Q1eh3o2as6pprcptmese

芸能人

CATEGORY | 芸能人

結核で死去した芸能人・有名人20選まとめ【2019年最新版】

2019.03.20

結核は主に肺に感染し、その後様々な臓器に感染をする病気です。かつては不治の病とも言われていた恐れられている病気ですが、現在では治療法も確立されています。そのため結核という言葉を聞く機会も減りましたが、かつて結核を患っていた人は多くいます。

  1. 結核で死去した芸能人・有名人20選
  2. まとめ
結核とは、結核菌によって引き起こされる感染症です。結核菌は1882年にロベルト・コッホによって発見されました。世界中で流行をしていた病です。特に日本ではかつては不治の病とも言われていました。
肺結核は明治初期までは労咳(ろうがい)と呼ばれていました。主に杯に発症しますが、全身の臓器、器官に感染し、さまざまな症状を引き起こすと言われています。また結核は、世界保健機構(WHO)によると、HIVの次に死者の多い感染症と言われています。

藤間多寿史

藤間多寿史(ふじまたずふみ)さんは舞踊家で、俳優故六代目嵐芳三郎さんの妻でもありました。藤間多寿史さんは1929年、五代目河原崎国太郎の次女として生まれました。藤間多寿史さんは元々芝居への興味が深かったようで幼い頃から芝居の道で活躍をしていました。
藤間多寿史さんと言えば、昔からのファンは「レ・ミゼラブル」のコゼット役を思い出すかもしれませんね。藤間多寿史さんは松山梨絵として前進座のの舞台に立っていました。その頃から藤間多寿史さんのファンだったという人が多いでしょう。
Vcrevjlnvlej6gnes6a9
引用: https://www.instagram.com/p/ButEV82DHeB/
藤間多寿史さんは2015年9月15日午前5時54分、非結核性抗酸菌症のために東京都内の病院で死去しました。75歳でした。

宇都宮敏夫

宇都宮敏男(うつのみやとしお)さんは1921年11月20日生まれの電気工学者、通信技術者です。昭和の時代から平成の時代まで活躍をした、時代を代表する学者、技術者と言えるかもしれません。
Ed9ivuhkth40t15e5gbp
引用: https://www.instagram.com/p/BmzlvJwA23o/
宇都宮敏男さんは香川県で生まれ、戦時体制中の1943年に半年繰り上げで東京帝国大学第一工学部電気工学科を卒業しました。宇都宮敏男さんは海軍技術士官への内定を得ていましたが、その道を捨てて大学院特別研究生となる道を選びました。
Lauw9jocyymzjy0gqixz
引用: https://www.instagram.com/p/uKBOmPs3Kw/
研究者として活躍していた宇都宮敏男さんは定年退官後、東京理解大学教授を務めるなど、学生への指導に熱心に取り組みました。宇都宮敏男さんは2009年11月26日、肺結核に伴う腎不全で死去しています。88歳でした。

山形勲

山形勲(やまがたいさお)さんは1915年7月25日生まれの俳優です。山形勲さんはイギリスのロンドンに生まれました。出身地としては、東京市麻布区(現在の東京都港区六本木)となっています。
H5tqs6yno59o3p4bpccr
引用: https://www.instagram.com/p/BV7GDbIhLp4/
山形勲さんは少年時代にサーカス団員となり、1917年に帰国するまではヨーロッパ各地で軽業師をしていました。山形勲さんは1935年に日本俳優学校を卒業し、兵役を経て1936年に東宝劇団に入団をしました。
1 / 6