Ipnj3pvygv76irisskan

芸能人

CATEGORY | 芸能人

デーブ・スペクターの妻や子供は?母は?年齢・学歴・生い立ちもまとめ!

2018.07.22

コメンテーターとして活躍するデーブ・スペクターさんですが、妻や子供の存在について謎が多いですよね。今回は、デーブ・スペクターさんの年齢や学歴、出身校など生い立ちに迫るとともに、妻や子供の存在、そして英語は話せるのかなどについてご紹介します。

  1. デーブ・スペクターの妻や子供情報【プロフィール】
  2. デーブ・スペクターの妻や子供情報【学歴は?】
  3. デーブ・スペクターの妻や子供情報【生い立ち~学生時代】
  4. デーブ・スペクターの妻や子供情報【生い立ち~旅行案内員】
  5. デーブ・スペクターの妻や子供情報【生い立ち~放送作家】
  6. デーブ・スペクターの妻や子供情報【生い立ち~コメンテーター】
  7. デーブ・スペクターの妻や子供情報【実は事務所の社長】
  8. デーブ・スペクターの妻や子供情報【生い立ちにまつわる噂】
  9. デーブ・スペクターの妻情報【子供はいるの?】
  10. デーブ・スペクターの妻や子供情報【現在の活動】
  11. デーブ・スペクターの妻や子供情報
引用: https://i.pinimg.com/564x/60/a5/22/60a522811395f29976d92fc157cfea41.jpg
デーブ・スペクターさんはコメンテーターとして日本のワイドショーを中心に活動しています。コメンテーター以外にも、テレビプロデューサー、放送作家、著作家、そして芸能事務所の社長としての顔も持っています。デーブ・スペクターさんはアメリカ・イリノイ州シカゴ生まれのアメリカ人です。

年齢は?

デーブ・スペクターさんの年齢は64歳です。1954年5月5日生まれで、年齢を計算すると64歳になります。コメンテーターとしてテレビで出演する以上、お肌のケアはきちんとしているそうで、そのため、年齢不詳な一面があり「デーブ・スペクターの年齢っていくつ?」といった話題がネットで飛び交うのもうなづけます。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1508768088800-43c68b8ea271?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=5cccf2b79cfdd13095d24bf69c376cfb&auto=format&fit=crop&w=1267&q=80
ここからは、デーブ・スペクターさんの学歴についてご紹介します。後ほどご紹介しますが、デーブ・スペクターさんはテレビではお馴染みですが、謎が多いことでも有名で、さまざまなウワサがあります。わかる範囲でデーブ・スペクターさんの学齢について迫ってみました。

出身校①シカゴの学校を卒業

デーブ・スペクターさんはシカゴで生まれ、学生時代を過ごしました。どこの高校へ通っていたのか、学歴が不明のためわかりません。

出身校②上智大学に留学

1972年18歳の時に上智大学に留学します。学部・学科など詳細な学歴は不明ですが、日本語について学んでいたと考えられます。

出身校③シカゴ放送学校を卒業

上智大学留学後、再びシカゴに戻り「シカゴ放送学校」を卒業します。放送学校というだけあって、当時より放送関係の仕事に就くことを目指していたと考えられます。デーブ・スペクターさんの学歴については、そのほかの情報がないため、上智大学留学とシカゴ放送学校を卒業したことしかわかりませんでした。デーブ・スペクターさんは年齢のみならず、学歴、出身校でも不明点が多いことがわかりました。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1427504494785-3a9ca7044f45?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=b7663245abc0a7bd9c42c723c731eb80&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
出身校をご紹介しましたが、ここからは学生時代の出来事についてご紹介します。デーブ・スペクターさんは日本語が堪能なため、英語は話せないといったウワサがありますが、学生時代の大半を地元シカゴで過ごしました。

日本語に興味を持ったきっかけは「ワタル君」

11歳の時、デーブ・スペクターさんが通っていた学校に日本から転校してきた少年がいます。名前は「ワタル」と言い、デーブ・スペクターさんは彼と仲良くなりたいと考え「郵便局はどこですか?」という日本語のフレーズを一生懸命覚えました。そして、ワタル君の前で披露すると「君は、日本語が上手なんだね」と褒めてくれました。この出来事がきっかけで日本に対する興味が強くなりました。

少年漫画で日本文化を学ぶ

デーブ・スペクターさんとワタル君はすっかり仲良くなり、また日本への興味がより一層強まったデーブ・スペクターさんは、ワタル君が持っていた「週刊少年サンデー」や「週刊少年ジャンプ」を借りて日本語や日本文化について学びました。デーブ・スペクターさんの日本語能力は当時から高く、日本人学校をアメリカ人ながら首席で卒業してしまいます。この話は現在でも有名であり、50年以上語り継がれています。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1505022610485-0249ba5b3675?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=f5f7e68c5df4c4fbcdf755c192ce5be9&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
大学卒業後、デーブ・スペクターさんは劇団に所属したり、コメディ・ライターとして活動したり、ABCテレビ番組プロデューサー兼日本特派員として日本に訪れるなど、さまざまな職種を転々としました。その後、旅行案内員としてアメリカで日本人を案内していた時、運命の出会いが訪れます。

