の打ち合わせをした。そして、4時15分。帰路のヘリが全員を搭乗させて飛び立った。強風に煽られて墜落してしまったのだ。

引用: https://pbs.twimg.com/media/DnwG35uUcAAYttc.jpg
引用: https://pbs.twimg.com/card_img/1071731360870453250/AU58J8nw?format=jpg&name=600x314
伊藤圭さんのcdが発売されています。cdだけから判断すると、伊藤圭さんが、クラリネット奏者のような印象を受ける人もいるかもしれません。しかし、クラリネット奏者の伊藤圭さんと、山小屋を経営している伊藤圭さんは別人です。

クラリネット奏者の伊藤圭さん

クラリネット奏者の伊藤圭さんは、1977年生まれの宮城県出身です。 現在、東京藝術大学准教授で、NHK 交響楽団首席クラリネット奏者です。
cdを販売しているのは、2010年からNHK交響楽団で首席クラリネット奏者をしている伊藤圭さんです。 2018年5月9日に、ファースト・ソロ・アルバムcdを発売しました。

cd『Rêveusement レヴーズマン 藍の歌』

cdは『Rêveusement レヴーズマン 藍の歌』という名前で、 ドビュッシー:クラリネットのための第1狂詩曲 サン=サーンス:クラリネット・ソナタ Op.167 プーランク:クラリネット・ソナタ FP184 などが収録されています。
いかがだったでしょうか。伊藤圭さんは、小さい子供さん2人と奥さんと一緒に、北アルプス(飛騨山脈)黒部源流の最奥地で、三俣山荘と水晶小屋の2つの山小屋を経営しています。 伊藤圭さんの経営する三俣山荘と水晶小屋の2つの山小屋は「情熱大陸」で紹介されました。 今後も三俣山荘と水晶小屋で、多くの登山者を迎える伊藤圭さんの活躍を期待します。