Ijlwynabysvhmydrj8ds

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

ピーリングは皮膚科がおすすめ?市販との違いは?値段は?保険適用?

2018.10.01

ピーリングは皮膚科がおすすめなのでしょうか。市販品との違いはあるのでしょうか。値段はどのくらい違うのでしょうか。ケミカルピーリングやイオン導入は皮膚科では保険適用の値段でできるのでしょうか。人気の市販品や使用頻度、失敗例もみていきましょう。

  1. 【ピーリングは皮膚科がおすすめ?市販との違いは?値段は?】ピーリングとは?
  2. 【ピーリングは皮膚科がおすすめ?市販との違いは?値段は?】市販と皮膚科との違い
  3. 【ピーリングは皮膚科がおすすめ?市販との違いは?値段は?】皮膚科
  4. 【ピーリングは皮膚科がおすすめ?市販との違いは?値段は?】ケミカルピーリング
  5. 【ピーリングは皮膚科がおすすめ?市販との違いは?値段は?】イオン導入
  6. 【ピーリングは皮膚科がおすすめ?市販との違いは?値段は?】頻度
  7. 【ピーリングは皮膚科がおすすめ?市販との違いは?値段は?】失敗
  8. 【ピーリングは皮膚科がおすすめ?市販との違いは?値段は?】保険適用
  9. 【ピーリングは皮膚科がおすすめ?市販との違いは?値段は?】人気の市販品
  10. 【ピーリングは皮膚科がおすすめ?市販との違いは?値段は?】まとめ
ピーリングは、いらなくなった角質を取って肌に透明感を与えるので、人気があります。
市販のピーリングと、美容皮膚科でのピーリングの違いは、どういうところなのでしょうか。効果やピーリングのやり方などみていきましょう。
ピーリングの効果が個人差があるように思われているのは、市販のピーリングと皮膚科のピーリングがわからないためです。
皮膚科のピーリングは、ケミカルピーリングとレーザーピーリングに代表されます。皮膚科のピーリングは、肌トラブルの元となる古い角質をダイレクトに剥がし取る「治療」です。
市販のピーリングケアは、古い角質をためにくくするもので、皮膚科のピーリングとは根元が違います。
市販のピーリングケアと皮膚科ピーリングは、それぞれにメリットとデメリットがあります。
皮膚科ピーリングは、酸性の薬剤で角質を除去するケミカルピーリングと、肌にレーザーを当てて光で刺激を与えるレーザーピーリングの2種類があります。
皮膚科ピーリングでは、進行形のにきびにはケミカルピーリングを行い、残ってしまったにきび痕にはレーザーピーリングを行うのが一般的です。
皮膚科のピーリングがうまくいけば、古い角質に邪魔されていた皮脂の排出がスムーズになります。肌の生まれ変わりを促すことで、ニキビができにくくなり、くすみ改善に効果的です。メラニン色素に直接働きかけるので、日焼けによるしみの除去にも効果を発揮します。
皮膚科でピーリングを行うメリットは、効果の高さです。デメリットは、金額の高さです。
ケミカルピーリングは、最高濃度のグリコール酸・サリチル酸を使用します。最高濃度のグリコール酸・サリチル酸は皮膚科のみが使用を許可されています。治療方針や治療中のトラブルも医師がフォローしてくれるので、安心してピーリングが受けられます。
ケミカルピーリングの歴史は古く、古代エジプトのクレオパトラや、フランスの貴婦人がワインで洗顔したのもフルーツ酸を利用したからだと言われています。