「ユウゾウ」と名乗り日本人を案内

デーブ・スペクターさんは1976年、22歳から副業で旅行案内員としてアメリカで働いていました。日本人旅行客相手に、アメリカ各地を案内する仕事でした。デーブ・スペクターさんは当時憧れの存在だった歌手・俳優の加山雄三さんの名前を借りて「ユウゾウ」と名乗り働いていました。

ホテルコンシェルジュの女性と結婚

旅行案内員としてロサンゼルスのリトル・トーキョーにある「ホテルニューオータニ・ロサンゼルス(現:キョート・グランド・ホテル・アンド・ガーデンズ)」に立ち寄り、ホテルのコンシェルジュをしていた女性「青木京子」さんと出会います。この縁がきっかけで5年後の1981年(当時27歳)に結婚します。
青木京子さんについては年齢や出身校など不明ですが、現在役員であるデーブ・スペクターさんの事務所兼コンサルティング会社「株式会社スペクター・コミュニケーションズ」のプロフィールを見ると、出身地は千葉県になっています。日本で生まれたのち、アメリカに渡り働いていたようです。ホテルのコンシェルジュということもあり、英語は堪能だと考えられます。

日本とアメリカを行き来する生活

結婚後、本職であるABCテレビ番組の仕事が忙しくなりデーブ・スペクターさんは、アメリカと日本を行き来する生活を約7年間続けました。妻の京子さんは1983年に日本に戻りヒルトン東京で長期滞在をしていました。デーブ・スペクターさんと離れ離れの生活を送っていたようです。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1501141178950-e7fa06e4adf5?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=2903836d0d6fdf6a41485bcbfa3ebc68&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
番組プロデューサー、そして旅行案内員として活動したデーブ・スペクターさんは、その後、日本のテレビ番組に芸能界デビューを果たします。ここからは、日本での活動についてご紹介します。

「デーブ・雄三・スペクター」名義で芸能界デビュー

デーブ・スペクターさんは、フジテレビ系列バラエティ番組「笑っていいとも!」に出演します。当時は「デーブ・雄三・スペクター」と名乗っていました。またテレビ東京系列番組「おもしろプレヌーン」にも出演、巧みな話術と堪能な日本語で注目が集まります。テレビパーソナリティーとしての活動の幅を広げていき、ドラマやCMにも出演するようになります。

数々の番組の構成に参加

タレントとして活躍する一方、番組プロデューサーとしての経験を活かしコメンテーターとしても活躍します。また、1985年5月から9月までフジテレビ系列深夜バラエティ番組「夜はタマたマ男だけ!!」や、子供番組「ひらけ!ポンポッキ!」の番組構成にも携わるなど、放送作家としても活躍します。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1515787366009-7cbdd2dc587b?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=8812dae86619e2e88fdc7e26d13f0feb&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
番組プロデューサーや放送作家としての顔を持つデーブ・スペクターさんは、1990年代以降、テレビコメンテーターとして番組に出演する機会が増えていきます。ここからは、コメンテーターとしての活動をご紹介します。

「ダジャレを言うアメリカ人」として人気

ワイドショーを中心にデーブ・スペクターさんは、コメンテーターとして活躍しています。情報量の多いこともさることながら、ダジャレ好きのアメリカ人としても人気です。2009年には「好きなコメンテーター」部門で第1位を取るなど、その人気はうなぎ登りです。ちなみに、デーブ・スペクターさんが日本に来日して初めて言ったダジャレは「住めば都はるみ」、「案ずるより横山やすし」でした。

得意分野は「海外の芸能ニュース」

現在はフジテレビ系列情報番組「とくダネ!」や、テレビ朝日系列情報番組「ワイド!スクランブル」、TBS系列情報番組「サンデージャポン」などに出演、海外の芸能ニュースを発信しています。得意な(?)英語を武器に、最新海外ニュースを紹介しています。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1498712938623-d2bee166c195?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=857781bfd61bf934a265f9ac0e24e01b&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
デーブ・スペクターさんは、コメンテーターとして現在は有名ですが、実は会社の社長でもあります。1988年に設立した「株式会社スペクター・コミュニケーションズ」は、芸能事務所である一方、日本と海外メディアの交流と発展を目的とした事業を展開しています。デーブ・スペクターさんと妻・京子さんは共同で代表取締役に就任しています。また事務所には、ファッションデザイナー桂由美さんなどが所属しており、芸能プロダクション社長としても活躍しています。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1472746729193-36ad213ac4a5?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=27aecaf25f31cf45d2de3ad774dad6ed&auto=format&fit=crop&w=1349&q=80
デーブ・スペクターさんはダジャレ好きのアメリカ人として知られていますが、デーブ・スペクターさんが英語を話している姿を見たことがない点や、ダジャレ好きなどから数々のウワサがあります。ここでは、デーブ・スペクターさんにまつわるウワサをご紹介します。

