Ie2aa5aaupuqduatfduh

ヘアカラー

CATEGORY | ヘアカラー

髪色は赤系に挑戦したい!市販ヘアカラー暗め・明るめやアレンジ髪色をご紹介!

2018.10.20

市販ヘアカラーを使うなら、髪色を赤系にしてみましょう。明るめ、暗めにするかで印象はガラリと変わりますし、アレンジもしやすいので人気です。おすすめ市販ヘアカラーも気になりますね。ぜひ挑戦してみたい赤系の髪色について調べました。

  1. 【市販の赤系ヘアカラーで人気の髪色に】ヘアカラーに迷ったら赤系がおすすめ
  2. 【市販の赤系ヘアカラーで人気の髪色に】暗めの赤系ヘアカラー
  3. 【市販の赤系ヘアカラーで人気の髪色に】明るめの赤系ヘアカラー
  4. 【市販の赤系ヘアカラーで人気の髪色に】アレンジ例:インナーカラー
  5. 【市販の赤系ヘアカラーで人気の髪色に】アレンジ例:ニュアンスカラー
  6. 【市販の赤系ヘアカラーで人気の髪色に】アレンジ例:毛先だけ
  7. 【市販の赤系ヘアカラーで人気の髪色に】おすすめ市販ヘアカラー:エンシェールズカラーバター リアルレッド
  8. 【市販の赤系ヘアカラーで人気の髪色に】おすすめ市販ヘアカラー:マニックパニックヴァンパイアレッド
  9. 【市販の赤系ヘアカラーで人気の髪色に】おすすめ市販ヘアカラー:ミルキィヘアカラーリッチロゼブラウン
  10. 【市販の赤系ヘアカラーで人気の髪色に】おすすめ市販ヘアカラー:泡パックヘアカラーローズショコラ
イメージチェンジとして、ヘアカラーを入れてみたいと考える人が多いと思います。しかしヘアカラーが初めての人にとっては、どんなヘアカラーにするべきか分からない人も多いと思います。おすすめのヘアカラーは何色なのでしょうか。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DpyKXhWVAAA32xZ.jpg
ヘアカラーの定番と言えばブラウン系です。ブラウン系ならオフィスワーカーでもできますから、多くの人がブラウン系のヘアカラーを選んでいます。しかし個性を出したい場合、ブラウン系はあまりおすすめできません。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dpy4uHtUwAA8hEv.jpg
ヘアカラーで個性を出したいが、奇抜過ぎるのはNGという場合におすすめなのは、赤系のヘアカラーです。赤系のヘアカラーは日本人の顔立ちに似合う事も多く、ヘアカラー初心者にもおすすめです。
ヘアカラー初心者で、しかもオフィスワークなどで派手すぎる髪色はNGという場合、暗めの赤系ヘアカラーがおすすめです。暗めヘアカラーなら派手過ぎる事はありません。オフィスでも暗めヘアカラーなら問題になる事はないでしょう。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DpxTKTdUYAAUy12.jpg
暗めの赤系ヘアカラーのメリットは、オフィスでも問題なくできる事だけではありません。暗めの赤系ヘアカラーなら、ブリーチなしでもカラーを入れる事ができます。髪への負担が比較的少なくて済むのも、暗め赤系ヘアカラーのメリットです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/BySECYPCQAA7Qgw.jpg
ブリーチを入れない分、暗めヘアカラーは髪への負担は少なめですが、それでも痛まないわけではありません。ヘアカラーを入れた際は、特に念入りにヘアケアに気を遣うようにしましょう。
赤系の魅力をたっぷり出すなら、明るめの赤系ヘアカラーがおすすめです。日本人に明るめの赤系ヘアカラーで大丈夫なのかと心配になるかもしれませんが、赤系ヘアカラーは日本人に合う色なので、明るめでも他の色に比べて違和感は少ないです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DpbfdNDU4AAJdiV.jpg
日本人の髪と言うと黒髪ですが、実は純粋な黒ではなく、赤系の入った黒髪になっています。そのため、日本人っぽくない明るめの赤系ヘアカラーでも違和感なく染める事ができます。明るめのヘアカラーにしたい場合は赤系がおすすめです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DpzaFvJVAAIoRQi.jpg
しかし日本人が元々持っている黒髪では、明るめの赤系ヘアカラーをしたくてもうまく染まりません。明るめのヘアカラーにする場合はブリーチが必要になります。髪がかなり痛みやすくなるので、ヘアケアは必須です。
赤系ヘアカラーのアレンジとしておすすめなのは、インナーカラーです。インナーカラーとは、髪の毛の内側(インナー)だけにヘアカラーを入れる染め方です。一見すると染めていない黒髪に見える事が特徴です。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DpejI80UcAEA24f.jpg
例えばオフィスワークなどでヘアカラーを積極的に入れられない場合、インナーカラーにする事でオフィスワークをしながらもヘアカラーを楽しむ事ができます。ヘアアレンジで大きく印象を変えられるのもインナーカラーのメリットです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Do-Pji8U4AAharL.jpg
