Q6unypj7sn9mya4dkeqv

メイク

CATEGORY | メイク

派手メイクのやり方・手順を徹底解説!華やかな女子になろう!

2018.03.22

派手メイクのやり方やコツを解説します!派手メイクは似合う人と似合わない人が分かれると言いますが、メイクのやり方次第で派手メイクに挑戦しやすくなります。派手メイクに欠かせないポイントや、挑戦しやすい派手メイクをチェックしていきましょう!

  1. 【派手メイクのやり方】派手メイクにはコツがある!
  2. 【派手メイクのやり方】コンシーラーで肌色をしっかりカバー
  3. 【派手メイクのやり方】派手な眉メイクは色とサイズが大切
  4. 【派手メイクのやり方】リップは思い切って華やかに!
  5. 【派手メイクのやり方】目元はシャンパンゴールドが映える
  6. 【派手メイクのやり方】アイライナーはしっかりと描く
  7. 【派手メイクのやり方】チークはワントーン明るめが理想的
  8. 【派手メイクのやり方】アイプチでぱっちり二重にする
  9. 【派手メイクのやり方】マスカラとつけまつげでパッチリ目
  10. 【派手メイクのやり方】思い切って華やかにメイクしよう!
イベントや特別な日にはいつものメイクよりもしっかりとした派手メイクで、華やかなメイクやファッションを楽しむと気分が上がります。派手メイクにはギャルメイクや外国人風メイクなどがありますが、基本はゴージャス感のあるメイクです。
華やかでゴージャス感のある派手メイクやギャルメイクは普段からメイクのテクニックを知っているからこそ挑戦できるメイクですが、メイクをする箇所のポイントで派手メイクやギャルメイクのコツを掴むことが出来ます。
似合う似合わないが分かれる派手メイクやギャルメイクですが、肌の質感やアイメイク、リップメイクやチークメイクなど、メイクそれぞれのポイントで注意しておきたい点やコツを掴んむことで、似合わないと感じる人でも挑戦しやすくなります。
派手メイクのベースとなる肌の質感ですが、派手メイクやギャルメイクは発色の良い華やかなメイクカラーを使うことが多いので、肌の赤みや青みなどの色の違いはしっかりとカバーすることが大切です。目のしたのクマやニキビなどの赤みがしっかりとコンシーラーでカバーしましょう。
野外イベントやコンサートなどでは、季節に関係なく人混みや熱気で汗をかきやすくなります。特に夏の野外イベントの場合は汗をかきやすいので、ウォータープルーフの下地やコンシーラーを使って、化粧崩れしないように注意しましょう。
肌にはオイリー肌や乾燥肌、そのどちらもミックスした肌があります。自分の肌はどのタイプなのかしっかりと把握しておくことで、野外イベントやコンサートの時の汗や皮脂よごれで化粧が崩れにくくなります。華やかな派手メイクやギャルメイクだけでなく、ナチュラルメイクでも大切なポイントです。
派手メイクやギャルメイクが似合う人と似合わない人がいると言われる理由が眉毛です。アイブロウメイクはメイクの中でも重要なポイントで、眉毛の形や色を変えるだけでも雰囲気がガラッと変化します。華やかな派手メイクやギャルメイクの場合は、アイブロウは薄すぎず太すぎない形が理想的です。
眉頭と眉山、眉尻の位置をしっかりと把握して形の整った眉毛を描いていきましょう。派手メイクやギャルメイクに挑戦する場合、眉の色と髪の色を合わせることが大切です。髪の色が黒や濃いめのブラウンの場合は濃いブラウンのアイブロウが理想的です。それよりも明るめな髪の色の場合は、明るいブラウンで眉メイクをしていきましょう。
いつもはナチュラルメイク派で派手メイクやギャルメイクは似合わないと感じている人でも、簡単に派手メイクを取り入れるコツがリップメイクです。リップは思い切って華やかな色を使いましょう。新鮮な明るい赤やオレンジのリップは派手メイクやギャルメイクには欠かせないポイントです。
