Jyxe9takatwqlncazbzh

ウェディング

CATEGORY | ウェディング

手作り可能なウェディングアイテムおすすめ10選!【女性必見】

2019.02.04

ウェディングアイテムを手作りしたい!でもどんなものが作れるのかな?結婚式はワクワクするけど、初めてのことで何を準備すればいいのか分からないですよね。今回はそんなプレ花嫁さんのために、手作り可能なウェディングアイテムをご紹介します。

  1. オシャレなウェディングアイテムを手作りしたい!
  2. 手作りウェディングアイテム1『リングピロー』
  3. 手作りウェディングアイテム2『リボンワンズ』
  4. 手作りウェディングアイテム3『ウェルカムボード』
  5. 手作りウェディングアイテム4『ロゼット』
  6. 手作りウェディングアイテム5『ガーランド』
  7. 手作りウェディングアイテム6『フォトプロップス』
  8. 手作りウェディングアイテム7『ペーパーアイテム』
  9. 手作りウェディングアイテム8『テーブルサイン』
  10. 手作りウェディングアイテム9『プチギフト』
  11. 手作りウェディングアイテム10『アクセサリー』
  12. 手作りアイテムで思い出に残る結婚式にしよう!
Wtpbtc8b2kgcffhj7cbu
引用: https://unsplash.com/photos/8u5JvXfp4uw
結婚式準備は、やることも考えることもたくさん!でも、何かひとつでもウェディングアイテムを手作りしたいですよね。

おすすめの手作りアイテムは『小物』

ウェディングアイテムを手作りするなら、『小物』がおすすめです。小さなものなら自宅の限られたスペースでも作れます。それに、どのくらいの時間が必要かも把握しやすいですよね。例えば、ウェディングドレスを作るのは現実的ではありませんが、ドレスの飾りやアクセサリーなら手作りしやすいアイテムと言えます。

作る時間があるか?を考えて手作りアイテムを選ぼう!

結婚式に必要なアイテムは無限大!極端に言えば、飲食に関わるもの以外なら、ほとんどのものが手作りできます。とはいえ、全てを自分たちで準備するのは現実的ではありません。いっぱいいっぱいにならないで作れるアイテムを選び、楽しく準備を進めていきましょう。周囲の協力を得ながら準備するのも、結婚式の醍醐味です!
Fbu0gtcdhtcdcmx7qxri
引用: https://unsplash.com/photos/SurmPrJ4Rts
結婚式のとき、ふたりの指輪を乗せておくリングピローは、ハンドメイド率No1。キットも販売されているし、キットを使わなくても手作りしやすいアイテムです。

裁縫好きな人におすすめ!刺繍のリングピロー

シンプルなリングピローなら、サテン布を四角く縫って綿を詰め、指輪を引っかけるリボンをつければOK。でも、こだわり派の花嫁さんには刺繍がおすすめです。オリジナルのデザインで、個性的なリングピローが作れます!

縫い物が苦手でもオシャレに仕上がる!ボックスタイプのリングピロー

縫い物が苦手な人には、「ボックスタイプのリングピロー」がおすすめです。オシャレな箱やガラスケースに、好きなものを詰め込むだけ!時短で簡単に手作りすることができます。
Dz5gmr3rmcvtkbzhoz56
引用: https://unsplash.com/photos/XsmfoZl6a8Q
結婚式の定番の演出「フラワーシャワー」も多様化!今は手作りアイテムのひとつになっています。

オシャレ花嫁からの人気急上昇!リボンワンズ

スティックにたくさんのリボンをつけた「リボンワンズ」は、挙式後の演出としてすっかりお馴染みになりました。ヒラヒラと揺れるリボンが可愛らしく、鈴をつければ音色も素敵です。ゲストの人数分用意するのは大変そうに思えますが、作り方は簡単です。スティックにお好みの長さのリボンを固定するだけ!披露宴の入場など様々なシーンで使えるので、頑張って作ってみては?

リボンを結ぶだけ!簡単にハンドメイドするならリボンシャワー

リボンワンズよりももっと簡単に作りたい!そんなプレ花嫁さんには「リボンシャワー」がおすすめです。リボンを結ぶだけの簡単ハンドメイドで、フラワーシャワーの代用ができます。
会場の入り口に飾る「ウェルカムボード」もハンドメイド率の高いアイテムです。シンプルなものなら、文字をプリントした紙をフレームにいれるだけ!造花などで飾れば可愛らしいウェルカムボードが作れます。

DIY感覚で楽しくハンドメイド!ストリングアート

最近人気なのは、「ストリングアート」のウェルカムボード。凝ったデザインに見えますが、作り方は案外簡単です。お好みの板に釘を打ちつけ、糸を張り巡らせるだけ。新郎さんは釘打ち、花嫁さんは糸を担当!とふたりの合作にしてもいいですね!
フリルリボンが可愛い「ロゼット」は、コサージュにも席札代わりにも使えるアイテム!上品なデザインで、ウェディングシーンにもぴったりです。ゲストの人数分作るのは手間がかかりますが、頑張った分満足度も高いでしょう。

