Cnpls0advan0vprtfgvg

スキンケア

CATEGORY | スキンケア

【完全マニュアル】知っておきたいスキンケアの正しい順番と使い方!

2018.02.03

あなたは正しいスキンケアの順番そして方法を知っていますか?間違ったスキンケアの順番をずっと続けていてはいませんか?今は何もトラブルが起きていなくても、この先も肌を守っていく為にも正しいスキンケアの順番と方法をしっかり理解していきましょう。

  1. あなたは大丈夫?間違ったスキンケアの順番や使用方法!
  2. 正しいスキンケアの順番や使用方法とは?
  3. 具体的な正しいスキンケアの順番と使用方法!
  4. ① 人肌程度の温度のぬるま湯でやさしく洗顔する
  5. ② 柔らかいタオルで優しく肌の水分を拭き取る
  6. ③ 化粧水を一回の適用量をとり(基本は500円玉程度)優しく顔を包み込んでしっかりとつける
  7. ④ しっかりと化粧が馴染んだら、美容液を適量とり保湿していく
  8. ⑤ 美容液で肌に栄養をいきわたらせたら、最後に乳液でふたをする
  9. その他のスキンケアグッズの正しい使用方法!
  10. スキンケアで美容クリームを使用する場合
  11. スキンケアでクレンジングを使用する場合
  12. スキンケアにパックを使用する場合
  13. スキンケアにオイルを使用する場合
  14. 正しいスキンケアの順番や使用方法は分かりましたか?
沢山化粧品は持っているけど、順番がよく分かっていない。正しい使用方法が理解できてない。なんて人は意外に多いものです。しっかりと正しいスキンケアの順番と方法を知り、毎日コツコツと積み重ねる事でそれぞれの化粧品がもっている効果を実感してメイク知らずの透明感のある肌へと仕上がります。それでは、皆が間違いやすいスキンケアの順番や使い方の例をいくつかならべてみようと思います。

洗顔中は泡で!洗顔後はタオルで!ごしごし顔を傷つけてない?

洗顔中に泡でごしごしとはだをこすって洗うやり方は一見汚れがしっかり落ちていそうですが、実は肌を傷つけていたり肌の乾燥を促進している可能性が高い間違った方法です。また、洗顔後タオルでごしごしと顔を拭く行為も肌を傷つけて角質層を破壊してしまう恐れがあります。

順番を間違えたり毎日しっかり、毛穴パックやスクラブ洗顔で汚れを落としてない?

毛穴の黒ずみやほほの毛穴が気になるからと言って、毎日しっかり毛穴パックやスクラブでの洗顔をしてしまってはいませんか?毛穴パックやスクラブ洗顔などの化粧品を使っている場合、肌の負担を考えると効果が逆効果になってしまう場合があります。大切なのは、しっかりとその後肌を保湿する事ですので化粧品を使う順番を間違えない様にして下さい。

ニキビがあるからや脂肌だからという理由で一日に何度も洗顔してはいない?

ニキビや脂肌が気になるからといって一日に何度も洗顔してしまうと、肌が乾燥してしまいます。その乾燥を防ごうとして余計に顔の水分量が上がってしまいニキビが悪化したりさらに脂肌になってしまうといった悪循環が起きる可能性がとても高いです。基本的に洗顔は一日に朝と夜の2回までにしておいて、どうしても汗をかいたりした場合はぬるま湯で優しく洗ってあげると良いでしょう。

一日に何度も肌を触ったりいじったりしてない?