ケミカルピーリング金額や頻度

ケミカルピーリングの金額は、皮膚科によって違いがありますが、安価な施術でも、一回あたり5000円くらいはかかります。ピーリング治療は1回や2回ですぐに効果が出るものではありません。基本的な頻度は2週間に1回の頻度で、少なくても計6回くらいの治療が必要となります。
イオン導入は、微弱電流を皮膚に流して有効成分をイオン化して皮膚の深部に浸透させます。外用する場合よりも、イオン導入をすることで有効成分を皮膚に50倍以上浸透させることが出来ます。ピーリングした後にイオン導入を併用するとさらに効果を得ることができます。
ケミカルピーリングとイオン導入を併用する場合には、ピーリング剤の拭き取り・中和した後で、氷水で肌を冷やした後からイオン導入を施行します。ケミカルピーリングをした後の肌は、有効成分が肌の奥まで浸透しやすくなっていて、約5~10分間くらいのイオン導入が非常に効果的になります。
ケミカルピーリングの頻度は、使用する薬剤により違いがあり、4週間に1回の頻度で3~4回目から効果がでるという皮膚科や1~3週間に1回程度の頻度を推奨する皮膚科もありますので、ピーリングを行う頻度は、皮膚科に確認するのが良いでしょう。
ケミカルピーリングは、皮膚科や美容皮膚科、エステサロンでも受けることができます。
しかし、ケミカルピーリングに使用される薬剤の濃度はサロンや皮膚科によって違いがあります。自分の肌に合わない濃度で施術を受けると炎症や痛みを伴うことがあります。

ケミカルピーリングの失敗から適正化へ

ケミカルピーリングは、日本では安全基準が確立されないまま広がりをみせたために、1998年頃からケミカルピーリングの失敗(皮膚トラブルなどの副作用)の事例が急増して、2000年2月に国民生活センターが行政や業界に対してケミカルピーリングの適正化を要望しました。
国民生活センターからの要望を受けて、2000年11月には、厚生労働省が日本医師会や都道府県に対し「ケミカルピーリングは医師のみが行える”医療行為”である」という通達を出しました。
そのためにも医師が在籍している皮膚科でピーリングを受ける方が、トラブルがあったとしてもすぐに対応してくれるので安心です。

ケミカルピーリングの失敗例

ケミカルピーリングの安全性の基準が確立される前には、強いピーリング剤が使用されていたために、皮膚が赤くなったり、火傷のような症状を起こしたりする失敗を訴える人が多くいました。

失敗が少ないのはサリチル酸マクロゴールピーリング

ヒリヒリする痛みや赤みなどの失敗が少ないことで知られているのは、サリチル酸マクロゴールピーリングです。
ピーリングは、保険が適用されるのでしょうか。エステサロンは美容目的で行われる施術なので、保険適用外ですが、皮膚科でもほとんどの所で保険適用外となっています。
ピーリングの診療は保険適用外なので、自由診療ということになり、金額も皮膚科による違いや使う薬剤の種類や施術内容により、大きく差がでているのが事実です。
その上、ケミカルピーリングは1回の施術では効果がわかりずらいので、数回受診するようになり、保険適用外のために高額な治療になってしまいます。
ニキビの治療の保険適用には、皮脂の押し出しや抗生剤やビタミン剤の内服薬、抗菌剤やステロイド剤といった外用薬の治療があります。
人気のピーリングの市販品の中には、皮膚科医が開発した皮膚科での処方を使いやすくアレンジしたものがあります。人気の皮膚科医監修のピーリングをみていきましょう。

人気のオバジ ピーリングV10 クレイマスク

「オバジ ピーリングV10 クレイマスク」は、オバジクリニックのオバジ医師監修のピーリングです。日本人の肌に適した設計で人気です。洗顔後に顔に塗って3~5分経ったら、少量の水かぬるま湯でマッサージしながら洗い流すだけの簡単なピーリングです。毛穴に入り込んだ汚れをしっかり吸着するので、肌のザラつきやくすみがすっきりと綺麗になります。
ピーリングは、いらなくなった角質を取って肌に透明感を与えます。
市販のピーリングと、皮膚科でのピーリングの違いは、皮膚科のピーリングは、肌トラブルの元となる古い角質をダイレクトに剥がし取る「治療」で、市販のピーリングは、古い角質をためにくくするもので、皮膚科のピーリングとは根元が違います。
皮膚科でピーリングを行うメリットは、効果の高さで、デメリットは、金額の高さです。ピーリングした後にイオン導入を併用するとさらに効果を得ることができます。
2000年以前には、ケミカルピーリングが人気になってしまい安全基準が確立されないまま広がりをみせたので、失敗の事例が急増しました。
ピーリングは、皮膚科でも診療できますが、保険適用外になるので、金額も皮膚科による違いや使う薬剤の種類や施術内容により、大きく差がでています。
人気のピーリングの市販品の中には、皮膚科医が開発したピーリングもあります。自分にあったピーリングを選びましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bnrz_w4FfSF/?tagged=%E3%82%B1%E3%83%9F%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0