N5xtwfxibqlamgqpcsw3

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

まつげ美容液の正しい使い方が知りたい!おすすめメーカーは?

2018.02.19

皆さんは、まつげ美容液を使用していますか。理想のまつげに近づけてくれるまつげ美容液でも、正しい使い方で使わないと、効果を実感できない場合もあります。そこで今回は、まつげ美容液の正しい使い方と、まつげ美容液のおすすめメーカーをご紹介していきます。

  1. まつげ美容液にはどのような種類がある?
  2. チップタイプのまつげ美容液の正しい使い方
  3. マスカラタイプのまつげ美容液の正しい使い方
  4. 筆タイプのまつげ美容液の正しい使い方
  5. まつげ美容液の使い方における注意点
  6. まつげ美容液のおすすめメーカーその1:キャンメイク
  7. まつげ美容液のおすすめメーカーその2:アンファー
  8. まつげ美容液のおすすめメーカーその3:フローフシ
  9. まつげ美容液のおすすめメーカーその4:リバイタラッシュ
  10. まつげ美容液のおすすめメーカーその5:ロレアル パリ
  11. まつげ美容液のおすすめメーカーその6:アヴァンセ
  12. 理想のまつげに近づくために!まつげ美容液は正しく使用しましょう!
  13. この記事を見た人は以下もチェックしています
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/IMARIC20160805210023_TP_V1.jpg
まつげ美容液には、まつげを伸ばす育毛効果はもちろん、まつげの生え際の皮膚の状態を整えてくれる効果などがあります。商品によって効果が異なるので、配合成分をしっかり確認しましょう。
また、まつげ美容液は、その形状から3つのタイプに分類されます。「チップタイプ」「マスカラタイプ」「筆タイプ」の3種類です。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/150912235948_TP_V1.jpg
それでは、それぞれのタイプのまつげ美容液の使い方と上手く塗るコツもご紹介していきましょう。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SAYA160312530I9A3621_TP_V1.jpg
まずは、チップタイプのまつげ美容液の正しい使い方からご紹介していきます。チップタイプには、まつげの根元にたっぷりのまつげ美容液を塗る事が出来るというメリットがあります。
それでは、チップタイプのまつげ美容液の使い方と上手く塗るコツについてご説明していきます。
1.まず、チップを縦にして持ちます。そして、まつげの根元にチップを当てながら、目頭から目尻に向けてまつげとまつげの隙間を埋めていくようにまつげ美容液を塗っていきましょう。
2.次はチップを横に持って、マスカラを塗るようにしてまつげ全体に美容液を塗っていきます。
チップタイプは量を取り過ぎる恐れがあるので、適量を塗ることがうまく塗るコツですよ。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/ASE_047_TP_V1.jpg
マスカラタイプは、とても簡単にまつげ全体に美容液を塗る事ができるタイプです。
それでは、マスカラタイプのまつげ美容液の正しい使い方と上手く塗るコツをご紹介します。
1.マスカラタイプのまつげ美容液は、上まつげの中央部分から塗っていきましょう。マスカラを塗るように下から上へ美容液を塗ってください。
2.次にブラシを縦にして持ち、目頭から目尻へ細かい部分にもいきわたるように塗っていきます。
3.最後に下まつげにもまつげ美容液をしっかりと塗りましょう。
まつげを根元からキャッチし、左右に動かしながら毛先まで塗っていくのがコツです。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AI_IMG_7793_TP_V1.jpg
筆タイプのまつげ美容液は、目頭や目尻といった細かい部分にまつげ美容液を塗りやすいというメリットがあります。
それでは、筆タイプのまつげ美容液の正しい使い方とコツをご紹介しましょう。
1.アイライナーでアイラインを引くとようなイメージで目頭から目尻に向かってまつげの根元サーっと美容液をのせていきます。
2.下まつげも、上まつげのときと同様に目頭から目尻に向かってまつげの隙間を埋めるようにサーっと美容液を塗りましょう。