生い立ちにまつわる噂①埼玉県出身説

デーブ・スペクターさんは埼玉県出身というウワサがあります。ダジャレ集めが趣味であったり、アメリカ人らしからぬ言動などがウワサが流れた理由でしょう。埼玉県出身説を最初に言い出したのは、タレントであり放送作家の高田文夫さんと言われています。1992年頃、高田文夫さんが「デーブ・スペクターは埼玉県出身だ」と言ったことがきっかけで、スポーツ紙「東京スポーツ」が1面で扱ったことから、デーブ・スペクターさんが埼玉県出身というウワサが広まりました。
また自身でも「英検3級(正式名称:実用英語技能検定試験3級)を持っている」などとジョークで話しており、これが本当のように扱われていると考えられます。しかし、デーブ・スペクターさんは実際に英検1級を受けたことがあり、見事合格しています。また、番組の企画でとある大学の英語の入試問題を解いたとき「この表現(英語の問題文)は、100年前の英語だよ。現在では古臭くて通用しない」と批判、英語の入試問題の内容を検討させるような発言をしました。

生い立ちにまつわる噂②CIAスパイ説

引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/freee151108008528_TP_V1.jpg
デーブ・スペクターさんは、アメリカの諜報部「CIA」のスパイなのではというウワサがあります。出どころは、以前デーブ・スペクターさんが出演していたバラエティ番組「笑っていいとも!」に出演中、いいとも青年隊として出演していた久保篤さんが、デーブ・スペクターさんが当時住んでいたホテルに久保篤さんが訪れた時、テレビ用機材が多数設置されていたことを「笑っていいとも!」で語っています。
久保篤さんは「デーブはCIAのスパイなの?」と尋ねたことを明かしており、この話が本当かのように広まったことがウワサの出どころでした。現在もデーブ・スペクターさんは時折ジョークでCIA諜報員であると言って笑いを誘っています。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1508883062954-f76d6ac51adf?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=5f898eec3bae59fb138aa5a1e89523f0&auto=format&fit=crop&w=1349&q=80
デーブ・スペクターさんと妻・京子さんは40年近く夫婦として生活していますが、子供はいないようです。アメリカと日本を行き来する生活や、日本での放送作家、コメンテーターとしての活動が忙しいため子供は作れなかったのか、はたまた子供を作る予定はなかったのか不明ですが、デーブ・スペクターさんには子供はいませんでした。
引用: https://images.unsplash.com/photo-1492138786289-d35ea832da43?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=2bca82c52fd329e4180adea624a3019d&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
デーブ・スペクターさんの現在の仕事についてご紹介します。

コメンテーターとして出演

デーブ・スペクターさんは2018年現在もワイドショーを中心に、コメンテーターとして出演しています。海外の芸能ニュースを取り上げる一方、アメリカの大統領選についても独自の目線で報道するなど「デーブ流」は健在です。また、日本の芸能ニュースに関してもコメントを寄せており、時には痛烈な批判をするなど毒舌ぶりを発揮しています。

ついにハリウッド進出?

2008年7月公開のハリウッド映画「ワン。ミス・コール」にデーブ・スペクターさんが出演しました。日本映画「着信アリ」のハリウッドリメイクとして制作されました。デーブ・スペクターさんは初のハリウッド映画出演作ということもあり意気込んでいましたが、本人は辛口コメントで撮影を振り返っています。映画ではデーブ・スペクターさんが英語での会話を見ることができる貴重な作品です。
デーブは作中で登場するTV番組のスタッフ役で出演しており、「僕がいなければこの映画は成り立たなかった」と豪語してみせたものの、その後は「台詞は2つしかなく、1つはカットされた」「ギャラは悪くなかった。『サンジャポ』(TBS系/サンデー・ジャポン)よりは高かった」など身も蓋もない発言を連発。「僕が英語でしゃべっているだけでビックリすると思う。僕が出ていること自体がホラーです」

引用: https://images.unsplash.com/photo-1485819665514-881a8f294f7a?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=40d37bf388b6a8971212d0b014fde2f5&auto=format&fit=crop&w=1350&q=80
デーブ・スペクターさんの年齢や学歴、出身校など生い立ちを辿ると、日本語に触れた少年が日本とともに歩んできたことがわかりました。番組プロデューサーや放送作家などの顔を持っている一方、現在は日本のコメンテーターとしてダジャレを交えつつ活躍しています。
さまざまなウワサが流れていますが、デーブ・スペクターさんはどれも笑いに変えて自身のネタにしてしまうなど、心の広さが伺えます。現在はコメンテーターとしてテレビに出演する以外にも、日本と海外を繋ぐ橋渡し役として活動しています。今後のデーブ・スペクターさんの活躍に注目しましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BPZTn0qDZ6t/?tagged=%E3%83%87%E3%83%BC%E3%83%96%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC