Tjtm3zhtlmfh83bim0xm

メイク

CATEGORY | カテゴリー

メイクの基本まとめ!初心者が押さえておきたいポイントは?

2018.06.03

毎日メイクをする人は多いですが、メイクの基本をわかっている人がどれだけいるでしょうか。今さら聞けないメイクの基本から、初心者にもわかりやすい内容でメイク方法をご紹介します。まだ、10代や大学生、一重さんにおすすめのメイク方法もご紹介します。

目次

  1. メイク初心者必見!基本の順番&役割
  2. メイク初心者必見!基本メイク方法
  3. メイクアイテムを選ぶコツは?基本を伝授!
  4. メイクの基本、ポイントメイクのやり方
  5. メイクの基本、10代必見!ナチュラルメイクのやり方
  6. メイクの基本、大学生必見!あか抜けメイクのやり方
  7. メイクの基本、一重さん必見!ぱっちりメイクのやり方
  8. メイクの基本におすすめのベースメイクアイテム
  9. メイクの基本におすすめのポイントメイクアイテム
  10. メイクの基本を学べば女子力アップ!
Ai img 7795 tp v1
引用: https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/AI_IMG_7795_TP_V1.jpg

メイクが欠かせない女性が多いですが、意外にメイクの順番やそれぞれの役割をきちんと知っている人は少ないのではないでしょうか。メイク初心者や大学生、10代など今さら聞けないメイクの基本の順番をご紹介します。

基本の順番1.スキンケア

肌の状態を整えるスキンケアは、忙しい朝ではおろそかにしがちですが、肌のキメをきちんと整えないと、後のファンデーションののりも左右するため侮れません。洗顔で顔の汚れや古い角質を落とし、化粧水・乳液で肌を整えましょう。

基本の順番2.日焼け止め

太陽の日差しが気になる夏場は、特に日焼け止めを塗ることをおすすめします。日焼け止めは紫外線対策もありますが、シミや肌トラブルを防ぐ効果もあります。日焼け止めの塗り方は、500円玉程の大きさの量を顔全体に塗るのが適しています。順番としては、スキンケア後に日焼け止めを塗ると良いでしょう。

基本の順番3.下地

化粧下地は肌をなめらかに整え、ファンデーションを肌に密着させる効果があります。下地を選ぶポイントは、テカりやすい人は油分が少ない下地、カサつきやすい人はしっとりする下地を選ぶと良いでしょう。下地の塗り方は、パール粒大の量を顔全体に塗ります。まんべんなく塗ることはもちろんですが、ムラなく伸ばして塗ることがポイントです。

基本の順番4.(リキッド・パウダー)ファンデーション

スキンケア、日焼け止め、下地を塗った後、ファンデーションを塗ります。ファンデーションを選ぶポイントは、自分の肌色になじむ色を選ぶや、仕上げたい肌のイメージに合うかです。商品のテスターを利用して自分の肌色になじむかチェックしてから購入しましょう。ファンデーションは額、両頬、鼻、アゴの順番で塗りましょう。

メイク初心者が最初に悩むのが「リキッド」「パウダー」どちらを選ぶべきかでしょう。肌質によって異なりますが、パウダーファンデーションの方が汗に強い傾向があるため、暑いシーズンはおすすめです。また乾燥対策にもなるリキッドは寒いシーズン活躍するでしょう。

基本の順番5.フェイスパウダー

フェイスパウダーはファンデーションの仕上げに使うパウダーです。ラメ・パール入りのフェイスパウダーなど、どのような肌に仕上げたいかによってフェイスパウダーを選ぶと良いでしょう。また、UV効果があるフェイスパウダーもあるので、自分の肌質やライフスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

Photo 1512053524184 e9eb125cde9f?ixlib=rb 0.3
引用: https://images.unsplash.com/photo-1512053524184-e9eb125cde9f?ixlib=rb-0.3.5&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&s=d30ea5ebe8aedbbadc146d854d202b15&auto=format&fit=crop&w=1352&q=80

ここからは「スキンケア」「ベースメイク」「ポイントメイク」の3点のメイク方法をご紹介します。

1.スキンケア

「基本の順番」でもご紹介しましたが、スキンケアで使用するのは「化粧水」「乳液」「美容液」など肌の調子を整えてくれる商品です。肌の調子に合わせて美容液を足すなど、毎日のスキンケアは同じではないことを覚えておきましょう。スキンケア商品の量は、ファンデーションが浮かないように大量につけすぎないように注意しましょう。

2.ベースメイク

スキンケアの成分が肌になじんだことを確認してから、ベースメイクを施していきます。ベースメイクはポイントメイクの土台になるため、手を抜かずにメイクしましょう。シミやそばかすなどを隠してくれる「コンシーラー」もあわせて利用すると、より肌をきれいに見せてくれる効果があるのでおすすめです。

3.ポイントメイク

スキンケア、ベースメイクが終わったらポイントメイクに進みます。ポイントメイクは主に「アイブロウ」「アイメイク」「チーク」「リップ」の4点です。後ほどそれぞれの基本メイクをご紹介しますが、アイメイクやリップのカラーは季節ごとに新しい商品が発売されるので、季節ごとに買い替えたり、色を変えたりするのも良いでしょう。

1/5