Wkhbnzbkchztuvrmovo7

雑貨

CATEGORY | 雑貨

お風呂用アロマキャンドル10選!おすすめポイントや注意点を徹底解説!

2018.02.13

お風呂でアロマキャンドルを使うと癒しの効果がアップするといわれています。お風呂でアロマキャンドルを使うときにオススメのキャンドル10選と100均アロマキャンドル、またお風呂でアロマキャンドルを使う時の注意しなければいけない点や安全なやり方も合わせて紹介します。

  1. お風呂でおすすめのアロマキャンドル10選!
  2. 【おすすめ】プチ贅沢なアロマキャンドル
  3. GLASSHOUSE(グラスハウス) アロマキャンドル
  4. THANN(タン)アロマキャンドル
  5. PARKS(パークス) アロマテラピーキャンドル
  6. ROSY RINGS(ロージーリングス)ボタニカルキャンドル
  7. SABON(サボン)スモールティンキャンドル
  8. diptyque (ディプティック)フレグランスキャンドル
  9. milenasboutique(ミレナーズブティック)ミレナーズキャンドル
  10. 【おすすめ】コスパがいいアロマキャンドル
  11. arokandela(アロカンデーラ)アロマキャンドル
  12. ソングスオブネイチャー アルファベットフレグラントキャンドル
  13. ぷかぷか バスキャンドル
  14. 100均で見つけるアロマキャンドル
  15. お風呂でアロマキャンドルを使うときの注意点
  16. お風呂でアロマキャンドルを使うやり方
  17. お風呂でアロマキャンドルを使って癒されましょう!
アロマキャンドルといっても、たくさんの種類がありますよね?お風呂で使うのにおすすめのキャンドルをちょっと贅沢なキャンドルとお手頃価格で手に入るキャンドルにわけてご紹介します。
少し価格は高めですが、天然由来の素材をふんだんに使用していてお風呂使いにも安心なキャンドルが多いのが特徴です。香りも天然のエッセンシャルオイルを使用した癒される優しい香りのアロマキャンドルがおすすめです。
グラスハウスはシドニー生まれのフレグランスブランドで、大人の女性向けな上品な香りとパッケージが特徴的です。またアロマキャンドルの芯が2本になっているので、早く香りを広げることができ、ロウは食品に使用可能なグレードのパラフィンを使っているのでお風呂での使用も安心です。
タイ発の高級スキンケアブランドTHANNのアロマティックキャンドルは、天然素材のヤシ油を使用したナチュラルなキャンドルです。香りは『アロマティックウッド』『オリエンタルエッセンス』『エデンブリーズ』の3種類があり、中でもベストセラーの『オリエンタルエッセンス』は、レモングラスの香りでお風呂でのリラックスタイムにおすすめです。
イギリスの高級キャンドルメーカー『パークス』のアロマテラピーキャンドルは、100%天然のエッセンシャルオイルを使用し、ワックスもパラフィンフリーなのでお風呂でも安心して使用できます。人気のあるラベンダーやローズなど10種類以上のバラエティー豊富な香りが魅力です。
ハンドメイドの製法で作られたボタニカルキャンドルは、本物の花やフルーツが使われていて集めたくなってしまうような美しいキャンドル。二重構造のため外側の模様の部分は溶けずに残るので、内側の光が模様を浮き立たせて幻想的な灯りを楽しめます。写真の『スパイシーアップル』は、アップルパイのような甘さに、やわらかなトンカビーン、バニラエッセンス、バルサムをプラスした香りですが、ほかにも種類豊富な香りが揃っています。素材も天然ワックスを使用しているのでお風呂で使うのにぴったりですね。
『サボン』はイスラエルのハンドメイドコスメブランドで、多くの有名人やセレブが愛用していることで有名です。この繊細な柄の缶入りアロマキャンドルは、心落ち着くアンバーの香りでリラックスタイムにぴったりなのでお風呂を癒しの空間で満たしてくれそうですね。
パリ発の『ディプティック』は、アロマキャンドルの代表的な定番ブランドです。置いてあるだけでも奥深い豊かな香りが漂うフレグランスキャンドルは、燃焼時間も約30時間と長いのも特徴です。グラスのラベルも洗練されたグラフィックでそれぞれの香りのネーミングが描かれており、シンプルなおしゃれ感が人気です。
ハリウッドセレブが愛用している『ミレナーズブティック』のアロマキャンドルは、天然のソイワックスとエッセンシャルオイルだけで作られているので、とけたロウをマッサージオイルとしいても使用できるのが魅力です。お風呂で香りとキャンドルのあかりを楽しんだあとにマッサージもできてしまうので、週末のご褒美に使うのもよいですね。
そんなにたくさんお金をかけたくなくても、コスパのいいアロマキャンドルもあります。ちょっと試しにお風呂でアロマキャンドルを使ってみたいと思ったときにおすすめです。
アロカンデーラは名古屋市にファクトリーがあるハンドメイドアロマキャンドルブランドです。ソイワックスを使用しており、濃厚な香りが特徴で50種にも及ぶ豊富な香りのラインアップがあるのでどの香りを選ぼうがワクワクしてしまいます。香り選びに迷ったら約7時間燃焼のティーライトで香りのお試ししたり、バスタブに浮かべるタイプのキャンドルホルダーに入れてバスタイムに楽しむのもいいですね。
ベジタブルワックス100%でお風呂で使うにも安心なフレグラントキャンドル。よくお洒落な雑貨屋さんで販売しているのを見かけませんか。プチプラですが、シンプルな中にも高級感がありプレゼントにもいいですね。
ペガサスキャンドルという日本のキャンドルメーカーが製造している、お風呂に浮かぶアロマキャンドルです。水面からの高さが普通のキャンドルより高くなる構造と計算された球形で、水が入りにくい設計になっているのでお風呂に直接浮かべて楽しむことができます。
ぷかぷか バスキャンドル フォレスト
価格 ¥ 734
ダイソーやセリアなどの100均でもアロマキャンドルを多く見かけます。香りや色などのバリエーションも豊富ですし、キャンドルホルダーも一緒に陳列されているのでで手軽にアロマキャンドルを楽しみたいときにはおすすめです。
100均のキャンドルホルダーはシンプルなものからかわいいものまでたくさんあります。キャンドルホルダーの中のキャンドルの光が模様を浮きだたせているのも幻想的です。
ダイソーにはたくさんのアロマキャンドルとバラエティ豊かなキャンドルホルダーが販売されています。100均でこんなにも商品があるのは驚きです。工夫次第では100均グッズでコスパのいい楽しみ方ができそうです。
100均にはカラフルでかわいいアロマキャンドルの種類が豊富ですが、天然成分だけで作られていないためお風呂で使う場合は特に換気に注意して長時間使用しないようにしてください。

