Huyumufa1wxrfh06c4ca

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

化粧石鹸と洗顔石鹸の違いは?おすすめ・正しい使い方まとめ!

2018.07.22

皆さんは普段どんな石鹸を使っていますか?実は体を洗う石鹸には、化粧石鹸と洗顔石鹸という種類があります。今回は化粧石鹸と洗顔石鹸の違いとその正しい使い方、普段使うボディソープや洗顔フォームにおすすめの商品をご紹介します!厳選のおすすめ商品です!

  1. 【化粧石鹸・洗顔石鹸の違い・おすすめ】石鹸の種類
  2. 【化粧石鹸・洗顔石鹸の違い・おすすめ】身体用石鹸
  3. 【化粧石鹸・洗顔石鹸の違い・おすすめ】化粧石鹸と洗顔石鹸の違い
  4. 【化粧石鹸・洗顔石鹸の違い・おすすめ】化粧石鹸と洗顔石鹸の用途
  5. 【化粧石鹸・洗顔石鹸の違い・おすすめ】化粧石鹸と洗顔石鹸の使い分け
  6. 【化粧石鹸・洗顔石鹸の違い・おすすめ】石鹸の選び方
  7. 【化粧石鹸・洗顔石鹸の違い・おすすめ】石鹸選びのポイント「保湿成分」
  8. 【化粧石鹸・洗顔石鹸の違い・おすすめ】石鹸選びのポイント「成分表示順」
  9. 【化粧石鹸・洗顔石鹸の違い・おすすめ】石鹸選びのポイント「完全無添加」
  10. 【化粧石鹸・洗顔石鹸・おすすめ】おすすめ石鹸
  11. 【化粧石鹸・洗顔石鹸の違い・おすすめ】まとめ
皆さんは普段から石鹸を使っていますか?最近ではボディソープ、ハンドソープ、洗顔フォーム、洗剤など固形ではなく液体のものが主流になってきました。石鹸をあまり使わなくなった人も多いでしょう。また石鹸はどれも同じだと思っている人も多いのではないでしょうか?しかし、石鹸には種類があり使い分けなければいけません。どれも同じでないのです。今回は体に使う石鹸について、違いや使い方について解説します。
石鹸には体に使うボディ用石鹸と、食器洗いや洗濯のための家庭用石鹸、そして工業用石鹸があります。身体用石鹸は直接肌に使うものなので、人体に影響がないように細心の注意を払って作られています。そして、ボディ用石鹸は医薬部外品に属するものと、化粧品に属するものがあります。医薬部外品の場合は、薬事法に基づいた基準をクリアしたもので、症状を改善する効果や効能があるものをさします。例えばニキビ改善するものやあせもに効果のあるものなどがあります。化粧品に分類される石鹸は、健康を保持するのが目的で、何かを治したりする効能、効果はありません。

洗顔石鹸

体に使える石鹸の1つが洗顔石鹸です。名前の通り洗顔する際に使うものです。洗顔フォームと同じもので、洗顔石鹸は固形、洗顔フォームは液体やクリーム状のものだと考えると良いでしょう。洗顔としての使い方ができる石鹸です。

化粧石鹸

化粧石鹸というのは基本的に体に使うものを指します。ボディソープという言葉でおなじみだと思います。顔の皮膚は体の皮膚よりも薄いので、ボディソープを顔に使うと刺激が強すぎる場合があります。顔にも使えるようになっていますが、洗顔石鹸よりも刺激が強い場合があります。洗顔としての使い方には注意が必要な石鹸です。

浴用石鹸

浴用石鹸とは体を洗うときに使うものです。浴室で使うので溶けにくいようになっています。溶けにくいように粒子が荒くなっているため、浴用石鹸は顔の肌には不向きです。洗顔としての使い方は避けた方が良く、ボディソープとしての使い方をしてください。
先ほども説明したように、洗顔石鹸は顔を洗うもの、化粧石鹸と浴用石鹸はボディソープとして使えるものです。化粧石鹸は顔にも使えるようになっており、浴用石鹸は粒子が荒いので洗顔には向いていません。洗顔石鹸は化粧石鹸や浴用石鹸に比べて洗浄力は落ちますが、保湿成分が多く含まれています。化粧石鹸は全身に使えるので顔にも使えますが、洗顔石鹸よりは刺激が強いです。浴用石鹸は体の汚れを落とすことが目的なので、洗浄力が強くなっています。
顔の皮膚は体の皮膚に比べて薄いです。そのため体の皮膚を洗う洗浄力のもので顔の皮膚を洗うと、洗い過ぎてしまいます。肌には適切な皮脂が必要で、皮脂が肌を守っています。浴用石鹸や化粧石鹸では、顔の肌の皮脂を落とし過ぎてしまいます。なので、洗顔石鹸、化粧石鹸、浴用石鹸は使い分ける必要があります。浴用石鹸は体を洗うもので、洗顔石鹸は顔を洗うためのものです。洗顔石鹸は洗顔フォームと使い道が同じです。化粧石鹸は基本的には体に使うものです。
化粧石鹸も洗顔に使えると説明しました。洗顔石鹸は洗顔フォームと同じように使えますが、化粧石鹸は洗顔に特化したものではないので、使用の際には気をつけましょう。特に敏感肌の方は、化粧石鹸の刺激が強すぎる場合があります。洗顔フォームとしての使い方をしたいなら、洗顔石鹸を選ぶと無難です。

