miima[ミーマ]

記事のサムネイル

Category美容法

目の整形にかかる値段や種類は?切開?失敗例は?埋没?腫れない?

目の整形には種類があることをご存知でしょうか。初めての人におすすめの腫れない「埋没整形」や失敗のリスクがある「切開方法」など、目の整形の種類や値段(おおよその値段)についてご紹介します。さらに、バレるリスクがあるのか調べてみました。

目の整形にかかる値段や種類

引用:https://i.pinimg.com/564x/b5/e9/0f/b5e90f92b1d65ab2bb8c8896b0dc202b.jpg
「目の整形」と言っても複数あることをご存知でしょうか。自分の目の悩みや、整形後のイメージによってどの手術を受けるか異なります。また、整形によって費用も変わってくるため、目の整形を考えている人は、術後の目のイメージを明確にする必要があります。
今回は、目の整形で代表的な「二重にする整形」「目を大きくする整形」「目を開きやすくする整形」、そしてこれ以外の「その他の整形」の主な特徴や費用、リスクをご紹介します。

目の整形にかかる値段や種類【二重にする整形】

引用:https://i.pinimg.com/564x/00/8f/93/008f939a40dab180a468c6350fbc2cfb.jpg
二重にする整形には、大きくわけて「埋没法」と「切開法」があります。それぞれの整形方法の特徴や費用、リスクについてご紹介します。

二重にする整形①埋没法

引用:https://www.instagram.com/p/BoLHVNjBPLB/?tagged=%E5%9F%8B%E6%B2%A1%E6%B3%95
「埋没法」とは、医療用の針と糸でまぶたを縫い留める整形方法です。「埋没法」はメスを使わず短時間で整形ができるため「プチ整形」と言われています。気軽に整形をしたい人におすすめです。整形費用は10万円以内で行えるケースが多いため、費用を抑えたい人にもおすすめです。
「埋没法」の長所は個人差もありますが、ほとんど腫れない整形方法です。そのため、施術後も日常生活にほとんど支障が出ないため、人気の整形方法と言えるでしょう。しかし、腫れない整形方法と言っても、人によっては多少の腫れを感じる場合があります。腫れた場合は、速やかに医師に相談しましょう。
メスを使用しないため、バレるリスクも低い埋没法ですが、糸が取れると二重を維持できなくなるデメリットもあります。どれくらいの期間で元に戻るかは人それぞれですが、10年以上埋没法で二重を保っている人もいるので、普段の生活が二重を保つポイントなのでしょう。また、埋没法整形から2ヶ月以内であれば元に戻すこともできるので、気軽に整形をしたい人におすすめです。

二重にする整形②切開法

引用:https://www.instagram.com/p/BoF5kwnnMW6/?tagged=%E5%88%87%E9%96%8B%E6%B3%95
「切開法」はまぶたにメスを入れて二重にする整形方法です。「切開法」はさらに2種類にわけられ、1~2センチほど切開する「小切開法(部分切開法)」と3~4センチほど切開する「全切開法」があります。どちらの切開方法を選ぶかは、医師の判断となります。
「埋没法」とは異なり、「切開法」は半永久的に二重を保つことができるため、再整形をしたくない人におすすめです。しかし、費用は20万円~30万円とかなり高額であるため気軽にできないデメリットもあります。また、術後2週間は腫れや内出血があり、二重の幅が安定するまで3ヶ月かかるため、バレるリスクがあるでしょう。正しいクリニックを選ばないと失敗するリスクもあるため、クリニック選びも重要と言えるでしょう。

目の整形にかかる値段や種類【目を大きくする整形】

引用:https://i.pinimg.com/564x/ea/03/29/ea032993bc655ff8fb74a1edcdd09e34.jpg
目を大きくする整形方法には、「目頭切開」「目尻切開」「たれ目形成」と3種類の方法があります。それぞれの整形方法の特徴、費用、リスクについてご紹介します。

目を大きくする整形①目頭切開

引用:https://www.instagram.com/p/BoJTDQnhWzQ/?utm_source=ig_web_copy_link
東洋人には「蒙古(もうこ)ひだ」と呼ばれる目頭を覆う皮膚があります。「目頭切開」は、この「蒙古ひだ」を切除することで目頭が露出して、目の横幅が広がります。目と目の距離が近づくため、離れ目の悩みがある人におすすめです。
「目頭切開」には3種類あり、皮膚を切除せずにできるZ形成、目頭を大胆に切開するW形成、そして目頭を三日形に切開する単純切開法があります。いずれもメスを使用するため目頭に傷が残るリスクがありますが、3ヶ月経てば化粧で隠すことができます。
離れ目の悩みから解消されますが、周囲にバレるリスクや、目頭を切りすぎると目が寄りすぎてキツい印象を与える目になる可能性もあります。費用も23~25万円前後なので、クリニックとよく相談して施術を行いましょう。

