Baggzftdg06projavnsg

カップル

CATEGORY | カップル

同棲の家賃相場や目安はいくらが平均?割合は折半が普通?彼氏が多く持つ?

2018.12.08

同棲しているカップルの家賃の相場の目安はいくらが平均的なのでしょうか?家賃の負担割合は折半が普通だと言われていますが、収入に応じては彼氏の方が多く負担していることもあるようです。ここでは、同棲カップルの家賃の相場と負担金額の目安をご紹介します!

  1. 【同棲の家賃相場の目安はいくらが平均?】20代のカップルの家賃平均はいくら?
  2. 【同棲の家賃相場の目安はいくらが平均?】30代のカップルの家賃平均はいくら?
  3. 【同棲の家賃相場の目安はいくらが平均?】家賃は折半が普通??
  4. 【同棲の家賃相場の目安はいくらが平均?】彼氏の方が多く家賃を支払う割合は?
  5. 【同棲の家賃相場の目安はいくらが平均?】入居までの費用はみんなどうしてるの?
  6. 【同棲の家賃相場の目安はいくらが平均?】部屋を決めるときのポイント~20代編~
  7. 【同棲の家賃相場の目安はいくらが平均?】部屋を決めるときのポイント~30代編~
  8. 【同棲の家賃相場の目安はいくらが平均?】同棲の家賃負担と生活費について
  9. 【同棲の家賃相場の目安はいくらが平均?】同棲を上手に続けるには?
  10. まとめ
引用: https://www.instagram.com/p/BqH1P-eFq8m/
同棲の家賃の相場や平均は10万円前後が多いようですが、カップルの年齢や収入によっても変わってきます。まず最初は、20代のカップルの同棲の家賃の相場をや平均からご紹介します。年齢が若い20代のカップルの場合の平均額は約8.5万円で、家賃を抑える人が多いようです。20代は収入が安定していなかったり、アルバイトだったりすることも多いため、固定経費の家賃は抑えて、それ以外にお金を使いたいと思う人が多い傾向があります。
引用: https://www.instagram.com/p/BqMz25uAd25/
若いカップルの場合は、「広い部屋に住みたい」や「一人になれる部屋がほしい」という理想を持っている人は少なく、二人で過ごせれば多少狭くても家賃が安く、生活費がお互いの負担にならない部屋を選びます。また、若いうちは仕事よりも趣味や遊びにお金を使いたいと思う人も多いので、それ以外は節約している人がほとんどです。20代のカップルにとって同棲は、「一人で住むより二人の方がお得だから!」という感覚なので、家賃を抑える傾向があります。
引用: https://www.instagram.com/p/BqMzCuAF7nB/
20代のカップルに比べて30代のカップルは、収入も増加して金銭的にも多少余裕が出てくるので、家賃が高めの部屋を選ぶ割合が増えます。お互いが正社員の場合の家賃の平均額は11万円と、20代のカップルの平均額の8.5万円よりも高くなることから、「暮らし」に対しての意識が変化してくることがわかります。
引用: https://www.instagram.com/p/BqMz25uAd25/
また、30代は社会人のしての経験も増えて、仕事でのストレスも多くなってくるので、同棲していても一人になれる空間がほしいと思う人が多くなります。それに伴い、1Kや1DKなどの手狭な間取りではなく、2DKなどの広めの部屋を理想と考えるカップルが増加するので、比例して家賃の価格も20代よりも高くなります。
引用: https://www.instagram.com/p/BqMyWsaF7_V/
20代同士のカップルで、お互いの収入差がほとんどない場合は、家賃の支払いは折半が一般的です。部屋を借りる際の名義などは、彼氏の名義にするカップルがほとんどのようですが、敷金などの初期費用も折半が多く、生活に必要な家具やカーテンなどはなるべくお金をかけないように、実家やもともと生活していた部屋からの持ち寄りが多いそうです。
引用: https://www.instagram.com/p/BqMlkwZniay/
30代になると男女の収入差があるカップルも多いので、折半ではなく、彼氏の方が家賃を多く支払う割合が増加します。女性の中には、男性と同じくらいの収入の人や、男性よりも収入が多い人もいます。そのような場合には、年齢関係なく家賃を折半にしているカップルがほとんどです。男女に収入差がないのであれば、折半でも構わないと思いますが、収入差があるようであれば、収入の多い方が家賃を多めに支払うのが無難だと言えます。
引用: https://www.instagram.com/p/BqL7_GPn2s4/
同棲の家賃は折半のイメージが強いですが、インターネットのアンケート結果を見てみると、彼氏の方が多めに家賃を支払っているカップルの割合は約60%もいるそうです。この中には、家賃の全額を男性が負担している割合も含まれています。
引用: https://www.instagram.com/p/BqL5SWog6SN/