派手メイクやギャルメイクに挑戦する場合は、リップの色は常識に捉われずいろんな色を試してみることで、意外なカラーが実は肌の色とマッチすることがあります。イベントの時やコンサートの時には、お気に入りのバンドのメンバーの色や、イベントに合った色のリップを使ってみましょう。リップ本来の色とは違う華やかなリップを塗る場合、本来のリップの色はコンシーラーやクリームで隠すことで発色の良い色合いを出すことが出来ます。
メイクの雰囲気が変わるのがアイシャドウです。派手メイクの場合アイシャドウはキラキラとしたラメの入ったタイプを使ってみましょう。派手メイクはに特におすすめなアイシャドウカラーがシャンパンゴールドです。シャンパンゴールドがベースであれば、プラスの色はメイクの雰囲気によって変化させましょう。
派手メイクは似合わないと感じるなら、シンプルなベージュ系のシャンパンゴールドのアイシャドウが使いやすくて便利です。アイシャドウの色の組み合わせ次第で、ナチュラルメイクにも使うことができるので、ベージュ系のシャンパンゴールドアイシャドウはメイク道具として一つは欲しいアイテムです。
派手メイクの場合、アイシャドウは上瞼だけでなく、目の下にもしっかりと塗るようにするのがポイントです。目のしたのラインには、濃いめのアイシャドウを使って、目元全体を華やかに見せましょう。目の下のラインにのアイシャドウの使い方次第で目元のメイクが変わってきます。
派手メイクの目のぱっちり感を作ってくれるメイクの一つがアイライナーです。一重の場合でも二重の場合でも、アイライナーをしっかり引くことで目に力強さが加わります。アイライナーは濃いブラックやブラウンが使いやすいですが、ブルーやグリーンのアイライナーでもインパクトがあります。
一重の場合は目元に沿って、綺麗に太めなラインを描いていきましょう。二重の場合は目じりを中心にアイライナーを入れていくことで、目がよりはっきりとします。一重や二重に関係なくアイライナーを引くポイントが、下まぶたのラインです。下まぶたにはしっかりと細めのラインを描きましょう。
顔の色合いによってチークのカラーが似合う似合わないがあります。チークの色合いが顔のトーンに合うかどうか心配な場合はチークを塗って写真を取り、色がどのように発色しているのがチェックしてみましょう。
派手メイクの可愛らしさを盛り上げてくれるのが明るめなチークカラーです、ピンクやオレンジのチークを使い目元や頬の部分を中心にメイクすることで、血色の良い肌感を出すことが出来ます。リップの色とチークカラーを同系色にするとまとまりのあるメイクが完成します。
アイプチを使うことで、一重でもぱっちりとした二重メイクをすることが出来ます。一重の場合アイプチをするだけで雰囲気が変わります。派手メイクやギャルメイクだけでなく、ナチュラルメイクの時にもアイプチで一重まぶたを二重にメイクして、ぱっちり感を出してみましょう。
アイプチは使ったことがない場合、使い方が難しいイメージがありますが、慣れれば数分でできるメイク方法です。アイプチで一重まぶたを綺麗に二重にするコツは、接着する際にしっかりと目を見開いて、手で理想の二重の形に合わせることです。アイプチで簡単に一重まぶたを二重にして派手メイクに挑戦してみましょう。
派手メイクの目元メイクの仕上げになるのが、マスカラやつけまつげでまつげメイクをすることです。派手メイクには長いまつげが重要になってきます。ウォータープルーフのマスカラで長くて太いまつげをメイクしていきましょう。
派手メイクには似合う似合わないがありますが、どんなメイクにもまつげの長さは大切です。まつげのボリューム感を出したい場合はつけまつげをセットして、その上からマスカラを塗っていきましょう。自まつ毛とつけまつげがマスカラで綺麗に融合します。
イベントの時や特別な日にいつもとは違う派手メイクをすることで、新しいメイクの方法を発見することが出来ます。派手メイクやギャルメイクは似合う人と似合わない人がいると言いますが、コツやポイントを抑えることで、自然に派手メイクが似合うようになります。
派手メイクに最初から挑戦するのは難しいと感じる時は、派手メイクのポイントを一つ一つ取り入れていきましょう。メイクの方法や自分の肌の色に合ったメイクカラーを把握して、イベントや特別な日に派手メイクで華やかにメイクしてみましょう!
▽こちらもどうぞ▽