目を大きくする整形②目尻切開

引用:https://www.instagram.com/p/BhIjl77hH6p/?utm_source=ig_web_copy_link
「目頭切開」は目尻を切開して目の横幅を広げ、切れ長な印象を与える目にする整形方法です。目尻に傷が残りますが、術後3ヶ月経てば化粧で隠すことができます。
「目頭切開」同様に「目尻切開」は、目尻の結膜(ピンク色の部分)が露出して、不自然な目になるためバレるリスクが高い整形方法です。また、切開した箇所をしっかり固定しないと元の目に戻る可能性もあるため、整形の失敗リスクもはらんでいます。費用も23万円前後も決して安くないため、整形前には医師と十分に相談した上で行いましょう。

目を大きくする整形③たれ目形成

引用:https://www.instagram.com/p/BJ2S_k_hzWp/?tagged=%E3%81%9F%E3%82%8C%E7%9B%AE%E5%BD%A2%E6%88%90
「たれ目形成」は、下まぶたを切開して眼瞼腱膜を縫い縮めてたれ目を固定する整形方法です。優しい印象を与える目にすることができるため、つり目で悩んでいる人におすすめです。
「たれ目形成」には、下まぶたの裏側(結膜側)を切開して縫い縮める方法や、切開せずに針と糸だけで留める方法と2種類あり、どちらの方法で施術するかはクリニックによって異なります。また、「目頭切開」「目尻切開」よりも費用が高く(35万円前後)、たれ目のラインを下げすぎると下まぶたの結膜が露出する可能性もあります。

目の整形にかかる値段や種類【目を開きやすくする整形】

引用:https://i.pinimg.com/564x/9a/57/06/9a5706d3cdae1a3245c26664c6c081ee.jpg
二重や目を大きくしたい、という欲求を叶えてくれる目の整形ですが、それ以外にも目を開きやすくする整形方法もあります。主な特徴や費用、リスクについてご紹介します。

目を開きやすくする整形 眼瞼下垂

引用:https://www.instagram.com/p/BoLG4Penq1j/?utm_source=ig_web_copy_link
「眼瞼下垂(がんけんかすい)」とは、上眼瞼挙筋(じょうがんけんきょきん)(眼の筋肉のひとつ)の働きが弱まり、まぶたが開きにくくなる症状を指します。眼瞼下垂の原因は、加齢やコンタクトの使用による後天性の場合や、先天的(生まれつき)の場合があります。
「眼瞼下垂」はまぶたを切開して上眼瞼挙筋を縫い留めることで、まぶたを開く力を強化する整形方法です。多くの場合、健康保険で手術を受けることができますが、それでも50万円前後の費用がかかるリスクがあります。また、まぶたの開け方に癖がある場合、施術後に左右の仕上がりに差が出たり、同時に二重整形をすることができません。整形のひとつですが、日常生活を改善させるための施術と考えたほうが良いでしょう。

目の整形にかかる値段や種類【その他の整形】

引用:https://i.pinimg.com/564x/d8/43/a2/d843a21ed955d296e2d012c636e8050e.jpg
二重にする整形や目を大きくする整形、目を開きやすくする整形をご紹介してきましたが、これ以外にも目の整形方法があります。その他の整形方法「上眼瞼除皺術」「上眼瞼脂肪切除術」「涙袋形成」の特徴や、費用、リスクについてご紹介します。

その他の整形①上眼瞼除皺術

引用:https://www.instagram.com/p/Bg7pVNwlWXX/?utm_source=ig_web_copy_link
「上眼瞼除皺術」は、たるんだまぶたの余分な皮膚を切除する方法です。上まぶたのまつ毛ギリギリのたるみを切除、切除部分を縫い合わせます。一重・二重にかかわらず施術できたり、また目の形を変えずにたるみだけを切除する方法もあるため、まぶたのたるみに悩んでいる人におすすめです。
目元が若々しくすっきりさせることができる一方、費用も40万円前後であったり、まぶたに傷が残るため整形したことがバレるリスクがあります。また、左右に差が出ることや、ドライアイになるリスクもあるため失敗したくない人は、医師ときちんと相談する必要があるでしょう。

その他の整形②上眼瞼脂肪切除術

引用:http://www.veriteclinic.jp/dr_fukuta_takumi/img/eye-futae01-ue_mabuta/09_01_02.jpg
「上眼瞼脂肪切除術」は、まぶたを切開して眼窩脂肪(がんかしぼう)を除去する手術方法です。目が明かない原因である脂肪を除去することで、厚いまぶたをすっきりさせることができます。費用は40万円前後と「上眼瞼除皺術」と費用の差はほとんどありません。
「上眼瞼脂肪切除術」も傷が残るため、バレる可能性や脂肪を切除し過ぎると、まぶたがくぼむ可能性があります。また、効果がわかりにくいため失敗したと勘違いしてしまう人もいます。医師との密なコンタクトを図る必要があるでしょう。

