S4o9jvkihxtn4rw4wfdv

女優

CATEGORY | 女優

中丸シオンのスリーサイズやカップ数は?水着画像から判明!

2019.03.10

女優の中丸シオンの身長・体重は?スリーサイズやカップ数は公表している?水着画像も?父親も俳優?今回は日本だけでなく、ロシアや中国など海外でも女優活動をしている中丸シオンの身長や体重、スリーサイズやカップ数などを調べてみました。

  1. 【中丸シオンのスリーサイズとカップ数&水着画像】プロフィール
  2. 【中丸シオンのスリーサイズとカップ数&水着画像】身長&体重
  3. 【中丸シオンのスリーサイズとカップ数&水着画像】スリーサイズとカップ数
  4. 【中丸シオンのスリーサイズとカップ数&水着画像】女優デビュー
  5. 【中丸シオンのスリーサイズとカップ数&水着画像】父親は俳優!
  6. 【中丸シオンのスリーサイズとカップ数&水着画像】お笑い芸人
  7. 【中丸シオンのスリーサイズとカップ数&水着画像】相方・幸田尚子のプロフィール
  8. 【中丸シオンのスリーサイズとカップ数&水着画像】出演作「インターミッション」
  9. 【中丸シオンのスリーサイズとカップ数&水着画像】ロシアのドラマに出演!
  10. 【中丸シオンのスリーサイズとカップ数&水着画像】中国映画「刀尖」
  11. 【中丸シオンのスリーサイズとカップ数&水着画像】まとめ
【名前】中丸 シオン(なかまる しおん) 【生年月日】1983年7月22日 【年齢】35歳 【出身地】神奈川県横浜市 【血液型】A型

主な出演作

【テレビドラマ】 「ダブルス~二人の刑事」「不倫調査員片山由美シリーズ」 「水戸黄門」「CONTROL~犯罪心理捜査~」「悪魔の手毬唄」 「ラブレター」「小児救命」「ここはグリーンウッド」 【映画】 「棒の悲しみ」「インターミッション」
女優として活動している中丸シオン。 身長・体重は公表しているのでしょうか?
中丸シオンは身長・体重ともに公表しています。 身長は165cm、体重は49kgだそうです。
中丸シオンのスリーサイズは上から82.5cm-61cm-87cmです。 推定カップ数はBカップです。 中丸シオンは身長165cmで体重49kg、Bカップのスレンダーな体型です。
中丸シオンは1992年にデビューしました。 女優としてのデビュー作はドラマ「ShinD・姫はセーラー服がお好き」です。
中丸シオンの父親は俳優の中丸新将です。 中丸新将は大河ドラマなど、多数のドラマに出演しています。

中丸新将のプロフィール

【芸名】中丸 新将(なかまる しんしょう) 【本名】中丸 信 【生年月日】1949年4月25日 【年齢】69歳 【出身地】神奈川県 【身長】172cm 【体重】非公表 【血液型】O型
中丸シオンはお笑い芸人としても活動しています。 2016年に幸田尚子とアマチュアお笑いコンビ「幸丸事件」を結成。 M-1グランプリやキングオブコントに出演しています。
【名前】幸田 尚子(こうだ なおこ) 【生年月日】1979年12月31日 【年齢】39歳 【出身地】福岡県福岡市
幸田尚子は無名塾、劇団青年座出身の女優です。 2008年から2014年まで劇団クロムモリブデンに所属していました。 2016年に中丸シオンとアマチュアお笑いコンビ「幸丸事件」を結成し、お笑い芸人としても活動しています。
「インターミッション」は2013年に公開された映画です。 中丸シオンは同作で父親の中丸新将と共演を果たしました。
レトロなたたずまいと独自のラインナップで映画ファンに親しまれながらも2013年3月末に閉館する老舗映画館、銀座シネパトスを舞台にした異色ブラック・コメディー。劇場を訪れる個性的な客たちが、休憩時間に繰り広げる人間模様を描く。監督は、本作で初メガホンを取る映画評論家の樋口尚文。支配人夫婦を『深い河』などの秋吉久美子と『ヒミズ』の染谷将太が演じるほか、ベテランの香川京子、竹中直人、佐野史郎ら多彩なキャストがそろう。