まつげとまつげの隙間を埋めるように塗っていくのがコツですよ。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/tsuchimoto0I9A6616_TP_V1.jpg
まつげ美容液は、必ず綺麗なまつげ、綺麗な皮膚の状態で使用しましょう。洗顔後の使用がおすすめです。
そして、まつげ美容液は、まつげに使用するものです。誤って目に入ってしまわないように注意してください。
また、目の皮膚はとても薄くてでデリケートです。まつげ美容液が肌に合わない場合もあるので、必ず事前にパッチテストを行いましょう。
理想のまつげに近づくためには、継続が何よりも大事です。3日坊主にならずに毎日まつげ美容液を塗るように心がけましょう。
それではここから、理想のまつげに近づけるおすすめまつげ美容液を販売しているメーカーを紹介していきます。まずは、大人気プチプラスメブランド「キャンメイク」です。
キャンメイクから発売されているまつげ美容液は「ラッシュケアエッセンス」という商品です。まつげのダメージ補修を担うパンテノールやシルク、さらにセンブリエキス、オタネニンジンなど植物成分を7種も配合し、まつげに優しい処方になっています。
キャンメイクならではの低価格で税抜580円です。
また、こちらのキャンメイクの美容液は、根元に塗るのに便利なチップタイプになっています。
キャンメイクのまつげ美容液は、コスパの良さと、肌への優しさが魅力です。キャンメイクのマスカラ下地も人気なので、合わせて使用するのもおすすめですよ。
続いてご紹介するおすすめメーカーは、「スカルプD」でお馴染の「アンファー」です。
理想のまつげに近づくおすすめ美容液は「スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュセラム」という商品です。
「まつ毛のヘアサイクル」に着目していて、美しいまつげを育むだけでなく、まつ毛を抜けにくくする成分「ワイドラッシュTM」も配合されています。やわらかなスポンジ状のカールチップで、まつ毛を持ち上げるように塗ることができますよ。
お値段は、税抜1,602円となっています。
続いてご紹介するメーカーは、「モテマスカラ」でも有名な「フローフシ」です。
モテマスカラにも美容液成分が配合されている種類もありますが、まつげ美容液なら「THEまつげ美容液」という商品がおすすめです。
保湿成分をたっぷり配合し、アイクリームや眉毛ケアにも使えるまつげ美容液です。お肌に優しい処方なので、デリケートな目元への使用も安心です。
お値段は、税抜1,200円となっています。
続いてご紹介するおすすめメーカーは「リバイタラッシュ」です。
おすすめの商品は「リバイタラッシュアドバンス」というまつげ美容液です。
先進の科学技術と天然の植物成分による独自開発の美容成分が、まつげを潤いで満たして柔軟性を高め、もろく傷ついたまつげを守って理想なまつげに近づけます。
成分にもこだわっているため、お値段は税抜16,000円と少々高めですが、その分の効果も期待できますよ。
続いてご紹介するメーカーは「ロレアルパリ」です。
「ラッシュセラム」というまつげ美容液がおすすめです。
ロレアルパリならではのヘアケア研究で培ったノウハウを投入したまつ毛専用美容液です。まつ毛を強くみせて保護することで、健康的で濃い、理想的なつややかさを持ったまつげに仕上げてくれますよ。
お値段は、税抜で1,600円です。
続いてご紹介するのは、「アヴァンセ」です。
おすすめ商品は「ラッシュセラム EX」というまつげ美容液です。
養毛成分(パントテン酸誘導体、感光素)配合により、ツヤとハリを保ち理想的な美しいまつげに仕上げてくれる医薬部外品の美容液です。また、ビューラーやメイクなどで傷んだキューティクルを守るシルクエキスも配合されています。
無香料・無着色・オイルフリーなのも嬉しいですよね。マスカラタイプで根元からしっかり塗ることができます。お値段は、税抜1,800円です。
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/SMIMGL4043_TP_V.jpg
今回は、まつげ美容液の正しい使い方と、おすすめのまつげ美容液のメーカーもご紹介してきましたが、いかがでしたか。
プチプラコスメのキャンメイクをはじめ、コスメブランド、スキンケアブランド、ヘアケアブランドなどさまざまなメーカーがまつげ美容液を販売しています。それぞれの商品に違った特徴があるので、自分の理想のまつげに近づくためにぴったりの商品を探してみてくださいね。
正しい使い方のコツをつかんで、継続してまつげケアを行えば、効果は必ず出てきます。ぜひ、毎日のまつげケアに力を入れてみてください。