肌荒れが気になるからといった理由で、一日に何度も肌に触れてしまってはいませんか?また、しらずしらずのうちに頬杖をつくなどして触っていてはいないでしょうか。手には何億の菌がいるといわれているほど、ばい菌が多いのです。そんな手で肌を触ってしまうと、肌に刺激や摩擦が起きて炎症してしまったりニキビなどが出来てしまう可能性が高いのでやめましょう。
それぞれの化粧品にあった正しい方法をしていないと本来もっている効果を実感する事は難しいでしょう。それでは具体的に、どの様な順番でスキンケアをしていけば良いのでしょうか。自分が普段使っている化粧品を思い浮かべながら見てみて下さいね。
この時、注意してほしいのが『人肌程度のぬるま湯』という点です。冷水だと、この後の化粧水や美容液などが入りにくくなってしまいます。逆に、熱いお湯になると肌に刺激を与えて火傷や角質層を傷つける可能性が高いです。ぬるま湯でやさしく洗顔してあげる事で毛穴もひらいて、低刺激で顔を洗う事が出来ます。
出来るだけ、繊維が柔らかくて肌に低刺激のタオルを使用してください。また、上下にごしごしとこするのではなくポンポンと水分を優しく叩きながら拭き取る事により、摩擦や刺激を与える事がなく水分を取り除く事ができるでしょう。決して、強くこすったり固いタオルを使わない様にしてください。
一回の適用量は、それぞれの化粧品のメーカーや特徴により変わってくるので自分が使用している化粧水を確認してみて下さい。基本的には、500円玉程度が一回の適用量であるとされています。また顔につけるときも、優しく包み込むようにしてつけて下さい。パンパンと叩いたり、こすってつけると肌に刺激を与えてしまい角質層を傷つける可能性が高いので注意しましょう。
しっかりと化粧水をつけたら、美容液で保湿していきます。この時気を付けてほしいのが、美白成分を含んでいる美容液は朝は使用しない事をおすすめします。美白成分を含んでる美容液を朝つけてしまうと、紫外線に肌が弱ってしまうので一日の始まりの時に使用するのは向いていません。しっかりと美白効果を高めるためにも、夜に使用する様にしてください。
最後の仕上げに乳液をつけます。この時も、それぞれの化粧品によって適用量を知りそれ以上や以下になる事の無い様にしてください。また、美容液と同じで美白成分を含んでいるものやUV乳液などは肌が紫外線に弱くなってしまう為、外出の多い朝に使用するのはおすすめしません。夜に出来るだけ使用する事で、その化粧品のチカラを存分に発揮する事もできますよ。
基礎化粧品の正しい使い方、順番を解説していきました。では、その他の化粧品を使用する場合の注意点や正しい使い方はどうなのでしょうか。もちろんこの場合もそれぞれ、正しい使い方で使用する事で最大限の効果を感じる事が出来ます。
美容クリームは乳液や化粧水などよりも油分を多く配合しています。そのため、フタとしてスキンケアの最後に使用すると良いでしょう。すぐに美容クリームを使用してしまうと肌に必要な水分を入れる前にフタをしてしまう事になり、乾燥やニキビなどの肌トラブルを招く原因となるのでしっかり順番を守りましょう。
クレンジングは、一日の化粧を浮き出して落としてくれる役割をもっています。そのため、洗顔をする前に使用してください。化粧残りがあると、毛穴のつまりや肌トラブルの原因となってしまうのできちんと洗顔前に落とす事が大事です。また、クレンジング化粧品にはクリーム状のものやスクラブのものまたはジェルなど様々な種類がありますので自分の肌の状態にあったものを使用してください。
パックは化粧水で補えきれなかった水分を肌に与える役割をもっています。順番としては、化粧水→パック→美容液が正しいです。また、たとえパックにまだ水分や美容エキスが残っていたとしても必ず使用時間を守って下さい。早すぎたら、充分にパックの効果を得られませんし逆に長すぎたら、肌の乾燥を促進させたりその後の乳液や美容液の効果を十分に得る事が出来なくなるので注意してください。
化粧水では補えなかった栄養を肌に与える役割をもっています。そのため、順番としては化粧水→オイル→乳液が正しいでしょう。オイルでパックをする場合も、パックを使用する場合と同じく使用時間や量を守って下さい。また、オイルでマッサージをする場合は強くこすってしまうと肌に刺激を与えて余計に肌トラブルを招いてしまう原因となりますので、優しく円を描く様にと意識してください。
正しいスキンケアの順番や使用方法を知る事は出来ましたか?自分の素肌が綺麗だとメイクのりもよくなりますし、なにより自信を持つことができますよね。綺麗な素肌は一日では手に入れられません。コツコツと毎日正しく続ける事で、徐々に輝いていくでしょう。一生懸命頑張っているのに、間違った方法をしていると綺麗になるものもなりません。今回の記事で、あなたのスキンケアへの理解が深まる事が出来れば幸いです。