Ijlwynabysvhmydrj8ds

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ピーリングは皮膚科がおすすめ?市販との違いは?値段は?保険適用?

2018.10.01

ピーリングは皮膚科がおすすめなのでしょうか。市販品との違いはあるのでしょうか。値段はどのくらい違うのでしょうか。ケミカルピーリングやイオン導入は皮膚科では保険適用の値段でできるのでしょうか。人気の市販品や使用頻度、失敗例もみていきましょう。

目次

  1. 【ピーリングは皮膚科がおすすめ?市販との違いは?値段は?】ピーリングとは?
  2. 【ピーリングは皮膚科がおすすめ?市販との違いは?値段は?】市販と皮膚科との違い
  3. 【ピーリングは皮膚科がおすすめ?市販との違いは?値段は?】皮膚科
  4. 【ピーリングは皮膚科がおすすめ?市販との違いは?値段は?】ケミカルピーリング
  5. 【ピーリングは皮膚科がおすすめ?市販との違いは?値段は?】イオン導入
  6. 【ピーリングは皮膚科がおすすめ?市販との違いは?値段は?】頻度
  7. 【ピーリングは皮膚科がおすすめ?市販との違いは?値段は?】失敗
  8. 【ピーリングは皮膚科がおすすめ?市販との違いは?値段は?】保険適用
  9. 【ピーリングは皮膚科がおすすめ?市販との違いは?値段は?】人気の市販品
  10. 【ピーリングは皮膚科がおすすめ?市販との違いは?値段は?】まとめ

ピーリングは、いらなくなった角質を取って肌に透明感を与えるので、人気があります。

市販のピーリングと、美容皮膚科でのピーリングの違いは、どういうところなのでしょうか。効果やピーリングのやり方などみていきましょう。

ピーリングの効果が個人差があるように思われているのは、市販のピーリングと皮膚科のピーリングがわからないためです。

皮膚科のピーリングは、ケミカルピーリングとレーザーピーリングに代表されます。皮膚科のピーリングは、肌トラブルの元となる古い角質をダイレクトに剥がし取る「治療」です。

市販のピーリングケアは、古い角質をためにくくするもので、皮膚科のピーリングとは根元が違います。

市販のピーリングケアと皮膚科ピーリングは、それぞれにメリットとデメリットがあります。

皮膚科ピーリングは、酸性の薬剤で角質を除去するケミカルピーリングと、肌にレーザーを当てて光で刺激を与えるレーザーピーリングの2種類があります。

皮膚科ピーリングでは、進行形のにきびにはケミカルピーリングを行い、残ってしまったにきび痕にはレーザーピーリングを行うのが一般的です。

皮膚科のピーリングがうまくいけば、古い角質に邪魔されていた皮脂の排出がスムーズになります。肌の生まれ変わりを促すことで、ニキビができにくくなり、くすみ改善に効果的です。メラニン色素に直接働きかけるので、日焼けによるしみの除去にも効果を発揮します。

皮膚科でピーリングを行うメリットは、効果の高さです。デメリットは、金額の高さです。

ケミカルピーリングは、最高濃度のグリコール酸・サリチル酸を使用します。最高濃度のグリコール酸・サリチル酸は皮膚科のみが使用を許可されています。治療方針や治療中のトラブルも医師がフォローしてくれるので、安心してピーリングが受けられます。

ケミカルピーリングの歴史は古く、古代エジプトのクレオパトラや、フランスの貴婦人がワインで洗顔したのもフルーツ酸を利用したからだと言われています。

ケミカルピーリング金額や頻度

ケミカルピーリングの金額は、皮膚科によって違いがありますが、安価な施術でも、一回あたり5000円くらいはかかります。ピーリング治療は1回や2回ですぐに効果が出るものではありません。基本的な頻度は2週間に1回の頻度で、少なくても計6回くらいの治療が必要となります。

1 / 4