オシャレ花嫁におすすめ!フリルが可愛いロゼット

フリル部分はサテンリボンで作るのが定番ですが、チュールやオーガンジーの布を利用するのもおすすめです。中央は缶バッチやくるみボタンのベースを利用して、名前はプリントできる布を活用しましょう。フリル部分は、予めプリーツ加工してあるリボンを使えばお手軽です。厚紙を土台にして、パーツを張り付けていけば完成です!
撮影小物として利用すれば、インスタ映え間違いなし!の「ガーランド」も、ハンドメイド可能なアイテムです。布にポスターカラーで文字を書いたり、紙に印刷して作ったりと、アイディア次第でオシャレなガーランドが作れます。

コーディネートとしても活躍!リボンのガーランド

リボンを組み合わせれば、豪華な会場のコーディネートのひとつにもなりますよ!『WELCOM』というメッセージにすれば、ウェルカムボードの代わりとしても使えます。
キャンディーみたいなネーミングの「フォトプロップス」は、撮影小物を意味します。オシャレなフォトプロップスを用意すれば、当日の写真がより華やかになりますよ!ピースサインばっかりになってしまいがちなゲストにも、嬉しいアイテムとなるでしょう。作り方も簡単!スティックに、好みの形にくり抜いた紙を固定するだけです。

インスタ映えにおすすめ!ジャイアントフラワー

インパクト大!のジャイアントフラワーも、フォトプロップスとして使えます。さらに、演出や会場コーディネートにも使え、大活躍のアイテムになります。実はこの花びら、紙で作ることができるんです。画用紙や張りのあるラッピングペーパーを、花びら型に切って組み立てていくだけ。芯には極太ワイヤーや、木製の丸棒を使うといいでしょう。
Eglytzqtzap1rbleytez
引用: https://unsplash.com/photos/tgmGOhXVuoI
パソコンでデザインを作れば簡単に出来る「ペーパーアイテム」も、手作りにおすすめです。結婚式で使うペーパーアイテムには、「招待状・席札・席次表・プロフィール表・料理メニュー表」などがあります。デザインを揃えたいなら全部作るのもいいですが、不安な場合は「席札とメニュー表だけ」としぼって作りましょう。
手作りに「料理メニューや席札」をおすすめするのは、前もって作っておくことができるからです。バタバタする可能性があるのは席次表。欠席者がでる可能性があり前もって印刷できないし、前日に名前の間違いが発覚したら、全て印刷しなおさなければなりません。
席札なら、欠席者がでたら使わないだけの話。名前間違いも、1部を作り直すだけで対応できます。ペーパーアイテムを手作りする時は、ゲストの名前には細心の注意を払わなければなりません。ですので、席札だけをこだわって作るのもいいのでは?それでも、名前は間違わないように!返信はがきとしっかり照らし合わせましょう。
Cax377k4yoponoqvngkf
引用: https://unsplash.com/photos/7z8vr8V2Vj0
ゲストが会場に入ったとき、自分の席をすぐに見つけられるようにするためのテーブルサイン。会場で用意されている場合も多いですが、ハンドメイドしたっていいんです!

転写シートでオシャレ!キャンドルで作るテーブルサイン

手作りすれば、味気ない案内板よりオシャレ!コーディネートの一部にもなります。キャンドルに転写シートを貼るだけでも、センスの良いテーブルサインになります。
Frtdbg9grpmvledql4bb
引用: https://unsplash.com/photos/_HCpwe1-Prc
ゲストが帰るときに手渡しする「プチギフト」。こだわり派の花嫁さんは、手作りキャンドルや石鹸などを作ったりもします。食品は衛生上の不安がありますが、アクセサリーなどの雑貨なら、手作りもアリですよね。

結婚式のお見送りに!メッセージタグを工夫するプチギフト

こだわってひとつひとつ手作りするのもいいですが、タグをハンドメイドするだけでも立派なオリジナルギフトになります。
Nt61phym86x6q0fbcmpr
引用: https://unsplash.com/photos/j1HU-Oll7KI
自分が身につける「アクセサリー」だって、手作り可能なアイテムです。レンタルドレスだとアクセサリーがセットになっていることもありますが、自分で作ればオリジナルの着こなしになります。

ハンドメイド好きなら挑戦したい!ヘッドアクセサリー

ヘアアレンジのポイントになるヘッドアクセサリーも、手作り可能なアイテムです。生花を使うと前日までバタバタしますが、造花やプリザーブドフラワーを使えば前もって作れます。ちょっとコツはいりますが、人気の花冠だって作れちゃう!シロツメクサで花冠を作ったことがあるなら、同じような感覚で作れます。
作りたいアイテムは見つかりましたか?今回は、定番&人気の手作りアイテムをご紹介してきました。もちろん、手作り可能なウェディングアイテムはまだまだたくさんあります。アイディア次第で、先輩花嫁が思いつかなかったモノもできるかもしれません。ぜひ、あなたの結婚式にもオリジナルの手作りアイテムを!オシャレで楽しい結婚式を叶えましょう。