クレンジング効果

化粧石鹸や洗顔石鹸にはクレンジング効果があるのでしょうか?それは商品によって異なります。メイク落としができる化粧石鹸や洗顔石鹸もあるのです。メイクも落とせる石鹸には、クレンジングの表記がされているので確認して購入しましょう。メイク落としと洗顔が一緒にできるタイプ、メイク落としだけのタイプなど様々です。W洗顔は面倒で、クレンジングと洗顔を一度に済ませたい方は、クレンジング機能があるものを選ぶと良いでしょう。石鹸1つでクレンジングフォームとしての使い方ができるのです。逆に、メイク落としはクレンジング専門のものを使い、洗顔には洗顔専用のものを使いたいという方は、クレンジング石鹸と洗顔石鹸のどちらも用意しましょう。
石鹸には様々な種類があることを説明しました。用途に合わせて洗顔石鹸、化粧石鹸、クレンジング効果のあるものなどを選びましょう。そして、石鹸も化粧品の1つです。効果や成分をしっかり確認したほうが良いのです。流行っているからといって、あなたの肌に合うとは限りません。また安いものを使うと効果がなかったり、逆に肌に悪影響を及ぼすこともあります。さらにパッケージの可愛さなどで選ぶのもやめましょう。肌に使うものなので成分の確認が最も重要なのです。
洗顔フォームや石鹸を使って洗顔した後に肌がつっぱり乾燥していると感じたことはありませんか?洗顔後の乾燥の原因は洗い過ぎとこすり過ぎにあります。テカりが気になるからといって、必要な皮脂まで洗い流すと良くありません。乾燥を防ぐためには保湿効果の高い石鹸を選ぶようにしましょう。
保湿成分が入っているか確認が必要だと話しました。ただ、成分は入っているだけではダメなのです。成分表示は配合量順に並べられています。多く配合されている成分から順番に書かれているので、保湿成分が最初の方に書かれている石鹸を選びましょう。
石鹸の中には防腐剤などの合成成分は使わずに、ナチュラルな成分だけで作られた完全無添加石鹸があります。無添加とは、肌のトラブルを引き起こす恐れのある成分が含まれていない化粧品という基準が厚生労働省で決められています。肌に刺激のある成分が入っていると、肌のトラブルが悪化することがあります。特に完全な無添加は食べられるものもあるくらい、安全な石鹸です。敏感肌の方や、石鹸で肌荒れが悪化する方などは完全無添加石鹸を選ぶと良いでしょう。
洗顔フォームの変わりに使う石鹸として、おススメの商品をご紹介しましょう。洗顔フォームから洗顔石鹸に変えてみたいけど、どれを選べば良いか分からないという方や、初めて洗顔石鹸を使う方は、無難なものから始めてみると良いでしょう。

カウブランド

洗顔石鹸としておススメなのが、「カウブランド」です。完全無添加ではありませんが、余分な成分は含まれておらず、ミルク成分を中心に作られています。ミルク成分は潤いを与えながらも、肌の汚れを落としてくれます。カウブランドには2種類あり、赤と青の箱に分けられています。赤の箱の石鹸は、ミルク成分が多く含まれており、保湿成分であるスクワランも配合されています。青い箱の石鹸はミルク成分が赤に比べて少なく、スクワランも入っていません。さっぱりとした使い心地です。しっかりと潤いを求めるのなら赤、さっぱりとした洗い上がりを求めるなら青を選びましょう。
石鹸にはたくさんの種類があり、使い方も様々です。石鹸を洗顔フォームの代わりとして使う使い方もあります。石鹸はお値段もお手頃で色々試しやすいのがメリットです。求めている成分が入っている石鹸を使い比べてみてもいいでしょう。ただし、顔を洗うという使い方をする場合は、洗顔石鹸を選ぶようにしてください。化粧石鹸は顔にも使えますが全身にも使うことができます。洗顔石鹸よりも化粧石鹸のほうが荒く、肌を傷つけやすいのです。さらにメイク落としの機能をする石鹸もあり、クレンジングとしての使い方も可能です。お好みに合わせて選ぶことができます。成分面では、保湿成分が含まれていて、なるべく無添加で安全な石鹸がおススメです。これからは石鹸選びにもこだわってみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://i2.wp.com/girlydrop.com/wp-content/uploads/2017/04/IMG_6663_s.jpeg