インナーカラーとして赤系のヘアカラーにチャレンジするなら、思い切って明るい赤にするのもおすすめです。インナーカラーなら外側の髪は元のままですから、明るめの色を見せられない場所でも安心です。
赤系ヘアカラーのアレンジとしておすすめなのは、単純に赤だけを入れるのではなく、赤以外の色も入れてニュアンスカラーを作るアレンジです。ニュアンスカラーとはあいまいな色という意味で、どの色かはっきり表現できない色の事を言います。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DpXrbvsUYAA6j5j.jpg
ヘアカラーやコスメなどおしゃれの世界でニュアンスカラーという場合、ぱっと見はこの色だが、角度を変えると別の色に見えるというアレンジを言う場合が多いです。例えば赤系のヘアカラーだが角度を変えるとオレンジに見えるニュアンスカラーなどです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Do4iJhmU8AI3Z7u.jpg
赤は様々な色と相性がいいので、ニュアンスカラーアレンジには向いている色と言えます。赤系とブラウン系をミックスさせたニュアンスカラーもアレンジとしてはおすすめです。思い切った色でチャレンジしても面白いでしょう。
続いておすすめのアレンジ例は、毛先だけを赤系に染めるアレンジです。赤系はブラウン系に比べると派手ですし、個性があります。しかしそれが理由で赤系ヘアカラーにチャレンジできない人も多いでしょう。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DozOI_IV4AAfJG7.jpg
そんな人におすすめなのが、毛先だけにヘアカラーを入れるアレンジです。毛先ですから、多少派手な色でも全体が派手すぎるという事はありません。ヘアカラーのアクセントにもなります。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DozOI_GUUAAHpG2.jpg
しかし当然ですが、ヘアカラーは髪を傷めます。また毛先というのは通常でも傷みやすい箇所です。毛先だけヘアカラーを入れるなら、特に毛先のヘアケアは念入りに行うようにしましょう。
カラーバターの中で人気が高いのが、エンシェールズカラーバターシリーズです。赤系ならリアルレッドがおすすめです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dbj4IoIVwAAYwg6.jpg
カラーバターは少量しか入っていない事が多く、コストパフォーマンスの悪さがデメリットでした。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DgbMdzVVQAAeyf3.jpg
しかしエンシェールズカラーバターは200グラムとたっぷり入っています。値段も2000円以下で購入できますから、おすすめのカラーバターと言えるでしょう。カラーバター入門としてもエンシェールズカラーバターシリーズはおすすめです。
元々茶髪だったり、明るめの髪をしている人が明るめの赤系ヘアカラーを入れるなら、マニックパニックヴァンパイアレッドがおすすめです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoWTr9UUwAANNTm.jpg
マニックパニックシリーズはヘアマニキュアの中でも特に人気が高いシリーズとなっています。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoUujmBU8AA6q0q.jpg
マニックパニックシリーズは発色の良さに定評があります。そのため元々の髪色が明るい場合は明るくなりすぎる可能性があるので要注意です。
クリームタイプのヘアカラーとしておすすめなのが、ミルキィヘアカラーリッチロゼブラウンです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DllIJbHV4AARigM.jpg
ヘアカラーの失敗例としてムラになってしまう事がありますが、ムラになる原因はきちんとヘアカラー剤が塗れていないため、というのがあります。
引用: https://pbs.twimg.com/media/Dj-Q-kHVsAAw5PD.jpg
ミルキィヘアカラーリッチロゼブラウンはクリームタイプで、根本にも塗りやすく、ムラになりにくいヘアカラーとなっています。
市販ヘアカラーとしておすすめなのが、泡パックヘアカラーローズショコラです。こちらもドラッグストアで見かけるおなじみのヘアカラーシリーズです。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DpeTARcU4AELQF1.jpg
泡パックヘアカラーは商品名の通り泡タイプですから、初心者でもムラなく染めやすいというメリットがあります。
引用: https://pbs.twimg.com/media/DoN4dj4U4AAzARK.jpg
ローズショコラはブラウン系の赤なので、オフィスワーカーなど髪色が制限される場合でも使える色合いになっています。