震災の影響で取り壊しが決まった銀座の古い名画座を営む支配人のクミコ(秋吉久美子)と年下の夫ショウタ(染谷将太)は、複雑な心境で最後の日がくるのを待っていた。劇場には地震や放射能に対してやきもきしている個性的な客が次々と来場。彼らが映画の休憩時間ごとにさく裂させる人間模様は、クミコに途方もない決意をさせ……。

中丸シオンは2019年にロシアで放送される連続ドラマ「ソルゲ」に出演します。 同作ではヒロインを務めました。 「ソルゲ」は日本の大河ドラマ級の大作です。
4年前に政策が決定していた「ソルゲ」 しかし、クランクインというところでロシアがクリミアに侵攻。 紛争の影響で制作費が下りず、急きょ製作が中断してしまったそうです。 結局、撮影は3年間もストップしてしまいました。
ロシアでの撮影で中丸シオンは驚いたことがたくさんあったと語っています。 撮影中に、現場でイチャイチャするスタッフが多かったそうです。 日本では絶対にありえない光景ですね。
「ロシアは男女の関係がオープンな恋愛大国なんだな、と。まず、挨拶は男女問わずキスから始まります。街を歩いていても、鉄道に乗っても、いたるところでキスや抱擁しているのを見かけました。  撮影中も例外ではなく、音声さんとヘアメイクさんが手を握りながら仕事をしたりしてましたから。こういう微笑ましい部分は日本にも持って帰りたい文化だと思いました」

中丸シオンは2019年公開予定の中国映画「刀尖」にも出演しています。 同作ではスター俳優であるチャン・イーの恋人役を務めています。 中国での撮影も驚きの連続だったと明かしています。 「刀尖」の撮影では、突然ベッドシーンがあることを告げられたそうです。
「まず中国に着いた瞬間に『追加のラブシーンがあります』と台本を渡され、『前貼りをつけることは可能ですか?』と言われたことです。日本では必ず事前に相談があることなので、非常に驚きました。  監督からは『日本語で覚えてきたセリフをすべて中国語で覚え直してほしい』と突如言われたり。猶予は、カメラ位置やライティングの調整をしている間の1時間しかありませんでした。

共演した張譚(チャン・イー)さんとワインを飲むお芝居の際に、『本物にしますか? フェイクにしますか?』と聞かれたので、緊張をほぐそうと本物のワインをお願いしたのですが、結局、翌朝まで30テイク以上撮影することに!(笑)。お酒を飲んで撮影するのも許されるくらいおおらかな国なんだなと感心しました。

また、撮影現場でケンカが起こることも珍しくなかったのだとか。 ケンカが起こると、撮影現場がお祭りのようになるそうです。 これも日本では中々ない光景ですね。
「ケンカが始まると、『キャーッ』と声が上がって、スタッフ、エキストラも含めて野次馬が集まるんです。もちろん止めに入っているのですが、300人近くいるスタッフさんたちが入り乱れ混乱を極め、衝動に火が付いたようなすごいエネルギーを目の当たりにしました。  その後、普通にまた撮影が再開されたのにも驚きました。さすがに中断するかと思いましたが」

海外の撮影現場ではこうしたことが日常茶飯事だったそうです。 ストレスになりそうですが、中丸シオンは「新鮮で面白い」と思ったようです。 日本を離れ、文化や価値観の違いに触れたことで、自身も大胆に挑戦ができたのだとか。
今回は女優の中丸シオンについて調べてみました。 中丸シオンがお笑いコンビを結成していたのは驚きですね! 幸田尚子とコンビを結成し、M-1グランプリやキングオブコントに出場していました。 また、中丸シオンは日本だけでなく、ロシアや中国でも女優として活躍しています。 2019年には自身が出演している大作2本が公開予定です。 中丸シオンの今後にも注目しましょう!