家賃は彼氏の方が多く支払っている割合が多かったですが、生活費(主に食費や消耗品など)の負担割合は女性の方が多いようです。実際に、男性は家事に関わることが少ない一方、家事をしている女性の方が生活で足りないものを把握しているで、多めに負担してしまうのも仕方のないことかもしれません。
引用: https://www.instagram.com/p/BqLkP1Ina4N/
同棲を始めるまでの初期費用の相場は、実際の家賃×5くらいだと言われています。内訳は敷金や礼金、前家賃、火災保険料、家賃保証料などがあり、借りる部屋によっては鍵の交換代などがかかる場合もあり、引っ越しではかなりの出費が予想されます。それに加えて、家具や家電まで揃えるとなるとさらにお金がかかってしまいます。
引用: https://www.instagram.com/p/BqLi96LBfZG/
もちろん中には、彼氏側が全て支払うケースもありますが、金額的にもかなり大きな額になるので、7:3や6:4などの割合で彼女側が負担することが一般的のようです。この割合はあくまでも同棲を始めたカップルの平均なので、年齢や収入によっても変わってきます。
引用: https://www.instagram.com/p/BqLePCcjHCF/
20代のカップルが、同棲を始める際の部屋選びで重視する点は、駅までの距離などの通勤への利便性が大半を占めているそうです。いくら家賃の安い良い物件があっても通勤に不便だと、思った以上に交通費がかかってしまったり、一日の移動時間が長くなってしまうので、その部分を重視しているカップルが多いです。
引用: https://www.instagram.com/p/BqK9OtfH8vN/
最近では初期費用を抑えている、敷金礼金ゼロ物件もあるので、初期費用はなるべく安く抑えることができて人気があります。20代の若いカップルの場合、同棲したい気持ちはあっても貯蓄が少ない場合も多いので、初期費用を抑えて同棲を始めるカップルも多いそうです。
引用: https://www.instagram.com/p/BqLcv6ZH5gX/
交通費や初期費用を抑える20代の条件に加えて、30代のカップルはその部屋の「住みやすさ」も、部屋を選ぶ際の大事なポイントになります。部屋の広さや日当たり、キッチンの使いやすさやお風呂やトイレの広さなど、20代のカップルに比べて重視する点も多くなります。
引用: https://www.instagram.com/p/BqLNmpbF_x-/
将来の結婚が明確に見えているカップルの場合は特に、結婚後の継続して住めるような物件を探す傾向にあるので、なおさら条件は多くなります。30代カップルは金銭面だけでなく、間取りなどの生活環境も重視して部屋選びをする人が増えるので、家賃や初期費用は20代のカップルより高くなります。
引用: https://www.instagram.com/p/BqKjcNTBruD/
同棲を始めると、毎月の家賃や生活費など、二人でしっかりと話し合う必要があるものが増えていきます。ただ付き合っているだけのときに比べて、一緒にいる時間も生活する上でしないといけない相談も多くなり、特に男性は面倒だと感じてしまって女性に任せきりになる傾向がありますが、できるだけお金のことは同棲をスタートしたと同時にしっかりと決めておくべきだと思います。
引用: https://www.instagram.com/p/BqKrH24BVML/
同棲を始めるにあたって、お金の流れを把握することはとても大事なことです。最初にルールを決めておかないと、不平不満が多くなり、喧嘩の原因にもなりかねません。ある程度ルールを決めておいて、何か問題が起きた度にしっかりと話し合いの場を設ければ、お金のことで言い合いになることもなくなります。
引用: https://www.instagram.com/p/BqK6BMJnSaS/
せっかく同棲を始めたのであれば、幸せに暮らしたいと思うのは当然です。同棲生活を上手に続けるためには、お互いストレスを溜めない生活になるのがベストです。言いたいことをその時言わずに、溜めてから相手にぶつけてしまうと、必ず喧嘩になってしまうのでお互いストレスに感じてしまいます。
引用: https://www.instagram.com/p/BqKiTjTHhMH/
思ったことはその都度ちゃんと相手に伝えて問題を解決していけば、喧嘩にならずに冷静に話し合いができるはずです。同棲は生活を共にしていくものなので、上手に同棲を続けるために一番大事なことは、お互いにとって心地の良い家にすることだと思います。
引用: https://www.instagram.com/p/Boqx5VWHblp/
ここでは同棲の家賃相場や平均、男女や年齢別の家賃の負担額の割合、部屋選びのポイントを20代と30代別にご紹介しました。年齢や収入によってさまざまですが、しっかり話し合い、楽しい同棲生活を送ってください!
引用: https://www.instagram.com/p/BoqZmv6nVLY/
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bj8vIQ1BP-7/