その他の整形③涙袋形成

引用:https://www.instagram.com/p/Bm-NbqghloN/?utm_source=ig_web_copy_link
「涙袋形成」は、注射器を使用して涙袋部分にヒアルロン酸を注入する施術方法です。涙袋がふっくらするため優しい目を演出することができます。手術も15分程で済み、また費用も10万円以内でできることから、気軽にできる整形方法です。
しかし、完成まで1週間かかったり、左右に差が出たり、涙袋が凸凹してしまうなどのリスクがあります。また、涙袋を膨らませるため周囲に整形しているとバレる可能性が高いでしょう。

目の整形にかかる値段や種類【組み合わせた整形】

引用:https://i.pinimg.com/564x/1c/5b/40/1c5b40b757f355ff17feb7336febe697.jpg
眼の整形は複数の手術を組み合わせることができます。例えば「全切開」+「目頭切開」+「目尻切開」と3種類組み合わせることも可能です。しかし、目の状況を医師が判断して手術が可能と判断されないと行えないため、必ず組み合わせた整形ができない場合もあります。また、費用も高額になるため、医師との相談が必要不可欠でしょう。

目の整形にかかる値段や種類【クリニックの選び方】

引用:https://i.pinimg.com/564x/ec/6f/db/ec6fdbc38fc3d904e83fc212ca72e217.jpg
目の整形は「美容整形」の一種に数えられますが、日本には美容整形を生業とするクリニックが数多くあります。どのクリニックを選ぶかは人それぞれですが、中には失敗するリスクが高いクリニックもあることを念頭に置いておきましょう。ここではクリニックの選び方のポイントを2つご紹介します。

1.口コミで「失敗」「腫れない」リスクがないか確認

目の整形をしたいと考えたとき、真っ先にインターネットで検索するでしょう。多くのクリニックを見つけることができますが、中には手術が失敗するリスクが高いクリニックもあるので注意が必要です。インターネットにはクリニックを利用した人の口コミを見ることができます。手術後に腫れないかなどの術後経過などを調べることができます。

2.複数のクリニックでカウンセリングを受ける

医師の判断は人ぞれ異なるため、複数のクリニックでカウンセリングを受けてから目の整形をすることをおすすめします。クリニックの中には無料でカウンセリングをしてくれるため、じっくり選んでから決めることをおすすめします。クリニックの中には、失敗のリスクや術後腫れないためのポイントなどを教えてくれるクリニックがあるため、きちんとケアしてくれるクリニックを選びましょう。

目の整形にかかる値段や種類【ダウンタイムとは?】

引用:https://i.pinimg.com/564x/c2/9d/bc/c29dbc71ade286ec0041fa5f22a4a413.jpg
目の整形など美容整形でよく使われる言葉のひとつとして「ダウンタイム」という用語があります。手術後の麻酔の腫れやむくみなどを抑えるため、日常活動が制限する必要がある期間のことです。ダウンタイムは短くて1日、長いと3ヶ月程かかる場合があります。ダウンタイムをきちんと守れば、目が腫れないなどのリスクを軽減することができます。このダウンタイムで仕事を10日間ほど休み、目の整形がバレるリスクが生じてしまいます。

目の整形にかかる値段や種類【周囲にバレるリスク】

引用:https://i.pinimg.com/564x/0c/9c/7d/0c9c7d4131fbc7af08aca8dd291c338d.jpg
「埋没法」などのプチ整形は、メスを使用しないため周囲にバレるリスクは少ないでしょう。またメスを使用する施術方法でも、ほとんど傷が残らないためバレるリスクは少ないですが、先ほどご紹介した「ダウンタイム」によってバレる人も少なくありません。
また、「眼瞼下垂」など目の印象が大きく異なる整形を行うと、バレることもあるでしょう。整形をしていると周囲に感じてほしくないのならば、目の整形をすることをおすすめできません。しかし、日常生活に支障が出るため目の整形をする場合は、周囲に事前に話しておくことも必要でしょう。

目の整形にかかる値段や種類【まとめ】

引用:https://i.pinimg.com/564x/0b/30/22/0b30221abd0bdf9790df1d718585d7c1.jpg
「美容整形」の中でも、利用頻度の高い目の整形の種類は複数あることがわかりました。目の悩みや傷が残りにくい方法など、自分の悩みや術後の状態を見て整形の種類を選べる利点もあります。また、医師と相談の上で決定することもできますが、クリニックによっては失敗するリスクもあるため、カウンセリングを密に行ったり、口コミや複数のクリニックでカウンセリングをする必要があるでしょう。
引用:https://i.pinimg.com/564x/e1/31/c4/e131c4a7a805bc6f0404a317413fe338.jpg