【注意点その1】お風呂を必ず換気!

一番の注意点は、換気です。締め切った浴室内でキャンドルを長時間使用すると、一酸化炭素中毒の恐れがありますので換気扇を回すことを忘れないようにしましょう。とくに複数のキャンドルを使用するときや100均のアロマキャンドルを使用する場合は、必ず換気をするようにしてください。

【注意点その2】キャンドルを置く場所に注意!

キャンドルは高温になるため、置く場所にも注意が必要です。必ずキャンドルホルダーなど耐熱容器に置くように気を付けてください。風呂蓋などプラスチック製品の上に直に置くと、溶ける可能性があるので要注意です。

【注意点その3】溶けた蝋に気を付けて!

キャンドルの溶けた蝋はかなり高温のため、移動するときに蝋が垂れて火傷する心配があります。移動させるときは慎重に動かすようにしましょう。

【注意点その4】排水口に流さないで!

溶けた蝋をお風呂の排水口に流さないように気をつけましょう。排水管内で冷えて固まると詰まりや故障の原因となり業者を呼んで修理する羽目にもなりかねません。
まずは好みの香りのアロマキャンドルを耐熱容器に入れ安定感のある場所に置きましょう。火をつけて準備が整ったら、電気を消アロマキャンドルの炎の揺らぎと温かみのある光でリラックス。換気扇は回しておきましょう。お風呂を上がるときにはキャンドルの蝋に気を付けてください。かなりの高温になっているので取り扱い注意です。

やり方の例その1

さらに癒しの効果があがるやり方として好きな音楽や小鳥のさえずりなどリラックスできる環境音楽を取り入れるのもステキです。

やり方の例その2

湯船に花を浮かべるやり方ももラグジュアリー感があり満たされた気持ちになれそうです。

やり方の例その3

お風呂にグリーンを取り入れるのも癒し効果があるやり方です。森林浴の気分も味わえますね。

やり方の例その4

こんな風にバスタブの周りにティーライト型のキャンドルをたくさん並べるのもお洒落です。リッチなバスタイムを味わえますね。
ここまでお風呂で使うのにおすすめのアロマキャンドルを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?注意点もいくつかありますが、ルールを守れば安心して使用できます。お風呂でアロマキャンドルの灯りを眺めながら、癒される香りに包まれたリラックスタイムを楽しみましょう。